2011年06月18日

ドラゴンスレイヤー英雄伝説

SFCの本体を買ってもらった時に、マリオワールドと一緒に父親が買ってきてくれたソフトです。
絵がもー本当に綺麗で見たこともないくらい素敵で
当時幼いながら心の底から父GGGGGJJJJJ!って思ったもんだよ!

ディーナ姫の絵描きまくってたなー(笑
PCEのリメイクだったってことを知ったのは確か随分後で、高校生位の時だったかなー。
プレーした時は小学生でした。

お話は気持ちいいくらいの王道ファンタジーですよね。
特に序盤セリオスがエルアスタの町を出るくだりなんかお約束過ぎなんですけど
一方でローの扱いとか、その時子どもだった私には色々と衝撃的過ぎる展開も結構あって
お話にもかなりのめりこんだ記憶があります。
ゲームなんだけど、ロー離脱までの流れはまるで小説を読んでるようだったなあ。
当時ゲームであれほど人間くさい何かを感じることが出来たのは個人的には希少な体験で
今でもその思い出は鮮烈です。
だからちょっと後半が冗長な気がしなくもなかったけど
王道を押さえながらもドラマ性に富んでてシナリオ的にもなかなかの良作だったのではないかなと思ってます。
細かいところかなり忘れてそうだけど。

そんでプレーしててディーナに会いたくてしょうがなかったんですよ!
でもなっかなか会えないじゃないですか。
ヒロインとニアミスばっかりって言う展開はあれスタッフわざとやりましたよね。
プレイヤーは相当焦らされたんじゃないですかね〜。
かく言う私もパッケージのディーナの絵のかわいさに衝撃を受けた&デモムービーのラストのドットの美しさに魅入られた1人だったもんで、早く会いたくて追い回してました。
あの辺りからアクダムが一気にヘタレ化したんじゃなかったっけか。
キャラはそんな訳でディーナが一番好きでした。
女の子キャラが一番好き、と言うことは今は流石にあまりないですが
小学校低学年位まではよくありましたよ。
かわいい女の子は正義だよな。

ゲーム中のグラは今考えると相当残念だった訳だけど、
個人的にはもともとそれほど多くのゲームをプレーしたことがなかった&FCしか遊んでなかった ってこともあって、当時は特に何とも思いませんでした。
それと音楽!音楽だよ!
ファルコムと言えば音楽!ってのは今割と言われてることですけど
当時から相当凄かったんだよね!
SFC版英雄伝説は音酷くて有名らしいけど、個人的にはもともとそれほど以下略。
特にこの作品は単純に楽曲の良さに感動しっ放しだった記憶があります。
町の曲も妙に耳に残るし
フィールドの曲は最早無駄にかっこいいレベル(物語のシリアスさ考えるとピッタリなんだけど)
お城の音楽は荘厳かつ華やかで素敵だし
洞窟の曲も後半名曲過ぎるし
海賊島の雰囲気秀逸だし
戦闘音楽もクオリティ高いですよね。
当時なけなしのお小遣いはたいてサントラ買いました。
えーと、多分初めて買ったゲームサントラです。
歌とか入ってて最早サントラってレベルじゃなかったけどな!
お城の曲のアレンジ(WINDS OF CHANGEだっけか)は今でも比較的良く聴きます!
でも、この作品でイチオシの曲と言ったら、
個人的にはアグニージャ戦のBGMですよ!!!

何、あれ。

最近20年ぶり位に聞く機会があったんですが
今聴いても普通に名曲だし、特に後半の展開なんか独特で面白いなーと思うんですよ。
ラスト部分からループにいたるところなんか最高だと思うんですけどね!
思うんですけど……
サントラ未収録ってどういうことなの……。
PCE版アグニージャ戦はこの曲とは違った楽曲が使われてるとのことで
もはや幻に近い曲になってしまってるようですね。
凄くいい曲だと思うんだけどな〜。
そんな訳でそのアグニージャ戦の曲を聴くために先日VCでDLを試みたんだけど
よりによってPCE版しか無かったと言うね。
まあSFCリメイクはリメイクとしての評判良くなかったみたいなんで順当なのかもなー。
でもアグニージャ戦BGMが更に幻になってしまいました……ちくしょう、ちくしょう。
あの曲はさ、世に送り出したことをファルコムがドヤ顔してていいレベルのものだと思うんだけどな!
息の長いシリーズだし(まだ続いてるし、今の作品の方がむしろ有名なレベルですよね!)、
いつかコンプリートサントラみたいなものが出てくれないかなーと淡い期待をしてます。

そんな訳でPCE版ですが懐かしさに負けて購入してみました!
PCEなんて当時割と年の離れたお兄さんがいる家のクラスメイトが持ってるか持ってないかって位自分には遠い存在だったなー。
お話や台詞なんかはSFC版と同じっぽいんで、昔を懐かしみつつ遊んでみます!
っておいおいパートボイスなのかよ!
しかもローの声がデスマスクとはな。渋過ぎる。
1990年代前半?位に既にパートボイスが実現できてたってPCEって凄かったんだねえ!
posted by ヒグラシ at 02:46| 千葉 ☁| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

ラストストーリー総括

素材は……素材は完璧なのに!キャラ最高なのに!
今マイPCのデスクトップの壁紙を一定時間で切り替える形にしてて、
4枚の画像を回して使ってるんですよ。
そのうちの1つがラストストーリーの傭兵+カナン大集合だよ!で
もう1枚はキャラ紹介のエルザ除く傭兵5人の画像なんだよ。
その程度にはキャラを愛してます。もう大好きなんです。
だからこそ、この際尖がったシステムやストーリーになっててもいいから頑張って欲しかったさー。

ただ、ただ……任天堂からは去年Wiiでとんでもない傑作が発売されましたよね。
あれで、あのソフトのせいで今作に寄せる期待が跳ね上がったってのは否めないと思います。
あれと同じように、いやあれ以上に任天堂が力を入れてるっぽいぞ!?ってことで
多分私含めてかなり多くの人がそれこそ異常なまでの期待をしたんじゃないかと思ってます。
それゆえ、落胆も必要以上に大きかったかもしれません。正常な状態でプレーに取り掛かれなかったのかもしれません。
……まあその点を除いても、この作品には「荒いな」とか「つじつま合ってないな」とか「接合性おかしいな」と感じる部分があったってのもまた否定できない部分ではあると思いますが。

◆キャラクター◆
キャラクターのイラストを見ただけでかなり心躍りました。
造詣と持ってる雰囲気の魅力で言えば近年の作品の中でも有数なんじゃないですかね。
イラスト見た時の衝撃、トレーラーで動いて喋ってる姿を見た時の感動……忘れられないです。
本当に傭兵さんたちが魅力的過ぎる!
そのほかのキャラも将軍とかタシャとかジルとか素敵だったし、プレーしてみて更にその評価は上がりました。
ただ……後述しますが見せ方がとっても残念でした。
マナミアとユーリスの過去イベントはあまりにも唐突で何で同じタイミングでねじ込んだしって感じだし、完全に独立しちゃってるのもちょっとどうかと思いました。
チャプター式にしてたからしょうがないのかもしれないけど、ずっと一緒にいるならその過程で一枚ずつヴェールをめくっていくように順を追って分かる形だと良かったです。
でもセイレン、ジャッカルよりはマシだったのかな。2人に関してはもうマメに話しかけてないと何がなにやら(涙
ただ2人は作中での見せ方は良かったと思います。
セイレンの台詞に滑ってるものや、明らかにジャッカルの台詞を引き出す枕言葉的なものが少なくなかったのが気になりましたが、それを考慮してもセイレンの魅力は充分伝わりました。
特にグルグ本拠地でのイラつきながらも割と冷静な彼女には、
歴戦の傭兵らしさを垣間見ることが出来ましたよ。
一番問題かな、と感じたのはエルザとカナンだったんですが
これはキャラの造詣云々じゃなくてひとえにシナリオのせいかなあ。
序盤は2人とも凄く惹かれたキャラだったんだけど、
ある種最も展開の割を食ったキャラだったのかもしれないね。

◆シナリオ◆
うーーーーん。
「説明不足」とかそう言う話じゃないと思うんです。
ちょっと厳しい言い方になりますが、
エルザの行動に終始説得力を見出すことが出来なかったんですね。
スタッフがエルザと言うキャラを把握しきれてなかったのかなとも感じたんですが
多分だけど、エルザにさせたい行動っていうのがいくつかあって、
それを全てさせた場合に生ずる矛盾を無視したのかな?と言う気がしました。
この作品って、傑作になる要素をいくつも孕んでると思うんです。
たとえばだけど、カナンとの恋愛の比重を軽くしてクォークとの関係に的を絞って傭兵と騎士ってものを描いていったら多分名作になったんじゃないかと思うんだ。
その逆もしかりで、恋愛に特化させたって同じように良い作品にはなったかもしれない。
(スタートの段階でクォーク=傭兵 と一緒にいるから、その場合長いプロセスが必要になると思うけど)。
ただ終始どっちつかずで、何より誰よりエルザに主体性を見出すことが出来なかったんだよね。
いや、エルザはずっとカナン一筋か。
でもその割には傭兵のみんなとべったりで、
プレイヤーと操作キャラの間に乖離も生まれてしまうんじゃないかと思うんだ。
人それぞれかもしれないけど、カナンより傭兵仲間に思い入れを持った人も少なくないんじゃないかなーと。
カナンと親しくなっていく過程があまり描かれてないから、
どうにも2人の関係に説得力感じられなくてさ。
エルザが騎士叙任を断ったときも驚きました。
これさ、分岐したら相当面白かったんじゃね?
カナンとの愛を貫くルート、クォークたちと共にお上に取り入りつつ新しい世界の形を模索するルート、それから第三の道。
なんてのが選べたらホントに面白かったと思うんだ。
終盤はエルザよりもザングルグやクォークの発言の方が説得力があって困惑しました。
そして……幾百年の恨みを持ってるはずのグルグ族との数日での和解をたった3行で行ってしまったところはもう……どうしよう。
素材は本当にいいのにな〜〜〜。

◆演出◆
3Dと言う表現方法を選んだ以上、ここは絶対に抑えなくてはいけないところだと思います。
グラフィックなんか知らん。そんなに綺麗じゃなくてもかまわん。
個人的にはレギンレベルで充分です。
ただ、演出は絶対手を抜いたらダメなんだよ。
でも今作、キャラのモーション自体が戦闘特化でほとんどありませんでしたよね。
ユーリスイベントの時のエルザの動きの乏しさにガッカリしました。
ほとんどブラックアウトで省いちゃうのはどうなのかなーと。

◆バトルシステム◆
これは素晴らしかった……んだけど、こんだけしっかり作るならもっと自由に、
発展性持たせて欲しかったなあと。
掛け合いも楽しいし、バトルの雰囲気は本当に最高でした。
ただ基本的に戦闘はほとんどイベントですよね?
ほぼ攻略法が1つで、それに従わないとクリアし辛いと言うのはいかがなものかと思いました。
また、AIがちょっとおばかさんだったかなあ。
特にジャッカルさんの氷魔法は……AIもうちょっと考えてくれて良かったのではないかと。
それからエルザのスラッシュとかは爽快で楽しかったけど、
他のキャラももっと動かしたかったなあ。

◆システム◆
不満がないことはないですが、メニュー画面なんかは概ね良かったんじゃないかな。
荒かったけど、読めれば充分です。
ただマップ移動は町と城間でも自由に出来たらもっと良かったかな。
武器防具の種類はもっと多くても良かったですが、
色変えられるだけで個人的には充分頑張ってくれたと思います。
もっと合成して遊びたかったけどね。
あ!そうだ。注目システムは蛇足だったと思います。
強制でなければ気にならなかったけど、
見つけられなかったときにペナルティがあったりするのは地味にストレスでした。
突然画面切り替わることで物語のテンポも悪くなっちゃってたような気がしました。
イベント早送りはOK。でもスキップも欲しかったなあ。
実は初見にもかかわらず早送りで見たイベントがいくつかあります。
何と言いますか、正直それ程に魅力を感じないイベントが複数あったことは本当に残念でした。
せめて分岐があればなー。
それと、ヒゲが作りこんだ!と言っていたルリの町なんですが……
正直徘徊してて楽しいと感じたのは最初の1回だけでした。
いい町ってのは、住人たちの息吹が聞こえてきたり生活感を肌で感じられるものだと思うんですよ。
FF12のラバナスタをもっともっと発展させたようなものを期待してたんですが、うーん。
他作品を引き合いに出すと程度の低い比較になってしまうとは思うんですが
正直町が生きていると言う意味ではゼノブレイドやラジアータストーリーズの方がずっと作りこまれてるなと感じました。
あれだけのキャラを管理したラジアータはシナリオさえまともなら名作だったよなあ。

◆音楽◆
曲数絞ってたけど、質は高かったと思います!
町の音楽はちょっとサッキーを意識してるのかな?と言う気がしました。FF12っぽいと言うか。
秩序と混沌と、が大好きで、もう300回位聴いてます(笑
テーマもいいね。
テーマの色んなモチーフを切り貼りして本編で使うと言う方式は賛否両論ありそうだけど、個人的には悪くはなかったと思います。
何より各々のモチーフがみんな素敵だったからな。
そうそう、それから勘違いしてたんだけど、サントラまだ出てなかったんだね……。
正直プレミアムサントラがかなり充実してたんで満足してたんだけど……
実はジル戦の曲が物凄く好きなんで、あの曲のためにサントラ買おうと思います。
あれはいいよ。何か、妙に癖になるよ(笑


どういう作品にしたかったのかな、と言う雰囲気の片鱗のようなものは感じ取れた気がします。
ただ……うーん。多分だけど、表現したいそれぞれの要素が違うベクトルを向いてたんじゃないかと思うのね。
でもまとめて入れると接合性がおかしくなることとかを考慮せずにぶち込んでしまったような……そんな印象を受けました。
たとえばクォークとの関係や傭兵と騎士ってところからは松野ゲー系統のような泥臭さのほんの欠片を感じるんだけど、グルグ族との戦争においては頭の部分では人間が正しいかのような勧善懲悪っぽさが抜けず、カナンとの物語の部分ではスイーツストーリーが展開されてて、傭兵軍団のお話のところではキャラカタログテイストを感じるわけですよ。
もう、どうしたいのかと。
いずれかに特化してれば凄くいい作品になったんだろうけどなあ。
ホントに惜しいです。
エピソード0、出しませんか?
ルリ島に来る前のみんなの話を出会いからガッツリ描いたストーリー!とかだったら8000円位出しますよマジで。
この際シナリオなんかおまけでいいですひたすらクエストとかでもいいです。
そんでバトル中にキャラが掛け合いしたりしてくれれば他には何も望まないです(笑

ともあれ、これでラストストーリーのレビューは終わりにしたいと思います。
ほんとに色々と惜しい作品でした。
でもプレーして楽しい思いも出来たしキャラにはホントに萌えました!
スピンオフとか続編とか出てくれたらいいなーと思いつつ、ここで〆たいと思います!
ここまでお付き合いくださってありがとうございました!
posted by ヒグラシ at 22:44| 千葉 ☔| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

ラストストーリー(11)

ロード画面が凄く綺麗で、BGMとのマッチ具合に衝撃受けて見惚れてしまったんだけど
「クォークのお墓に寄りかかる昔のエルザと、そのエルザからクォークとの思い出の剣を受け取ってる今のエルザ」
って構図なんだね。
うーん。これだけ見ると、物凄い名作に見える訳ですが。
いや、でも結婚式はちょっと感動してしまった。
結婚式云々じゃなくて、あの場面の演出は秀逸だったと思う。
……まさかの朝チュンにはドン引きだったけどな(笑
それからオンもやってみたよ!
ボ ロ 負 け 最 下 位 でしたけども。


お義父さんお義母さんの墓参りイッテキマース!
■古い廃墟
これってヒゲがデモンストレーションでやってた場所だね。
ヒゲが「別に行かなくてもいい場所」とか言ってたところだよな。
確かに来なくてもスタッフロール見られましたけど、大事な場所だったんじゃねーか。
リザードは綺麗なものに目が無いらしい。
是非リザードとの共存の道も模索してあげてください。
エルザなら!三行で!出来るだろ!?
▼地下
エルザはやっぱりカナンと一緒だと性格が変わり過ぎて凄いよな。
たまたま友人が来てて脇で見てたんですが、
あまりの恋愛脳具合にかなり真面目に引いてしまってました(笑
つーか蜘蛛は食われたもん勝ちじゃねーか!
普通に戦ってたらガードされまくりで全然攻撃当たらないし垂直斬りする暇もくれないし
何度ユーリスの名を叫んだことか(笑
でもエルザが蜘蛛に食われた途端3000前後の数値がボロボロ蜘蛛から零れて噴きました。
カナンじゃなくてエルザを食ってくれよ!
そしてお互いが食われた時の互いの反応がまたウボァー。
カナンはまあ、可愛いんだけどさ。可愛いよ。可愛いさ……可愛いけど。
エルザは何かに取り付かれてるようにしか見えんぜよ。
そうそう、後で武具強化してて気付いたんだけど
この蜘蛛って終盤手に入る確率蜘蛛ガード無視武器使えば多分ラクショーだったんだね。
何だよ……。
▼お墓
もーーーーみんな何で先回りしてんのー。
え?先回りじゃないのか。後、つけてきてたの?
ちょっしかも蜘蛛戦とかでヒィヒィ言ってんのニヤニヤしながら見守ってたとか何たる鬼畜!!!
このやろーーユーリスだけでも来てくれよマジ蜘蛛のガードきつかったんだよ(涙
しかもここで何故かウェディングドレスに着替えるカナン。
城からパチって来たんかな。何となく言いだしっぺはマナミアたんな気がする。
そして見つめ合う2人。ここで結婚式やっちゃうのか(笑
ジャッカルが牧師さんするようです。無理するなおっさん!
そして出ましたお決まりの選択肢。
せっかく蜘蛛倒したしな。
いいえにして面倒くさいことになっても嫌なのではいにしておきました。
だって、みんな、来てくれてるし。4人に失望されたくないし。
何と言いますか、見つめ合う2人よりもセイレン姐さんのニヤケ顔に釘付けでした。
セイレンとジャッカルの顔って良く出来てるよね。ユーリスはまあまあ。笑顔はサイコー。
マナミアたんはイラストが可愛過ぎるから若干他の人よりは劣るけどそれでも充分可愛いです。
あ。
あー。
チューすか。
いや、でもお墓の建ってる中庭はとても綺麗!凄く綺麗だ。
この作品、全体的に荒さが目立つけど(個人的に別にグラは汚くてもいいんですが)、ところどころ凄く綺麗な場所があるね。
船のカットとか、海を臨むクォークのお墓とか、このお庭とか。
あんまり本編に関係ない場所だったりするのはちょっとどうかと思うけど、でも素敵です。
うーん、星見の塔のアレより、こっちが真EDじゃね?
跳べるもののVCバージョンと斜陽差し込む中庭、そしてそこから見える風景と
仲間たちの表情がスローで映し出される演出は実に素敵でした。
ユーリスの笑顔見られて幸せです!
まあでもこう言う私的結婚式って結ばれえぬ2人だったりするからこそ意味があるわけで
正直そのこと自体に感慨は抱けなかったんですね。
でも、傭兵仲間たちが静かに密やかに2人を祝福してあげてるって言うその仲間意識にはただただ心打たれました。
色々迷惑かけて振り回しちゃったと思うんだけど、みんなこうして祝福してくれて嬉しいなあと。
本当に素敵な仲間たちでした。4人、いやクォークも含めて5人とも本当に大好きです!

ところがこの後、その感慨が一瞬で消え去るほどのまさかの展開が。
朝である。
カナンの部屋である。
窓辺で朝日が綺麗だよ的なことを言うエルザと、
ベッドに腰掛けてるミニスカカナン。
こ、これは……

まさかの朝チュンキターー!!!

ホラ!ホラ!だって布団乱れてるよキターーーー!!!!
イラネーーーーー!!!!!(笑
スタッフは最後までプレイヤーの斜め上をひたすら飛び続けてくれました。
布団乱すとかそう言うところこらなくていいから(笑
いや、でもいいです。ホントに結婚式は感動したんだ。
結婚式に感動したわけじゃないけど。

***オンライン***
台詞設定に30分以上かけるのは基本ですよね!?
つーかベリトさんマジやべえ。もう惚れそう。
もう一度ベリトさんに会うために2周目しようかと一瞬考えてしまう程度には魅力的だ。
最初ジルで行こうかな〜とか思ってた気持ちが、ベリトさんの声聞いて吹っ飛んだわ。
全部ベリトさんでいいわ。
ああ、いやいくつかゾンビにしてます。
んで、ちょっと乱闘やってみました。
いきなり部屋主になってしまって涙目だったんで、待機の段階で「やられた〜」とか言ってみました。
キャラランダムにしたらジャッカルさんになってボコられてマジで0Ptだし(笑笑
怖かったからひたすら逃げ回って後ろから刺されてヌワーのオンパレードだったぜ。
でも、楽しかった!
出直します。

オンは結構遊べそうだね。
つーかザングルグとかまで使えるって仕様には驚きました。
面白そうだ!
でもきりが無いのでこれで本当に総括を書いてオシマイにしますね。
今回こなしたイベントとオンラインは、どちらも良かったです。最後にいい思いが出来ました!
本来おまけであるはずのクリア後のイベントの方g
posted by ヒグラシ at 22:49| 千葉 ☀| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ラストストーリー(10)

エピローグ!まだまだ色々出来るみたいだよ!

◆エピローグ◆
お城をウロウロ。ウロウロウロ。
タシャは何処だ!?元気にしてるのか?
▼カナンの部屋
カナンの両親のお墓参りに行ってそこで結婚の誓いを立てたいらしい。
おいおい伯爵やクォークの喪は無いのかよ……。
まあ、島もボロボロだし1つでも明るい話題を提供するってのも為政者の務めか。
今、ルリ島はトップがいない状況になるわけだしな。
何となくイベントが進行しそうなので先にみんなに会いに行きます。
▼伯爵の部屋
エルザ「2人で抱えて乗り越えていこう」
カナン「うん……」
▼テラス
カナン「沢山のものを失ったけど、私の夢はかなったわ!
この時間を大切にしなくちゃね」
エルザ「ああ」

▼エルザの部屋
損壊が激しいのでエルザはカナンの部屋で寝てくれだってさ。
毎日お楽しみですね!!!!
▼図書室
ユーーーリス発見!
未来のヨメと仲良くしてるのかギギg
▼中庭
果たし状貰ったんで早速行ってみました。
タイマン勝負をご所望のようなのでカナンにはここで待っててもらおう。
あ、カナンにはドレス着せてます(笑
この果たし状、今まで散々エルザたちにコケにされたヤツかららしいんだけど……誰だろ。
って、リザードか(笑
わはは、そりゃ恨みもあるだろうな。
闘技場や再訪ダンジョンで散々ボコッたからなあ。
うーむ、リザードとは何だったのか。寧ろグルグ族との争いとは何だtttt
■ルリの町
▼アリエルの酒場

顔出せって言うから出してみました。
▼ロッタの店
店の前で読書してるイルミナさん素敵です。
ロッタとイルミナのカップリングは何だかとても好きです。妙にアダルティで萌える(笑
と言うかイロモノさんと美女の二人の世界系カップリングって好きです。
そこはかとなく漂うRな感じとかもいいですよね(同意を求めるなよ
■リザードの洞窟
リザードが地下を占拠しつつあって危険らしいので来てみました。
ワーイみんないる!
無数に敵が湧いてくるの楽しかった!
宮野さんは一体いくつまで言わされたんかな、30以降は5刻みだったけど。
何やら瘴気のせいでリザードがおかしくなってるみたい。同士討ちまでしてたよ。
ロッタの指輪使って隠し通路発見!マジであいつは最強の考古学者だな。
奥地にはタコさんがいてこいつが元凶だったようなのでたこ焼きにしておきました。
だからジャッカルさんの氷の魔法はだなー(笑
▼中央広場の近く
石塚ボイスで呼び止められてドキッ。
クォーク!?クォークマジで!?
と思って振り返ったらマジでクォークキター!!!!
何で!?と困惑してたらその顔はあっと言う間にジャッカルさんに変貌(笑
目頭が熱くなるような瞬間でした。
この後がちょっと残念だったんだけど(涙
みんなはこれからどうするのかな?とりあえずジャッカルとセイレンは結婚かな!?
ジャッカルは大人だなあ。
さっぱりした物言いだけど、心の中ではクォークのこと色々考えて向き合って
自分なりに答え出したのかなってのが垣間見えますね。
年長者ゆえ過剰に迷いを表に出すようなことはしないけど、さっぱりした物言いに奥行きを感じます。
でも、ここでのエルザの台詞が……。
エルザ「クォークは俺たちを駒だと思ってたのかな」
えええええええええええええええ。
そんなことプレイヤーでも分かるんですけどどうしちゃったんですかエルザさん。
ずっと一緒にいて世界一彼のこと良く分かってるんじゃないんですか(涙
それとも、傍にい過ぎてクォークに甘え過ぎて見えなくなってたものがあって
先に対峙して言葉を交わした際ようやくそのことに気付いたとかそんな感じなのかな。
ジャッカルへの甘えの台詞とも受け取れますね。
▼岬
出来上がった「あれ」って、クォークのお墓か!!!!
ああ、いい場所だ。いい場所に建てましたね。
ユーリス「ぼくたちのために苦しんでいたんだね」
ジャッカル「ああ」
セイレン「すまねえ」
マナミア「あなたがいたから生きてこられた」

ほらー。みんな、クォークが自分たちを駒じゃなかったって思ってるよエルザ。
お前もそんな風に思っちゃダメだろ。
▼城門前広場
改めて騎士叙任ですか。カナンのスカートが元に戻ってる。
タシャが元気そうでよかった!足も治ったんだね。
結局エルザは騎士になる道を選んだようです。
何となく、もうこの流れなら傭兵のまま結婚しても良さそうな気もしたけど
カナンの婿って立場的にやっぱまずかったんですかね。
▼星見の塔
また流星雨の季節が来たんだって。
あれから1年後なのかな?いや、流星雨の季節が1年周期とは限らないかもしれないけど。
カナン来たよ。
今度は海に落とされるようなことも無くちゃんと後ろからハグ出来たようです。
良かったなエルザ!
って、序盤のイベントって、あの段階でマジでハグしようとしてたのかなエルザ。
だとしたらそれはそれで大問題だよな(笑
あ、どうやらこれで終わりみたいだね。スタッフロール来ちゃった。
ええと、両親の墓参り?とかやってないんですけど大丈夫ですかこれ。
てっきりお墓参りでEDに突入するものだと思ってたんでちょっと意外でした。
あーでもEDの曲いいね!歌素敵だ。
え?何?2人は旅出ちゃうの?
ええと……これは新婚旅行だと信じることにして〆ようか。
その前にお墓参りに行こう!

総括は書こうか迷ったんですが、いけそうなんで書きます。
後2回、かな?
posted by ヒグラシ at 23:06| 千葉 🌁| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

ラストストーリー(9)

超展開オンパレード!
楽しめるところを、全力で楽しむぞ!

■奥地
エルザ独りでザングルグさんとご対面だぜ。
最後は異邦の力を持つもの同士のタイマンと言うことだな?
で、お前は一体何がしたいのさ?

ザングルグ「我は神になる」

ええええええええええええええええええええええ。
何だよそれマジかよー。
てっきり大儀のために力を求めてるとかだと思ってたのにガッカリだぜザングルグさんよォー。
しかも何故かエルザ誘われてるし(笑
世界の半分くれるッスか。
うーん、でも共存のためにはそれも選択肢って気がするなあ。悪くない提案ではないかな。
ザングルグも争いは終わらせたいんじゃないの?それなら利害一致で……
あ、エルザにその気はありませんかそうですか。
まあそうか。エルザは力を還したいんだろうしな。
以下2人の言い分です。
ザングルグ「アルガナンの血こそが世界を荒廃に導いたのだ!」
エルザ「魔女は愛する人失っても大地守ろうとしたんだし
尻拭いもしようと頑張ったんだよ!」
ザングルグ「ごめんで済む話じゃない」

どうしよう。どう考えてもザングルグに分があるよこの話。
勿論カナンに非がないのは当然だし、子孫ってだけでみんな悪認定するのはとってもナンセンス。
でも異邦の力を手に入れたこと以外一切このことと関係のないエルザがこんなこと言っちゃうのもちょっとなあ。
まあ、神になるとか言っちゃってるザングルグも大概だけどさ。
でも彼からは一応民背負ってる責任は感じますよね。
「百万の民のために人を滅ぼし、神になる」かあ。
確かに褒められたことじゃないけど、やっぱりザングルグも一貫した考えの持ち主だとは思う。
そんでルリ島の民を巻き込んだ私欲塗れの伯爵よりは大分マシだと思う。
まあ伯爵も覇道を突き進むって点で考え方はずっとぶれてないから、共感は出来ますけどね。
物事のよしあしにかかわらず、道の美醜にかかわらず
その道を突き進み続けるキャラと言うのは共感出来ます。
自覚の有無はともかく、道を進んでいく中で報いを受ける覚悟すら背負っているように見えるからさ。
勿論、実際伯爵にはその覚悟があったとは言えないかもしれないけど。
きっと牢獄から出た時のジルにはあった。
エルザを倒せればもうどうなってもいいって気概があったはず。
ザングルグを討つ意味について考えつつ戦闘して、一騎打ちは何とか勝ちました。
ザングルグ第2戦はみんなと一緒だ!良かったこのまま終わっちゃったらどうしようかと(涙
って、ジャッカルは!?ジャッカルやっぱりいないのかよ……。
もおおおお何だよおおお幾度となく変なフラグを乗り越えてきたってのに。
いや、でもまだだ。まだ登場のチャンスはある。
この後ザングルグ最終形態とかでピンチになったときに何処からともかく氷塊が。って展開を信じておこう!
投げてくる剣を弾いて奪ってバリアを壊すのだね。
カナンのシャイニング効果のありがたさを痛感。どのキャラにもちゃんと役割があるのが凄くいいね。

あれ?
第三形態……無いの?
ザングルグ、腕切って果てちゃった。
ああ、なるほどこれが異邦のものと合体するとかそんな感じの超展開でラスボスだな?
で、そこにジャッカルg
▼そんな展開を信じていたのに
何故、何故階段の上にお前が立ってるんだクォーク……。
その笑顔はアレだよな?「お前たち良くやったさあこの先一緒に戦おう!」の笑顔だよな?
な?

クォーク「異邦のものよ。我に力を与えよ」

あああああああああああああああああああああああ。
やめれえええええええええええええええええええええ。
ああ……やっぱりザングルグと通じてたのか。
クォークが力を求める理由は分かる。やっぱりこの人も一貫してる。
「戦いに怯えない世界を作りたい」って気持ち、分かります。
傭兵時代どんな目に遭ってきたかっつう描写は1回位しかなかったけど
クォークの騎士と言う身分への固執具合や傭兵仲間の命への執着心ってのは作中何度も触れられてきたもんな。
そんで思い出されるのは彼が泥酔してたあの日の夜だ。
何か、もう、そう思うと……どうしようこれ。どうしようか。
クォークの肩持ちたい気持ちでいっぱいになってきちゃったんで、見なかったことにして帰ろうか!?
って、それじゃ大地の荒廃止まらないか……。
クォークは実は最初っからこのつもりでルリ島に来たそうだよ。
素晴らしい計画遂行能力だな。伯爵に取り入るのって決して容易じゃなかったと思うんだけどね。
ところがここで衝撃の事実が発覚

「クォークの家族を殺した騎士を率いてたのはトリスタ」

えええええええええええええええええ!?
まさか、まさか、「だから殺した」なんて言わないよね?
力が欲しくて、その計画のために邪魔だったから殺しただけだよね?
お願いそうだと言ってください。
ここで突然復讐とか言い出したらブレて……ブレてまうやろお。
あー、でも将軍が歴訪してた理由はこれでちょっと分かったかもしれない。
もしクォークの言ってることが本当なら、きっとそれが将軍が騎士に失望して元あった地位を返上した契機だったんでしょう。
そしてルリ島での「騎士を育てようと思う」って発言に繋がったのではないかと。
でもね、これをクォークと結びつけるのはちょっと……色々後付詰め込み過ぎだろ。
▼ラストポイント
どうやら次のボスはクォークですね?しかも、最後っぽいですね……?
もうとりあえずあれこれ考えずに今は倒すことだけ考えよう。
第2段階まではさっくり行きました。問題は、第3段階だ。
第3段階なんてのになっちゃった時点でもうラスボス確定ですよねはぁ。
この第3段階クォークが鬼神のような強さで、ガードせず油断すると5桁ダメージ食らうと言う有様。
もうシャイニング無しでは生きていけませんだから立ってくれカナン。
半分くらいまで削ったところでセイレンがKO。
もうこの後はマナミアゲー。
ひたすらマナミアのTPが溜まるの待ってリバイブ。ユーリスとセイレンにお任せ、の繰り返しでした。
そうそう、ユーリスの右目って不思議なことになってたんだね!何だあれどうなってるんだ。
ちょっと驚いたんだけど実際の使い勝手だけじゃなくて設定的にもかなりの魔法の腕の持ち主だったってことだね。
あまりにも唐突過ぎて目点になったけど、大好きなキャラだし使えるしもう何でもいいです。
ユーリスが生き生きしてればそれでいいやもうジャスティス!
えー、この第3段階で最も大切なことは、エルザが死なないこと。
ひたすら逃げ回って、最後に垂直斬りでオイシイところ持ってったよ。
最後にクォークは無事人間に戻りました。戻ったけど……もう手遅れなんだよなこれ。
無念の思いを抱えて散るのかと思いきや、意外にも晴れ晴れとした表情をしてるね。
復讐にかられてトリスタ将軍やっちゃったんだ、とか言ってたけど聞かなかったことにしよう。

あれ、まだ終わってないの?
どうやら崩壊を始めたラストワールドから逃げるようです。
セイレンがジャッカルと一緒に心中するとか言い出したよ。
いいねいいね。作中で「大切な人のいない世界に価値を見出せない」ってことを表現するキャラは好きです。
相手へのとても強い気持ちを感じられて萌えます。
でもセイレン姐さんまで失うなんてとんでもない!ジャッカルにも怒られるだろうし全力で連れて帰りますよ!
と思ったら……
ちょっ

クォークの意思が

ジャッカルを生き返らせた……だと!?


ダメだ、もう考えちゃダメだ(笑
そうだ!セイレン姐さんがすげえいい顔してた!それが見られたんだから良しとしよう!
ああ、でも一言だけ言わせてくれ。
ヒゲ、どうしちゃったの(涙
ウロウロしてたら橋から落ちてゲームオーバーとかもうね。
アングル動かして後ろチラチラ見ながら走ってたら3回も落ちました(笑

この後「エルザたちの奔走」によってグルグ族との協定が結ばれたことが
ナレーションのみで伝えられました。
いつの間にエルザたちそんなに偉くなったんだ。
つーか協定を結ぶことで帝国のおえらいさんたちにどんな利があるのかを描いて欲しかったな。
今のところ旨みが見つからないような。
エルザたちが異邦の力使って脅したとかかな?
「大地を元通りにしたかったら言うことを聞けさもなくばこの力で云々」とか言ったんだろうか。
ともあれ異邦のものを還せば大地の荒廃は終わりますね。
でも、どうやって還すんだ?
何とエルザとカナンが祈ったら還ってくれました。
魔女さんは何故これをしなかったんだろうか……。
あ、そっか。闇雲に還してもまた戦争が起きちゃうって考えだったからか。

ところで、人間は相当グルグに恨まれてましたよね。
ザングルグの部下の兄弟が「幾百年の恨み」とか言ってましたよね。
でも、それは上層部だけの恨みだったのかな?
実は数日後のルリ島で共存共栄が始まってるんです。
子どもたちがキャッキャウフフしてはしゃいでるんです。
人間の女性がグルグの男性を誘惑したりしてるんです。
ええと……人間とグルグ、双方共民レベルでは偏見とか無かったってことなのかなー?
いやいや、ルリ島は町焼かれたし、グルグも本拠地で虐殺が行われたはず。
民の感情も決して穏やかではないと思うんだけど……
平和になればそれでいい、ってことなのかな。

もう少し続くみたいなんでプレーしますね。
posted by ヒグラシ at 00:07| 千葉 | ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ラストストーリー(8)

牢獄から逃げた敵はこんなところに来てました。
何やってんだお前逃げろよ。まるでエルザたちと戦うために現れたみたいじゃないか。
ってうんまあそう言うことなんだろうけど。
シールドを展開しててなかなか攻撃当てられないようです。
ウインド使ってシールドにダメージ与えて攻撃、を繰り返せばいいんだね?
長期戦になりそうだ。伯爵もちゃんと戦ってください(笑
って、みんな来てくれたーーー!!!!ジャッカルさん無事で良かった!
セイレンとジャッカルがラブラブ過ぎてニヤニヤが止まらん一方で
フラグのにおいがしてきてハラハラッス。
クォークとかジャッカルみたいな大人のお兄さんの退場はマジ堪えるんで勘弁してくださいよ。
▼異邦のもののところ
伯爵こんなところまで良くついて来たよな。
独りじゃ厳しかったかもしれないけど政治家の癖に立派だと思うよ。
異邦のものとご対面です。
む、人型ではなくてオブジェのようなものなのだな。
現れた異邦のものを突然ボコリ始める伯爵。
うーん、アグレッシヴ!1人でここまで来られたんじゃね?
つーかこれ物凄い死亡フラグとお見受けしたんですけどみんな止めないんですか?
異邦のものを守護するミスラとか言う鳥さんと戦いました。
今までに無いほど苦戦したぜ……ここに来て大分敵の火力も上がってきたね。
最後の魔法乱発が厳しくてKO者が出てしまいました。KOなんて序盤のモブ騎士以来だ。
3度目の正直でやっと倒せたよ。
エルザはローリングで回避できるけど、この戦闘はフォレスト使いのマナミアが生命線だからな。
みんなでボコってる時にもうマナミアにフォレスト使わせておくのがポイントだね。
カナンのヒールサークルもどんどこ量産しました。
ジャッカルもバーサーカーで攻撃参加してもらったよ。ナナシMAX万能過ぎる。
ミスラを退けたところ、どうやら砲台が言うこと聞いてくれたようだ。
一方で何故か伯爵完全にイカれてしまった。
何だどうした何があった。ミスラに脳でも吸われたか。
あまりにやかましかったからかオブジェに吸収されるようにして伯爵消えてしまいました。
うーむ、きっと異邦のものとひとつになれて本望だったことだろう。
つーかグルグの砲台のほうがずっと立派じゃないか。
伯爵が砲台ダメにしたんじゃないのかこれ(笑
アルガナン伯爵とは何だったのか。

グルグの砲台が立派だったもんで、ルリ島大惨事です。
更にグルグが上陸してきちゃったよ!
おいおい何だもうダメじゃないのかルリ島の一般市民涙目過ぎるだろ。
何が悲しくてこんな突撃作戦に同行して運命共同体みたいな真似しなきゃなんないんだ。
そんな中タシャが港で奮闘していました。
ああ、呆れてちゃダメだ。まだ頑張ってる人がいる。港に急がなきゃ。
■ルリの町
▼港

エルザたちの姿に感銘を受けた騎士が出張ってやられてしまいました。
倒れ方が時代劇の切られ役みたいだった(笑
海から空から、色々来るなあ。
宝箱ゲットして、何とかタシャを助けたぞ。
ああ、でもタシャエルザを庇って刺されてしまった。
先に行けとか言い出したよ……タシャはゲストに加わっても結局「先に行け!」ばっかり言ってる気がする(笑
タシャの手当てが先だよ!!バカ言えよ!!!!
何か、でも、大丈夫らしいんでそれを信じて地下水道の鍵をゲットしました。
一般市民はそこに逃げ込んでるんだってさ。
▼地下水道
ここまでタシャ引っ張って来れたんじゃね?
敵かと思ってカナンを撃ってしまったすまぬすまぬすまぬ。
おい何見つめ合ってんだよそれどころじゃないだろ。
エルザはカナンがいる時といない時で素行が別人のようになることがあるよね。
恋パワーってヤツですかね。またゾラいるし(笑
お前無事にここまで上ってこられたんだな。それだけの根性があれば第二の人生もうまくいくんじゃないかな。
いや、傭兵で第一、盗賊で第二だから次は第三の人生ですかね。

ロッタから怪しげなものを受け取りました。これでロッタを召還出来るらしい。
ロッタは間違いなくルリ島ナンバー1の勇士だな。
■地下水道
ゾラがシルバーアロー売ってるのおかしいと思って99本買っておいたんだよね。
まさかまたネビロスさんと戦う日が来るとはな。
洋館ではシルバーアローが常時枯渇状態で厳しい戦いを強いられたけど
今回は無駄撃ちしまくれたしラクショーでした。
セイレンが下水で穢れた身体じゃお嫁に行けないとか言い出してジャッカルさんが全力で反応してた。
42番目の妻にしてもいいそうです。もーそう言うのいいからお前らさっさと結婚しろ。
地下にグルグたちが要塞島を直接つけて潜入してきたので、逆を辿って攻め込むことにしました。
姐さんがジャッカルにさっきの話考えとくとか言ってちょっとしたフラグを立ててた。
よせ止めろ……あんまり言ってるとどっちかが危なくなりそうで怖いだろ。
さっきの話って何だとか聞かない辺りが大人のやり取りですね。
■要塞島
障壁作る敵が出てきたよ。グルグ族の文明って凄いね。
こう言うのも全部人間憎しで発達させてきたんだよな。恐るべし。
道が壊れて分断されてしまった。またエルザとカナン一緒か……。
カナンは面白いくらいエルザとしか絡まないよなー。
もっと傭兵軍団そのものと仲良くするようなイベントがあってもいいのにね。
姐さんとすぐ合流出来ました!
姐さんは狭いところが苦手とか、意外と弱点が多そうで可愛いな。
前も何か怖がってなかったっけ(笑
ジャッカルだけ倒れてたよ。ええと、変なフラグが見えない見えない。
イチャつき過ぎで心配になってきた。マジで生き残れよお前ら。
先まで進んだところでザングルグの部下の偉そうな双子?が出てきました。
属性障壁使うの面白いね。
しかし当のザングルグは一向に姿を現す気配がないな。
ザングルグさ、やっぱりクォークに乗り移ってるとかなんじゃないの?
と言うかクォークが受け入れたと言うか……。
そう言うことが出来るのかは、知らんけど。
▼異邦のもののある場所
グルグが持ってる異邦のものにはいっぱい剣が刺さってるね。
なるほど、刺して怒らせたのか。酷いことするなあ。
また鳥キター。
何かエルザとカナン拉致られちゃったし。もーだから何でいつもその2人チョイスなんだよ!
たまにはカナンとジャッカルとかでもいいだろ!
いやそれはジャッカルに死亡フラグ立っちゃいそうでダメか。
また鳥とやるのか〜。
今度はさっき戦ったミスラを呼んで助けてもらいました。
カナンが何故突然ミスラを召喚しようとしたのかは謎である。
唐突にFF的要素が飛び出してきた感じだ。

*その頃お城の地下では*
あ、ジルだ(笑
ジル無事だったのか。早くお逃げ!
逃げてもいいのにエルザを探そうだなんて結構根性あるじゃないか。
あー、ザングルグと会っちゃった!
つーかザングルグちゃんといたんだね。
名前ばっかりで全然一方その頃的なものがなかったから
マジでクォークと合体しちゃったのかと思ってたのに。
そう言えば最近クォーク見ないな……。
おおおおジルはザングルグを前にしてもビビってないぞ!すげえ!かっけえ!
そんな訳でザングルグに気に入られてしまったようだ。

この後色々あって嵐の海に転落する羽目になりました。
泳いでカナン探すシーンでFF8の宇宙を思い出したのは私だけじゃないはずだ。
え、いや、私スコールもリノアも別にダメじゃなかった人ですけど。
ダメじゃないけど叩かれてる理由は分かるし、別に擁護する気もないです。
FF8、話とシステムと音楽は好きです。特に音楽は最高だ。キャラはうーん。
どうすんのこれって途方に暮れかけたところでグルグ族の船見つけました。
あー、ジルか。
■グルグの船
ジルはわざわざエルザを探すためにこの嵐の中船出したの?もう勇者だな。
ジル顔酷くなっちゃってるな……。
ザングルグがカナン欲しがってるらしくてカナンさらわれてしまいました。
まあ海で溺れてるより、一応安全は確保されてるわけだからいいですよね。
ここでジルと決着を付けるようです。何か変なBGMかかってんよ(笑
でもジルの気持ち分かるよなあ。共感できます。
一貫したキャラはいいよ。
ズタズタにされた誇りのために剣を取って戦ったなんて、最期一皮向けたと思う。
まあ半分操られてるような状態だったかもしれないけど。
ここでのエルザの「俺は誰一人守れないのか!?」発言にはちょっと驚きました。
ジルが敗れたと分かって次々と荒波の中に身を投げるグルグたち。お前たちも漢だな。
何故かみんなの船が現れて、無事合流出来ました。
カナンはザングルグのところに連れて行かれたそうな。
え?ザングルグは合体した異邦の力が欲しいの?
ザングルグが何故力を求めてるのかってことは、まだ分かってないよね?
これはエルザたちの憶測に過ぎない話だよね……。
ザングルグが力を合体させて空に還そうと考えてるとは思わないのかな。

ホワイトタイガーは神獣の使いだったみたいだね。
突如海上に現れると船を導いてくれました。またルリ島に入れたよ!
ええと……今更過ぎるかもしれないけどこの作品、お話の見せ方はどうしようもなく荒いよな。
キャラが引っ張ってくれてるけど。
■遺跡
深部で黒い石を見つけたんだけど、突然ワープさせられちゃったよ。
セイレンが怒って石を攻撃して、石が襲い掛かってきてしまいました。
セイレンは対人だと割と常識的な動きするのに、相手がものだと容赦ないんだな。
攻撃も効かないよ。どうしようかなーと思ってたらイベントが発生。
*過去?*
幻……なのかな。エルザの村のようだ。
襲われた日にワープした感じなのかな?
倒した夜盗がジャッカルだったりセイレンだったりで大パニック。
しかもエルザ笑ってるし。プレイヤーはもう別の意味で笑うしかない。
最後はお母さん斬って発狂して戻ってきました。
うわーユーリスが狂って襲い掛かってきたし!倒すしかないのこれ?
光に当てればいいとかない?ない……ね。
あ、幻だったんですか。
ユーリス倒した後気を失って目覚めたら目の前にジャッカルの顔。
「うなされてたぜ」
「幻見せられてたんだよ」
「しっかりしろ」

ちょっとアッサリ片付け過ぎだろお前らはどんな幻見たんだよ。
ユーリス涼しい顔してるけど、いきなり後ろから襲われてちょっと怖かったんだぞ。
変な敵が幻作ってみんなを惑してたようだ。
ラストコクーンだって。石ですね。
第2段階きつかった!
剣を落として〜の意味が良く分からなかったのでごり押し。
祭壇ごと壊すってのが良く分かりませんでした。
垂直斬りしてもダメだし……どうすれば良かったんかなあ。
でもフツーにやっても倒せるんだね。
■何処だ、ここは
3体に分裂する敵との戦いでした。
偽者強過ぎるんで本体分かるまでヒールサークルで蜜柑食べてたよ。
ええーと、みんなの目的は「ザングルグを止めること」なの?
異邦の力を何とかすることではなくて?
だからさ、さっきも書いたけどザングルグの目的ってはっきりしてないよね?
大地のことを考えてるいい人かもしれない、と言う可能性は無いんですか(笑
道が別れてるってことでパーティも分散することになりました。
ユーリス独りで行くの!?もーユーリス男前過ぎるな!!!!
惚れていいですかいいですよねすいませんもう真面目に好きなんですけどね。
そしてケンカップル一緒に行くのか。
えっちょっと待ってよどっちかって言うとどちらかがユーリスと行った方が良くね?
魔法使い独りで大丈夫かなあ。
ユーリスにはいわゆる死亡フラグは一切感じないからいいですけど。
でもジャッカルはセイレンといることでフラグがなあ。心配だなあ。
ワーーーイ!エルザはマナミアたんと一緒だ!よしこれは全滅する気がしねえ!
行った先でセイレンとジャッカルは賭けしてて、ユーリスはちょっと弱音吐いてました。
つーかユーリス普通に斬りかかっても倒せるレベルの敵しか出て来ないんだな。
拍子抜けした。
セイレンとジャッカルのやり取り楽しいなあ。
じいや発言に金的、盛り沢山だな(笑
マナミアたんとエルザの前にはザングルグの部下の例の片割れがいました。
ここでザングルグが悪いことを考えてるらしいことが判明。
何だ〜、ちょっとガッカリだ。でもここに来るまで彼の腹の内ってのは明らかになってなかったよね?
最後はユーリスの技勝ちで部下撃破。
うーん、人間随分恨まれてるなあ。
そしてザングルグは部下思いな人だと言うことが分かりました。
伯爵よりは大分マシじゃないか。
残りの片割れもやっぱり姐さんが独りでボコってくれた。
エルザは暇だったんで遠くからぴちゅんぴちゅんしてた。
でもいたちの最後っ屁でセイレンが狙われてしまい、
ジャッカルがああああ!!!!!!
「お前のきれいな身体に〜」とか恥ずかし過ぎるだろ自重しろ!!
じゃなくて立てバカ!ホラタシャ並のフラグクラッシャーっぷりを見せ付けて……
って、え?
え……ええええええええええええええええええ。
お亡くなっちゃったよ!?マジで!?マジでなのこれ!?

見事なフラグ回収でございます。


もう何か頭真っ白だぜ。
カナンを助けるためとかもー忘れてたわ。そう言えばさらわれてたんだったな。
みんなが行けって言うし残ってると全滅しそうだから先行きますよ(涙

長くなったんで切りますね。
posted by ヒグラシ at 23:44| 千葉 ☀| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

ラストストーリー(7)

ジャッカルさん動かすところで味方が弱過ぎて詰んだのでやり直しました。
そしてまた闘技場から抜け出せなくなるんだ(笑

グルグの本拠地に到着!さあ制圧するぜ〜。
■グルグ本拠地
え?民間人……?
民間人ばかりの島だったようだ。ま、マジかよ……。
そんなところにモブ騎士さんたち率いて突入します。
な、何か役に立たなそうな人たちだな。
典型的なダメ騎士っぽいんだがとんだハズレくじ引いたもんだぜ。
おかしいな。城で一緒に戦った騎士や魔道士は割と立派な人たちだったと思ったんだけど。
何となくこんな下劣な感じの騎士たちを揃えたスタッフの魂胆は分かりますが。
逃げ惑う民間人に戸惑うエルザ。
そんな民間人に喜々として剣を振るう騎士たち。
うわー凄惨だ。何かこれでエルザの道が見えましたね。
もともと弱気を守ろうとして騎士を志したエルザだった訳だけど、
今目の前で騎士が行ってるのは力を持たない人々に対しての略奪行為そのものだからな。
でもエルザって傭兵家業長いんじゃないの?
こういう現実は、何となく今更な気がしなくもないんだけど。
セイレン姐さんはイライラしつつも慣れたものだな。
ここでナレーションの「いぶかしみつつ」って日本語に違和感。訝りつつじゃね?
姐さんが素敵過ぎる(笑
達観してる姐さんと青臭いエルザで会話が成り立ってないところタシャが来てくれました。
タシャも憤ってるな!流石は将軍の弟子だぜ!
最後にグルグの民間人をそっと見逃してあげました。
ごめんな悪いことしたな。どうやらグルグの土地も痩せてしまってるそうな。
そんなことだろうと思ったぜ。
帝国だけ土地が痩せてるとかって話なら、舞台はグルグより寧ろ帝国本土になるはずだもんな。
タシャとの騎士トークに悶絶しました。
プレイヤーは無類の騎士スキーです。
騎士道!とか騎士とは何か?とかってテーマのお話は大好きです。
騎士の醜い面にも触れつつ、将軍やタシャのような高潔な騎士の姿も描いていて
色んな騎士が見られていいです。
この作品でいいたいのは、騎士とか傭兵とか、身分や立場は関係ないってことなんだと思うけども。
最後に同行したクソ騎士が黄門さま展開でボコられてたけど、これは無くても良かった気がしたなあ。

■ルリ城
気付けばグルグ本拠地制圧の功績がエルザのものになってたよ。
これによりエルザは騎士になってカナンの婚約者になっちゃいました。
異邦の印パワー万々歳だな(笑
クォークはとても嬉しそうだ。エルザは嫌そうだな。
ずっと一緒に戦ってきた2人の気持ちの乖離がいいですね。
全然違うけど、でも何となくクォークにはTOのヴァイスの片鱗のようなものを見ずにはいられません。
若い頃のクォークってヴァイスにちょっと雰囲気が似てないこともないな、と思ってたんだけど
立場までほんの僅かだけどそれっぽさをにおわせるキャラだったとはなー。
▼酒場
ユーリスに「寂しくなるね」って言われて妙に嬉しかった(笑
でもユーリスは基本的には大人なキャラだよね。エルザより大人だよね。
怖がりだったり変な声出したりするのは性格と言うことで(笑
実はタシャと並んで好きなキャラです。次点はジャッカルさん。
セイレンとジャッカルと一緒に闘技場行くことにしました。
▼闘技場
シーズン2だって!新しい構造のマップが出てきたよ。
対ムルー戦はジャッカルさんのせいで酷い目に遭いました。
氷の魔法やめれえええええ回復してまうやろおおおお。
ジャッカルさんが氷の魔法使うたびに必死に拡散するエルザの涙ぐましい努力が光りました。
セイレン姐さんKOされちったよ。
ルリの騎士の行動には噴きました。
倒れた振りしてエルザに取り入ろうとかクソ過ぎる(笑
おかしいなあ。ザングルグ攻めて来た時のルリの騎士は勇敢だったのになあ。

騎士のどうしようもない姿を見て、エルザは戦いの意味を見失っていました。
テラスでブツブツ言ってたら歌が聴こえて来たよ。
カナンの歌じゃん。つーかこれカナンが歌ってんじゃないの?
あ、でも他の人には聞こえないらしいからカナンじゃないっぽいな。
「心が癒される……」だの何だの言いながら憑りつかれたように歌の出所を探るエルザ。
異邦の人かな?魔女だっけ。
城の地下に降りて行くと、やがて序盤でエルザが力を授かった場所に出ました。
繋がってたんだ。
▼遺跡
何故かカナンがいました。カナンも歌に導かれて来たらしい。
遺跡の中に隠されたオブジェがありました。
将軍にもらったものが鍵だったようだ。
伯爵ったら何てものを将軍にプレゼントしちゃってたのさ。
奥に道が続いている模様。
2人で仲良く行こうとしたらタシャがイケメンポーズでいつの間にか後ろにいました。
何と心強い……戦うモチベーションも上がるぜ。3人で奥に進みます。
勲章、力、血の3つが反応して、禁断の扉が開きました。
禁断なのに入っちゃって大丈夫ですかね。
タシャレベル44に感動した。頼りにしてます。
素早い敵うぜーーー!バーストまでヒールサークルで待たなくてはならないとは。
敵が沢山現れて、タシャを置いて行くことになってしまいました(涙
貴殿の背は私が守る!じゃねーよお前の背を守りたいのにチクショー。
▼最深部?
BBAが出てきたぞ。魔女?
初代アルガナンが愛した人ってこの人なの?
何か1人で浸りながらお喋り始めたぞ
・異邦のものが大地の生命力を奪ってるの
・争いを止めるためにアルガナンは頑張ってたわ
・私も、彼のために私頑張っちゃった!
・それで私、異邦のもの呼んじゃったの
・でも異邦のものは物凄い速さで大地の力を吸った
・私の愛した人は頑張ってそれを止めようとしたわ
・超素敵な眼差しだった
・異邦のものを分割して荒廃を食い止めようとした
・でも結局今緩やかに世界は荒廃を続けている
・分割した異邦のものを1つにすれば、星は空に行く

……何だろう、この違和感(笑
ところどころにBBAのアルガナンラブ!が散りばめられててちょっと食傷になりました。
つーか元凶はお前かよ。
随分とロマンチックなご婦人ですね。
こうして城の地下で、愛する人のために世界をどん底に陥れた自分の罪に浸ってらっしゃったのだろうか。
プレイヤーとしてはタシャの安否が気になって気になって……
ああ、良かった生きてた。将軍に次いでタシャまで失ったらフテネだった(笑

!?

結婚式……だと!?


帰ったら即結婚式するとか言われたよ!?
勿論、エルザとカナンのだよ!?
早ーーーーよ何この超展開(笑
▼伯爵の間
ユーリス探して彷徨ってたら入ってしまった。
ああああああもうしょうがない進むか。
タシャから剣受け取って、叙任式に臨みます。
あれ!?ふざけて誓わないにしたらそのままイベント進んじゃったよ!
何?分岐あるの?
この後やり直してみたら、誓うことは出来ないんだね(笑
因みにユーリスは中庭にいました。
何だよー、ここで分岐発生したら神展開だったのに。
つーかエルザそんなに騎士になりたくなかったのかよ。
何でそれでいきなり「カナン待っててくれ」になるんだ。
どっちかって言うと「酒場のみんな待っててくれ」じゃないのか。
でもBGMとタシャが格好良過ぎるからいいや。
▼渡り廊下
何故かクォークいたし。
クォークが恩着せがましいこと言ってきた!いいねいいねこうじゃないと。
クォークにとってはエルザこそが自身の夢なんだよね。
エルザ視点だと恩着せがましいんだけど、個人的にはクォークの言いたいことは良く分かるし
選べることならクォークルートの方をプレーしたかった位かもしれません。
今なら彼が「独りで死ね」って言った理由も良く分かります。
クォークは一貫してるキャラだなと感じるよ。
▼カナンの部屋
花嫁ルームに乱入!
エルザ「戦いを終わらせて2人で自由に生きよう!」
おお、ここでプロポーズじゃん。こっちの方がいいですね。
伯爵にカナンの平手打ち炸裂(笑
そしてここで名BGMキター!!!この曲とても好きです!
サントラにも入ってるよね。あのテーマ曲が抱えてるいくつものモチーフ、全て好きです。
2人で管制室に向かうことになりました。
城内の人々が軒並み2人を拍手で迎えてくれてるんだけどどういうこと。いいの?(笑
▼管制室
あー、何で管制室に向かってるのか良く分からなかったんだけど
壊しに来たんだね?
あ、グルグ来てんじゃん今壊しちゃダメじゃん。
って言うかザングルグ倒してからじゃないと色々とまずいのでは。
なるほど、ザングルグがもう片方の異邦のしるしを持ってたのか。
もう片方を奪うためにグルグはルリ島に攻めてきてたらしいよ。
そう言うのをナレーションで全部言っちゃうってどうなの(笑
でも、ってことはザングルグは異邦のちからを1まとめにして空に還そう?としてたってことなのかな?
ザングルグ、いい人じゃね?

その頃伯爵は仲間を説得していた。
ジャッカルを動かして伯爵を守りつつ管制室まで行きます。
ここでみんなが弱過ぎたんで叙任式前に戻って、みんなのレベルを40ちょい位まで上げました。
これなら大丈夫だろ!
▼中庭リベンジ
うっはあっさりだわ。
1回目はほとんどダメージ入らないままアーチャーに狙い撃ちされてみんなダウンしてたからな。
ナナシ+5ジャッカルは万能だった。
その頃グルグさんたちが牢獄の「なにか」を解き放ってしまいました。
遠めに見ても何が何だか分かんなかったんだけど、特別なモンスター?っぽいね。
▼軍事棟
やっべえ戦闘楽し過ぎる。つーかこうやって色んなキャラ動かした方が楽しくないか?
みんなで協力してる感じだったし、凄く楽しいぞ。
万能ジャッカルいいな〜。詠唱も意外と早かった。
▼管制室
カナンいつの間にか着替えてるし。ちゃんとエルザから隠れて着替えたんだろうな?
わーいクォークいないけど残り全員での戦い燃えるぜ!
どうやらグルグも砲台技術を盗んだらしくて本格的にドンパチすることになりそうだ。
ルリの砲台は伯爵の言うことを聞いてはくれませんでした。
伯爵、涙目。
でもその時運良く城が壊れて異邦のものの元に行けるようになりました。
これが政治だよじゃねーーーよ何だよこの展開(笑
しかもこの流れでジャッカルとユーリスが残るとかマジでかよお。
プレーするモチベーションgggg
でも、まあジャッカルのセイレンとのちょっと甘いやり取りが見られたからよしとしようかね。
ジャッカルは確実にセイレンのこと好きだよね。
▼地下
こんなところで王族の指輪ゲットとは……ロッタ召喚してえ。
ダメージ床UZEEEEEEEEEE!気付いたら伯爵がKOされてた。
▼最深部?
サモンサークルでレベル47まで上げておいたよ。
えええええ!?ここでセイレンとマナミアが残っちゃうとかどんな予定調和だよ。
せめて他のパーティの様子も自分で動かして体験出来れば良かったのにね。
さっきのジャッカルタイムみたいにさ。

この先で一行はとんでもない人物との再会を果たすことになったのである。

ゾラ

である。
お前何やってんだよ!騒動に紛れて脱獄したのか。
何してるの?

「ここで商売を始めた」

はァ!?
ここって、ここ管制塔地下じゃないですか。
客、エルザたちしかいませんよ?大丈夫ですか?頭でも打ちましたか?
いや、ありがたいけどさ。
しかも強化まで出来るとかどんだけ器用なんだ(笑
つーか最初からそうやってまっとうに生きろよ!
しかも持ってる品物盗品じゃないらしいよ?何処からどんなルートで調達してきたんだお前……。
あまつさえ特にボッてる訳でもない。いいヤツじゃないか!
でも最早キャラは崩壊してるんじゃないかと思うんだけどどうよ(涙
そう言えばジルは大丈夫かな。ちゃんと抜け出してるといいけど。
posted by ヒグラシ at 21:46| 千葉 ☁| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

ラストストーリー(6)

もしクォークが……なら、それはこのお話の
ものすごく魅力的なポイントになるね!
一方で、おそらく悲しい決別は避けられなくなってしまうと思うんだけども。
でも、お話には引き込まれてきた!

ロッタが落とした本を探しに井戸にダイブします。
▼ルリの町教会傍の井戸
マナミアたん以外は全員出動か。
この辺パーティ選べるとよかったんだけどなー。
つーか常に全員連れ回したいんですけどダメなんですかね。
流石にヌルくなり過ぎますかね。
何と地下には迷宮が広がっていましたよ。
いきなり住処にお邪魔しちゃって申し訳ない気もするんだけど彼らは地上侵略とかを目論んでたりするんだろうか。
3つの宝箱からアイテムゲット→像の土台に埋め込む と言う作業は旧き良きRPGを思い出させました。
ただ3Dでやると若干違和感あるね。何で宝箱に入ってたんだとか。
▼拾い部屋
りざーどんがドンツクしてるぞ。お前らも儀式か!
ルリ島に住んでるヤツはどいつもこいつも儀式で何か呼び出すのが大好きだな。
クイーンオブアビスとか言う巨大なドラゴンっぽいやつが出てきました。
食われる食われる(笑
りざーどんたちが奉ってたのは何とロッタの落とした禁書でした。
放置してたら大変なことになってたかもしれないな、良かった良かった。
帰りは心臓破りの階段登りを強いられるようです。
「1!2!」とか声上げて上ってくクォークにちょっと萌えたと思ったら
一時後には一人へばってるじゃないか!!!!!
うおぉおおおおおお怒涛の萌えきたぁああああああああ(笑
おっさんクォーク、頑張れ!愛しいぞ!

■ルリ城
やることやったし召集に応じてやりますかね。
伯爵に忠誠を誓うことを約束して、エルザとクォークは無事騎士見習いになれました。
え?ほかの人は違うの?ええええええ!?
差別はやめろよ不和が生じたらどうするんだよ。
って、みんなそう言うタイプの人じゃないと思うけど……。
まあみんなを取り立ててもらうためにも早くエルザたちが偉くならなきゃな!
頑張るぞ。
■ルリの町・酒場
珍しく?クォークがべろんべろんになっているようだ。
そっか……そうだよな。
クォーク、相当騎士になりたかったっぽいもんね。
騎士になりたいっつーか、脱傭兵したくて必死だった感じだもんなあ。
傭兵生活がしんどくて辛くて騎士に憧れてるって言うのは、エルザよりむしろ彼の気持ちだよね。
念願の夢がかなったんだからそりゃハメも外したくなるわな。
逆にエルザの方は過去の体験を踏まえての夢だとしても、まだ少し感情が先行してて
騎士になる意味とか意義とかそう言うのを地に足つけて考えられてないように見えます。
力のことかカナンのこととか、意識が色んな方面に行っちゃってるからだと思うけど。
■ルリ城・伯爵の間
伯爵は早速グルグ殲滅大作戦を決行したい模様。
・今からグルグの本拠地に攻め入るよ
・その為に大洋を駆ける要塞を使う!
・それはこの城に封じられている
・異邦の力を持つものが試練を乗り越えると自由に使えるようになるんだよ

あ、いきなりエルザにおんぶにだっこ展開なんですね。
カナンはホントに極上の釣り餌だったよな。伯爵笑いが止まらんだろ。
■試練
クォークとマナミアたんと一緒に行くことになりました。
おお……何かすごいな。VPの敵みたいなヤツが辺りをふわふわしてるぞ。
魔道士が操ってる骸骨は、ギャザリングしないと具現化されないんだね。
魔道士が凄く見つけ辛くて、骸骨こらしめた後必死にエリアを駆けずり回ったよ(笑
ボス戦は今までのバトルの中で一番楽しかったかもな〜。
マナミアに指示→クォークと交互に斬り合いしつつ、マナミアにヒール指示→いずれかがアヒャってもすぐに回復!
って流れで戦うととても楽だね!
つーか戦闘タクティカルでホントに楽しいよ。
技の種類が少ないってのは一方で死にスキルが少ないとも言えるもんな。
持ってるスキルを全力に使ってる感じなのが楽しいです。

そんな感じで無事終点に到着!
エルザが力を授かった時に聞こえたものと同じ声が聞こえてきたよ。
解放してとか言ってたけどどう言うことなんだろうね?
異邦の何かを封じて力にしてるとかそんな感じなのかなー。
えーと、何とルリ島自体が要塞でした!
島ごと?島ごと行っちゃうの?それ民危なくね?
国家総動員みたいな展開だな……。
カナンが動かしたらダメとか言って、伯爵に殴られてました。
うーん、カナン無力だなあ。
等身大の女の子とも言えるかもしれないけど、政治力はないのだね。
一方ジルは大活躍のエルザに嫉妬むき出しで忍びにエルザチェック命じてた。
早速中庭で襲われるエルザ。誰かが協力してくれたよ?誰だろ。
カナンではないよな。部屋で泣いてたし。
▼伯爵の部屋
・土地が枯れて諸侯の領地争いが絶えない
・グルグ大陸目指すのは、人々の未来のため

腹の内知っちゃってるけど、まっとうなこと言ってるように聞こえるよな。
この後タシャにも将軍と同じように「力の使い方間違えるなよ」って忠告されました。
タシャまともな人で良かった。
ビジュアル結構派手だし、デモで見た時はエルザのライバルみたいなポジションのキャラなんじゃないかとハラハラしてたよ。
ライバル=割と退場率が高い じゃないですか。
エルザは騎士としてレベルアップするため将軍に弟子入りすることにしました。
■訓練場
▼第1 守

子どもを守り、魔道士と共に戦地を駆けるそうです。
どうやって守るんだ?ええええええ抱きかかえていくの!?
おお、でも障害物が沢山あって身隠しながら行けるな。
アーチャーはバーストで撃破。
堅き盾の称号ゲットです。
▼第2 力
うーん、デス持ちエルザ強過ぎる。
猛き剣の称号ゲット。
▼第3 智
デスって卑怯だと思うの。
ダメージ0でもDEATH発動するからな。
鋭き瞳の称号ゲット。
▼第4 仁
拡散してツルツル滑ってるところをブスッ。
▼第5 わし 勇
将軍の強さにただただ痺れました。
いや〜、気抜けなくて楽しいバトルだった!
垂直切りとスラッシュを駆使しまくったよ。
基本バトルの最中にムービーが入るような演出は大 嫌 い なんですが、
この戦闘に限っては許せました。一応ミニゲーム付だったしな。
最後は将軍の剣を吹っ飛ばして見事勝利。
初めて陛下からいただいたっつう品を譲り受けました。
「迷った時はこれを見て今の気持ちを思い出せ」
やだ……何言ってるのこの人そんなフラグ全開な発言しないでよ!!!
どうしても主人公の成長物語って、先輩や師匠ポジの人からそう言うフラグを感じてしまうよね。
▼帰り道
無事訓練場を踏破したことをジルが祝ってくれました。
ところが握手した途端エルザふらふら。
どうやら指に毒塗り画鋲かなんか仕掛けてたらしい。
30秒で死ぬ毒にかかりながらオーガを撃破。
撃破したら毒も抜けたみたいなんだけどどう言うことなの……。
▼自室
タシャが来たよ!
エルザに興味を持ってくれたようだ!こここ、光栄です!
2人してトリスタ将軍に呼ばれたようなので連れ添って行く事になりました。
見て見てタシャ!騎士の鎧装備してみたよガタピシ。
あれ?何か突然襲撃受けたぞ。
む、これはタシャと一緒に戦う展開!?
クォークと伯爵も来てくれました。あーあーまた城が壊れてんよ。
そう言えばザングルグ来た時も相当怖されてたけど、帰ってきたらもう完璧に修復されてたな。
道中伯爵がダメージサークルにホイホイ入ってって一回ダウンしちゃったんだけど、ダウンボイスの気合の入り具合に噴いてしまった。
「ぬおわああああ」みたいな(笑
▼軍事棟
将軍が一人で砲台守ってるらしいので急いで追いかけますね!
つーか一人になるなよただでさえフラグ立ってんだから慎重に行動してくれよ!
クォークが先に1人で砲台に行っちゃった。
タシャと伯爵とはぐれ、エルザは一人2便で上層へ向かうことになりました。
▼砲台
あ……あああああああああああああ将軍が!!!!!!
ちょっと待って!待ってよマジで!?早過ぎるだろこれ……おいおいおいおいおい。
つーかこれ、クォークだよな……クォークとしか思えないよな!!!
独り先に行った段階で怪しいとは思ってたけどマジでかよおおおおおお。
そしてジルが素敵なタイミングで現れて、エルザは見事将軍殺しになってしまいました。
うえーもういいよ牢はさー。
▼牢
クォークが呼んでるんだけど犯人お前だろ?
何で将軍殺したんだよー犯人お前しか考えらんないんだよー。
やっぱあれかな。ザングルグに乗っ取られ気味だったりとかするのかな?
エルザ「将軍の仇は討ちたい」
クォーク「焦るな」

何が焦るなだよ犯人お前だろ!!!ちょっとこっち来いよコマギレにしてやる!
結局牢屋で待ってろって言われたんでロッタの抜け道とか行ってみようかと思ったんだけど行けませんでした。
途方に暮れてたら、いつぞや助けてくれた緑フードの人が助けてくれた。
え!?カナン!?カナンだったの!?
何で!マジで!?あの時助けてくれたのも?
部屋でシクシク泣いてたじゃないか。凄い立ち直りの早さだったんだな。
どうやら将軍は城の秘密に気付いたから殺されたそうな。
あー、なるほど!クォークの意図が分かったぞ。
ってもうクォーク犯人認定してますけど、絶対そうですよね動機も分かる気がするし。
マナミアが将軍と調べものしてたらしいんで、マナミア探します。
▼中庭
ウヒョーカナン動かせる!!!!!!!
スリープアローで兵士を眠らせて、ボディチェックしまくった。
▼図書室
マナミアに会えた!
ああいざって時に頼れるお姉さんだから本当に好きですマナミアたん。
酒場に戻ります。

■ルリの町
▼酒場

セイレンVS兵士のBGMおかしいだろ(笑
セイレン「もうあんな城イラネ」
クォーク「何を言ってるんだ!!!!!!!!」

クォークさん落ち着いてくださいよ(笑
クォーク「恐らく犯人はジルだろう」
いやいやお前は何を言ってるんだ。ジルに将軍殺すのはは無理だろ!!!
部下何人使っても無理だろ犯人絶対お前だって。
でもクォークは「ジルがやったって証拠を見つけに行こう!」とか言い出して
なりゆきで城に行くことになってしまいました。
絶対茶番だってこれさー。
■ルリ城
ちょっと待ってくれカナン矢くれなかったぞどうすんだこれ。
扉の左の兵士がラスボス過ぎる。
右の方から少しずつ扉に近づくくらいで丁度いいね。
▼ジルの部屋
ジルハメられたなこれ。伯爵とクォークが共謀したと考えて間違いなさそうだ。
ちょっと喋り過ぎだよ伯爵。
一方タシャは犯人がジルじゃないと気づいているようだ。
タシャの扱いが良過ぎて狼狽を禁じえない。

グルグの本拠地に到着したようなので
ちょっくら行って来ます!
posted by ヒグラシ at 00:06| 千葉 | ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

ラストストーリー(5)

エルザのボディアクセサリ、シルクピンクにしてみました。
下は暗い感じで。
他の人はまだ弄る勇気がないと言うか、今のが割りとあってるからな〜。
白ベースなマナミアたんとか作ってみたいけど。
「元に戻す」ボタンってないんかな。

■牢屋
ええ〜ジャッカルが残るの〜?
も〜いい加減ジャッカルと一緒に戦いたいですよ。
ブーブー言っててもしょうがないので
姐さんとユーリスとマナミアたん連れて抜け道入ってみます。
マナミアたんのへくちっかわえええええええええ。
微妙にあざとさを感じないこともないけど能登ボイスならいいやー。
どうやら各所に隠し通路があるみたいだね。ロッタが開けてくれるらしい。
何だろここ。石棺らしきものが沢山あるけど、カタコームか何かかな?
道中蜘蛛や死者に襲われました。
どうやら何者かが死者を操ってるらしい。
つーか、抜け道来てからセイレンとユーリスが大人し過ぎるんだがどうしたんだ。
特にセイレン何か喋ってくれモブみたいだぞ。
む、どうやらカタコームのようだね!
死者を操っていたのはネクロマンサーでした。
瞬間移動したり石化サークルみたいな技使ってきたり、うざいなあ。
ロッタがあっと言う間にKOされてしまった。
しかし石棺をむやみに開けたらダメだろ(笑
墓荒らしなエルザ一行。何故か石棺の中で古文書を見つけました。
どなたかの遺品ですかね。
城の書架に行けば読めるかもって話だけど、今のエルザたちには遠過ぎる話だな……。
結局出口は見つからず、何と徒労でした!
新鮮な展開だな。まあ古文書にかなり重要なことが書かれてるってことなんだろうけど。
結局姐さんとユーリスはずっとサイレス状態でした。
▼牢屋
トリスタ将軍がご飯持ってきてくれたよ!
将軍自らご飯とか……光栄です!
どうやら今クォークが一生懸命伯爵に働きかけてくれてるらしい。
将軍にカナンを連れ出した理由を聞かれたんですが何となく黙っておきました。
でもさ、今気付いたんだけど……これ黙ってる必要って特に無いよな?
「カナンがイヤだって言うから」って言ったって別に問題ないよなあ。
大体カナンが嫌がってるってこと位は伯爵は勿論、将軍も感づいてるんじゃないの?
マトモな神経してたらあいつと結婚したいとは思わないだろ〜。
それに、貴族社会では仕方の無いこととは言え物凄い道具扱いされてるわけだしね。
寧ろ将軍はその辺カナンの気持ちを察してくれても良いのではなかろうかね。
それとも女心には疎いタイプなんかな(笑
豆知識:トリスタ将軍は褒められると伸びるタイプらしい。
▼伯爵の部屋
その頃……クォークはマジで伯爵と取引してました。
へー、伯爵も一応聞く耳くらいは持ってくれてるのか。
まあ一応今の主である訳だし、グルグの前線基地落とした功績もあるからねえ。
伯爵もエルザ云々はどうでもいいみたいだね。
ただそうそうジルの面目を潰すわけにはいかないよなあ。
 そしてまたエルザの査問です。
▼査問2
しかしジルイケメンだなあ(笑
こう言うダメイケメンは憎めないんだよなあ。
カナンが来て色々証言してくれました。
・私は連れてってもらったんだよ
・みんなは城に戻れって言ってくれたんだよ
・私がワガママ言ったんだよ

そこまで言っておいて、何故理由を答えられないんだカナン。
ホントのこと言わなくたっていいじゃないか。テキトーにそれっぽいウソ付けばいいじゃないか。
「結婚前に世界を見てみたかった」とか……「グルグの船にどうしても乗りたかった」でもいいし、「民のためにグルグ族を殲滅するため」なんて言ったら国民は感動するぞ。
でもいささか無鉄砲なカナンにそこまでの用意は無かったようだ。
また話が頓挫しかけたところで、今度は伯爵登場。
さてはクォークが話つけてきたな?
伯爵は異邦の力に注目してその伝説を浪々と謳い上げ、みんなを衝撃の渦に包みました。
ちょっエルザいつの間にか救い主になっちゃったよ!
伯爵役者だね。茶番だね。
かくして、エルザは無罪放免どころか街の英雄になってしまいました。
何この急展開。えーと、こう言う状況をことわざでなんて言うんだっけか。
ともあれまた城内を徘徊出来るようになりました。
図書館行けるかな〜。
▼図書室
何と言うことだ……!ユーリスの未来のヨメを見つけてしまった(笑
ホントに子どもの扱い上手いんだな。好かれるタイプなんだね。
マナミアたんいなかったけど、特に古文書の解読をしてるって訳じゃないのかな。
▼ジルの部屋
まさか在室でらっしゃったとは。
素敵な自画像ですね。
カナンのワンピが箪笥に入ってたのでパチっておきました。
▼中庭
トリスタ将軍に丁寧にお礼を言っておきました。
あーもー将軍格好いいよー。衣装もとても良いよね!
異邦の力に飲まれないように、心を強く持って上手に使いこなすべし!とアドバイスを受けました。
中庭のメイドがカナンの服を手直ししてくれたよ!
カナンの服はここで強化するのかな?
今度は伯爵が呼んでるらしいので行きますね。
やれやれ、すっかり人気者だぜ。
▼伯爵の部屋
印のことを伯爵にお話しないとね。
伯爵は異邦の力を手にしたエルザを蔑ろには出来なくなってるな。
優先順位的にも公爵家より上を行くかもしれない状況になってきてるみたいだ。
ちょっ伯爵カナンとの結婚っつう釣り餌まで垂らして来たよ!!!
そんなに凄いのか異邦の力。結構地味な力だけどな。
でも伯爵がここまで言うのはひとえに異邦の力があればこそだよ。
エルザは伯爵が自分だけじゃなくて異邦の力を見ていたことを気にしてたけど
寧ろそれが全てだろ。
力が無かったら気にも止められないと思うよ。
▼大広間テラス
やっとカナンに会えました。
どうやら伯爵とのお話盗み聞きしてたようだ。
エルザが騎士になれば傍にいられるって思ってくれてるのかと思いきや
「叔父様の話は断って!」だそうです。
わはは、エルザも動揺してるぞ。
・過去にもカナンを自由にしようとした人はいた
・でもみんな叔父サマやジルにはめられてった
・貴族社会は恐ろしいところ
・貴方を巻き込みたくないの

おお……脱無鉄砲してるなカナン。
その頃伯爵は異邦の力を持つものを見つけたことで荒ぶってました。
あ、あー、世界征服したい人だったのか。
▼カナンの部屋
独りにしておいてって言われて締め出し食らいました……。
▼ジルの部屋
何してるのかと思いきや、カナンの部屋に向けて聞き耳立ててるのか!
もうド変態だな。ド変態だけど意外とオクテですかね。
夜とか召使が止めるのも聞かずに寝室に乗り込んでいきそうな勢いも感じるのに。
マジで惚れてはいるんだな。愛し方とか、色々間違ってそうだけど。

■ルリの町
▼酒場

皆さんの意見を聞いてみました。
セイレン「剣振り回せて美味い酒が飲めれば何でもいい!」
マナミア「ご自身の気持ちを大切に。誰も決断に反対はしないと思います」
ユーリス「傭兵なんて長くやるもんじゃない」
ジャッカル「とりあえず誓っとけ。後で何とでもなるから」

クォーク「いいか。これで俺たちはみんないつ死ぬかって恐怖から抜け出すことが出来る。
カナンのためにもなることだ。良く考えろ」

みんながそれなりに騎士っていいよね的な雰囲気の中
約一名全力騎士プッシュの人がいるんですけどどうしますかね(笑
「良く考えろ」って、もう答え押し付けてるようなもんじゃないか(笑笑笑
▼橋
ロッタ発見。おお、お前も牢から出られたのか。
え?奥さんが行方不明!?
町の奥の貴族の館に連れて行かれたの?
助けに行こうとして返り討ちにあって投獄されてたんだそうな。
盗賊のアジトにでもなってんのかな。
■ホーンテッドマンション
ウホッこれはいい洋館。
って……野郎だけメンバーーーキターーーー!!!!!
いや、みなぎってないよ。ないってば。やだなあもう何言ってんの。
ロッタマジ万能だな。扉の鍵まで開けてしまいました。
ところがエントランスで早々にクォークがさらわれてしまいました。
何だあの骸骨っぽい手は。
屈強な男性が抵抗出来ずに壁に吸い込まれていく様はかなりシュールであった。
今度は怪しげな鏡の中にジャッカルが引きずり込まれチャッターー!!
ちょっとちょっと!待ってくれよ頼りになる人から……。
絶対次はユーリスだろ。そんでロッタと2人きりになる展開に100万へくちっ。
部屋の隅で日記を発見しました。この洋館のことが分かるかな?
★使用人ヘンリエッタの日記
・8月27日

『務め始めて1ヶ月。ご主人さまは良くしてくれる。奥さまもお子さまもお優しい』
ふーん。
ところでさっきからユーリスが超ビビッてるんだが(笑
実は怖いの苦手なの?何かもうユーリスがいいキャラ過ぎて困ります。
ここでロッタが、この館が実は人喰いの館って呼ばれてると言うことをゲロりました。
早速地面食われるユーリス。言った傍からこれかよ……マジでロッタと2人きりになっちゃったよ。
って、ロッタも鏡の中に連れてかれちゃった。
★夫人の日記
・9月10日

『だんだんとあの人の考えてることが分からなくなった。
領主に敵対心を抱いている。
軽はずみなことはしないで』
・10月12日
『ヘンリエッタが屋敷からいなくなった。
主人曰く「無礼を働いたので首にした」
もう今年に入って4人目!
どの使用人も部屋に荷物を残したまま忽然と消えてしまう』
・10月17日
『あの人があの部屋で忌まわしいことをしていた。
恐ろしい!私は心底あの人が恐ろしい!!』
何らかの理由で主人が暴走したっぽいな。
▼中庭
棺が大量に並んでんたんだけど、中にユーリスがいたよ!
数が人数分より多いから、きっと当たりとハズレがあるな?
ハズレは爆発と骸骨でした。
ロッタが奥さんの眼鏡を発見しました。奥さん眼鏡っこなのか。
まあいいや。こんな気味悪いところ早く退散しよう。
ってところでなんかきたーーー!!
グール!?随分でっかいな……。
火力は高いけどバーストで動きを止められるね。
そして新たな部屋でまた日記を見つけました。
この館の住人は揃って日記を付ける習慣があったんだな。
★デノス候の日記
・11月12日

『忌々しい領主め!思い知らせてくれる!
例の術式はほぼ完成している。
あとはいけにえを準備し時を待つ』
・12月3日
『もう4人も捧げたのにまだ要求してくるあの悪魔め!
だがもう一息で不死の肉体と不死の軍勢を手に入れることが出来る』
・12月24日
『自分が何者なのか分からなくなった
家族の命も捧げたのに!
もう後戻りは出来ない。残りの全てをくれてやる
かゆ うま』
呪術に手を染めて破滅したって感じかな。
で、デノス候とやらも自ら魔物に取り込まれてしまったっぽいな。
ソイツが犯人ですね?
どうやらロッタの奥さんまだ無事っぽい!
でも、何かスゴイの来たぞ……。
首から巨大な盾をぶら下げてるような死神さんでした。
シルバーアロー無駄打ちして一回全滅してしまった。
追いかけっこ熱かった!燃えたぜ〜。
方々で子どもの幽霊がシルバーアローくれたんだよね。
あれは、父親を止めてほしいって言う子どもの願いかなんかだったのかなあ。
ともあれ、無事に奥さん回収出来たし洋館の謎も解けた感じかな。
ロッタは毎晩奥さんとアツアツらしい。誰も聞いてねーーーーよ。
聞いてないけど、何気に主要な登場人物の中では最も勝ち組ですかね。
ジャッカルはあちこちで引っ掛けてるみたいだし、エルザは目下絶賛恋愛中、
ユーリスには将来を誓った相手がいる(笑)と来たもんだ。
クォーク、ドンマイだ。今度はマナミアたんに250杯位おごってあげるといいと思うよ。
▼噴水広場
酒場にさ、娘がさらわれたとか言って飲んだくれてる親父がいたんだよね。
犯人はフードをかぶった男と言う情報を聞いてたんだけど、ここで見つけました。
▼酒場 サルマンドル
追いかけてったら見慣れない酒場に到着したよ。
Tavernって居酒屋かな?語源はきっとラテン語Tavernaだな。
すげえ、エルザ堂々と話しかけてるし(笑
1人で来てるってこと忘れないでくれよ問題ないだろうけど。
子どもは儀式に使うためにさらったようだ。どいつもこいつも儀式儀式って。
洋館事件と言い、ルリの街で流行ってんの?伯爵を奇病にでもしたいの?@ロマサガ
おっ一暴れしたところでクォークたちが来てくれたよ。
またエルザのSASUKEタイム発動です。
おわー何かまた凄いデカブツが出てきたぞ。この酒場どーなってんだ。
でもチェイン繋いだらあっと言う間でした。
救出した女の子のヒールには助けられた!
衣装や髪の感じからして、城にいる魔法使いの弟子っぽいこの一人かな?
しかし垂直拡散はチートだな。

ロッタの店行くの忘れてた(笑
▼ロッタの店
街の井戸とリザードが掘った穴が繋がっちゃったんだってさ〜。
で、そこに大事な本を落としちゃったと。
ホイホイ取りに行ってあげましょうね。もうすっかりロッタと運命共同体みたいになってるな。
この後街で高級肥料を買った後で、街の人から畑を紹介されました!
あのォー、放置したままだと枯れるとかそう言うことはないですかね。
某ニーアみたいに(笑
あれは何度畝を見つめてorzポーズ取ったことか。
▼城門前広場
丁度いたずらバナナを人に撃つのにハマってたんで、
商人の皆さんを豪快に転倒させておきました。
ウエイトレスの嬉しそうな顔が忘れられん(笑
余程日ごろの鬱憤たまって箱だったんだろう。
▼職人通り
透明薬のお姉さんの頼みでスリを捕まえました。
ちまちましたクエスト多いなあ!ログ出ないから見逃してるのも結構ありそうだし
見つけたけど受けてないクエストもあります。
レシピや材料集めの類はいちいち書くほどじゃないんで省いてます。
まあでもお礼が貰えるだけっぽいし、当面はあまり意識せずウロウロしてて見つけたら受けるって感じでいいのかな。
終盤とかだとレアアイテムもらえたりしそうな雰囲気もあるけど。
posted by ヒグラシ at 00:46| 千葉 ☀| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

ラストストーリー(4)

エルザは恋愛脳と呼んで差し支えあるまい。
カナンは向こう見ず、ですかね。
クォークは時々二重人格。
グルグ族の砦ではユーリスが不憫でならなかった(涙
プレイヤーはタシャ登場で大 興 奮 。
もうトリスタ将軍と愉快な仲間たちでいいんじゃないかと思う。

■引き続きグルグ船
見つけたのは、酒棚の鍵です。
▼船長室
あったあった!秘密の部屋があったぞ。
中には地図がありました。なるほど、周囲のことが分かるのか。
地図で本拠地が分かったので攻め込みます。
以下皆さんの反応。
マナミア「グルグ族の料理じゅるり」
ユーリス「僕らだけで大丈夫かな〜」
カナン「攻め込むなんて騎士みたいで素敵!」
クォーク「早くしろ!!!」

ええ〜マナミアたんだけ残るの〜?みんなで行こうよ〜。
しかしナレーション多いな。
これでイベントシーンやムービーシーンをカットしてる感じなんだろうね。
あー夕日が綺麗だ。
時折こうやってとても綺麗な映像が出てくるのに何で星見の(もう分かったから
エルザとカナンはまた恒例のいちゃつきタイム。
騎士と傭兵のいい点悪い点について話してる。
エルザが「城に帰りたくないの?」とか言ってるけどどう考えたって帰りたくないだろ(笑
城で再会した時にも牢獄みたいな生活やだって泣いてたじゃないか。
まあ、でもそうかー。
エルザは伯爵に雇われてるわけだから、彼女をあんまり連れ回すのは良くないよな。

程なくしてセンターオブジアースみたいな島に到着。
泳いで潜入かよ!頑張るなあ。
船は沖辺りで待機してるのかな?つーか空飛んでる敵とかいるし、船見つからないように気をつけろよ。
■グルグ族の本拠地
おっここもデモで見かけた場面だな。
グルグ族の見張り、スタントマンみたいなやられ方するな(笑
ここでエルザが嗅覚オンチなことが判明。
凄く臭かったらしいんだけど臭っていたのはオーガの口でした。
床のダメージバリア痛いなあ。まあでもそんな時の拡 散 ですよね!
すっかり拡散スキーです。指示出すの面倒だけど、コマンドバトルは本当に楽しい!
垂直切り拡散にはロマンを感じずにはいられないよ。
▼採掘場
おお……人間が奴隷としてこき使われとる。
殺されそうになってる奴隷を見捨てられなくてカナンが魔法放っちゃって
ク ォ ー ク マ ジ ギ レ 。
「分かっているならやるな!」
「俺の仲間を危険な目に遭わせるなんてギギギギギ!」
「死にたいなら一人で死ね!」

うーん、まあなあ。正論過ぎるよなあ。
正論過ぎるけど、でもあんまりにも激しい物言いにプレイヤーちょっとポカーンですよ。
そ、それに概して足手まといになりがちなヒロインと言うポジションのキャラにこう言うことさせるのは、プレイヤーへの心象的に色々とマズイんじゃないかなあ。
そしてエルザとカナンは2人とはぐれてしまいました。
まあこの2人のことだからまた2人っきりになれて嬉しいんじゃないんですか。
ほら、またイチャついてるし(笑
カナンは良い子だと思うけど、エルザの「連れてこなくて良かったなんて思ってない」って発言には
感情移入できませんでした。
だってエルザ、さっき自分で「城に帰りたくないの?」とか聞いてたじゃないか。
▼橋
挟み撃ちにされてカナンが力尽きてしまいました。
いやいやエルザ諦めんな!お前の武器なら余裕だろ。
1体を2撃で倒せるじゃないか。
カナンが唐突に「私を置いてって」「エルザと会えて幸せだった」とか言い出したよ。
そして敵に囲まれながら熱い抱擁を交わす2人。
いつでも何処でも仲間がいない時は2人の世界だな。
その時突如現れる光。
え?何?不思議な力発動?
う、うーん(笑

その頃沖では……
おお?おおおおおお将軍とタシャきたーーー!!!!
カナン助けに来たのかな?グルグ船追跡してきたのかな?
いや、でも追跡してたならエルザたちが乗ってた船を先行しててもおかしくないよな……。
沖で機を待ってたとかかな?
うおおおおお将軍まじかっけえええええええ。
ちょっと将軍動かしたいんですけど将軍が主人公のゲーム何処に売ってますか。

場面はまたエルザたちの方に戻ります。
ワープしたんじゃなくて2人の場所にバリアサークルが発動したっぽいね。
愛の力ですね。
戦闘楽しいな〜。拡散いいな〜。
さっきまでキレてたクォークも「派手に暴れようぜ」とかヤケクソになってるとしか思えない発言。
人格変わってね?
タシャが変な鳥に乗って助けに来てくれました。
ユーリスがタシャの鳥に乗ってるのか。眼福過ぎるな。
ザングルグの魔法攻撃が激しかったので中に退避します。
やったー!将軍とタシャがゲストに加わったよー!
これは嬉しい。モチベーション上がりまくる。
なので挨拶代わりに将軍とタシャを飛び越えまくっておいた。
2人も嬉しそうに仲間たちを飛び越えていて短い間に熱い友情を築くことが出来た。
ユーリスは異様にグルグに詳しいね。
そう言う環境で生きてたとか言ってるけど、まさか母子でグルグの奴隷だったとかそう言う……訳じゃないか。
でも眼帯って多分フェイクじゃないよね?その辺のこともいつか明らかになるのかな?
サモンサークルでレベル25まで上がりました。敵少ないしストロング弱くて拍子抜けだぜ。
▼ザングルグの間
クォークが独りでザングルグ追うとかやめえてえええええええ。
誰かクォークから死相を取り除いてくれ。
早くクォーク追いかけたかったのに、マルバスとか言うライオンの相手させられました。
ライオンでいいのかな?シルバータイガーと同じ種類の存在とかでは……ない?
くらくら爆弾は端っこの通路に配置すればよいのだね。
最初テキトーな場所に置いたら将軍とタシャが引っかかってしまって申し訳ないことになってしまった(笑
良かった!クォーク無事だ……って、ん?
何か、変な間があったけど。
クォーク、ちょっと変?

■船
帰って来たでよ〜。
あっそっか、マナミアたちはアル=カナンってこと知らなかったのか。
何か今更過ぎるけど……そう言えば2人はボールルームには顔出してなかったね。
カナンはお城に帰ることになってまた絶望モードになっているようだ。
あんなに「帰りたくないの?」とか言ってたのに、
ここでエルザ「俺と一緒に行こう!」と駆け落ちのお誘い。
クォークたちに無茶言ってドン引きされました。
ですよね〜。ダメですよね〜。クォークがそう言ってくれて安心したよ。
うん、最近のエルザはね、ちょっと恋愛脳過ぎると思うんだ。
恋愛脳っつーか、凄い美女に泣かれて保護意識がMAXになっちゃったって言うのかな。
見ようによっちゃ恋と言うより同情に見えなくもない辺りがなんとも。
こうして仲間たちが一堂に会してると、ユーリスのまともさが際立ちますね。
クォークもいい人なんだけど、「独りで死ね!!!」の衝撃がでか過ぎて(笑
マナミアたん?マナミアたんは最高だよでも彼女をマトモと表現するのはちょっと抵抗がだなー。
牢獄の中でスイスイ泳いでた人ですからね。かわいいね!かわいいよ!
でも今チーム・エルザの中ではマナミアが一番好きかもです。僅差でユーリスかな。ジャッカルも好きですよ。
過去イベントとても良かった!
■ルリ
何とか帰って来たよ〜!あ〜疲れたよ〜。
でも、エルザたちはカナンをさらったとかで囚われてしまいました。
助けてあげたのに酷い仕打ちだぜ!と憤ることより
凄く、予想出来た展開だなって気持ちの方が先に来ました。
ジルにエルザとカナンがラブラブなところ見られちゃってるからな〜。
そりゃ言いがかりの一つも付けられますよね。
さてエルザさん、チームのみんなを巻き込んでしまったことについて何か一言!
▼牢屋
セイレンとジャッカルと牢獄で感動の再会だぜ!
エルザやっと謝りましたね。ちょっと遅いと思いますよ。
クォークだけ牢屋から外に連行されてしまいました。あれ、でも普通に帯剣してますね。
エルザまたカナンのこと考えてるし。少しは自分や仲間のことも考えようよ。
若さで突っ走る恋と言うのも恐ろしいものだな。
エルザの取調べタイム来ました。査問か。
▼査問室
裁判所みたいだな。クロノトリガー思い出した。
カナン誘拐とグルグとの内通って嫌疑かけられてるんだって。
自分からぶつかったとか弁当パクったとか腕を引っ張ったとかそう言うところが査定ポイントになるんだろ?(だからそれクロノトリガーだから
もーなんかどっちでもいい気分なんで「カナンにたのまれた」って言ってみようかとも思ったんだけど
一応「そんな余裕なかった」と言ってみました。
鞭打ち場面はCERO的な意味でカットしたのかな。
でもムチなら影響しないよな?どうせもともとBだし。
▼再び牢屋
考古学オタの人が抜け道見つけたようです。おいおいどんな牢屋だよ(笑
つーかあんた改造屋のロッタじゃないの?
ホラ、ちゃんと強化もしてくれるし……お前こんなところで何してるんだ。
アリエルの姉の旦那じゃなかったっけ?もうこれ以上アリエルに心配かけないでくれ可哀想に。
ファングとかカルマとかその辺りをMAXレベルまで上げておきました。
posted by ヒグラシ at 22:50| 千葉 | ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

ラストストーリー(3)

マナミアとユーリスの過去が分かりました。
マナミアたんのイベントにえらく感動してしまった。
ユーリスは男前だな!
ただ、イベントの発生自体は結構唐突だよね。

ガノンドロフじゃなかったザングルグを追います!!
■ルリ城
▼東門

ここでセイレン、ジャッカルを回収。
ヤツに2人で挑むなんて激しく心もとなかったんだ。良かった。
ってええええええええ2人とは一緒に行かないの!?マジで!何で!?
ユーリスとマナミアと合流する……だと?
待ってくれよォ。マジ2人であんなバケモノと戦うとか無理だよォ。
つーか何か……クォークの面倒見の良さが気になるな……。
死相が出てるように見えてならねえ。
▼崖
おお、一応モブ騎士とモブ魔道士が一緒に来てくれるのか!
騎士はともかく魔道士は非常に有能なんでありがたいね。
いっぱい魔法ぶっ放してサークル作ってくれ。
さ〜追いついたぞ!……けど、追いつければいいってもんでもないですよね。
勝てっこないですよねまだ序盤だし。
ほらフルボッコだあーあーもーどうすんのこれ。
殺されるってところでクォークが出てこないかハラハラしたけど
意外にもカナンが守ってくれました。
しかも不思議な力でスーパーチートタイム!
ウヒョーフルボッコカウンターだぜ。
結構いい感じだったのにここでルリ島の砲台が動き出しちゃって
ザングルグが撤退してしまった。
チッいいとこだったのに砲台め空気読めよ。
ザングルグが言ってた「異邦のナントカ」ってやっぱりギャザリングパワーを持ったエルザのことだったんだな。
やーしかしハラハラしたぜ。主にクォークの命的な意味で。
本当にクォークが無事で嬉しいです。
ところが一難去ってまた一難。
今度は砲台の攻撃が酷くて崖が崩れそうなので、
一か八かグルグの船に飛び込むっつう無茶苦茶な展開になってしまいました。
フー、クォークの命を心配する状態はまだしばらく続きそうだな。
つーかお兄さん死相出すぎなんだよ。
兄貴ポジはなあ。ファンタジーでは往々にして「乗り越えるべき存在」だったりするからなあ。
この辺はいい意味で裏切って欲しいものだよ。
チームエルザのみんな大好きだから欠けるとかマジで嫌だよ。

■グルグ族の船
なんてこったい!クォークはちょっと目をやられてしまったらしい!
ますます死相が……いや、違う前向きに考えろこれは単に「今後の指揮は全部エルザ=プレイヤーが取る」ってただそう言う流れだよ。
ホラ!また出来ることが増えたよ!ただそれだけですよね?
今後やばい場面でのクォークの退場フラグ……ってことじゃないですよね?
前向きに考えよっと。
ええと、味方に細かい指示が出せるようになったよ!
だがそれはつまり敵もそれに合わせた強さになるということで、
難易度の上昇を意味してるわけだよな。
燃えるぜ!頑張るぜ!
エルザくんはSASUKEしつつ船内に侵入。
どうやら船内では人間が捕虜としてこき使われてるようだ。
捕虜を助けながら進めばいいんだな。
ところが、ここで衝撃の事実が明らかになるのである。

マナミアとユーリス捕まってるらしい。

はァ!?マジで!?
ちょっと、ちょっと待ってくれ何だこの正直抱腹絶倒展開は(笑笑
セイレン辺りが暴走して掴まっちゃったとかならまだ分かるけど、
あんな思慮部下そうな2人が何でこんなことに(笑
ああ、近くに守ってくれる戦士系ユニットがいなかったのかな?
そう考えればまあ、分からなくもないか。
でも待ってくれ。もっと言っちゃうと何でこの船n……なんて言い出してたらお話は始まらないですね。
クォークとカナンと合流して、船内深くに入っていきます。
ところがこの後クォークとはぐれてしまうと言うまたもやプレイヤーを不安にさせる展開到来。
もう勘弁してくれよマジで(涙
にもかかわらず何故か船倉でイチャつき始めるエルザとカナン。
お前ら……クォークとはぐれたのをいいことに何やってんだ。
もう少し兄貴を心配してあげてください(涙
未来に絶望するカナンにエルザは「生きてればいいことあるよきみに会えたし」などと
必殺クラスの言葉を放ってるし。
しかも甘めのBGMまで流れてきちゃっておいおい待ってくれよどうすんだこれ(笑
ちょっとちょっとお前ら。いいか?状況を考えてくれ。

ここは、敵の、船だ(笑

そして一向に現れないクォークさん空気読み過ぎです。
イチャ付く2人を引っぺがして先に進みますよ。
そしてその先の牢獄にて……
ユ ー リ ス 発 見 。 
つーかこの助けに来てくれること前提な感じの発言どうなの(笑
冷静に考えて、エルザたちがこの船に乗り込んで来られる可能性って相当低かったと思うんだけど。
勿論、連れ去られたと知ったら彼らはきっと何とかして助けに来ただろうけどね。
そしてマナミアたんの入ってる牢屋は浸水していた。
マナミアたん一生懸命泳いでて笑えたんだけど危機感全くねえ(笑
「あら、どうしたんです?」じゃねーよもうかわいいなあ。
しかも腹減ってるらしいよマナミア水でも飲んどけ。
この後、クォークとも無事合流出来ました。良かった無事で本当に良かったよォ。
みんなには積極的に戦って欲しいのでエルザもどんどんスラッシュします。
スラッシュ便利だなあ。敵から丸見えでも壁に張り付いてるだけでHIDE効果があるとか有用過ぎる。
何と捕虜の皆さんも一緒に戦ってくれたよ!余程鬱憤たまってたんだな。
この後大好きなサモンサークルで阿呆みたいに戦闘し続けました。
1回目のSTRONGが大したことなかったから余裕こいてたら、2回目はもっと強いのが出てきたよ。
魔法円陣の中で戦えば何とかなっちゃう難易度が絶妙だ。出てくる敵全部STRONGでいいのに。
今エルザとクォークはキラーカッター+5なんだけど、かなりの確率で即死付くね。
スラッシュ+即死は結構ズルイと思う。
▼船長室
カピタン結構立派な感じの人ですね。
バケモノ呼んで来たんだけど、船長が自ら吹っ飛ばされてその脅威の程を教えてくれました。
うーん、身体張ってるな。
凄くタクティカルなバトルだった!
敵の針攻撃をバリアで回避するためにホーリー拡散とか楽し過ぎる!
つーか魔法拡散楽しいなあ!シミュレーション要素が強くて心躍ります。
ところでボスがバラアックス+2落としたんだ。
さっき宝箱から手に入れたヤツを+5にしたばっかりだったんだ。
何だろう、この空しさ。

さて!無事船を乗っ取ることが出来ました。
クォークはこのままグルグの本部を偵察に行きたいと思ってるようだ。
ええー。それは流石にやり過ぎじゃね?
セイレンとジャッカルにも何とかして来てもらった方が良くね?
しかも捕虜の皆さんもせっかく解放されたってのに敵の本拠地になんか行きたくないんじゃね?
と思ったら捕虜の皆さんはノリノリで船の修理とかして行く来満々だった。
カナンが一緒に来たいってさ。
マナミアも「お2人を別れさせてしまうのは野暮です」とか言い出して
開始15時間程で2人はすっかり公認の仲のようだ。

*準備*
武器は+3から効果が出るなんて解説が今頃出てるし。
闘技場パワーでカナン以外の装備品は全員もう+5になって久しいんだよね。
アンデッドエッジなんてシラネエヨって思ってたら船長室のサモンサークルの敵ドロップだった。
海賊の指輪もいっぱいゲットしたけど今ローグエッジ装備してる姐さんいないからな〜。
みんなのレベルがサクサク上がってあっと言う間に20に。
▼船首
またイチャつく2人。もう既にいい感じって早くね?
つーかエルザがカナンのこと好きでたまらないって感じだな。
でも個人的には宮野CVの優しいキャラがたまらんです(笑
浸水しちゃって船の勢いが出ないらしいんで、小島に停泊することになりました。
ユーリスとマナミアが島に下りたがってるらしい。
2人とも思いつめてるの?どうした、駆け落ちでもしたいのか?
事情を聞いてみることになりました。
★マナミア
・マナミアの育った森はなくなってしまった
・森の生命力がなくなってしまったからだよ
・だから大地の生命力がなくなる理由が知りたくて旅をしてる

で、どうやら停泊してる小島にはまだ生命力が残ってるらしい!
なるほど、だから行きたいのか。
そりゃ、行こうよって言うよね。もう船生活飽きたしね。
あれ、もう島来ちゃった。ユーリスの方の事情も聞きたかったのに。
■島
クォークにアンデッドエッジ+5装備させてるんだけど、見た目が邪悪だな(笑
性能も対アンデッドには邪悪だった。
カナンは一緒に来ないようだ。
うーん……どうやら遺跡?みたいだね。
エルザは「マナミアって不思議な人だね」とか言い出してまた天然タラシパワーを発揮してた。
へー!マナミアは森の神獣に育てられたんだって!
額のマークもそれと関係あるのかな?とても神秘的だよね。
例のホワイトタイガーは関係ないのかな。
マナミアたんの育ての親である神獣は、森と共に滅んでしまったんだってさ。
もののけ姫の世界みたいでとっても神秘的だ。素敵だね。
おおー、アンデッドが出てきたぞ。何だか穏やかじゃない雰囲気ですね。
何とこの後神獣の足跡を発見!
感激したマナミアたんは一人走ってって蜘蛛に食われてしまいました。
マジで焦った(笑
ウインドパワーで蜘蛛を退けて、いざ神獣とご対面!
と思ったら……
最深部には、大きな大きな神獣の亡骸がありました。
ここの、演出は、素晴らしい。カメラワークも完璧だった。
思い出しても鳥肌立つよ。
マナミアたんをはじめとするみんなの衝撃が映像だけで伝わってきたよ。
何故この演出力を星見の塔で発揮しなかったのかと(笑

★ユーリス
マナミアの事情は凄く良く分かった。問題はお前だ。
お前はどうした?何が不満だ。
ん?小島に漂着してる船の残骸を調べたい?
誰か大切な人が乗ってた可能性があるとかかなあ?
あのー、ここは良く出来た偶然ですね、とか言っちゃいけないところですよね。
■島の裏側
マナミアたん救出の時には泳ぎたくないって言ってたユーリスがさくっと入水しやがった。
この船は彼にとって余程の場所っぽいな。
ところが焦ってたらしいユーリス、モンスターの毒にやられてしまいました。
蜘蛛に食われるマナミアたんと言いお前らもうちょっと落ち着け(笑
「付いてきてって言ったわけじゃないし」
「早く毒消し持って来い」

うん、ユーリスはとても元気だ。
2人でフラフラしてたら、クォークとマナミアが来てくれました!
マナミアは島について来てもらった恩もあるだろうけど(彼女はそう言った感情では動かないだろうけど)、クォークさんはマジで思いやりの人だな。
どうやら船はユーリスの父親のものだったようだ。
・ユーリスパパンは船で戦ってた戦士だった
・魔物から村を守ってて、ユーリスにとって自慢のパパだった
・でもある時魔物を倒しに行ってそのまま帰らなかった
・みんなはパパが逃げた臆病者だって言った
・そうしてユーリス母子は村にいられなくなった
・放浪している間に、ママンは亡くなった

……結構壮絶な過去の持ち主なんだなユーリス。
何でも独りで何とかしようとする気難しさってのは、こう言う過去から来てるのか。
でも弱きに優しいところは、きっとお父さん譲りなんじゃないかなと思うなあ。
パパンは逃げたんじゃないよなきっと。
そして最深部らしき場所にてお父さんの亡骸を発見。
日記があったよ。どうやら漂流してたみたいだ。
ゆっくり日記読みたかったのに、何者かの気配がするよ。
正体は鏡の向こうに住むドッペルゲンガーでした。
ドッペルゲンガーとの戦い、厳しかった!
間違ってユーリスとクォークを攻撃してしまった(笑
でも攻撃すると「やめろ」だの「お前分かってんだろうな」とか言ってくれるから分かりやすいね。
正直「目が赤く光ってる」ってのは全く分からなかったです(笑
この顛末はこうだ。
・パパンはあの日、特別な魔物の討伐に行った
・魔物は倒したが、漂流してしまった
・もう助からない
・でも自分たちじゃなきゃ倒せなかった魔物を倒せたんだから満足してる
・村人は私たちの活躍を知ることはないだろう
・でももし誰かがこの日記を見たら、妻と子どもに伝えて欲しい
・愛していたと

ユーリス良かったのう!
内容自体はとても素敵だ。ただテキストがちょtt
ユーリスの口から村人のことが語られてるんだから、もうここでは5行目は不要だと思いました。
日記にはユーリス一家の写真が挟まってました。
おおおおおアップで見てえええええええええええ。
つーかユーリス、剣もそうだけどお父さんリスペクト激しかったんじゃね?
髪型そっくりじゃねーか。お父さんに似てるのかな?
最後の笑顔がとてもいい!つーかユーリスにこんな笑顔向けられたら割とヤバイn
▼開かずの間
建付けが悪くて開かなくなってた扉が開いたと言うんで行ってみたら
エルザのギャザリング紋章と同じ模様が描かれた本発見。
本に鍵が挟まってた?んだけど、この船の何処かの鍵らしいよ。
どれどれ……探してみるか。
posted by ヒグラシ at 23:00| 千葉 ☀| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

ラストストーリー(2)

通りに果物撒くと痛快だな(笑
自分も高確率でこけるけど。
寧ろ占い師に突っ込むのがマイブーム。

◆ルリの町◆
■アリエルの酒場

楽しい時は長く続きません。アルを送って行くことになりました。
アル、どうしても行きたいところがあるんだって!
断る理由なんかねーーーだろデートだデート。
▼星見の塔
素直に感動してるエルザかわいいな(笑
どうやら街中を舞ってる粉は死んだ大地らしいよ。
この星見の塔はアルにとっての両親との思い出の場所なんだって。
エルザが持ってるレンズはパパの形見で、星を見るものなのね。
左のほうにある女神像と守護星をロックオンするのに大分手間取りました。
エルザが鈍臭い男だと思われたら可哀想だから必死に探したけど分かりにくいよ(笑
でもいいなあ仲睦まじいなあ何か見ててこっちがニヤニヤするなあ。
でもアルが歌ってる場面の演出はもう少し頑張って欲しかったような(笑
カメラ回してるだけじゃダメだと思うんだ。背景とキャラのモデリングとの差異にもショボーン。
アルには当然背後から接近しました。ロマンだよな!?
いいなって思ってる男性が背後から優しく接近してきたら嬉しいと思うんだ。
急にハグとかし始めたらもう別ゲーだけど。
ところがエルザの下心は見透かされ、塔から見事に落下。
うーん、いい落ちっぷりだ。
ナレーションにはぐらかされてるし。こんなところでナレーション使っちゃっていいのか(笑
前から行かないとダメみたいだ……残念(笑
エルザが騎士になりたい理由が明らかになりました。
・俺の村は戦で焼かれた
・平民は誰も守ってくれない
・だから騎士になりたい

へ〜。そんな理由があったんだね。
一方アルの夢は世界を旅すること。
そして「私も連れてって」キターーー!!!
でもそう言うわけには行かないのでここはお別れしました。
大丈夫、多分そう遠くないうちにまた会えると思うんだ。
だからエルザ、そんなに凹むなよ。

次の任務はルリ城の警備だって!
やっと……やっと、お城に、入れるよ!
あ、でもその前に闘技場行きたいんだ。
▼闘技場
最初はエルザ、セイレン、ジャッカルの3人で挑むようです。
初戦だからか随分と簡単だね。
でも障害物を上手く使ったり、壁壊したり物投げたり出来て楽しいなあ。
戦略性の高いバトルは大好物です。
スラッシュ万歳!
▼盗賊団のアジト
ユーリスとセイレンのレベル上げ……と思ったんだけど、
再訪ダンジョンって経験値入らないのかよ!!!!
うーむ、こりゃ闘技場で上げるしかないか〜。
でも再訪ダンジョンでは貴重なアイテムのドロップ率が高いって言うのはいいね。
ノームの銅塊が沢山手に入ったよ。
▼闘技場
とりあえず+14までクリアしてみました。
もう1〜2段階行けそうだけど、ダウン無しでは厳しいね。
そんで、挑む前に賭け事してる人たちに話しかけておくと?終わった後で感謝されて何かもらえるね!
ここでもノームの銅塊を沢山もらえたのは大きいな。
おかげでみんなの防具を+2〜+3にまで強化出来ました。
▼リザードの洞窟
ボスに勝てなくて泣く泣く脱出する羽目になったよ……。
キラーカッター+5とかでも20とかしかダメージ入らないし魔法ユニットはすぐやられちゃうしで
なかなか引っ張り出すところまで行かなかったよ。
でも道中シルフの弦をゲット出来たんで、クロスボウも改造出来たよ〜。

ここで一度プレーを止めたんだけど、
次に起動した時にメニュー画面の背景が星見の塔で星を見る2人に変わってたよ!
凄くロマンチックで素敵なイベントだったっぽいから背景とカメラワーク頑張って欲しかったなあ(涙
イベントムービーが妙に手抜きっぽかったり省略されてるっぽいのは、
坂口さんなりの過去へのアンチテーゼなんだろうか。
▼酒場
モブから依頼を受けました。染料作るための素材集めだって。
うおおおおおお青い鳥肩に乗せてえええええええええ。
個人的に鳥が肩に乗ってきた時に勝る至福の時は少ないです。
思い出すだけでのたうち狂えるな。愛鳥に会いに実家帰ろうかな(笑
この青い鳥が持ってた素材で出来た染料は、何と

刺激的な透明薬

もしかして……
これをセイレン姐さんやマナミアたんの上半身武具に使うと
ジャッカル大歓喜みたいな展開なのか?(笑
使ってみたい気もするけどもう少し待とう。
今度の任務に際してセイレンは食べ物のこと、マナミアは書架のこと、ユーリスは楽をすることを考えているようだ。
ジャッカルが意味深な発言してたけど、もしかして元貴族か何かなのかな?
クォークに「あまり待たせるな」って怒られたので先進めます。
■ルリ城
カナン姫の結婚式が一ヵ月後に迫ってるとかで、今日はそのための舞踏会だってさ〜。
アルガナン伯爵家とランバルト公爵家の婚姻らしい。
カナンがアルとも知らず、エルザは憧れの眼差しを騎士に向けてた。
クォークも「俺を信じろみんなを騎士にしてみせる」とか無駄に熱いぜ。
エルザ一人の夢じゃなかったんだね。みんなそれなりに騎士になりたいと思ってる?のか。
ど、どうなんだろ……マナミアとかジャッカルとかもなりたいの?
あんまりそうは見えないけどなあ(笑
貴族たちの会話に聞き耳立ててみたら、皆さんがそれとなく現状などを説明してくれました。
・今日はカナン姫の社交界デビューの日
・カナンはジルのお妃候補

候補って何だ候補って。
・傭兵は腰抜け。裏切る厄介な連中
あーゾラみたいな人のことかな。
▼中庭
仲間の誰かが騒いでる?
本命セイレン(騎士ともめてる
対抗ジャッカル(淑女をナンパ
大穴マナミア(食堂で無双

さあ、誰だ!?
やっぱり本命キターーー(笑笑
ってああああああああああ言い合いしてる相手タシャじゃないの!?
うーん、顔も声もイケメンだぜタシャ。
そしてトリスタ将軍もキターーー!!!!!
将軍素敵な人だな。タシャは後ろのロン毛切った方がいいんじゃないかな。
将軍にぺこりと頭を下げられてセイレンも少し落ち着いてくれたようだ。
揉め事はマズイっすよ姐さん。お願いしますよ姐さん。
ここでこの将軍とタシャが何をどう考えてるのかってことがちょっと分かりました。
・ルリ島は平和過ぎる
・騎士たちも堕落してる
・タシャ的にも、騎士よりセイレンからの方がずっと気迫を感じた

将軍いい人っぽいな。騎士育てるとか言ってるけどエルザやクォークが取り立ててもらえるフラグだといいなあ!
そしてタシャは真面目で不器用なキャラなのだね……
うーん、タシャにも危ないフラグが見えないこともないなあ。死なないでくださいよ。

ユーリスも将軍同様この島を訝ってるみたいだな。
マナミアたんは図書室に入れて嬉しそうだ。
ルリ塔には凄い兵器があるとのことだけど、例の砲台のことかな?
グルグ族との過去も分かって興味深かったです。
魔女の話は星見の塔と何か関係がありそうだね。
ウルって子のために魔道概論書探してあげたかったんだけどちょっと分からなかった。

さあお仕事ターイム。
▼ボールルーム
傭兵さん、暇らしい。
・伯爵は王位継承権持ってなかった
・でも先代は数年前死んだ
・カナンは先代の一人娘
・女性で、しかも成人前だったから現伯爵が後を継いだ

怪しいぜ〜怪しいにおいがぷんぷんするぜ〜。
でも近頃はこう言う人が怪しいと見せかけてそうではありませんでした展開もあるから何とも言えないね。
・一方ランバルト公爵家はおちぶれてる
・だから伯爵家なんかと結婚するんだよ

へ〜。
さあそしてカナン登場です。
ここでアル=カナンが明らかになるのだね。
ウヒョー青いドレスマジ綺麗だ!
グラの技術の全てをこのカナンに注いでるんじゃないかってレベルだ。
ほら、チチまで揺れとる(笑
ジルはチキン優男系だな。つーか声石田。石田さん(笑
しかしカナン美し過ぎるぜ。ジルには勿体無さ過ぎるエルザエルザエルザ何とかしろ!!!!
そっか、エルザとカナンが会ったのって昨日だったっけ(笑
闘技場で何時間も遊んでたせいでもう何日も経過してる感覚が。
カナンはすぐに退場してしまったよ。
クォークに「忘れろ、関わるな」って言われたので関わってきます。
騎士さまに邪魔されたんだけどクォークが助けてくれました。
本当に面倒見のいい兄ちゃんだな。
▼露台
無事2人は再会し、言葉を交わすことが出来ました。
エルザに会って気が緩んだのか、カナンは自身の絶望的な未来を嘆いて落涙。
そんなことしてたらジルキチャッター。
これはまずい。非常にまずいぞ。傭兵風情が主賓とイチャついてるとかあってはならない。
あーあージル抜刀しちゃったー。
ところがこの絶妙なタイミングで何とグルグ族が攻めてきました。
ジルと共闘だったら萌えたけど残念ながらそんなことはありませんでした。
腰抜けヤローは地べたを這いずりながらカナンを置いて退場。
期待を裏切らないへたれっぷりに胸が躍るな。
一方カナンはスカート切って一緒に戦う気満々だぜ(笑
綺麗なドレスだったのに勿体無いけど女の子が髪切ったり服裂いたりするのは萌えポイントだと思います!
▼再びボールルーム
誰かが戦ってる……?と思ったらうおおおおトリスタタシャと共闘キターー!!!
やっべどうしようマジ嬉しいぞこれ。張り切っていつもより多めにスラッシュしちゃうぞ。
モブ騎士2人は速攻KOされてた。
トリスタたちは伯爵を守りに行き、エルザはカナンと共に先へ進むことになりました。
将軍から直々に姫を任されてしまったよ。光栄ですね。
着替えるって言うカナンにエルザ動揺し過ぎで噴いた(笑
おおー、男前な格好になったな。
モブメイジとの共闘熱かった!やっぱメイジと一緒に戦うのいいなあ。
属性サークルの中で剣振り回すのが好きです。
やっとこさ大広間まで到着したってところで……
おわーなんか凄いのキターーー!!!!
何処かの戦乙女ゲーの不死者の王とか、
何処かのトライフォースの世界のラスボスさんみたいなビジュアルですね。
どうやらグルグ族の王、ザングルグさんと言うらしい。
いや絶対これ無理だろ勝てないだろまずサイズが違う。
逃げるべきなんだけど戦おうとするエルザ。
そして姫を守ろうと頑張る騎士たち。お前ら……気概を感じるじゃないか。
結局エルザの命と引き換えにカナンが連れて行かれてしまった。
目覚めた時に目の前にあったのがクォークの顔でがっかりエルザ(笑
ともあれエルザの頭はカナンでいっぱいのようです。
マジで助ける気なのか。あんなヤバそうなの相手にどうやって戦うつもりなんだ。
プレイヤーは不安でしょうがないんだがエルザはもうカナンのことしか考えられない状態っぽいんでとりあえず船まで追うよ!

島攻略が終わったところまで進んでますが、とりあえずここまでで1度切ります。
内容盛り沢山だな。
posted by ヒグラシ at 20:35| 千葉 ☀| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

ラストストーリー(1)

さあやるぞ!と思ったら

Wii本体の更新

ああああどこまで焦らすんだこのやろおおおお。
◆デモ画面◆
もうこのでも画面の曲がさあ。公式で散々聴いたけどさああ。
デモムービーみたいなものはないのかな?
とりあえず、ニューゲーム。
コマンド選択で画面が動くのが臨場感あっていいねえ。

いきなりクォーク動かすとか緊張するだろ気になってるキャラなんだよ(笑
声、おっさんだよなあ。トレーラーの少年クォークにズギューンしたクチです。
セイレン姐さんと2人でどこかを攻略するようだ。
最初攻撃の仕方が分からなくて困った。
姐さんに任せっきりでオロオロしてたらその後で攻撃チュートリアル出てくるし。
つーかチュートリアルいきなり情報が多いよ!完璧アクションだな。
すぐにエルザとユーリスに切り替わりました。
Lスティックで攻撃ってのは面白いね。なかなか爽快だ。でもロックオンは右手でしたかった。
ユーリスに柱とか壊してもらった!タクティカルな要素が結構ありそうで面白いなあ。
クリティカル出まくるな。
壁に向かって走りながら?L押すと壁蹴ってジャンプ斬りみたいなことするね。
結構芸細かいぞ。
ボス倒して一応終了。

トレーラーで何度も見た酒場の場面がこの数日前の話らしい。
一行は伯爵の依頼でこの地の攻略に来てるのか。
▼遺跡
うわーいかにも動きそうな死骸が沢山ありますね。
エルザは仲間のことが大好きな若者のようだ。
セイレンと寛いでたらやっぱり骸が起き上がりました。
しかも倒しても倒しても復活しちゃうチート仕様。不死者ですか。
セイレン姐さんがこっちに来いって行ってるんだけどこっちがどっちだか分かりません(笑
ギャーセイレン姐さんが刺されたーーーー。
刺された姐さんを見てエルザの過去がフラッシュバック。ママン滅茶苦茶美人だな。
でも混乱してるとは言えセイレンを母さんとか呼んじゃうのはどうかと思うよ(笑
「もう沢山だ!独りぼっち嫌だよう!」とか叫んだところで遺跡の最深部のオブジェが反応。
「あなたは私と同じ心を持っている」とか言って語りかけてきたよ。
不思議な力をくれるフラグですね。随分と唐突だな。
何とまだ序盤も序盤なのにここで訳も分からずギャザリングパワーを授かってしまいました。
「大切なものを守りたいって気持ちで強く祈りなさい」とか言われたよ。
そうかこれで敵をバインドするんですね!
橋までおびき出すボスでどっち行っていいか分かんなくて混乱して大変だった。ヒールサークルあって助かった。
とりあえずボスを倒して終了。
何故エルザに力を与えたんだろ?
オブジェの中の人がエルザの孤独嫌パワーに反応したってことでいいんかな。
唐突過ぎるけどみんなもあんまり訝ってないな。使えるもんは使っとけ的な感覚なんですかね。
歴戦の傭兵たちって感じだなあ。
ところでセイレン姐さんの台詞がいちいち良過ぎる。
腹減っただのシラフで完徹だの(笑
テキストテンポ良くていいねえ!

ルリの町クルー!と思ったら何か街道が穏やかじゃない雰囲気だぞ。
おおーー!!パッケージのホワイトタイガーじゃないか!
どうやら突然ホワイトタイガーが現れたことで場が騒然としてるようで
しかも子どもたちが逃げ遅れてちゃってるらしい。
タイガーをとりまく青い光がギャザリングと似てるような気のせいのような。
ユーリスとセイレンのやり取りが素敵過ぎる。
セイレンは人に絡むのが大好きなんだね。かわいいぞ。
ユーリスが子どもの扱いに長けてるってのは意外でした。子どもあんまり好きじゃ無さそうなのに。
くっこれがギャップ萌えか……けけけけしからん。
ホワイトタイガーさんなかなか強いですね。
ガードしてないとあっと言う間にHP持ってかれるな。
最後はエルザを見つめつつ去っていきました。多分ギャザリングパワーと何かしら関係あるんだろうね。
この後世間での傭兵の扱いってこんなもんなんですよ的な?回想シーンが挿入。
やべー人にぶつかると相手うろたえるんだな!これはハマる(笑
ユーリスを押しまくってモブに衝突させてしまった。わ、わざとじゃないよ、ないってば。
とりあえずミッションも終わったし、ルリの町に行きます!

■ルリの町
▼酒場

ジャッカルとマナミアはお留守番だったんだね!
早く会いたかったぜ。
ああ、何かいいなあいいなあ!仲間っていいね!
マナミアたんクソかわええええええええええええ。
能登ボイスの破壊力は同性にも有効ですよ!!!
天然系少女的なイメージだったんだけど、意外とお姉さんだね。
エルザって最年少なの?ユーリスとどっちが下なんだっけか。
ジャッカルいいなあひろし声で口説くとか反則だろこっちが悶えるわ!!!
マナミアも口説いたことがあるそうな。でもマナミアは気付いてくれなかったんだってさ〜。
ど、どうなんだろ……鈍い人なの?あんまりそうは見えないけどな。
でも興味ないことは完全スルーしそうな感じだよね彼女。
ジャッカルの「セイレンは女じゃない」発言をフラグと見たんだけどどうですか(笑
何と言うことだクォークは苦労性なのか。何処までタイプなんだ。
そしてここで例のクォークとエルザの出会い回想キターーー!!!!
私は、この若いクォークに惚れたんだよ(笑
そして嬉しそうなエルザの、希望を見つけたぜ的な表情で完全にゲームに引き込まれました。
この場面をトレーラーに使ったのは本当に正解だったと思う。少なくとも私の心は鷲掴みにされた。
どうしようかなセーブ残しておこうかな。残しておこう(笑
クォークとエルザは騎士になりたい、のか。
傭兵として結構残念な目に遭って来てるみたいだしなあ。
▼行商人の部屋
とりあえずお近づきの印としてジャッカルにローグエッジをプレゼントしておいた。

では……大分もったいぶったけど、ルリの町を闊歩しますかね。
つーかもうChapter4に入ってたのかよ!ゲームに熱中し過ぎて気付かなかったし。
周囲を白い綿毛のようなものがふわふわしてるんだけど、これが宿屋の二階にいる子の病気の元になってるそうだよ。
何か作中で重要な意味を持つものなのかな?
以下街中の様子は箇条書きで。
・占い師に「未来が見えないわ」って言われました。ロッタの店へ行けと
・ロッタの店で1000人目の客になった!なるほどそう言うことか
・市はマルシェ、フランス語ですか。食べ物が帰るのは嬉しいなあ!
・おじいさんと語らって物理防御が1上がりました(笑
・街中に宝箱とかあんのかよ!
・行商人探すの難しくね?やっと見つけたら売り切れてたりするし
・風の強い通りで粘りましたとも!
・南にアイテムがいっぱい落ちてる通りがあった。しかもランダム?復活?するね
・デモンストレーションでも見たけど、アイテムや能力のスロット制は面白いと思います
・子どもとゲームしました

「おいらが町中にコインを置いて、お兄ちゃんがそれを拾うんだ。
全部見つけられたらお兄ちゃんの勝ち!」

このルリの町で、物探し……だと!?
やってやろうじゃないの。
……クワ貰いました。コインは普通のアイテムよりは見つけやすくなってたね。ロックオンしなくていいし。
・オーキッド盗賊団に財布盗まれた!!
・ズームで見守ることで反応くれたりするんだね。かぼちゃ貰ったよ
・南門広場でクォークと再会。後で落ち合うことにしました
・闘技場でセイレン姐さんを発見。姐さん酔いは醒めたんですか
つーかエルザの下半身を映すな(笑笑笑
・闘技場前の料理屋でお使いを頼まれたので真面目に買ってきました
・パティシエのたまごのパトロンになりました

城門広場でトリスタ将軍ご一行を見物したよ!あれ、タシャじゃね?
エルザは騎士ご一行を見て胸を熱くしてた。

おお〜、今日はカナンの婚約式なんだって。花火上げるらしい。
教会の裏が穴場らしいので行ってみようと思う。出会いがありそうな予感がするぜ。
セイレンが暴れたのでお酒を調達しに城門広場までお使いに行くことになりました。
わあ、夜だ!もう花火上がってるんだね!
花火を見ながら歩いても良かったけどここはマップ移動。
また酒!?……ええーと、今度は教会にも寄ってみようかな。
ん!?くしゃみが聞こえたぞ!?
ああああああああカナンたんきたああああああああああああああ
うおおおおおおおおボーイミーツガールきたああああああああああああああ。
荷車に隠れて衛兵の目を逃れようとしてるのか。お城を抜け出してきたんだね。
青い服ホントに綺麗だ。
アルって名乗ってる。アルガナンのアルかな。
これで教会に行っていい雰囲気になれってことだな……?
あ、でも人目を避けるには人ごみ、と言うことでまずはマルシェに行くことになりました。
つーかエルザ面倒見いいな〜。
▼マルシェ
うは王道展開!日本なら縁日って感じですね。
ここでアル、世間知らずっぷりを全開に発揮してくれました。
エルザが凄い天然たらしっぷり発揮してるな。
そして揉め事に血が騒ぐアル。待て待て(笑
▼噴水広場
どうやら衛兵があちこちのお店で因縁つけて回ってるらしい。
ああーアルが怒っちゃった。
「ものを食べたらお代を払いなさい」と正論突きつけて抜刀させてしまった。
結局ようじんぼうエルザが一発やっちゃって逃走劇に。
ここでまさかのミニゲーム(笑
結構逃げるの大変だった(笑
ひたすらナビマップ見ながらダッシュ。ルリの町の入り組んだ裏通りはこのミニゲームのために存在したのか。
へ〜、アルにはエルザが旅の商人に見えるらしい。
ともあれ、しばらく匿ってあげることになりました。
「俺たちの泊まってる宿」って言い方だからまだいいけど、
「俺の泊まってる宿」だったらギャルゲー展開だよね(笑
▼アリエルの酒場
お兄さんとお姐さんがニヤニヤしながら迎えてくれました。
セイレンとジャッカル素敵過ぎる。
仲間たちがワイワイやって仲がいい様子ってのは見てて凄く楽しいんで、とても嬉しいです。
早速お風呂で聞き耳立てる若者エルザ。
……何だこれここでCEROBなのか?違うか、違うよな。
セイレンセクハラし過ぎだろ何だこのイベント(笑
一方何やら問題が起こってるらしい。
・宿で面倒を見てるワックが奇病にかかってる
・薬を扱ってる商人を見つけた
・でも盗賊に襲われて薬を奪われちゃったらしい

一応お薬あるんだ!それなら早いとこゲットしに行かねばな。
エルザは明るくて面倒見が良くて優しいナイスガイだな。
とんがってない主人公、とても好きです。
さーて、盗賊のアジトに殴り込むぞ!

■盗賊のアジト
まずエルザ独りで中に潜入して見張りを倒すらしい。
マジでか……。
後ろからピチュンするのかと思ったら降りて斬りかかってしまった。
つーかクォークも一緒に来てるのか。てっきりジャッカルとマナミアだけかと。
どうやらこの盗賊のボスはゾラって言うヤツみたいだよ。
エルザとクォークと何やら因縁のある人らしい。昔仲間をやられたって言う相手かな?
そのゾラはアリエルに惚れてるようだ(笑
薬をダシに付き合いたいってことなのかな。それ全然ピュアって言わないよおかしらー。
このゾラ一味、「生け捕りにした魔物を町に放って混乱したところで窃盗」なんて方法で盗みを働いてるんだって。
いけませんねえ。成敗してくれようねえ。
ギャザリングのボタン忘れてオタオタしながら戦ったのはここだけの話だ。
おかげでマナミアたんをダウンさせてしまった。本当にごめんなさい。
追い詰めたってところで都合よく落とし穴に落とされてしまって、地下へ。
マナミアたんとセットで行動するようだ。守ってあげないとな!
程なくしてクォーク、ジャッカルとも合流して敵を倒しながら先へ進みます。
モンスターが沢山いるのは、町に放つ用に捕獲したものを狩ってるからってことなんだね?
サモンサークルなるものを見つけたので調子に乗って敵呼び出して戦ってたら強いの出てきちゃって危なかったよ!
氷のサークル?の中で戦うと大ダメージ与えられるね!それで何とか勝てたよ。
その後のデカブツは柱を壊して終了。
さあそしてやって来ましたバトルデモのイベント。
いやー戦略性高くて面白いなあ。
ボーっとしてると殴られてHPごっそり持ってかれるし、アクション要素も高くていいです!
ゾラにいたずらバナナ放ってみたら盛大にコケてた。
マナミアの愛のフライパンで殴られてー。
さて、薬も無事に手に入れたんで帰ります!
町をうろつくのも楽しいけど、もっと沢山戦闘したいな〜!
posted by ヒグラシ at 13:31| 千葉 ☀| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

ラストストーリー到着!!

TheLastStory.jpg

きたあああああああああああああ。
待ってたよおおおおおおおおおおおおお。
カ○ーレックさん遅いよおおおおお。

特典パッケージ素敵です。
裏面に合わせるとエルザが顔を出すのだね。
このパッケージイラスト、何だかカナンに対してエルザが誠実な感じに見えるのがとても素敵で
もうそれだけで色々と鷲掴みにされました。
キャラデザとても好きです〜。
サウンドトラックはまだ聴いてませんがとりあえずipodにぶち込もう。
やっぱり収録曲は少ないねえ。
そうそう、サントラまだ買ってないんだよ。
植松御大のBGMだしもう100%買うって分かってることだったんだけど予約を忘れてしまってな。
注文して来よう。

イラストブック嬉し過ぎる!!!!
どのキャラもいいなあ。素敵だなあ。
特にキャラで惹かれて購入を決めた訳ではなく、坂口さんの作品&剣と魔法!と言うことで予約したんですが
11月位に公開されたトレーラー2だったかが凄く良くて、あの時から期待に胸膨らませて発売日を待ってました。
そんで、あのトレーラー見てクォークがとてもいいなあと!何かビミョーに死相出てる気もしなくもないけど!
お兄ちゃんタイプの人とても好きです。
それから先週公開されたデモ見てタシャにも惹かれました(笑
イラストに載ってて歓喜!でも荒ぶってるね。らいおん丸みたいだな髪。

どうしてもゼノブレイドクラスの作品を期待してしまってるんですが
面白いといいな。戦闘がこってるみたいなんで凄く楽しみです!
週末は遊び倒すぜ〜。
posted by ヒグラシ at 20:12| 千葉 ☀| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

ラストストーリー、KONOZAMAりました

我が家の場合発売日当日午前1時までに発送メールが来ればセーフ、
それ以降はアウトです。
昨晩待てど暮らせどメールは来ませんでした。
勿論、安さを選んだ訳ですからそれなりのリスクも覚悟してました。
でも、ここ数年KONOZAMAったことなかったんだよ……。
よりによってこの、こんだけ楽しみにしてたラストストーリーでKONOZAMAんなくても……と言う気持ちはあります(笑

でもグダグダ言っててもしょうがないね!
どうせ今日来たところで多分殆どプレーしてる暇なかっただろうし!
明日には確実に届くようなんで、事実上週末からのスタートになるかと思いますが
今週末はギャザリングしまくるぜ!!!!
レビューもするよ!
posted by ヒグラシ at 23:37| 千葉 ☁| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

斬撃のREGINLEIV 総括

どうもWiiと言うゲーム機は一般に媚びたような一部のCMがやたらと鼻について、
ゲーマーを軽んじてる気がしてたんですよ。
果たしてWiiでゲーマーが深く没頭するゲームがそう多く生まれるものかと疑問だったんですが(スマブラは面白かったけどさ)、去年のアークライズ、そしてこのレギンレイヴで確信しました。
このゲーム機を買って良かった!
とりわけレギンレイヴはリモヌンを振る楽しさを教えてくれました。
ファンタジー世界での臨場感溢れる戦いを体感させてくれてありがとう!
サンドロット万歳!サンドロットさえあれば安全d

イマイチ売れてないことで暴れたい位の信者なので、お気をつけ下さい。
みんなトレーラー見てくれよ!敵襲のBGMに合わせて斬撃とか、格好良くて卒倒レベルだろこれ。
発売前には1度見たか見てないか位だったんですが、プレー後は毎日、今でも3日に1回は必ず見てます。
実に出来のいいトレーラーだ。
■ストーリー
ラグナロクが舞台な訳だから全滅上等なストーリーって可能性は充分あったんだよね。
でも最期は兄妹を含めた神々が犠牲になる形で人間たちは生き残るんじゃないかなーと踏んでました。
レギンが実は生きてた!ってところで、それを確信したんだけどなあ。
途中からは、人間たちに心を打たれた兄妹の壮大な自己犠牲ストーリーと言う風にも見えなくはなかったからさ。
でもそれ以上に終末における人間たちの生き様物語だったな!
敗走、敗走、敗走のオンパレードで、息付く間もないほど戦い続けてる常に劣勢なストーリーだったと思うんだけど
不思議と悲壮感が少なかったのは、ひとえに人間たちが活き活きしてたからだろうなあ。
何でみんなあんなに元気だったんだか(笑
ああそうか。滅びを義務付けられてるのかと思わされるほどの過酷な状況の中、彼らは人間でありながら
それ以上に勇士であり、また戦士であろうとし続けていたからか。
寧ろ戦場こそが、彼らの生きる場所だったと言うことだね。
個人的にはストーリーも好きですが、それ以上に褒めるべきは演出の数々だったと思ってます。

■演出
ステージ攻略をしていく中リアルタイムで戦局が変化してそれが物語になっていく。
これがこの作品のシナリオ描写の主な形でしたよね。
こう言う作品をプレーしたのは初めてだったんで、最初は戦いながらしゃべりまくるキャラたちと戦ってるだけなのに勝手に進んで行く物語に戸惑いました。
でも、じきに病み付きと言うか……虜になったよ。
それもこれも、自分が腕を動かして戦ってると言うことで、本当にステージの中で戦ってるかのような錯覚を起こしやすくなってる=世界に入り込みやすくなってるって言うのがあるんだよな。
だから、物語の流れも自然と体感してしまう。
NPCたちの台詞が飛び交うのを聞きながら必死にリモヌン振り回すことによる物語の没入度って半端ないと思うんだよ。
そんな状態で物語が展開されてくんだよ?もうこれが心震わせずにいられますかって話だよ!
もうゲームで感じられ得る最高クラスの感動が味わえる作品なんじゃないのかと思うよ。
その際たるステージが、ユラン平原とゴートたつだよなあ。
神の孤独&女神フレイヤの最期なんかも絶望から希望に転じる演出が素晴らしいけど。
ユランなんかはレギンレイヴ知らない人にプレーしてもらったらいい手ごたえあるんじゃないかと思うんだけどな。
でもあそこはあれだけじゃなくて、あの前の北の民の敗走があるからより映えるわけで
更にユラン平原の敗戦によるその後の展開がまた秀逸だからなあ。
うんまあだからつまり全部プレーしろと(笑
キャラの死に様については何度も語って来たんで今更ですが
死に描写はともかく、ラーンとハーゲンの死に言及すること位はしてあげて欲しかったです。
それだけが心残りかな〜。
皆の最期に関しては、やはり是非見てみたかったって言う個人的な希望はあるけど
この作品の流れからすると、無くても納得出来るものだと思ってます。
想像するのも悪くないですよ。
レギンは絶対仁王立ちしたまま果ててるはずだ。
簡単にこの演出が最高だ!とは言えませんが、個人的には無二で最高クラスのものであったと感じてます。
だって今回感じたこの感動や熱く漲った体験は、確かに他のゲームでは味わえないものだったからなあ。
色んな意味で自分の記憶に残る大事な大事な作品になりました。

■システム
一見シンプルだけど、調整する方は結構難儀したんじゃないかね。
ライフ設定と結晶の必要量、そして武器ツリー。
今思えばかなりバランスの取れた量と配置だったように思います。
いや、水50000とか闇30000には泣いたクチなんで絶妙だったかと言われると微妙だけどそれだけの努力の果てに、素晴らしい武器で無双が出来るっつうご褒美が待ってると思えばな。
それからこの作品、ただクリアだけしたい場合には特に結晶集めなんかしなくても最後までいけるように出来てるんだってね。
私は序盤の段階で既に結晶集めの虜になってしまったのでその辺の匙加減は味わえなかったんだけど、その辺の調整はスタッフ頑張ったなあと思ったよ。
そして強い武器を入手するためには血の滲むような地道で、地道で、地道な努力が必要なんだと言うことを改めて感じさせられました。
最近のゲームでも、最強武器を入手するために苦労……なんてことはよくあるけど
地道な作業以外に一切の選択肢がないというのは正に苦行。だが修行。
ストイックにプレー出来たことには寧ろ自負を感じる位です。
ええもう、信者ですから。

■音楽
もう、何なのこの敵襲とか言う曲は。
間違いなく今年出会った曲の中で最高クラスだよ。間違いないよだってもうipodで800回近く聴いてるよ。
この作品はキャラデザが素敵だし、後はゲームが面白そうだから実際やってみて楽しければそれでいいやと思って購入したんだ。
だから正直アクション以外の点では殆ど期待してなかったんだよ。
でも、初めてCMを見た時だったかな。
15秒くらいのCMで敵襲が流れた時の、あの驚き。
え?何?今のレギンレイヴのCM?音楽、かなり良さ気じゃね?みたいなさ。
でもって実際プレーしてみて、改めてゲーム内でこの曲を聴いてさあ。
人間たちと協力して迫り来る巨神たちをなぎ倒してる時に、BGMにこの曲ですよ。
曲自体は同じフレーズを繰り返す割とシンプルなものなんだけど、
曲が小一巡りするたびに主旋律を奏でる楽器の構成が移ろい、低音の動きが変わり、パーカスが変化し……
と、徐々にだけどどんどん盛り上がってって全く飽きさせない展開になってるんだよな。
主旋律が格好いいのは言うまでも無いんだけど、個人的にはパーカスと低音の動きが大好きでよく口ずさみながら斬ってます。
まずイントロの低音とパーカスからして勇ましくって、戦争に向かいますよ的な雰囲気がぷんぷんだよね。
低音の巻くような音の流れは、戦に心弾ませる勇士の鼓動とか、巨神の地響きのような足音っぽいなーとか。
そして時折入るホルンの音が敵の襲撃を知らせる合図のようにも聞こえます。
48秒位から本格的な戦の幕開けを予感させるような音の刻みが始まって(ここの低音パーカスが秀逸だと思うのさ)、1:03秒位から主旋律が現れますよね。
荘厳な主旋律の上で軽やかに弾むような木管高音は、勇士たちの足取りを感じさせるよ。
んでもって1:16秒からバグパイプとホルンがユニゾンして北欧らしさが爆裂、1:30で低音もパーカスも入り乱れての総動員!
1:40から同じフレーズを3回繰り返す辺りでもはやプレイヤーは巨神ではなくBGMにKOみたいな、な。
もうあまりにも好き過ぎるので熱く語らずにはいられないんだ。この総括書いてる最中も延々ヘビロです。
 それから楽曲のクオリティもさることながら、何より使いどころが絶妙過ぎる。
とりわけ攻勢の刻の使い方の上手さは、このゲームの評価を更に飛躍的に上昇させるレベルだろ。
ユラン平原はどうやらかなり人気のステージみたいだけど(個人的にも1、2を争う位好きです)、決戦と言う燃える展開とステージ設定以上に
何よりBGMがこの曲であることがその大きな一因なんじゃないかと思ってます。
初めてステージ25をプレーした時はもう全身の体温が上昇して震えが来てしまってどうしていいか分からなくて
第三者から見たら相当気持ちの悪い状態に陥ってました。
ゲームで味わえる至上の気分と言うのはああ言ったものを言うんだろうな。
感動したりキュンと来て泣いたりって言ういわゆるRPGで物語の展開を追っていて味わう感情とは少し違うんだけど
ステージをリアルタイムに攻略しながら、自分が正にリモヌン振ってゲームに参加しながらここまで漲る展開って言うのもなかなかないんじゃないのかなーと。
 全体的に北欧らしいテイストに仕上げてるのも世界観に合っててとてもいいと思います。
敵襲、オンのロビー画面そしてED……小憎らしいバグパイプの使い方しやがってこのやろー。
コノザマで予約して買って本当に本当に本当に良かった。特典サントラは家宝だ。

■グラフィック
リアル血が物凄く苦手です。自分、他人に関わらず殊に傷口からの出血を見ると
それだけで血の気が引いて全身の力が抜ける位血が苦手です(鼻血とかは不思議と平気です笑
この作品を購入するに当たって最大の懸念事項が、出血、流血表現でした。
結構しっかり出てるな、と言うのは画像なんかでも見て取れたんで、これがちょっとどうかなあと。
結局はその懸案を補ってあまりある魅力があったんで購入に踏み切った訳ですが
最初の数時間はいささかの抵抗があったものの、じきに慣れてしまいました。
鮮血にしても色が明るいから、いい感じに脳内変換できたんだよね。
逆にニーア・レプリカントの色だったら厳しかったと思います(あれはキャラもモンスターも小さいからこそ何とか耐えられました
今でもドラマの手術シーンなんかでは地団駄してますが、少し血への耐性は持てたかなと思ってます。
看護士の友人の仕事話を聞くのはやっぱり辛いけどな。
それから……私は美麗なグラフィックのゲームも楽しんでるんであまりグラをどうこう言える立場ではないと思うんですが
絶対に作品の質、面白さとグラフィックは全く関係ないと思います!!!
仮にレギンレイヴがムービーゲーだったら相当苦痛だったと思うんだけど、これは全くそう言うゲームじゃないからな。
寧ろまず戦闘ありきで、アクションステージの中で物語が展開されていくからな。
あのレベルでも作品の質には一切影響してなかったと思います。
世の中にはグラ命みたいな人もいるから若干人に薦め辛くはなったけど、こればっかりは個人の嗜好の問題だから
もうどうしようもないもんなあ。
ヘルギとレギンのグラフィックの出来は素晴らしいと思うよ。
特にヘルギは表情の一つ一つが実に丁寧に作ってあるよな。
滅日の頭でニヤリと笑って立ち上がる彼のあの表情は、レギンレイヴ随一の格好良さだと思います。
大体ヘルギはOPで屋根に上った時の不安そうな表情からして異常な出来の良さだったからな(笑
初めて見た時はそんなヘルギの隣で驚きの表情を見せる世界一の勇士の残念さにがっかり来たもんだけど、狂戦士の村に行く辺りではもう慣れました。
グラなんてオマケで充分です。
ただ一部の美形キャラの目や口元だけは最後まで違和感残りました。
中途半端にHACCAN絵を再現しようとせずに、もっとざっくり3Dアレンジしちゃって良かったと思うんだけどな。
特にフレイやラーン、フレイヤ辺りの口元がアップになるたび、インドのナンを思い出した(笑
でもでも、この作品のグラで最も高く評価すべきはやはり背景だろ!
背景の作りこみは素晴らしい。
ヴェルズングの村、狂戦士の村、北の砦、一杯奢らせての人の町、ブルグント城下……どこをとってもその地の文化を色濃く感じさせるユニークかつリアルな作りをしてるよな〜。
訪れてみたくてたまらない場所ばかりです。
しかも城壁は勿論、やぐらなんかにも登れる仕様なんだよな!
これは高いところから弓なんかで遠隔攻撃も出来ますよってことなんだよなあ。
そんで城壁の上からオレサマ攻撃してたら城壁ごと壊されて転倒する、そんな展開にすらロマンを感じるんだぜ。
家々の作りこみも、壊されると分かってのものでしょう。
こんだけしっかり作られた家屋が容赦なく倒壊していくさまがまたゲームの迫力を加速させてるわけだよな。
スタッフはホントに力の入れどころをよく分かってる。
1番訪れてみたいのはブルグント城下で、住むならヴェルズン……いやいや、奢らせての町かな。
でも最も好きな場所はヴェルズングの村の高台、教会へ向かう道の途中です。
きっとシグムンドはここから村を見下ろしたりしてたに違いないとか思うとたたたたまらん!
教会のデザインも好きです。
シグムンドの家は村で1番大きい、離れを3つ持つ家でいいんだよな?確か目の前にお墓があったような。
あの家は屋根に向かって梯子がかけられてて、OPで2人で上ったのもこの家かな?と思ってます。
ヴェルズングの村自体は大好きなんだけど、オン「三つの魂」攻略時だけは村のあちこちに作られた柵に殺意が湧きまくりでした。
まあこれもきっと、スタッフの罠だな(笑

■キャラクター
キャラについては今まで散々語ってきたし、オフをクリアした段階で一人一人にも言及したので今更語るのはやめようと思うんですが
みんな、大好きです。
特にシグムンドだよマジでこのキャラに出会えて良かったです。
見た目からしてど真ん中だったけど、彼の最早ぶっ飛んでるレベルの前向きさと責任感と度胸と、何より包容力!
ドツボの極みだよ。
チクショーあのビジュアルであの包容力は反則過ぎる。
有事に際し昨日の敵にも迷わず手を差し伸べるわ故郷を捨てることを厭わないわみんなを守るために戦場に残るわ
仲間を助けに危険な場所に向かうわ天界まで防衛対象にするわこれらの行動にいちいち迷いが無いわ望みを捨てないわ……
もうどうしようもないほど魅力的でした。
何より戦って死ぬことに対して迷いがないから、ずっと前を見て駆け抜けてこられたんだろうけどね。
一方で守るべき一族がいる訳だし、生半可なことでは命散らせない立場の人だからこそ
かの地に行くまで生き続けることが出来たんだろうなあとも思うけども。
彼を囲む北の民たちもみんな本当に、本当に、本当に大好きです。
巨神たちが攻めて来る前はどんな生活をしてたのかってのも、実際に覗いてみたかったです。

まだまだ遊んで行きたい作品だし、特にオンはまだまだ武器もステージもコンプには程遠い状況だからな。
ゆっくりのんびり、長く付き合って行きたいと思います。
ともあれ、一先ずこのゲームのレビューはオシマイにしたいと思います。
心から素晴らしい!と思える作品に出会った時ほどブログをやってて良かったと思う時はありません。
思いの丈を、好きなだけ吼えることが出来るんだからな〜。
今回も自重しようと思いつつ結局出来ずにワンサと吼えました。楽しかったです。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
posted by ヒグラシ at 23:10| 千葉 ☁| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

斬撃のREGINLEIV(25)

**オフモード**
ブリュンヒルデの台詞はもっと早い段階で拾っておかないとダメだったかな。
アスガルドで再会した時には既に弱ってて、悲壮感漂う台詞ばかりだったよ(涙
■57、世界蛇ヨルムンガンド
フレイ:ハードまでクリア
フレイヤ:インフェルノまでクリア

フレイヤはサクッと行ったけど、フレイは武器は何がいいんじゃろか〜。
槍Lv6はかなり近付かないと届かないんだな。
試しに長弓Lv5と槍Lv6で行ってみたら、頭1つは簡単に落とせたんだけど……
その後の魔法弾を防ぐ術がなくなってFailed。
やっぱ剣は必要だなあ。
でも、ヨルムンガンドが頭上を通る時は槍で攻撃するのが効率がいいんだよな〜。
と言うか槍に慣れると、弓を引き絞るのが随分と億劫に感じられてしまうね。
引き絞った分のダメージが与えられるようなフレイヤの弓みたいなものならまだしも
フレイは弓のコストパフォーマンスがイマイチだからなあ。
 正直好感度は底辺に近いステージですが、クリア後のムービーが大好きなんで
割とクリア回数は多いと思います。
あーもーこのムービー一本で本当にお腹一杯になれるな。
NPC全員が喋るムービーってこれだけだもんな。
このムービーのためならヨルムンガンドの首も落としますよ。
見たい時はノーマルでプレーするけどな(笑
**NPC台詞など**
ここはフリッグが五月蝿いからなあ。
ヘイムダルの中の人は大川さんだっけか。
フリムに挑む際の「このヘイムダルが」の声音が表す恐怖と不安と絶望が見事で
いつも聞き惚れてしまいます。
フリッグお前はちょっと黙ってろ。
 アルヴィルダ。
「戦いには慣れたつもりじゃったが、怪物相手では勝手が違うようじゃ」
北から南に戻ってきた北の民も凄いけど、ゴートから無事戻ってきた彼女も大概だよな。
しかもゴートは兵たちを率いてるの事実上彼女だけだしなあ。
彼女にもハーゲンのような優秀な忠臣が1人いれば、大分負担も減ったと思うんだけどね。
うんでもまず負担を感じてるようにあまり見えないかな。
寧ろアルヴィルダに仕える副官みたいな人がいたとしたら、その人こそ真の苦労人だったかもしれないな(笑
シグムンドに振り回されるヘルギをもっとエスカレートさせた感じになってそうだ。
「グンター殿と共に戦うことになろうとはな」
巨神族が攻めて来るまで、共闘なんて考えてもみなかったんだろうね。
でも共闘に至るまでの両者の葛藤とかそう言うのは一切描写されてなかったと言うか……
無かったよな(笑
実際はかなり問答あったんじゃないかと想像してるけど。
 グンター。
「気付きおったか。では始めるとしよう」
「功績秀でたる者に、我が剣を与える」

そんなアッサリあげちゃうとか言っていいのかよ!
と思ったんだけど、こう言う人たちってお洒落の延長で鍛冶屋に仕立ててもらったものや戦利品、献上品とかでストック沢山あるんだろうな。
この段階でも城は残ってるし、中も思いのほか無事なのかもしれないけど。
どうでもいいけどお城って裏口とかもちゃんとあるんだね。
入ってみたくてたまらないです。
そう言えば世界がこんだけ混沌としちゃってるわけだけど、ならずものみたいな人たちもきっと出現してたよな?
もうこの段階では生き残ってる人間自体が相当少ないっぽいから既にそう言うことをする人たちもいないかもしれないけど
国も荒れたんじゃないのかなーと。
ブルグントは民の王への支持率が高いことから治安も良さそうだし良識のある民が多そうだけど何となく、クセの強そうなゴート国はそうはいかなかったんじゃないかって気がするよ。
「共に進軍するとしよう!」
最終ステージでのグンターの台詞をふと思い出しました。
何もしないのと何かを成そうとすることは全然違うよね。
今日も我々は、何でもいいから何かを成そうと戦場を駆けるのさ。
 ハーゲン。
「お前たちは精鋭だ!負けはせぬ!」
ハーゲンの部隊は精鋭揃いのイメージだ。
そして最初はアルヴィルダさまの部隊をライバル視(グンターの部下はグンターの部下と言うことに強い自負がありそうだからあんまりなさそう)したりしてたんだけど
アルヴィルダさまに振り回される兵士に時に同情し、アルヴィルダさまの人柄に徐々に魅せられるにしたがって「ああいうのもありかもな」なんて思うようになってたら
面白いなーとか考えてました。
 モブ。
「俺たちは1人じゃない。力を合わせて戦おう」
「炎に包まれて、世界は終わる……。それが、ラグナロクか……」
「あの程度の敵、蹴散らしてみせます」

ヨルムンガンドをあの程度の敵呼ばわり(笑
頼もし過ぎるぜ兵士たち。
「ゴートの姫を見たぞ。噂とは違うなあ。美しい方だ」
そうそう、だから
敵国ゴートの兵には負けん!→でも姫に振り回されて同情するぜ→いやしかし姫も色んな意味でツワモノだ→しかも美しい→ちょっと羨ましい
みたいな感じで気持ちの変化がありそうだなーとか思ったのですよ。
肩を並べて戦ううちに相手を知って、親近感湧いてきてとかそんな感じでさ。
「炎の巨神は、世界を焼き尽くすつもりらしい」
「世界がこんなに酷いことになるとは……」


■58、神々の国へ
フレイ:ハードまでクリア
フレイヤ:ハーデストまでクリア

ファフナーより大量のリンドブルムの方が怖いです。
ファフナーさんは結構扱いの酷いキャラよな。
初登場ステージでは酔わされました。
次に出て来たときは、シッポ斬られながらすごすご退散していく姿ばかりが印象に残りました。
そして3度目は、忘れられた頃に風呂敷を畳むように登場。
個人的にも酔った思い出が強いんであまり好きな敵ではないんですが
単純に竜フォルムはとても格好いいし、何より鳴き声がいい。
邪悪でとてもいい。
だからこそもっと破壊力あっても良かったんじゃないかな。
分裂する!とか(嫌過ぎる
手下のリンドブルムや召喚対象の虫の方が寧ろ恐るべき存在って言うのはどうなんだ(笑
せめてフリッグを倒したのがファフナーとかだったら良かったのにね。
フリッグも多分フリムにやられたんだろうからな〜。
**NPC台詞など**
ヴェルンド「剣は錆び付いていないだろうな?最後の確認をしておけよ」

血糊を拭かないと錆びるよな。
血も面倒だけど、巨神が再生の時に出す緑色の液体や死霊のゲロは
金属に優しくなさそうだな〜。
でも、中巨神の持ってるハンマーなんかは武器の素材として流用出来そうだよね。
「ムスペルヘイムって言う炎の世界があるって聞いてたが、本当だったとは」
「ムスペルってのは、巨神より強いらしい」

魔方陣と爆炎球の破壊力は、他の追随を許さないよな。
特に後者はリアルに考えたら一発で部隊を全滅させられる位の威力だと思う。
結構な速度で飛んでくるしな〜。
ヴェルンド「これがラグナロクか……。戦いの果てに、全てが無に帰す」
もう世界の終わりは怖くないですか?

■59、戦乙女の悲劇
フレイ:ハーデストまでクリア

召喚士がいるんで、インフェルノはちょっと厳しいかもと二の足踏んでます。
ここは絶好のマナ結晶稼ぎ場所だよな!
1回の出撃で延々と稼ぎ続けるのは、何かの拍子にやられてしまったときのことを考えるとチョット怖いんだけど
同じステージを何度も攻略するよりは楽しいかなと思ってます。
もう女神フレイヤの冥界行(中篇)は嫌だ(笑
ハーデストで15分〜20分戦ってただけでマナ結晶が25000も貰えたよ。
**NPC台詞など**
ブリュンヒルデ台詞集!
「命尽きるのも遠くない」
「我が命、いずれ尽きる。使命を果たさねば……」

戦乙女は半神ですよね。
彼女たちにも寿命自体はないのかな?
ともあれ戦いに生きる彼女たちにとっては「命が尽きる」と言うのはそう特別なことでもないのかもしれないけど。
実際、生き残った戦乙女も彼女1人だけだしな。
「力が満ちてる。今ならどんな怪物だろうと……」
「満ちてる」の部分は良く聞き取れませんでした。「落ちてる」かな?とも思ったんだけど、後の文とつじつまが合わないかなーと。
でも今の彼女の状況から考えると「力が落ちてる。今ならどんな怪物『に』だろうと……」なら寧ろ自然だなと思いました。
「神々のために戦う。それが私の使命」
「恐怖と言う感情を、私は知らない」

アスガルドが壊滅し、仲間や大切な人たちを失った時にも
彼女は恐怖を感じなかったんだろうか。
オーディンの死はあまりにもあっという間で恐怖を感じる間は無かったかもしれないけどフレイを失うかもしれないと思ったときにも、恐怖したりはしないのかな?
ヴィーグリースで初めて恐怖してたら萌えるなあ。
ああいや、違うか。
実際もしもこのステージで初めて恐怖してたら……と思ったら萌えました。
命が尽きることに恐怖するのではなくて、あの人に会えないまま倒れるのが恐ろしい、みたいなさ。
少女漫画的過ぎますかね。
彼女のこの台詞は合流後のものですが、ボコられてた時に心に生まれた恐怖を黙殺しようとしてのものだったらカワイイなーと思いました。
ただ、この台詞は地上で戦ってた時にも聞けるものですよね。
シナリオの進度によって違う意味を想像して聞くのもまた一興かなと。
全部痛い妄想ですけど。
「全て滅ぼす運命」
「一体でも多くの敵を道ずれに!」
「例え刺し違えようとも……」
「打ち倒すのみ」
「全ては世界のために」
「失われた力、最早戻りはしない。力尽きるまでは、時間の問題か」

うーん、悲壮感漂う台詞が多いな〜。
この時既に彼女もかなり力を使ってしまってる状況なんだよな。
ヴィーグリースで戦ってた時は、相当いっぱいいっぱいだったんだろうな。
「ムスペルに燃やされちまうんだ。世界は、全部」
ムスペルに、では無かったけど、最終的に世界は燃えましたね。
ヘルギ「根性比べだぜ!」
本気で根性比べしてるヘルギは相当格好いいと思うよ。

■60、炎の包囲
フレイヤ:ハーデストまでクリア

ムスペルさんに転送機……正直、インフェルノには挑戦する勇気が無いです。
稲妻の魔弓Lv4さまさまだぜ。ハーデストムスペルはこれ一発で沈むな。
**NPC台詞など**
みんなベラベラ喋り捲るもんだから逆に聞き取り辛くてな。
聞きたい台詞に限って小声で呟いてたりするし。
アルヴィルダ。
「勝利こそ望み。敗北は要らぬ」
「宝石も要らぬ。ドレスも要らぬ。欲しいのは勝利じゃ!」

これは多分既出だ。でも何度聞いても良い台詞だなーと思います。
勇ましいけど、何だかんだ言いつつちゃんとお洒落もしてるところがいいんだよ。
「戦姫などと呼ばれ、いい気になっておったのが、とうの昔のことのようじゃ」
確かに、初登場時の自信満々な彼女からはそう言う雰囲気が感じられたね。
でもこの戦争を通して、アルヴィルダは凄く成長したんじゃないかと思うのさ。
成長って表現はちょっと違うかな。
覚醒とかの方が近いかな。
本来彼女の持つ素質みたいなものを、戦の中でどんどん開花させていったと言うかさ。
一国の姫を優に超えた存在だと思う。
「強き敵を探しておったところだ。丁度良い」
「わらわの敵はこれ位でなくては」
「アスガルドにまで、わらわの名を轟かせるのじゃ♪」

アスガルドの大地には轟いてると思うんだが、そこに住まう人々は既に亡いからな。
「わらわに出会ったことを呪うが良い」
こんなこと言いながらボウガン引き絞る姫がいたら惚れてしまうだろ。
 ラーン。
「ああ〜、何でこんなことに〜?」
「そろそろ朝かな?ベッドで目が覚めるん……だよね?」

夢オチを希望する気持ちは分かります。
「王に名前を覚えてもらうんだ」
ラーンはフレイのことしか見えてないと思ってたんだけど
一ブルグント兵士としての自覚も意外と強いんだよね。
結構出世欲があるっぽいことは、今までの台詞からもうかがえてたけどさ。
「戦闘は避けた方が賢明ではないですか?」
お前は何をしにアスガルドに来たのだ。
「ひゃーっこの緊張!耐えられない!」
ダメとか無理とか言いながら戦うところがとっても等身大の女の子だと思います。
でも今回台詞聞いてて、タイプは違うけどヘルギ系だなーと思ったよ。
「こうなったら、飛び込むしかない!」
「テュールその人でもなきゃ、この距離で矢を当てるのは無理!」
「みんなのカタキー!」

砦ではパシリ扱いされてたりしてたけど、彼女は割と可愛がられてたんじゃないかって話は前にも書きました。
この「みんな」は人間全般を指してても勿論いいんだけど
砦で苦楽を共にした仲間や先輩、上司たちのことでもいいなーと思いました。
「倒した!やれば出来るんだ!」
アスガルドに来てもまだラーンからは新米っぽさが消えないな。
NPCの中では数少ない、自信に満ち溢れていないキャラだよね。
 グンター。
「人のみでは、及ばぬことであった」
「負けることなど考えられぬ。ブルグント軍は世界最大にして最強なのだ」
「負けて帰ることは無い。遅れを取った時は死す時よ」
「後悔はしておらぬ。力は尽くしたのだ」

うわあ、いい台詞だ。さりげなくステージ攻略中にこんな台詞まで吐いてたのか。
フレイヤが一報を持ってきて以来状況は悪くなる一方で、人間たちの戦いが完全勝利と言う形で報われたことなんかなかったけど
それでも戦ってきたこと、今までの選択を後悔してないってことなんだよな。
最終ステージでの台詞に繋がる発言を、ここでもしてたんだねえ。
「神から授かりし使命。果たせずに終わるのは無念だ」
彼がうろたえるフリッグに嘲笑を向ける場面がありますが、あれは彼女をプゲラしたと言うよりもこの悲惨な状態でなおも自分たちは神々を信じていたのに、その神々ですらどうしようもない状態だった。と言う事実を突きつけられたことによる全てのものへの失望から来てるっぽいものでしたよね。
でも結局彼の口からこう言う台詞が出てくるってところに、やはり人間たちにとって神は計り知れないほど大きな存在だったってのがうかがえます。
守ってくれなかったし守ってくれないしそれどころじゃなかったしもう死んでしまったけど
それでも何処かしら彼らの心の支えになってる部分があるってことなんだよな。
最早文化だよな。
 ハーゲン。
「この中の何人かは、会うのが最後になる○×△」
凄くいい台詞だったっぽいのに、モブがギャーギャー言ってて聞こえなかったよ!
「王のために戦うのが我が使命」
「ミズガルドを蹂躙するなど、この我が許さぬ!」
「次はこれ以上の戦いを見せろ!」

ハーゲンさんスパルタです。
以下モブです。
「大事件だぞ」
自分たちがアスガルドに来てしまった!ってことも大事件だよな。
「フレイヤよ……敵を恐れぬ勇気を授けよ」
「ムスペルには王がいるらしい。とてつもない強さの王が」
「世界は燃えてなくなるってことなのか」
「フレイヤさまが軍に加わっておられるらしい。負ける訳には行かないな」
「ゴート国は壊滅したらしい。世界の終わりも近いな」
「俺の矢、今日は当たってるぞ!」

いつもは当たってないのかよ(笑
「フレイよ、あなたに勝利を捧げます」
聞き間違いかと思ったけど、確かにフレイって言ってたよ。
「突撃して貫く!援護してくれ!」かっけえええ!!
モブが援護を要求する作品なんて、きっとそうはないぞ(笑

残り2ステージはNPCはいるもののバトルが忙しいので
台詞聞き取りはここまでにします〜。
最終ステージの台詞に関しては以前ガッツリ語ったので割愛。
■61、ヴィーグリースの決闘
フレイ:ハードまでクリア
フレイヤ:ハーデストまでクリア

ハードまで空気だったフリムが、ハーデストだと凶悪になるな。
追尾性の高い遠隔攻撃に狙われるのが怖くて、満足に槍も振るえなくなります。
雑魚を全部片付けてフリムだけ残すことは出来るんだけど、回復アイテムも無い状況でフリムに集中攻撃されてやられてしまう、と言うことが何度もありました。
ハーデストになると、雑魚&フリムの攻撃でNPCもどんどん持ってかれちゃうからな〜。
やっぱり攻撃をある程度受け止めても問題にならないくらいの体力が必要だね。
その点フレイヤは魔弓とユミルの杖で安心の遠隔射撃が出来る分楽でした。
■62、赤く染まる荒野
フレイ:ハードまでクリア
フレイヤ:ハードまでクリア

間違いなく最難関ステージ。
ハーデストもクリアできる気がしない。
せめてムスペルさんが密集しててくれればいいんだけどな〜。
「沢山のムスペルが点在して爆炎球を放ってくる」
普通に考えてスルトの元まで辿り着くなんて奇跡だろ。
でも、このステージが無かったら最終ステージで生き残ったのが2人だけ、と言うことに違和感感じたかもしれません。
絶対に人間は生き残れないステージだと思います。
絶対無理。
実際プレーしてると結構生き残ってたりするけど、兄妹がサボれば
すぐにグンターとアルヴィルダだけになるよな。
ミズガルドの王族の硬さには唸らされました(笑
■63、滅びの神話
フレイ:ハードまでクリア
フレイヤ:ハードまでクリア

もう散々語ったステージなんで、特に語ることはないです。
1回の攻略が長くなってしまうけど、1度に最も多くの星の結晶を稼げるステージだよね。
ハードでもスルトのビームが脅威なんで、ハーデストはいささか厳しいかなと思ってます。
スルトビームだけならまだしも、ドールも大量発生するからな〜。
NPCが命綱握ってる感じになるんだろうな(笑


台詞はまだまだ拾いそびれてるものが沢山あると思うんだ。
攻略本に台詞集掲載して欲しかったなあ!
台詞からうかがえるものがキャラの性格だけじゃなくて国のこと、世界のこと……
レギンレイヴと言う作品の世界観そのものにまで渡ってるじゃないですか。
全部聞いてみたいなあ。でも、どの段階で全部聞いたことになるのか分からない位数も多いもんな〜。
こう言うのはオタクくさいかもしれないけど、もっと世界やキャラの設定も詳しく決められてたりすれば良かったのになーと思いました。
実は結構身長とかも気になっててさ(笑
でもこれはキャラゲーとは程遠い作品だからな!しょうがないよな!
さて、総括書いてシメます〜。
posted by ヒグラシ at 20:01| 千葉 ☔| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

斬撃のREGINLEIV(24)

**オフモード**
敗走時の台詞を真面目に聞き取ってみたら
これまたバリエーション豊富なのな。
レギンとアルヴィルダの台詞が盛り沢山!の予定だったのに
それ以外のキャラの台詞にも初めて聞くものがいくつかありました。
■50、戦いの果てに
フレイ:インフェルノまでクリア
フレイヤ:ハーデストまでクリア

フレイでのインフェルノは余裕なんだけど、フレイヤはちょっと厳しい。
リンドブルムでやられてしまう。
武器の選択がマズイかなあ。
ディースの弓Lv2の代わりにブリューナク持ったら序盤の巨神戦は随分と楽になったんだけど、ブリューナクはやはり魔力消費の点で不安が残ります。
リンドブルム&騎兵に備えて魔力を回復しつつ戦ってると、NPCどんどん減ってっちゃうし。
このステージは、インフェルノなんかでNPCを放置しておくとすぐに囲まれて退場してしまうよな。
リーダーだけは途中で1度復活するけど、彼らも基本誘導してやらないと
小巨神たちの餌食になってしまうからなー。
巨神族がじゃんじゃか出てくる楽しいステージで大好きなんですが
なかなか戦い方が難しい場所でもあるなーと思ってます。
リンドブルムはどうやって倒すのが効果的なんかね〜。
もっと積極的にガードを使っていくってのが第一なんだろうけどさ。
未だに炎を軽んじる癖が抜けないのも考え物である。
**NPC台詞など**
ヴェルンド「戦術など忘れた!戦うのみ!」

おいお前は忘れちゃダメだろ!
ヴェルンドが戦術を捨てるってのは余程のこと、と言うことで死闘の具合を表現したかったんだと思いますが
戦術や技を重んじるのがヴェルンドさんのアイデンティティだと思うのですよ。
悲しいかな、割と空気なキャラだと思うんで、個性は捨てないで欲しいと思うんだ(涙
ヘルギ「弓は壊れてねーか?」
他人を気遣うヘルギの台詞はいつも萌える。
ヘルギ「野心なんかねーんだ。普通に暮らしていけりゃ、それで良かったんだ」
蛮族と表現されていたり、巨神たちと戦うことに非常に前向きだったりと
基本的に北の人たちは好戦的っぽく見えると思うんですよ。
でもその実彼らはむやみに他の地域を侵して支配統合を狙うようなことはしてないっぽいし
(争いが絶えなかったのは、どちらかと言うと縄張り争いみたいなものだったのかなーとか)
基本的に守るために戦ってる節が強い人たちなんだよな。
北の民で最も野心家なのは、多分ヴェルンドさんだよね。
ヘルギ「シグムンド!しっかしろ!死ぬんじゃねえ!」
ヘルギの方が先に倒れてたんだけど、何故か喋ってました。
この台詞の発動優先度が高いのかな?
仲間が倒れた時のほかのキャラの反応ってのは是非コンプしてみたいなあ。
何も言ってくれないこともあるし、発言してても傍にいないと聞き取れなかったりするし
そもそもキャラにやられてもらわないといけなかったり……なかなか難しいよね。
レギン「これが狂戦士よォ!!!」
全員「オオーーッ!!」

明らかにシグムンドが一緒に声上げてたのに噴いた。
いや、野蛮人よォ!とかなら分かるんだけど、狂戦士よォ!に応えたらダメだろ(笑
「やられ過ぎたぜ……」
ハーデスト以降の場合、リンドブルムが現れると一気にキャラが弱音を吐き出します。
「やられたのか!?」が一番多いけどな。あっと言う間に皆やられてしまうからな〜。

■51、戦いの終わり
フレイ:ハーデストまでクリア
フレイヤ:インフェルノまでクリア

ここはムスペルさんが2体出ると言うことで、星の結晶稼ぎのステージとして重宝してます。
主にフレイヤを駆使してムスペルさんの頭を落としてましたが、
フレイの槍Lv6でも行けるね。槍Lv6は本当に万能だな。
テキトーに当ててるだけで首の耐久が尽きちゃうし。
ただたったの2体とは言え、ムスペルさんは脅威。
ハーデスト以上の難易度では巨神族を全滅させた後は速やかに左の坂を昇って待機→ムスペルさん現れたらなるべく早く撃破→坂を降りずにもう1体のムスペルさんの元へ、と言う手順で攻略してます。
ハードに慣れた頃は、ステージクリア後に現れる大量のムスペルさんを片っ端から狩りたいと思ったものさ。
あれがノルマだったら、ハーデスト以降が無理ゲー過ぎて間違いなく投げてたけどな。

■52、燃える大地
フレイ:ハーデストまでクリア
フレイヤ:ハーデストまでクリア

緑萌える美しいステージなんだけど、広くてなあ。
しかも敵がどんどん来てくれるならいいんだけど、基本ちょっかい出しに行かないと戦闘にならないのがちょいと面倒だね。
この時一行は、湧いた敵を掃討するつもりで攻撃を仕掛けてるんだよな。
でも一通り片付けられたと思ったら、今度は崖にムスペルさんがわんさと出て来た(遺跡に出現したムスペルに追いつかれた?)ってことなのかな。
このステージが始まった段階では、南へ逃げ帰る気はそれ程無かったのかな。
**NPC台詞など**
以下ヴェルンドさん。
「一族を守るのは大仕事だと思っていたが、こんな戦争までやることになるとはな。嫌なものだ」
「嫌なものだ」まで聞こえたのは初めてでした。
「獣を追い森を走る日々……帰っては来ないのか」
これはムスペル編入ってからの台詞っぽい?かな。既出じゃないよな?
先にも書いたけど、個人的にヴェルンドさんはどうも狩人と言うイメージがあんまりないキャラです。
でもそんな彼も肉が好きで森が好きで、狩りをする日々を何より愛している北の民なのだよねえ。
「戦は嫌いだ。服が汚れる」
「弓も剣も得意だ。苦手なものはない」

聞けば聞くほどナルシーなのがたまらねええ。
ステージ開始直後から30分位放置し続けて色々な声に耳を傾けてみたんですが
ヴェルンドさんは狼の話が好きだな。
この世界でフェンリルを倒したのはヴェルンドさんってことでいいんだな?
ここまでヴェルンドさん。以下シグムンド。
「人間は最後まで戦う。神々と共にな」
有限実行でありました。
「ムスペルによって世界は滅ぶ。だが戦いをやめはしない」
今まで絶望の波は何度となく人間を襲い、人々はそれを何とかそれを凌いできた訳だ。
でも此度の波はそれは強大で、多分シグムンドも今までの中で1番「ダメかもしれない」って気持ちは強いんじゃないかと思うんだ。
「どうせ死ぬなら派手に暴れて」と言う後の台詞に表される覚悟が、既にこの時出来てたのかなあと。
「近付きすぎると熱でやられるぞ。離れて戦え!」
ムスペル編っぽい台詞が出て来たよね。
「ヘルギよ。お前の働きに期待しているぞ。最後まで俺を助けろよ」
助けろよ。っていいなあ。血縁関係があるとは言え、仲いいんだなってのがうかがえるよ。
「世界最期の日、それが訪れようとしているのか」
退けても退けても新手が襲ってくるって、精神的にかなり厳しい状況だと思うんだ。
「炎の魔神が相手だ!ぬかるなよ!」
今となっては、勇士たちは巨神をどう思っているんだろう。
やっぱり「マシだった」って感じてるのかな。
「この矢に、ミズガルドの運命がかかっている」
シグムンドが言うと本当にそんな気がしてくるから困る。
寧ろフレイやフレイヤの剣やら槍やらにこそ、世界の命運がかかってるって気がするけど。
以下掛け合いです。
シグムンド「勝利を望まぬものはいるかー!?」
「いねえ!」「いねえ!」「いねえぞお!」

面白い問いかけだと思いました。
シグムンド「今日の獲物は大きいぞ。仕留めてみせろよ」
ヘルギ「あいよー!」
モブ「任せなー!」

みんなのノリが良くってなあ。
ヘルギ「今覚悟を決めてんだ。待てって」
「大丈夫だよ」

モブが優しい(笑
ここまで掛け合い。
お次はヘルギです。
「俺が倒してやるぜ!怪物だろうとな!」
「村に帰りて〜な〜」
「放っておけねえ。仕方ねえなあ」
「俺がいなくても、何とかなるよな……?」

ヘルギの揺れる心集。
物語の途中で覚醒しても良かったんじゃないかと思うんだけど、
逆に良くも悪くもヘルギは最期までヘルギだった、って方が素敵なのかもしれないな〜。
 以下レギンですが、もしかして彼の台詞は思いのほかバリエーションが少ないんですかね。
登場するステージが少ない?から、あまり用意してないのかな?
それとも戦いに特化した台詞が多くて雑談っぽいのが少ないから、
台詞自体が少なく感じるだけかもしれないけど。
「殺気を抑えろ。まだ早え」
狂戦士ってあんまり殺気を隠せないイメージだ。
「狂戦士の恐ろしさ、教えてやれ」
ヴェルズングの村との戦いの時にも言ってそうな台詞だな。
「狂戦士の敵、全て潰す」
時々考えることなんですが、仮にこの戦いが人間たちの生存&勝利で終結した場合
狂戦士はまたヴェルズングと対立する立場に戻ったのかなあ。
って、これ前にも書いたかな。
シグムンドが長でいる間だけは手出しをしないとかそんな感じにもなりそうだなーとかって……前書いた気がするな。
一応、レギンは彼に借りがある訳だしね。
ラインに死す&戦いの果てに でその借りを返してるって見方も出来るけど
レギンってすげえ義理堅そうじゃないか。
1度受けた恩って、何となく忘れられない気がするんだよねえ。
ただ狂戦士として必ず敵はいなくちゃならなくて、それはやはり神の先鋒たる一族のヴェルズングであるべきみたいな
狂戦士ならではの考え方みたいなものも、もしかしたらあるのかもしれないけど。
「野郎ども!ぬかるんじゃねえぞ!」
「酒樽を1つ丸ごと、オーディンに捧げるぜえ」

狂戦士がとりわけ信奉してる神さまとか、そう言うのは特にいないんだろうか。
やっぱおでんなのかな?トールとか好きそうだけど。
「気配がねえぞお」
「お前らも敵を探せェ」
「怪物相手でも絶望するんじゃねえ。絶望させろォ!」
「怪物どもが潜んでるかもしれねえ。注意しろ!」

何だかんだで長として極めて的確な檄飛ばしてるんだよな。
って、それはこの作品の全てのリーダーに言えることだけど。
以下はモブです。
「敵を追っ払ってやるぜ。狩人の誇りにかけてな」
「俺は熊と戦ったことがある。矢で急所を一撃よ!」
「炎の魔神ムスペルってのは、アスガルドの神々より強えんだってよ」


■53、谷間を抜けて
フレイ:ハードまでクリア
フレイヤ:ハーデストまでクリア

フレイヤは開幕稲妻の魔弓Lv4でムスペルを3体葬りました。
残りは残った魔力を全てユミルの杖に注ぎ込んだよ。
本丸の前でムスペルが出てくることは分かってたんで高台で魔弓の準備してたら
初めて本陣を破壊されずに撃破出来たよ。
いつもは本陣の上から攻撃→本陣一撃で壊されて転倒→ガレキの中からユミルの杖でズガーン
みたいな感じだったからな。
**NPC台詞など**
レギンからいきます。
「バケモノ相手よ。引いたって恥にはならねえ」
「俺たちだけの戦じゃねえ!今は引け!」
「打つ手がねえ!下がれェ!」
「最後に勝つことを考えろ!」
「無駄に死ぬんじゃねえ!」
「斧で砕けねえもんもあるってのかよお」
「退却ってのは性に合わねえ」
「みっともねえぜ。逃げる狂戦士ってのはよ」
「こんなみっともねえとこ、先祖には見せらんねえ」

長としての立場からの建前と、狂戦士としての本音の間で苦悩してる様子がうかがえますね。
でも今までプライドを捨てて逃げたり隠れたりしながら生き延びてきたんだから
今更ちょいと逃げる位どってことないでしょうがよ。
生きてナンボですよ。
 ここからヴェルンドさん。
「戻って反撃の準備をする!」
「撤退して策を練らなければ」

策を練るのが好きそうなヴェルンドさん。
「恥ではない!反撃のために引け!」「攻めてばかりでは能が無い。退くのもいいさ」
この2つが、撤退時最もよく聞く台詞な気がします。
アウズンブラから逃げる時もこの台詞ばっかり聞いたな〜。
「退くもまた戦術なり」
凄く、自分に言い聞かせてる臭がする口調でした。
三木さんGJでございます。
「まだ策はある。反撃のときを待たねば」
「敵は強大だ!だが、次こそ勝つ!」

彼に限ったことではないんだけど、撤退時の台詞には引くことに理由付けをしているものが多いじゃないですか。
そんなに必死にならなくても……とも思うんだけど、
でもリアルに考えると敗走って色々と心が折れてしまう行為なんだよな。
何より、次戦場に立つモチベーションがだだ下がりする可能性が高いよなーと。
そう考えると、敗走に理由付けをしてやって部下のモチベーションをコントロールするという行為は非常に大切で
彼らはその辺まで良く心得た優秀なリーダーなんだなあと改めて感じました。
北の領主さんたちは部下の誇りを守るような発言が多いよね。
 ヘルギです。
「散々だったぜ……」
「だからやめときゃ良かったんだ」

やめたらそこでゲームオーバーいやFailedですよ!
「負けちゃいねえ!次はやるぜ」
「敵は怪物。恥ずかしいことはねえぞお」

台詞だけ聞くと優しくて趣があって素敵なんだけど、ヘルギに言われてもなあって思う勇士は結構いそうだ(笑
「逃げ足なら、自信あんだ!」
「こう言う時は誰よりも速いぜ♪」

ヘルギは走り方見てると鈍足っぽいけど、確かに逃げ足だけは相当速そうだよね。
でも味方のピンチ時の方が、何だかんだで必死の形相で駆けつけてそうな気がする。
どっちの時の方が足が速いかは分からんけど(笑
「次こそやってやろうぜ」
「もう懲りた。もうやめよう?」

ヘルギは声優さんの台詞一つ一つの言い回しが絶妙だよな。
台詞1つ1つが強烈な魅力と共に個性を放ってると思います。
「近付かなけりゃ、攻撃出来ねえぞ?」
「傷を治すヤツがいるんだ!休ませちゃならねえぞお!」
「怖えもんは怖え。悪いかよ!」

逆ギレ(笑
 お次はシグムンドさんです。
「急げ!逃げ延びろ!」
「敵をおびき出す」
「不利なときこそ胸を張れ」
「勝利ばかりではない。戦とはそう言うものだ」
「今は引こう。次に勝つことを考えろ」
「まだこれからだ。次の戦いに備えろ」
「俺たちはミズガルド1の戦士だ。次こそ証明するぞ」
「苦しいときほそ勇猛となれ!」
「この程度のこと……まだ負けた訳ではない!」
「腕の立つ狩人も、獲物を取り逃がす日がある。今日がその日だ!」

そう言えば、OPでもシグムンドは獲物を取り逃がしてたな、とふと思いました。
あのムービーはとてもいい。シグムンドのうんざりする表情がとてもいい。
何事も無かったら、あの鹿があの日の夕餉だったのかな。
彼の台詞は殆どアウズンブラ戦でも聞けるものだと思います。
 モブの台詞も沢山ありました。
彼らの台詞を聞くと、各リーダーの発言が如何に重要なものかが良く分かります。
「負け戦ってことか?」
「分が悪い相手みたいだな」
「仲間の仇を討つどころか、このザマよ……」
「たまには逃げることもあるってもんよ」
「何で逃げんだよ!」
「まずいぞ。このままじゃ」
「形勢不利ってこった。まずいぜ」
「チクショー、どうなってんだ」
「神が恐れる相手だぜ?束になっても適いやしねえ」
「戦況は不利だぜ。どうなってやがる!」
「俺たち本当に勝てるのか!?」
「敵に後ろを見せる羽目になるとはな」
「逃げる振りだ!」
「弱気になるなよ!まだ生きてんだ」
「情けねえよ!」
「次こそ本気出すぜ!」

勇ましいなあ。せめてモブにも名前があればなあと思います。
いや、「バジルがやられちまった!」とか、やられた時の仲間の反応で名前が聞けないこともないんだけど
はっきりとは分からないからな〜。

■54、孤独なる防戦
フレイ:ハーデストまでクリア
フレイヤ:ハードまでクリア

ハードまでなら橋に乗る前に敵を全滅させられるから
その後の会話がちょっと笑えるな。
「ここは遠さぬ」とか、誰に言ってるんだと。
フレイヤはユミルの杖とか魔弓とか使ってハーデストでも何とかなるんだけど
フレイはもう少し立ち回りを上手くしないとダメだなー。
**NPC台詞など**
アルヴィルダの発言に対して何で兄妹はだんまりなんだろうな。
故郷を失いつつも助けに来てくれたことに、ちゃんと謝辞とか言えばいいのにといつも思うよ。
「アルヴィルダ!」だと上出来過ぎるんで、「ゴートの姫か!」とかだけでもいいからさ〜。
アルヴィルダってこの時かなり傷心だと思うんだよ。
多分父王を亡くしたのも最近の一連の流れの間だろうし、壊滅したゴートに残ってたって良かったはずなのにブルグントを超えてラインまで来ちゃうってどんだけ男前なのよ(笑
どうせ敵を倒すのなら誰かの役に立ちたい、って気持ちもあったのかなあ。
とか色々考えるときゅんとしてしまうね。
アルヴィルダさまの台詞です。
「希望を捨てねば、反撃の時も来よう」
「わらわの策に間違いは無い。信じよ」
「敵をおびき出す作戦よ」
「勝つのは次じゃ。今ではない」
「戦況は良くない。だが、良くないだけじゃ」
「希望を捨てねば、反撃の時も来よう」
「無用な心配はやめよ。次に勝つのは分かっておる」
「心を乱すな。敵を油断させる計略に過ぎぬ」
「時には退却も良い。突撃には飽いた」
「不利な時もある。だが胸を張るが良い」
「無謀な攻撃は無意味じゃ」
「次こそ覆してくれる!」

全てのキャラの敗走時台詞の中で、1番説得力があるなと感じました。
アルヴィルダさまの台詞には力があるよね。だからゴートの兵もこの期に及んで死地まで付き合ったりするんだろうなあ。
愛される雰囲気と言うか、他のキャラたちとは違った種類のカリスマを持ってるキャラだよね。
 ヘルギ。
「次は俺がやる!任せといてくれよ」
「次こそやってやろうぜ!」
「次に勝ちゃいいんだ。次頑張ろうぜ!」

ヘルギは「夏休みの宿題は明日からやる!」とか言うタイプだよな。
でも一方で、狩りに必要な武器の用意には余念が無いイメージがあります。
余念が無いけど矢筒を忘れちまった!とかそう言うことは良くありそう。
北の民は矢の1本1本をとても大事にしてる(当り前だけど)ってのが丁寧に描かれてるのがいいね。
基本既婚者は女房作みたいだもんな。
 レギン。
「怪物め、待ってろ。すぐに行くからな!」
かっけええええええええ。
「敵を振り切れ!」
「畜生!斧を振り回すだけじゃ勝てねえってのかよ!」
「野郎ども!次は勝つぜ!」

同じ「次」でもヘルギのそれとは印象が正反対である。
「ラグナロクの日よ。狂戦士が引くこともある」
「戻れ!無駄に死ぬんじゃねえ!」
「最後に勝つことを考えろ!」
「今回は引いてやらぁ」
「逃げるのは狂戦士の恥よ。だが名誉は挽回出来るってもんだ。生きていればな」

シグムンドもヴェルンドもそうだけど、敗走時の台詞は半ば自分に言い聞かせてる感があるよな。
みんなかなり真面目にプライド傷つけられてそうだ。ヘルギはちょっと分からんが(笑
シグムンド。
「狙って獲物を必ず得られる訳ではない。どれ程腕の立つ狩人であろうとな」
OPでもシグムンドh(もう分かったから
「まだこれからだ。次の戦いに備えろ」
「顔を上げろ。戦いは終わっていないぞ」

顔を上げろ、が格好良過ぎる。
中井さんの演技のせいもあるんだけど、部下への思いやりっぷりが伝わってくるのがたまらんです。
面倒見いいよなあ。
 モブの台詞もまだありました。
「たまには逃げることもあるってもんよ!」
「まだ死んでねえ!戦える!」
「敵に後ろを見せる羽目になるとはな」
「覚えてやがれえ!」

覚えてやがれ!いいなあ。勇士たちは負けん気が強くてとてもいいです。

■55、滅びゆく世界
フレイ:ハーデストまでクリア
フレイヤ:ハーデストまでクリア

ハーデスト以降ドールのレーザーが恐ろしくなってくるな〜。
アルヴィルダを回収したらダメですね。デコイになっていただかないとダメですね。
しかしこのステージでのアルヴィルダさまの
「わらわがこやつらを撃破して、皆が逃げる時間を稼いでやるわ!」
っつう台詞の男前なことと言ったら!
逃がす対象が北の民って言うのがまたムフフですね。
勇士を逃がす勇士、と言うのは後者の勇士の勇者度を上げますよね。
って、分かりにくい文章だな。
アルヴィルダ軍団の台詞はステージ56でまとめました。

■56、王国の最後
フレイ:インフェルノまでクリア
フレイヤ:ハードまでクリア

あのさ……何でゴート戦士ってみんな固まって同じ行動取るんだろ(笑
中巨神と対峙してる場面を横から見た時なんか、分身の術でも使ってるんじゃないかと思ったよ。
固まって戦ったらダメだって話なのになあ。
まあ、でも彼らは敵を殲滅させる以上にアルヴィルダ様の盾になるっつう使命があるみたいだからな。
バリケードみたいな動きをしてるのもそのせいなんだろう(笑
フレイヤはまだプレーしていないだけなので、多分ハーデスト位までだったらいけるんじゃないかな。
インフェルノはフレイヤで実際に体験してみないと何とも言えません。
****NPC台詞など****
アルヴィルダ様コレクション!
「わらわの兵は選りすぐりの衛兵よ」
アルヴィルダ自らが登用してるんだろうか。
何となく様子が目に浮かぶな(笑
彼女は兵を見る目もありそうだねえ。
顔では選ばないかもしれないけど、ブサイクは相応しくないって考え方もしてるかもしれないなあ。
彼女は顔云々じゃなくて、男気とか戦ってる時の姿の方に惹かれるタイプの女性だと思うけどね。
だからフレイのことは最初タイプじゃなかったと思うんだ。
でも、フレイは発言こそヘタレてたりするけど、少なくともプレイヤーが動かしてる戦闘中に関しては相当勇猛だからな。
アルヴィルダさまにとっては彼のビジュアルとの物凄いギャップは、とんでもなく魅力的に映ってるんじゃないかと何となく思ってます。
それで惚れちゃっててもいいし、寧ろグンターとの擬似親子っぽい関係に力を入れてても素敵だと思います。
個人的に男性キャラの逆ハー展開にはあまり興味が無いので(嫌いでもないけど)、後者の方がニヤニヤ出来ますが。
「喜ぶが良い。わらわのために死ねるのじゃ」
「わらわのために死ねるのじゃ。喜ぶが良い」

まさか2パターンも台詞を用意してあるなんて、サンドロットの力の入れ具合には最早脱帽である。
彼女の他にも、2つの文を前後逆にして言うっつうパターンがあるみたいだね。
「戦いとは非情なもの。覚悟しておくが良い」
「このアルヴィルダがいるのじゃ。安心するが良い」
「わらわには策がある。安心いたせ」
「わらわが指揮を取っているのじゃ。負けるわけがない」

南は指揮官が実に指揮官らしくて、器のデカさを感じます。
みんな仲良し軍団って感じの北との対比も出来てるよね。
どっちがいいと言うわけではなくて、文化の違いを感じられて良いです。
「ゴートの名を背負っているのだ。無様な真似は許さぬ」
ゴート国も見てみたかったなあ。
アルヴィルダの衣装から、勝手に中東っぽい雰囲気を想像してるんだけど
兵士たちの重装備を考えると、ちょっと違うかな。
「力を合わせねば勝てぬ!仲間を気にかけよ!」
アルヴィルダ様が仲間とか言うと、何だかむず痒いものがあるぜ。
「こんなことであれば、父王と仲良くしておくのであった」
キター!!!もうこの台詞大好きだ。
父王はどんな人だったのかなあ。
王族が絶対的な権力を持つというゴートのことなのでかなり過激な人を想像してたんだけど王が頼りなくてアルヴィルダが前線に出ざるを得ない、と言うパターンもあるよね。
狭量な人物で、世界の破滅に際してもブルグントと手を組むのを拒んでて
業を煮やしたアルヴィルダが独断で出て来たって展開も素敵だなあ。
でも、先にも書いたけどそれだとあれだけの数のサラマンデルを動かせたもんかなーとも。
その辺は父王の方でも葛藤があったとかだったのかもしれないなあ。
自分は動かないけど、娘が出陣する際には黙認してやる、みたいな。
愛娘を黙って行かせるのかっつう疑問もあるけど、ゴートは巨神を侮ってたみたいだからありえない話でもないかなーと。
アルヴィルダ自身相当の手錬って設定だしな。
妄想が過ぎました。
「ゴートの生き残りが、たったこれだけとは……」
世界の人口の殆どを奪ったのは巨神ではなく死霊なんだろうな。
「犠牲が少ない方が良いが、今はそうも言っておれぬ」
「正面から戦うのが最良の策よ!」

ここまで姫様。
以下多分各陣営の中で最も悲壮感漂ってるゴートの皆さんの声。
「我等ゴート戦士は、無敵だ!」
「ゴート戦士は最強。負けることは許されない」
「ゴート戦士の強さ、見せてくれよう」
「ゴートのために!」
「アルヴィルダさまをお守りするのだ!」
「アルヴィルダさまをお守りしなければ」
「アルヴィルダさまをお守りするのが、我等が役目!」

ゴートの皆さんの台詞からは、命を投げ出すことを厭わないことが大切、みたいな価値観を感じます。
悪く言えば戦時中の洗脳みたいなさ。
でも国民としては勿論そんな風に割り切れるもんじゃなくて、兵士たちも実は結構そこんとこ冷静で時々嘆かずにはいられないと言うか、そんな雰囲気が漂っているような。
それでも彼らからは何より強い愛国心を感じるんだよね。
困った姫様だけどみんなの大事な人で、守らなきゃならない以上に守りたい人ですよっつう愛を感じるよ。
だからこそ、彼らも姫に続いて終末の大地を駆け巡ってるんだろう。
生半可な覚悟じゃ、きっとゴートの衛兵になんかなれないのさ。
ここまで苦労人たち。
 以下ブルグント城下の皆さんの余裕ぶっこき台詞。
「あら、素敵な人ね」
兵士見て言ってるんですかね。
「北の連中は干し肉と野草を食べて生きているらしい。野蛮だな!」
野草は身体にいいし、肉はうめえんだぞ。
ブルグントの人たちは小麦や米が主食ですかね。パスタとかもあるのかな。
「いい肉が手に入ったので、今日はシチューです」
肉食ってんじゃねーか。あ、干肉じゃない肉は食うのか。
「私もブルグントを愛するものの1人です」
「グンター王は素晴らしいお方。王のためならどんなことでも出来ます」
王愛されてるな〜。
posted by ヒグラシ at 17:18| 千葉 ☁| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

斬撃のREGINLEIV(23)

**オフモード**
彼らの宗教観とか世界設定だってのは分かってるんだ。
分かってるんだけどさ……
この辺りになってくると、もう人間たちの
「アスガルドのためにー!」
って台詞が歯痒くってイライラします。
神々は人間たちをロクに助けることも出来ていないのになーと。
シグムンドは「神々への恩返し」みたいな発言をしてる位だから、
長いこと神々は人々の支えで、存在してるだけで人々を勇気付けたのかもしれないし
実際神々も時折人間たちにに助言などして導いたりして来たのかもしれないけど。
勿論今だって神々もそれなりに頑張ってるってことは分かってるんだ。
でも、単純にそれは描写されてなくて、逆に戦う人間たちの様子は事細かに描写されてる訳で……
そうすると、やはりプレイヤーとしては人間たちに入れ込んでしまうよなあ。
神々の働きに少し物足りなさを感じてしまったりもするよなあ。
そんでもって、そんなプレイヤーが動かすのは他ならぬ神な訳だ。
こりゃもう「ヨシ何としてもみんなを守ってやろう!」みたいな気持ちでより一層張り切ってしまうよな!
そこまで入れ込んでプレーしてしまうのは信者ゆえかもしれないけど
この辺の作りもなかなか上手いなあと思います。
え?何?奇麗事並べておきながら実際はNPCを囮にしまくってるじゃないかって?
そそそそれはあくまでもゲゲゲゲーム攻略上のくくく苦肉の策でだなー……。
星埋めるのも楽じゃねえッス。

■42、決死の防戦
フレイ:ハーデストまでクリア

最初は門の外が地獄なら、放置しておけば良かったような気もするなーと思ったんだけど
いつゲロで城壁溶かされるか分からないしな。
しかもその後ヤツら城下にいきなり出現してるし、
結果的には城門を開けて掃討作戦を行ったのは正解だったってことになるんだよな。
 インフェルノは開門して城壁の内側からマク・ア・ルインでちまちまやってたら
いつの間にかフレイ独りになっててそのまま終了しました。
ダメだ……死霊量産機である巨神の死霊がいる状況ではまだ火力が足りない気がする。
それ以上にライフかなあ。
こう言う時フレイヤがいてくれたらと思うね。
逆にスヴァルトヘイムはフレイで攻略すると大分楽なんじゃないかと思うんだ。
上手く出来てるぜ(笑
**NPC台詞など**
以下神より勇敢な漢の台詞。
「ヴェルンド!死ぬんじゃねえぞ!」
倒れたヴェルンドへのヘルギの絶叫でした。
「歯を食い縛るぜ〜」
「俺が守ってやるぜ!安心しろ」

台詞は格好いいんだけど、イントネーションや声の微妙な揺れ加減で
3枚目っぽさと言うかヘルギっぽさが非常に良く出てる台詞だね。
三宅さんプロ過ぎます。
「特訓した甲斐があったぜ!」
特訓するヘルギって凄く絵になるな(笑
すぐ弱音吐いてそうだ。
「死霊に近付いちゃならねえ!ってのが、じいちゃんの遺言なんだ……」
死霊の存在自体は人間にとっても周知されたものだったってことなのかな。
でも、みんな「まさか戦うことになるとは」って言ってるように、人間たちの目の前に出現するなんてことは
極めて非現実的なことだって認識だったっぽいけどな。
じいちゃんの発言は「オバケを見たら逃げろ」的なものだったのかしれないけど
先見の明があったとも言えなくは無いね(笑
因みにこのじいちゃんは、もしかしたらシグムンドのじいちゃんでもある可能性があるよな。
「俺たち、アスガルドに見捨てられたんじゃねえのか……」
事実上そんな感じだよな。余裕ない訳だし。
でも結果的に兄妹神がついてる方が勝ち組だと考えれば、
寧ろアスガルドよりミズガルド組の方が恵まれてたと言えるのかもしれないな。
フレイヤがヘルを倒そうと決意して動いたのも、神より寧ろ人間を守るためだしな〜。
ここまでヘルギ氏。
 以下ナルシーヴェルンドさん。
「振り回せばいいと言うものではない!熱くなるな!」
死霊は巨神と違って振り回してたら酷い目に遭うからな。
ヴェルンドさんは戦術面で死霊との戦いの方が向いてる気がする。
「死霊は痛みを感じないようだ。断ち切っても怯む様子は無い」
ニヤニヤしながら転がってってるもんな。
犬は一応バオームとか言ってるから自身が絶命する瞬間位は分かるみたいだけど。
「勝利を期待されるのも辛いものだ。特に相手が怪物の時はな」
こう言うヴェルンドさんのナルシー台詞が笑えてたまらない。
他にも「神々は俺に期待している。失望はさせたくない」とかってのもあるよね(笑
さ・せ・た・く・な・い(笑笑笑
大好きですヴェルンドさん。
「まやかしではない。あの死霊は、本物か……」
まやかしでも嫌だよな。
死霊の顔は本当に怖いと思う。リアルに目が合ったら発狂するな。
「数え切れない程の獲物を仕留めた弓……怪物相手に使うことになるとはな」
シグムンドやヘルギ、レギンに比べると、ヴェルンドさんは現場での仕事っぷりが想像し辛いです。
剣にも弓にも優れてるってことだし仲間から慕われてる訳だから実際それなりの腕なんだろうけど、見た目や発言が指揮官っぽいからな〜。
工房を回って職人にあれこれ指示を出したり、
本陣でどっかと構えて部下を指揮してる姿が似合うキャラだなーと思います。
でも、実際は数え切れない程の獲物を仕留めて来た位、自ら狩りに繰り出してきた人なんだよな。
「本物の死霊、この目で見る日が来るとは」
ヴェルンドさんは日記とかつけてそうなイメージ。
いや、日記と言うより珍しい出来事なんかを記しておきたいタイプなんじゃないかなーと。
北の民の中では、世の中のあれこれに関心が強いタイプだと思うんだ。
ここまでナルシー。
ヴェルンド「異常は無いか!?」
ヘルギ「おお……」

すげーやる気の無いおお(笑
以下モブの皆さん。
「死霊だらけだ。生者と死者が1つの世界にいるなんて……信じられねえ」
「フレイヤさまを見たか?あれほど美しい女性は見たことが無い」

渋い声と、すげえエロい声の人の2通りがあったよ。
HACCANさんの絵だと女の子はみんなカワイかったり美麗だったりなんで
彼女が特別、と言う認識は無かったんだけど……そりゃ綺麗だよな。
どうでもいいけど兄貴も美麗だよな(笑
「フレイさまは枝を払うように容易く敵を切り裂くそうだ。流石と言うほか無いなあ」
マク・ア・ルインは正にそんな感じで切り裂けますよね。
「ブルグント城は難攻不落さ」
ブルグント城が登場した最初のステージで、既に暴れ巨神のフリーダム走法によって
半壊してた気がする。
「北東のタリム国は、全滅したらしい」
既出だったかな。
「死者がミズガルドに溢れている……。生きているものは一体何処へ行けばいいんだ」
スヴァルトヘイムから魔物を追い出して住めばいいんじゃね?
今のところかの地に死霊が湧いたっつう事例はない訳だし。
いや、赤い虫のことを考えると……あまりにも危険過ぎるか。
「腹が減ったよ。昨日から粥しか食べていないんだ」
粥スか!
そりゃひもじいだろうなあ。
巨神以上に、死霊は摂取対象にならないしなあ(オエップ
「死霊を見たか?恐ろしい姿をしていた……」
なかなか見事なデザインである。
「人間は殆ど死んじまった。ニブルヘイムは満員だろうさ」
笑ってしまった(笑
実際のニブルヘイムでは殆ど死者にお目にかかることは出来なかったけど
みんなどんな感じで眠りについてるんだろうね。
「世界の終わりは予言されていた。神々はその準備をしていたはずなのに……」
もっと言ってやれ。
「死霊ってのは、死んでるからやりにくいぜ」
じわじわ来る台詞だな。
「狂戦士より恐ろしいヤツがいるって、思ったか?」
それ程に恐れられた種族なんだな。
まあ、神界にまでその名を轟かせてる位だからな〜。
でも、フレイはグンターのことも知ってたよね。
大国の君主だったからかな?それとも、名君として?
ともあれ戦いスキーも厄介だけど、人間を殲滅させようなんて思想を持ってるヤツとは比べ物にならないよな。
「一対一ならどんな敵にも負けねえ」
よし、金色のモフモフルングニルさんと戦って来い。

■43、望郷
フレイ:ハーデストまでクリア

ガーブス砦、キルメア砦には何か元ネタでもあるのかと思ってググってみたら
まさかの一致する条件ナシ。
フレイが「良い報告なら聞かせてくれ」って言ってるのに
悪い報告をべらべら喋るフリッグさん流石です。
 ここはシグムンドの白々しい台詞が聞ける名ステージですね。
「人間はそれ程無謀ではないさ」
1番言っちゃいけない人(笑
**NPC台詞など**
フレイとフレイヤは北の民相手に話すときは饒舌だよな。
まあ、北の民は何だかんだと親しみこめて寄ってくからってのもあるかもしれないけど。
南の人たちももっとあれこれ質問してみればいいのになあ。
実際、ラーンなんかはフレイにまとわりついて色々聞いたりしてみてそうだけど。
フレイはラーンとの出会いの場面で彼女を篭絡したっぽい描かれ方をされてたこともあってか、彼女との会話の際には優位な立場で会話を進めてそうなイメージがあります。
上手く会話でまかれてしまってむくれるラーンの顔が浮かぶようだよ。
以下シグムンド。
「俺が一族の長になった途端に、こんなことになるとはな」
長になって間もないんだよな〜。
「俺は幸運だ。これほどの強敵に出会えたのだからな」
そんな考え方だからこそ、この戦場で先頭切って戦い続けられるんだろうね。
ここまでシグムンド。以下モブ。
「弁当は持って来たかよ」
北へのピクニックですか。
でも南→北となると、皆さんあまりお口に合わないものを持参してるってことになりそうだね。
しかもブルグントで戦ってる兵ですら粥しか食ってないような状況で
一体何を弁当として持ち歩いてるのかなあ。
やっぱ市場のリンゴとかかな。
「死者が蘇る。予言の通りだ」
そうなの?
「俺たちが負けるはずねえよなあ」
何となくこう言うこと言っちゃうのが凄くいいです。
北の民はコミュニティが小さいってのもあるかもしれないけど、
勇士たちがみんな凄く仲が良さそうなのがとてもいいです。
実際結構血縁関係あったりする人たちも多いんだろうね。

■44、死の満ちる森で
フレイ:ハーデストまでクリア

ヴェルンドさんたちを助けようと前に出たらいつの間にかリンドブルムに囲まれていた。
ダメだ〜。
インフェルノはヴェルンドたちが出現した後のリンドに耐えられなくてやられてしまう。
巨神が多くて楽しいステージなんだけどなあ。
インフェルノリンドブルムの炎は何だか凄いよな。火炎放射みたいだよな。
HPの減り方なんて中巨神も真っ青なレベルだ。
高速で弾数が多い訳だから、大巨神の棍棒よりずっと恐ろしいよ。
**NPC台詞など**
以下シグムンド。
「俺を倒せるものなどいはしない!」
ここまで強気なシグムンドの台詞は初めて聞いた。
「傷は深くない!大丈夫だ!」
「痛みを堪えろ!死にはしない!」

仲間が傷ついた時の発言は、まだまだ拾ってないものが沢山あると思う。
「助けてやるぞ!」とかは良く聞くんだけどね。
「こう言う戦を待っていた。が、世界の終わりまでは望んではいない」
待ってたのかよ!
あー、もうこの一連の状況をどこかワクワクしながら体験してる自分がいるってことだな。
最早戦ジャンキーなんだな。
シグムンドみたいなタイプは、こう言う戦を体験してしまうとその後平和に余生を送るってことがし辛そうだよね。
本当に立派な人だけど、色んな意味で生き残れない(本人もあまり望んでないかも)タイプの人だったのかもなーとちょっと思いました。
それでも生きて、ヴェルズングの村の長を治めて人生を全うして欲しかったけどな(涙
ここまでシグムンド。
「死んでるヤツが生きてるヤツを殺すなんて、アリなのかよ」
酷い話だが、割とフィクションものには多いネタだ。

■45、女神フレイヤの冥界行(前篇)
フレイヤ:インフェルノまでクリア

ニブルヘイムは柱や塔が多いから、ゲロも上手いことかわせますね。
フレイヤには障害物を貫通する強力な武器が少ないのが難点だけど
ユミルの杖なら遠くから狙撃してライフ削って、近付いてきたらビシビシ斬って……と繰り返してれば何とかなるんで
魔力ゲージもあまり気にせず先に進めました。
中篇や後篇程クリアしていないステージですが、この後の2つをクリアした後だと
インフェルノでも大分温く感じるね。
他で闇や魔を集めるのに飽きた時に時折遊んでました。

■46、女神フレイヤの冥界行(中篇)
フレイヤ:インフェルノまでクリア

多分最も沢山クリアしたステージの1つなんじゃないかな。
闇&魔集めで最もお世話になったステージです。
犬が現れるタイミングも完璧に把握してるぜ。
でもきっとこのステージは多くの人にとって馴染み深いものになってるんだろうな。
骸骨さんたちはコストパフォーマンスがいいと言うか……
その強さの割に大量の結晶を吐き出してくれるありがたい存在だよな。
死霊も少しは見習って欲しい。アイツらの凶悪さなら、1体で10個位結晶落としていいだろ。
 インフェルノではギョッルに入る時に魔力が満タンになっていることを心がけてるよ。
そして囮の一体はユミル3〜4発で確実に葬って、やや上流から河にダイブ。
現れたゼリービーンズを速やかに葬ります。
ここでもたつくと骸骨に囲まれて酷い目に遭うからな。
河ではゼリービーンズを葬るまでが結構緊張する時間帯です。
犬はオマケだな。

■47、女神フレイヤの冥界行(後篇)
フレイヤ:インフェルノまでクリア

まだ今より所持武器がずっと弱かった頃、初めてインフェルノに挑戦した時は
開幕直後から画面のあちこちを高速でうごめく死霊に絶叫したけどな。
キモイっつーの。
開始15秒で葬られたし。
ハーデスト以上の難易度では、未だに緊張するステージです。
ディースLv2をきちんとコアに当てることに全神経を集中させてるよ(笑
特にラストの門番ゼリービーンズは2体とも生きてる状況でこっちに気付かれると厄介だからな。
必ず、一体をディースで葬ったその一撃でもう一体に気付かれるようにしてます。
1番緊張するのはその前の巨神の死霊ゾーンだ。
アイツをいかに速やかに撃破出来るかに、いつも1番神経使ってます(笑
でもこの緊張感が結構病み付きになると言うか……ゲームをプレーしてる感が強くて好きなステージです。
ただここはイズンが絶命するステージでもあるんだよなあ。
頻繁に回線繋いで窮状を訴えてくるイズンの必死さと、襲撃を受けている時の声がどうにもエロくてなあ。
どうにも恥ずかしいです。ごめんよイズン(笑
足はどうしちゃったんかね。
「何らかの攻撃を受けて負傷して、逃げられなくなった」って言うことを示す発言だよな。
もう後はゲロ塗れになるのを待つだけと、そう言うことだな……。
想像すると確かに「おぞましい」。

■48、滅日
フレイ:ハーデストまでクリア

このイベントムービーが好きでさあ。
ヘルギが格好いい場面はいくつかあるけど、個人的にはここが最高です。
「あんな華奢な身体で」とか台詞が萌えますよ。
そして立ち上がるヘルギの表情がたまらない。
この時のヘルギの表情は全てのムービーの全てのキャラの中でも
随一なんじゃないかと思ってます。
だからこのステージで位は弱音吐かないで欲しかったなあ(笑
ヘルギの弱音は大好きなんだけど、格好いいところを見せられた直後に「もうやめよーぜー」とか聞くと
話の接合性とか色んな意味でちょっとガックリ来ます(笑
ステージ38でもそうだった。
啖呵切ったステージで位、ずっとハイパーヘルギモードでいてください(笑
そして何気に「妹は戻るだろう。ヘルを倒して」と言い切るフレイが素敵です。
世界中の誰が疑っていても、信じていなくちゃいけない人だもんな。
同時に世界で一番彼女のことを心配してる人でもあると思うんで心中穏やかじゃないと思うけど、
その思いを戦うことで信じる気持ちに変えてるのがフレイとなんだろうなあと。
シグムンドはもっと純粋に、前向きに信じて戦ってそうだね。
**NPC台詞など**
ヴェルンド「行く先に敵がいると思えば、足も軽くなるというものだ」
ヴェルンドさんも大概だな。
死霊溢れる世界に絶望して故郷に逃げ帰った人の台詞とはとても思えませんぜ。
このステージは、絶望→希望→でも最終的には死が迫る と言う流れで状況が展開されていきますよね。
最後に空が晴れて九死に一生を得る場面に至るまでの全てが劇的なステージだと思うんだ。
でもその割にイベント台詞がイマイチだったのがちょいと残念でした。
いや個々のそれは別に悪くないんだけど、シグムンドとヴェルンドの台詞がいちいちかぶってるのがなあ。
ここはライターもそっと頑張って欲しかったよ。
そして、ヘルギも何か言ってくれ。

■49、エルヴィトニルの悪魔
フレイヤ:ハーデストまでクリア

インフェルノをクリアするには圧倒的に腕が足りない自信がある(笑
リンドブルムの炎、死霊のゲロと同様
ハーデスト以降ヘルの豆飛ばし攻撃のダメージ量が跳ね上がってるな。
でも本体から発せられる魔力攻撃に気を配りつつ腕が再生しないように攻撃を加え続けるのはなかなか難儀でな。
気付くとフレイヤが断末魔の声を上げているという有様さ。
ハーデストも未だに安定しないです。
でもここはハードで適当に腕をバラバラにしてるだけで結構な数の魔の結晶が集まるんだよな。
魔13000ゾーンを越える際にはお世話になりました。
 この勝利でフレイヤは神最強の座に君臨したも同然なんじゃないかと思うんだ。
だって、フレイ曰くニブルヘイムを進んでエルヴィトニルに入るなんて「オーディンでも無理」らしいしさあ。
実際オーディンもあの体たらくだs(対ヨルムンガンド戦に関しては一応擁護の余地があるとは思うんだけど
大体ラインの大橋を破壊出来る位の力を持つグングニルなら、
ニブルヘイムの入り口からスヴァルトヘイム破壊出来たんじゃね?とかさ(流石に厳しいかもしれないが
posted by ヒグラシ at 21:40| 千葉 ☁| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする

ゼノブレイド到着〜

xeno.jpg
サントラ付きが届いたぜよ!
みったん&下村嬢なんて最強クラスのコンボだもんな。
恐らく後に発売するであろうサントラも既に購入は確定してるようなもんだ。

も〜〜〜〜〜〜〜〜物凄く楽しみにしてました。
世界観も素敵だし、街や人々の雰囲気もいい!キャラも文句ねえ!
何よりバトルシステム&徘徊してて楽しそうな寄り道が豊富そう!って言うのがなあ!
うんまあ最終的にはいつものようにど真ん中のキャラがいたから購入決めたんですけどね。
ラインが!ラインがとてもいい!
ダンバンも素敵ですね。
女の子もカワイイし、早くプレーしたくてたまらないです。
ただ今とても忙しいんで、手を付けられるのは早くても今週末になりそうだよ……。
最近こんなんばっかで辛いぜよ。
プレー中のゲームもきちんとけじめつけておきたいしね。
長く遊びたいんで、しっかり環境整えて遊びます!

ああああああああああでも早くプレーしたいよおおおおおおおお
いつもプレー始めるまでパッケージは開封しないんだけど、
今回は撮影直後にひん剥きました。
すぐにキャラ紹介のページに走ってラインを確認した自分のキモさに引きますね。
マッチョさん素敵だよ。何かビミョーにイヴァリースの人を彷彿とさせるような髪型はもっと素敵だよ。
トレーラーで見た時、一瞬ベイグラの主人公っぽいっつーか……ウォースラっぽく見えた時があってな。
アズラス将軍好きとしては黙っておれなんだ。キャラデザの段階で惹かれてたけど、ますます楽しみになってしまったよ。
あんまりにも素敵だからまだどんな人かもロクに知らないくせに壁紙ゲットしに公式行ったらまだ無いし。
もう何なのこの見切り発車(いつものことです
ニーアはバトルシステムと雰囲気に惹かれて買ったけど、レギンレイヴはバトルシステムが魅力的なのもさることながら
シグムンドに一本釣された感が強かったからな〜。HACCANさん最高ヒャッホーイ!
ストーリー性の強いゲームはキャラ関係でショック受けたりがっかりしたりする(退場だけはマジで勘弁)可能性もあるけど
シグムンドみたいに大当たりな時も結構あるし、エンジョイしたいと思うよ!
posted by ヒグラシ at 01:25| 千葉 ☁| ゲーム(Wii)のこと | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。