2016年02月19日

オーディンスフィア レイヴスラシル(7)

画像が無いのは夢中になりすぎてSHAREボタン押し忘れたからだよチクショー!!!!


オズワルドがさらわれてしまった!!!!!!
普通逆じゃないの?大丈夫なの?
大丈夫ですこれはグウェンドリンと言うエリオン一の勇士を操作して
オズワルドというピュアボーイの面倒を見る話です。
エリオンの情勢や未来など知ったこっちゃないのです。
(最終的にグウェンドリンは最大の危機にすら自分でトドメを刺す訳だけど)
この後に世界のことを割りと俯瞰で描いているコルネリウス編を据えてるのは流石としか。

オズワルドの勇ましいシーンってグウェンドリン編ではひとつもないのよな。
唯一「竜を倒した」と言う武勇伝しかない。
後は
・戦場で出会った戦乙女に情けをかける(後に惚れていたからと言うことが判明
・相手に指環とポエムを贈る
・オニキスの命令でレヴァンタンと戦わされて死にかける
・指環が別の人の手に渡ったと知りやる気ゲージ0になる
・打ちひしがれて剣を捨てオデットの腕の中へ

うーん(笑
でも万の行動を凌駕する言の葉があるのだ。
グウェンドリンにとっては「笑顔が見たい」「君は物なんかじゃない」と言う言葉がすべてだったのよな。
だから彼女の中ではもうそのときからずっと彼は大切な人であって、それ以外の何者でもないのだ。
断じてヘタレピュアポエマーなどではないのだ。

というわけで死の国だろうと何だろうと助けに行っちゃうんだぜ。
そのために自ら最愛と信じて疑わなかったはずのパパと取引だってしちゃうよ。
父が最愛の人から利用対象へと成り下がった瞬間である。愛の力とはまこと恐ろしい。
「指環と取引だ」
「それは私が死の国より戻りましたらば」

オズワルド同様、彼から貰った指環もまた彼女にとってはかけがえのないものだからな。
一度手放して彼を傷つけてそれを身をもって知ったからな。

あ、その前にご飯食べようね。
ヨーグルトのジェラートたらふく食って着実にエリオン最強への道を歩むグウェンドリン。
旦那を守るためなら身体に多少お肉が付くくらいどってことないのだ。
フォンダンショコラもまじうめえ。

■死の国エンデルフィア
ここのマップは大嫌いじゃーーー!!!!
魚が嫌いなんじゃー!!!
しかもシャイン作るにはオニオンヌがいるだろ?
オニオンヌは食材としてもかなり貴重なんだぞ特にこのグウェンドリン編では。
頼むから出てこないでください。若本ボスも嫌いです。
あ、そいやジャグルで種を変換させるのにハマっておるよ。
ジャグルのおかげでマキシマムミックスのトロフィーもゲットできた。
ジンジャービスケットは食べるためにあるんやないんやで。マテリアルに使うんやでー。
○ポルターガイスト
何じゃこのアークザラッドのラスボスみたいな敵はー。
って初見で何故かそう思ってしまったんだけどよくよく見ると全然似てないな。
そうかちょいちょい敵として出てくる触手の本体はお前だったのか。
どうでもいいけどあの触手食えそうだよね。新しい食材を見つけてきたぞモリー。
凍結させてタコ殴りは最早定石コース。

○若本
何が嫌ってこまめなワープだよ。
気持ちよくコンボ決めさせろよ!!!
シャインを惜しみなく使ってピヨらせたった。
他の中ボスと比べて貫禄があるように感じるのは声のせいなんかな。

◎オデット
出たなマグル乳女。
メルセデスのときと同じでとりあえず返してって言ってみるけど
交渉が成立しなくても物理で解決させるからどうでも良さそうなグウェンドリン。
オニキスのときはグウェンドリンとオニキスとオズワルドが三角関係だったけど
ここもまた違った意味で三角関係だな。
年増女のペットになった男を力尽くで奪い返すと昼ドラにもなかなかない熱い展開だよな。

しかし本当に殺してしまうことはなかろうよ。
グウェンドリンは愛の力で確実に終焉への引き金引いてるのよな。
見せ方によってははた迷惑な恋路以外の何物でもないんだけど
何故か好感度MAXで見守ってしまうからオーディンスフィアの演出力は不思議なのだ。
八頭身男女でやられたらコントローラー投げてるはず。
でもこのゲームの場合ニヤニヤしながら何度もイベントムービー見直しちゃうんだから
物語と効果・演出の親和性ってちゃんと考えないとあかんのだと痛感するよね。
脱出時パパが助けに来てくれるけども、
これも娘が大切なのかそれとも彼女の持ち物が大事だからなのかやっぱり微妙なところなのが苦しい。
■ネビュラポリス
「約束どおり指環を渡せ」と言う父に対して娘が放ったのは
「これは私のすべてなので持っていくと言うなら命ごとどうぞ」
娘の覚悟にパパンはもうどうしようもなくて拳をおさめるしかないのだけど
「理解できない」と言うパパはその実きっとこの気持ちに覚えがあるはずよな。
パパは燃え上がる情熱のためにすべてを捨てることはできなかったけど
そうしたいと思う娘の気持ちに内心同調してしまう部分も多少はあったのではないかと。
それゆえ「無力」なのでしょう。
オーダインの人らしさが垣間見えるよね。

■古城
古城が愛の巣になった瞬間である。
切々とポエムを畳み掛けるオズワルドにグウェンドリンも負けじと熱い言葉を返しちゃうよ。
あ〜〜〜〜むず痒い(笑
この抱き合う2人の動きがまた絵本タッチなデザインと異様にマッチしてて
絵的に素晴らしいのよな。
オズワルドはグウェンドリンを闇の中の一条の光と表現したけど
きっとグウェンドリンにとってもオズワルドは似たような存在なのだろうなあ。
初めて自分を誰とも違う個として認識して重んじてくれたと言うか。
PS2版をプレーしたときは「グウェンドリンのこの恋心は魔法によるもの」と言う認識があったので
え?いいの?それでいいの?と言う困惑も多少はあったのだけど……
グウェンドリン自身「愛はもとより幻」「この気持ちが魔法によるものでも構わない」って言い切ってるんだよな。
彼女にとって問題ではないし、オズワルドはそもそもグウェンドリンが聞いてた話を知らんかった?と思うので
お互いがもやもやする理由はないのよな。
プレイヤーはまだこの段階ではちょっともやもやかな。
この辺の真相は確かオズワルド編で明らかになるんだったよね。

そして実はこのグウェンドリン編は全体の物語の中でもかなり終盤に位置してるのよな。
エリオン全体の物語を読み解くにはグウェンドリンの話は限定的過ぎて分かりづらいんだけど
なればこそ彼女のこの物語は最初に配置しなくてはならなかったと思うのだよ。
後半だとかなり浮くよね。
さーて、そのエリオンのことが見えてくるコルネリウス編にすぐにとりかかるよ!!
posted by ヒグラシ at 23:43| 千葉 | オーディンスフィア | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

オーディンスフィア レイヴスラシル(6)

■古城
オズワルドの話だけあまり良く覚えてないんだけど何でだろ。
グウェンドリン編での役立たz……ヒロイン具合が強烈過ぎたからかな。
自らの意志ではなくてメルヴィンに売られてオデットと契約することになったの?
あれ、そうだっけ?
おっ噂をすれば起きたぞ。怪我はもういいのか。
この間の悪いときにワルキューレの伝令が無粋にも古城に飛び込んできたよ。
いいかお前余計なこと喋るなよ。しゃーべーるーなーよー。
パパが妖精軍に負けたようだ。バロールが砕けたか。
と言うことは既にメルセデスが女王になってるな。
「王女様より謙譲された指環も奪われてしまいました!」
あっあっコラーー!!!!それ言ったらあかん!!!!
あああーーー聞かれてしもうた。
案の定激しく傷つくオズワルド。自分は道化だったのかと自嘲して去っていくしかありません。
道化多いなこの作品。しかも軒並み男性よな。
グウェンドリンもようやっと自分がやらかしたことの重大性に気付いたようだ。おせーーーーーよ。
「王の娘としての責任を果たすために戦いましょう」
違うよねこれ自分のために指環を取り戻しに行く気満々だよね。
もうこの常に私情で動くグウェンドリンの一環具合が大好き。
父のためでもなく彼のためでもなく自分のためよな。
いつだってそうだ。それでいいんだ。

■妖精の国リングフォールド
新マップっぽく見えるんだけどどうだったっけ。マリオとかにありそう。で落ちそうな気がして怖い。
リングフォールドはバトルBGMがいいんだよねー!
前作サントラの購入意欲が爆発したのは
ここのバトルマップとコルドロン戦の曲だったなー。
特に後者で金田さんの名前を知ったよ!金田さんはダーコーヴァ戦の曲も作ってらしたよねー。
グランナイツでは金田さん曲が多くて耳が幸せだったのだ。
あの作品では工藤さんに惚れ込んでしまったけども。

○幻惑の精マイコニド
おお〜これがリングフォールドの新キャラか。
どう言う立場なんかね王国の人たちとは関係ない偶然のエンカウントって雰囲気じゃけども。
160214-131417[1].jpg

160214-131449[1].jpg

160214-131233[1].jpg
ミニジジイ、マッチョメン、セクシー美女の3形態を持つ稀有な敵だけど
3人いる設定なのか老若男女同体設定なのか。
あー、幻惑の精だから色んな姿に見える、見せてるってことなんだなきっと。
女性時だけセクシーやられボイスが付いてるところはよう分かっておるな。
ヤラレ時から起き上がるときのモーションも必見。
どんな敵も凍らせて突く、が戦術の基本です。戦術って言わねーぞとか言うツッコミは勘弁な。
○聖騎士ユニコーンナイト
これとラグナネイブルのバーサーカーとタイタニアのでっかい兵士がごっちゃになるんだ。
中の人がいるってことでいいのかこう言う種族なのか結構謎であるよな。
脚の細さがいつも気になる。

身体のサイズが変わるギミックって昔からあったっけ?楽しかった(笑
160214-131703[1].jpg
それとこの隠し道はちょっとびっくりしましたよね。
こう言うところもマリオっぽいというか、古き良きRPGらしさを感じて震えてしまったぜ。
ヴァニラにはこれからも2D路線を貫いてって欲しい。
■妖精国の宮廷
敵国の兵が単身乗り込んできて話を聞いてもらえる訳がないのだ。
グウェンドリンも戦場を駆る身、もう腹決めてると言うか
一応礼儀は尽くすけどダメならこの槍でと最初から思ってたと思うんだけども。
「祖国を追われた身」って台詞も事態をややこしくしてるよな。
グウェンドリンとしては私情で来たと言いたいのかもしれないけど
メルセデス側は汚名を返上するためと考えるよなと。
160214-132505[1].jpg
いずれにせよこうなるのだ。
◎メルセデス
女王になっておるねー。
グウェンドリンは女性主人公2人と戦ったことになるのな。
しかし私情から一国の王を道化にし女王をも凹るとか愛の力はどこまでもすさまじいな。
そんな彼女の終焉の相手がエリオン最強っぽいアレだと言うのは至極納得と言えるかもしれん。
メルセデスが国のため、ベルベットがやや世界のために動いてる節があったのに対して
グウェンドリンのこのどこまでもオズワルドと、彼との日々のためと言う動機も
ひとりの人間として絶対正義に違いないのだ。

グウェンドリンが指環を取り戻すために一国を蹂躙していた頃
オズワルドはまだ絶望に打ちひしがれていた。
160214-133059[1].jpg
恋愛脳って普段あまりいい意味では用いられないけど
オズワルドもグウェンドリンも激しく突き抜けてるからマイナスの印象はないのよな。
2人の中で完結してる節があると言うか。
いや、メルセデスをはじめ被害者は結構沢山いるんだけども(笑
この後のオデットも、そうか。
posted by ヒグラシ at 13:37| 千葉 ☔| オーディンスフィア | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

オーディンスフィア レイヴスラシル(5)

オニキスは本当にいいキャラだと思うよ。
終焉ではオニキス周りの台詞がとても良く印象に残ってるんだけど
メルセデスショックの大きさと相俟ってのことかな。
■古城
オズワルドがいなくなったようだ。新婚早々慌しいな。
炎の王との約束を果たしに行ったとか何とか。
グウェンドリンはオズワルドの行方と安否が気になってしょうがないようで
はい結局着替えて向かっちゃいました。
■オニキスの神殿
グウェンドリン大好きマンキター。
そうだオズワルドはレヴァンタンと戦わされてるんだったな。
初夜絶対阻止ですね。
オニキスは確かかなり長生きしてると言う設定なのだよね。
そのためか余裕が感じられると言うか、たまに一途な感情が露になるけど
割と長い目で物事を見てるイメージがあるよ。
ただ根が感情的っぽいんで最後の選択は誤ってしまった、のだろうけども(あれは誤りと言うより宿命だったのかもしれないけど
オニキスは純粋にオズワルドの魔剣の力を見込んで利用してるんだっけか。
嫉妬からあわよくばここで相討ちくらいにでも〜くらいの意図もあるのかな。
ああいや、状況そのものを利用してグウェンドリンをゲットしたいってのが一番っぽいな。
でもそんなオニキスにグウェンドリンはこれでもかと言うほど塩対応。
目当ての人にはデレまくるけどそれ以外には徹底的に冷淡なところは
親子そっくりだ。血は争えん。
グウェンドリンの「私は物ではありません」はオズワルドの「君は物なんかじゃない」に呼応したものだね。
彼の言葉や考えを受け容れて、彼を受容してることがうかがえます。

「傷つけずに捕らえよ!!」
無茶苦茶な要求である。
■ボルケネルン溶岩洞窟
ここはBGMがちょっとぱっとしなくて(OP除くと唯一のサッキー曲なのに)嫌いじゃないけど他と比べてちょっと残念なステージと言う印象だったんだけど……
レイヴスラシル新曲は安定の質の高さよな。
壮大で物語性のある曲を作らせたら流石のベイシスと言わざるをえないよね。
モーリィはこんな灼熱の地にまで出張お疲れ様です。
大丈夫かお前も丸焼きになりそうだぞ足元気をつけろ。
早速さっきそこでレシピ見つけたばかりのナップルのシャーベットを食べて納涼しよう。
既存中ボスはバルカンだけどおもくそ傷つけ合ったぜ。さながらキャットファイト。
○火の使い フェニックスライダー
160210-115941[1].jpg
これが新ボス?ロリ?ロリなのか?めっちゃ裸足だよ!?
オニキスって国唯一の男性だった気がするしこの声は女性だな。
だが戦艦ひとつ落としてきたグウェンドリンの敵ではなかった。

さーてご飯も食べたし旦那を助けに行きますかねー。
生まれたばかりの子竜にやられそうになっているオズワルドを発見。
「間の悪いときに……」
本当にな!やっと大好きなグウェンドリンをゲットできて少しずつ仲良くなってこうと思ってたところで
オニキスから呼び出し食らうわ変な竜と戦わされるわ死にそうになるわ散々よな。
終末の世には人の新婚生活を邪魔する無粋な輩が少なくないようだ。
160210-120231[1].jpg
旦那を助ける嫁。
グウェンドリン編はオズワルドのヒロイン具合を堪能する物語でもあるのだ。
はいついでにこいつも嫁が倒しちゃうからねー。
◎レヴァンタン
レヴァンタンと言えば波動砲がとんでもないけど
大きい方知っちゃうとやっぱり小さいほうはかわいいなあと言う感想が先立つよね。
そしてグウェンドリンとレヴァンタン、終焉を思うと実に感慨深い邂逅だな。

160210-120651[1].jpg
今日の一枚。
ちょいちょい男の嫉妬を全開にしてくるオニキスさんほんといいキャラだわ。
すぐ気障モードに戻るのがまたいいよね。(震え声)って付けたくなるよね。
そんでグウェンドリンのこのオズワルドラブっぷりをオズワルドはほとんど寝てて聞いてないのよな。
それがこの後のすれ違いの一因にもなってるのかなあと。
いや、勇気を出してプレゼントした指環を第三者にホイホイ渡されちゃったら
誰だってかなり傷つくと思うけど。
その罪の大きさに全然気付いてなさそうなところがグウェンドリンの純粋さであり残酷さよな。
程なくして身をもってその罪の重さを知ることになる訳だ。
posted by ヒグラシ at 15:26| 千葉 ☀| オーディンスフィア | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

オーディンスフィア レイヴスラシル(4)

ネビュラポリス非戦闘マップでかかる新曲は
レイヴスラシルでの追加曲の中でも屈指のお気に入りだよ。
サントラはもうガンガン聴いちゃってる。
そしてレイヴスラシルサントラでのお気に入り曲はすべて工藤さんの手によるものと知って
グランナイツヒストリーで受けた衝撃を思い出すのであった。
Assault of Brave Flameは名曲中の名曲。

いきなり古城スタートからの誰お前状態のグウェンドリン登場。
髪下ろしてるのめちゃくちゃかわいいよなー!!!
勿論戦衣装と合わせてまとめてるのも素敵だけどな!
デザインした人はどっちの魅力もよう分かっとる。
パパンの発言を元に考えると彼女は既に誰かのものになってしまったようだな。
この辺から、グウェンドリン編だけだと話が飛び飛びで若干説明不足に感じるのだよね。
他のキャラをプレーしてってその欠けたピースを集めていくのだと気付いて
その面白さに転がり落ちていったことを思い出すよ。
実はグウェンドリン編は時系列で見るとかなり終盤なんだよな。
父命から夫命に変わっていく彼女だけやってると全体図は本当に分かりづらい(笑
でも気付いたときの衝撃と感動もまた量り知れないのだ。

そんなグウェンドリンの前に現れたのは何とあの黒い剣士オズワルド。
よりによって目下交戦中の妖精国の元兵士とやらじゃないですかーやだー。
でもこの罰を受けるに至った理由にも納得してるグウェンドリンは今更みっともなく暴れたりはしないのだ。
王女として、戦乙女として、そしてオーダインの娘としての矜持がうかがえるよな。
頑なな彼女に対し、どこまでも中二路線を爆走する容姿からは想像もできない純真さを隠さないオズワルド。
笑顔が見たいとか他に贈り物がないとか君は物なんかじゃないとか
手練のプレイボーイもドン引きの直球台詞のオンパレードだぜ。
伊達にポエマルドの名を欲しいままにしていない。
一瞬で頬染めモードになるグウェンドリンのチョロさも大概だけど
ひたすら「父の愛」に飢えてた彼女が初めて感じた強い愛情、なんだと思えば納得も行くよな。
でも彼女もまた純粋であるがゆえ、彼の想いのほどにも、その意味にも疎いのだ。
差し出された指輪は何とあのコルドロンを意のままに操ることができるというティトレルの指輪。
そうと分かったグウェンドリンの頭はもうこれをパパンに渡すことでいっぱいになってしもうた。
なんてこった。純真さの前に純真さは無力だな。

ここから彼女の愚行に始まる大後悔落とし前爆走ツアーが始まるのだ。
あっその前にプーカの町でしこたま食事してつやんつやんになっておいたよ。
ご飯は経験値が多くてHP上昇は少なめ、お菓子は経験値が少なくてHP上昇が多いのよな。
脂肪=HPと言うことでよろしいか。
■ネビュラポリス
パパに指輪を渡そう!そうすればパパは喜んでくれるはず!私を愛してくれるはず!
さあそんな勢いでやってまいりましたネビュラポリス。
迎えてくれたむさ苦しいバーサーカーに話をすると何故か斧を振り下ろす手荒な歓迎を受けました。
いてーよ無礼であろう。
と思ったら王女殺害命令が出てるとかお前何言ってるんだ正気か。
いやどうやらこいつは正気のようだ。パパ正気か。
えっこれ何でだっけ覚えてないぞ。気になるぞ。

と言うことでつい先日までの仲間たちを手にかけつつ
玉座への階段を駆け上ることになったのだ。
操作してるのはプレイヤーだけど昨日の味方や部下たちに容赦ないぜグウェンドリン。
まあ向こうも一切遠慮なく襲ってくるからしょうがないね。
○ドワーフ戦艦
160210-112858[1].jpg
新中ボスはまさかの戦艦!
何だ何だこれでコルドロン戦の練習をしろってことなのか。
コルドロンと戦うのはグウェンドリンじゃないぞ(一応前作では全員すべての敵と当ててみたけど
的が小さめで軽いドワーフに安定して攻撃を当てるのは容易じゃないんだよ。
バーサーカーまで乱入してきていい感じのカオス具合になってきたぞ。
ん?何だこのロックオンマークは。っておいおい誘導弾まで放ってくるのかよ!!
こんな戦艦まで操っちゃってどう考えてもドワーフがラグナネイブル最強兵じゃないですかね。
ブリガンとか上から狙ってるだけで倒せそうじゃねどうなんだろ。
火炎放射が、うぜえ!!!
だがしかしドワーフの「行くゾイ」が某クレヨンし○ちゃんの声にしか聞こえなくて聞くたび笑ってしもうた。

疲れたので食事してから先に進みましょうねえ。
おべんとパンは最初に上の目玉焼きだけ食べちゃうからまとめて食べないと絵面が残念になるよな。
パンしなしなになっちゃってるんだろうなとか(笑
◎パパ
160210-113603[1].jpg
パパじゃねえ!ブリガンじゃん!!!
死して尚王に執着するとはお前もなかなかしつこい男よな。
「もはや哀れな王は我が道化」
でもブリガン自身もオデットの道化とも言えるのよなー。
この辺は冥界の女王がどう言う存在かと言うのを紹介しつつ
オズワルドの設定とも絡めてる紹介してる部分なのかな。
ブリガンのグウェンドリンお気に入り具合が一途っぽいところは評価する。
パパー今助けるよー!

「グウェンドリン、よくぞ帰って来た」
大分娘に恥ずかしいところを見せたよね。無事で良かったけどね。
「そして指環は余の元へ」
全部パパの目論見どおりなのだ。
全力で娘を駒として利用してるよね。
でも利用された!ともやもやするのではなくて
竜を倒してまで自分を欲してくれたオズワルドのことで頭がいっぱいのグウェンドリンは幸せなのかどうなのか。
愛に飢えた子どもの父離れ、の過程でもあるよな。
パパと結婚するって言ってた娘がいつの間にかクラスの○○くんが好きとか言うようになったみたいな変化だろうか。
この乱世一国の王女がオズワルドのようなまっすぐで優しい青年と出会えたのは
幸運だったと思うよ。
posted by ヒグラシ at 20:18| 千葉 ☀| オーディンスフィア | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。