2012年03月12日

幻想水滸伝紡がれし百年の時(8)

YARUYO!!!!

■ヒオニ山
リュセリが朱キ斧の隠れた場所教えてくれるってさー。
過去が変わっても、そう言う未来は変わらないの?
どうやら朱キ斧は村の北にある氷の壁の先の洞窟に向かったそうな。
通った後氷の壁作って道塞いじゃったんだって。
ええええええええええええ正義の拳つええええええええええええ!!!!
ボールドンさんが氷壊しちゃったよ!
朱キ斧しょべーーーー!!!!
リュセリに「よし、行こう」って言ったらすげー嬉しそうにしてたよかっわええええ!!!!
そうだもうお前も仲間なのだともに行こうぜ。
■湖の砦
▼厨房

やっぱリュセリは肉派だよねー?
あっ何かいつの間にか「誰と食べるか」って選択できるようになってる!
リュセリたんと一緒に食べられればなんでもいいよ!
■氷結洞
スイッチがあるね。
4つのスイッチ押したら石の壁が開いたよー!
▼中
あれ?進路じゃないの?
中にはボロボロの鞄と楽譜がありました。
どうやらフェザートライブのクーカブラさんのものらしい。
昔に行けば会えるのかな?
と思ったらメアメイが曲を弾けるようになってた(笑
和んだ!
道が入り組んでるな……適当に進んでたら道が崩れてしまった。
その先の崩れた遺跡みたいなところを越えたところで
大量のテラスファルマ呼び出し装置を見つけたよ!
あっマッドなおじいさんだ!そうだ名前ゾシオムだごめん忘れてた。
第3枝団のために用意した罠だったようだよ。
それは残念だったですね。
全部正義の鉄拳で粉砕してやんよ!!!!
■フェアピーク
みんな無事ですか?
ヒオニ山から下りてきたってことで不審者扱いされました。
酷いなーみんなを助けてあげたも同然なのにさー。
お、話の分かりそうな男が出てきたぞ。
第三枝団長のディロムさんだって!
ああーデューカスさんいれば一発なのになー。
偉そうだけど言ってることはまっとうだったよ。
「一般人はすっこんでろ!!!」みたいなことも言われたけど
兵隊さんからしてみればその通りだよな。
フェザートライブと仲良しこよしだったりテラスファルマ倒せたり100年前と現在を行き来できる程度の一般人ですけどドヤァ。
ナジンさんが見せたいものがあると言うことでお店へ……行く前に徘徊しておくか。
▼宿屋・西
宿屋に入ったら「お出かけですかいってらっしゃいませ」って言われたんだ。
新手のお帰りくださいですね。
▼ナジンのお店
商人風の人から本を預かってるらしい。
商人風の人?誰だろう。
料理の本で、著者はタラシオ・ルシオって言うそうだよ。
しかも200年くらい前の本らしい!
ごごごご禁制の書物じゃえらいこっちゃ!!!!
どうするよこれディロムさんに見つかったら没収されちゃうよ!
レシピとか没収されたら泣くだろ!未知の料理が幻になるなどあってはならぬ!
この書物は死守せねばならぬ!
あ、本をナジンさんに預けた商人風の人はまだ会ったことない人だったっぽい。
興味があるなら会いにきてって言伝まで受けてたようだよ。
め、面倒くさそうな人だな。そんなにサトシンたちに興味があるなら町で待ってればいいのに。
あ、でもディロムさんたちがいる手前あんまり町に長居したくなかったとかかな。
そしてアイオニアの兵隊が大量発生してる町を出て砦に来たいそうなので
諸手を挙げて歓迎しておきました。
・このままでは朱キ斧を恐れて人々は進んでアイオニアの傘下に入る
・アイオニアの力は更に増大していくはず
・だから朱キ斧を倒すのはあなたたちであるべきだと思ってる
・そんなあなたたちに私の指輪を使って欲しい

聡明な人だな大人だな。笑顔はもうどう見ても少年のそれだけど。
■湖の砦
▼厨房

このシオなんとかって人が書いた肉料理大全を
ルルサさんに見つからないようにビョルンさんに渡す!!!
これはミッションだ!!!
あ、別に大丈夫だった特に喧嘩とかなかったわ。
タラシオ・ルシオって肉料理界で知らない人はいないって位凄い人らしいよ。
よしじゃあ今晩はタラシオ料理食べようぜ!
巨人のハムって凄いネーミングセンスだな料理って言うよりただの燻製j
おっボールドンさんが何やら深刻そうな顔をしてるぞどうした。
ボールドン「デューカス殿はなかなか見事な筋肉をしている負けたくない」
いやいやあなたも充分立派だと思いますよ。
つーかいい年して負けん気強いとか向上心強い人だな。
ボールドン「美しき肉体にこそ、美しき闘志が宿るのだ!」
そ、そうなのか!
よしじゃあ巨人のハムモリモリ食って元気付けていっぱい修行しないとな!
▼ハンティング
行ってみたらリュセリに真顔でハンティングに誘われた。
ハンティングって、ナアニ?
★お化けコウモリ退治
うまいことやればリュセリからご褒美もらえるらしいぜ!
リュセリから、ご褒美!!!!これは頑張るしかない!(何か曲解してるぞ
普通に波で吹っ飛ばしてリュセリに真顔でおめでとうって言われました。
ハンティングのたびにリュセリたんと会話できるのは悪くないな!
笑ってくれたらもっといいんだけど。
■メリスマ平原
原始的な小屋を見つけたーと思ったら
スカートミエタ!みたいな名前の敵が空からアタックしかけてきたよ。
ワイバーンでも現れたかと思ったぜ。
気持ち悪い見た目だなお前どう見てもテラスファルマさんだろ?
3ターンくらい戦ったら逃げてってしまった。
うんそうだよねあの落ち着きの無さと何とも表現しがたい微妙なデザインはテラスファルマだね。
▼小屋
な、何かちょっとタイプっぽい人が出てきた(またかよ
船長さんみたいな衣装だな。古風な小屋に住んでるし、陸の人みたいだけど。
名前はウッツェさんって言うらしい。お喋りな人だなあ調子良さそうな人だなあ。
信用していいのかなあ?
え!?呪石職人!?職人さんなの!?
でも呪術師はもう大分昔にいなくなっちゃってるらしいよ。
ああ、さてはご禁制の書物パワーだな?
何でそんなに書物持ってるんだろう?
そんで、何でサトシンたちに接触してきたんだろう?
へー、既にサトシンたちは一部で有名人になってるらしい。
そんで、ウッツェさんはどうやらヒオニ山の西の方でご禁制の書物を発掘したらしいよ。
まだまだいっぱいあるらしい!
取りに行ってみる価値はある、よな。
また巨人のハムみたいに伝承できる内容のものがあるかもしれないし。
そして先ほどのスカートミエタにすっかりこの地を占拠されてしまい
ウッツェさんは転居を考えている模様。
うんいいよおいでいらっさい呪術師いないけど。

この後平原の奥行こうと思ったらまたミエタが戯れてきてウザかったんで
大人しく書物漁りに出かけることにしました。
テラスファルマのデザイン、最初はうわースタッフやっちゃったって思ったけど
慣れてくるとこの気持ち悪さが味のように思えてきた。
それよりスタッフはキャラの立ち絵何とかした方がいいよ。
ウッツェさん枚数多いけど片っ端から作画崩壊してて泣いた。
posted by ヒグラシ at 22:05| 千葉 ☀| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

幻想水滸伝紡がれし百年の時 特典

genso100[1].jpg
特典版の台紙付イラストが届いたよー!
同封されてた封筒に入れて古いのを送り返すってことだそうな。
前の未開封だからどう変わってるのか良く分からんけども
まあいいか!

正直特典版はサントラさえ入手できればよかったんでイラストとかは特に期待してなかったんだけど、何と言うかうん素晴らしいな。
幻想水滸伝ってパッケ絵には定評あるよな。
4は比較的地味だったけど主人公の背中に凄く惹かれて……
あれが幻想水滸伝との出会いだったなー。
パッケ絵に圧倒されたのは5だよ。何だよあれ凄過ぎるだろ。
ティアクライスも素晴らしかった。
何と言うか、やっぱりキャラが多いから、キャラを沢山描いてくれてると嬉しいよね。
ああ、人間ドラマだ!!!って思えると言うかさ。
プレーした中で人間ドラマだな、と一番感じたのは4だったんですが
(描写自体は相当希薄だったけど、群島のみんなが各々事情を抱えて集ってるってのは良く分かったからさ)
今のところ今回の紡がれし100年の時は4と同じかそれを凌駕するほどの人間ドラマのにおいを感じてます。
主人公たちのほかにアイオニアと朱キ斧、双方に翻弄される人々……
色々な立場の人たちに序盤から触れてくることができてるからだと思う!
正直ゲーム性はかなりうおーんだけどシナリオと世界観はとても好きです。

……話が逸れたな。
ええと、イラストなんだけどもこれ右側って悪役集合みたいな感じになってんだけどどうなの?
どう見てもルガトさんっぽい人がどう見てもルガトさんじゃないような凶悪な顔してるんだけどそう言うことなの?
仲間になら、ないの……?
いやまだだ!まだ分からんよ!
ハーヴェイ絶対仲間になると思うし!
こいつは仲間にならなきゃおかしいレベルの容姿のキャラだと思うし!
うんまあ色々楽しむよ!!!
posted by ヒグラシ at 23:46| 千葉 🌁| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

幻想水滸伝紡がれし百年の時(7)

橋が開通したぞヒャッホイ!
だがワイバーンのために石碑位は建ててやりたかったなー。
「怪物にも屈することのなかった誇り高きワイバーンここに眠る」(でもバダムハタンさんの槍に屈した)みたいなさ(どうでもいいよ
■フェアピーク
何だここは何処だ!
ボールドンさんはいつも元気だな。
ミュラはいつも疲れてるな。
どうやら村中に兵隊さんがいっぱい@メアメイ らしい。
兵隊さんってことはアイオニアの人だねー。第3枝団だって!
どうやら朱キ斧から人々を守る名目で駐留してるみたいだね。
「オロスク村で見た光景とそっくり」とはミュラ言。
確かになあ(笑
でも怪物を使って人を襲う朱キ斧の方が今のところ悪いヤツ度は高いですけどね。
アイオニアも胡散臭いことに変わりはないけど特にあのネフェナンチャラとか言う聖皇さまとかさー。
でも部下の好感度が圧倒的にアイオニアなんだよな!
朱キ斧はハーヴェイと魔乳とマッドだろ。
それに比べてアイオニアはルガトさんが壮年男性の色気が……(もう分かったから
へー、フェアピークは元々反アイオニアの色の強い地域だったらしいよ。
見る影もないな。
デューカスさんが兵たちから情報仕入れてきてくれるそうなので
サトシンたちは民家とかに侵入することにした!
▼宿屋・東
おばあさんが物騒な世を嘆いておられた。
まったくだよな!わしらはただ平和に暮らしていたいだけなのに……。
▼宿屋・西
どうやらここでデューカスと落ち合う予定になってるようだ。
▼雑貨屋
ん?凄いショタ顔の人に出迎えられたぞ。
ソフトさきいかひとつください!
え?指輪の細工?
ボールドンさんの知り合いでナジンさんと言うらしい。
イリアとメアメイが子ども扱いしてるけど28歳でした。
イリアよりずっと年上なんじゃねーのこれ(笑笑笑
ナジンさんは優柔不断な民におかんむりのようだ。
童顔だけどとてもしっかりした青年だな!湖の砦に来ないか?
▼市場
アイオニアの兵隊さんにきゅんきゅんしてるおばさんに捕まってしまった!
デューカスさんに言ってやってくれ!
ジーノに何か買ってってやろうと思ったんだけど真新しいものはなかったよ。
▼民家
「アイオニアの連中も嫌だけど朱キ斧を村に入れる訳にもいかない。
いけすかないやつらだが利用価値はあるさ」

ちゃんと考えてる民もいるようだよナジンさん!
▼武具屋
ヒャッハー散財ポイントキター!
しかしこのおじさんの立ち絵の手はいつ見てもシュールで微妙な笑いがだな……。
▼宿屋・西
朱キ斧は川を渡って姿を消しちゃったらしい!
・北西のヒオニ山に不振な集団が入ってった
・ヒオニ山は100年前に滅んだヒオニ村があったところ

こいつは怪しいぜ〜。行ってみるっきゃないぜ〜。
■湖の砦
その前にメシー!
■ヒオニ山
よっしゃ山登りだぜー!
しかし何と言うかこの作品時々バトルがミュラゲーになるよな。
魔法以外殆ど効かない敵が普通に頭数揃えて出てきたりすると本当困る(笑
湖の宝箱取れないのかなー。
無駄に×ボタンとか押してジャンプを試みてしまうぜ(笑
▼村落跡
ここがヒオニ村の跡かー。
ウロウロしてたら足元に矢を受けたよ!
何だ誰だ朱キ斧か!?
うっわ何だすっげえかわいい子がいるぞ何だあれマジかわいいぞ。
湖の砦n
名前はリュセリたん!狩人らしい!
弓!弓はロマン!弓!使い!PLZ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
・リュセリの先祖は村の生き残り
・朱キ斧がアイオニア倒すなら好きにさせればいいと思う
・別にアイオニアが憎いわけじゃない
・でもこんな酷いことをする国を助ける気にはなれない

筋通ってるなー落ち着いてるなーかわいいなー間違いなく仲間になるんだろうけど
今すぐ仲間になってくれないか!!!
ミュラ「アイオニアに潰される前の村を見たら知ってること喋ってくれるか?」
ちょっミュラ唐突(笑
しかもハメやがった(笑
さてでは誰に時代樹植えてもらおうかな。
ボールドン「バダムハタン殿かヨフール殿が近いな」
メアメイ「ウロコの人がいいなー♪」
イリア「ですよねえ♪」

イリアそれは主体性のある意見なのかどうなんだ。
■ワイバーンの巣
ヨフールさんになる気がするな私得ですけど。
あっ2人ともいたー!!!
バダムハタンさんの「何と!?」ポーズかわええええええ!!
お手手の皺と皺を合わせてえええええ!!!!
バダムハタン「拙者らスケイルホードは寒さに弱いのでござるよ」
ええええそうなの!?
あっでもフェアピークにいる知り合いに頼んでくれるらしい!
しかも「フェアピークにいる仲間は義に厚き男」らしい!
顔見てーーー!!!!義に厚い人とかもうその文言だけで惚れる(無茶苦茶
ヨフールさんは?
あ、ノデリさん連れてこられる!
何と言うか並んでみて欲しいなこの2人色々正反対だな。
プレイヤー的にはどっちも割と好みのタイプなんですけどね。
っておおおおおおおおノデリさんの笑顔やべええええええええええ地味モブ顔だけどきゅんときたあああああ!!!
うんこりゃメアメイもたまらんな(いや違うだろ
■湖の砦
山寒いし早速ノデリさんに鍛冶頼みに来たでよ。
多分これで補強してもらうとあの氷ボムみたいなヤツ簡単にやっつけられたりするんじゃないのかな。
とりあえずサトシンの剣だけ打ってもらおう。
■ヒオニ山
リューセーリーたーん。
デューカスさんはアイオニアの兵が行くのはまずそうってことで
湖の砦に帰還してしまったよ。
うむ確かにそれもそうか……。
▼100年前
やべー過去の山のBGM凄くいいなー!
サントラ一応ipod入れたけど収録されてるかなー。
音のネタバレ嫌で入れた後殆どノータッチなんだよね。
あっでもオロスクでの朱キ斧戦BGMが未収録なのは確認した……。
見慣れない青鬼さんがウロウロしてたから突撃かけたら
イリアとボールドンさんが退場する大惨事になってしまった。
安定のミュラゲー(笑
ジーノ、お前の魔石が輝いてるぞ……!
▼ヒオニ村
人がいるー!
・アイオニアは村が禁制の書物を隠し持ってると決め付けてる
・差し出さないと村に押し入るって脅しをかけてきてる

無茶苦茶だなー。
ヘイドレクさんと言う人が村を守って戦うつもりらしい。
立派なご老体だ!ボールドンさんが刺激を受けそうだな(笑
ええええええええええええ義に厚い人ってヘイドレクさんだったんか!!!
いや、あの、正直意外だったんですけど素敵な人だしまあいいや!!!
おおおみんなでヒオニ村守るために戦うのか!!!
やべえ熱い展開になってきた!!!
守れるものは、何でも、守る!!!!
・アイオニアは昔から古い書物を見境なくかき集めてる
・古い書物は全部ご禁制

どうやら100年に一度そう言うことしてる?
サトシンの村でも一番古い本はトルワドさんたちについて書かれた本だったそうだよ。
ってことは書かれて50年経ってるかどうかって感じだよね。
リュセリ仲間なったーー!!!!!
ヘイドレクさんも一緒か!
うーんメアメイたんに後方で元気の出る音楽奏でててもらおう!
あっヘイドレクさんとボールドンさんが師弟関係結べる!よすよす!
親玉は華麗なる正義の師弟攻撃でボールドンさんが美しく〆ました!
リュセリ「命だけは助けてあげる!帰って二度と来るな!」
サトシン「ダメだよリュセリ」
ヘイドレク「そうじゃな」
サトシン「このままだと今度はもっと大勢の兵を連れてまた来る。
二度と来られないようにしなくちゃ……」
親玉「ま、まさか……」

画面反転。
の流れにクッソ笑った(笑
▼ヒオニ村
ですよねー平和に調べつくしてってもらえば済む話ですもんねー。
リュセリ「ここに連れて来てくれて……
一緒に戦ってくれて……
ありがとう!(笑顔)」

ぐおおおおおおおおおおお今最高のお礼を頂いた!!!
サトシン「そんな顔もするんだね」
リュセリ「えっ私変な顔してた?」
サトシン「そんなことないよ!」
リュセリ「そ、そんな嬉しそうに見ないで……恥ずかしい……」

うおおおおおおおおおおお何だこのかわいいやり取りはニヤニヤニヤ!
▼現代のヒオニ村
ええええええやっぱ滅ぼされてんよどうしたよ!?
はい朱キ斧キチャッター。
蓄えとか全部奪ってったらしいよほんっと許せないな。
お詫びとしてロシェルさんに極寒ストリップショーとかさせようぜ!
とっ捕まえてくるな!

ちょっと中途半端だけど今日はここまで!
早速ipodの曲確認して……
あったーーーーーー!!!!!!!!!
「来たるべき冬の備え」だーーー!!!!!!
ほんっとだよ冬の備えをさ朱キ斧のやつら根こそぎ奪ってったんだろ!?
許せんな!許せんぜ!
正義の鉄拳を食らわせてくれるキエエエエエイ!!!!
posted by ヒグラシ at 02:08| 千葉 ☀| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

幻想水滸伝紡がれし百年の時(6)

ロルフの叔父さんの心のケアくらいしかしてないかも。
後ダンジョンのお陰で少しずつ貯蓄が増えてる(笑


■湖の砦
▼鎧鍛冶

ユディエラさーんいらっしゃーい!
ユディエラさんは肉と草どっち派ッスか?
あれ?100年前に移動できる!
珍しいなあ何かあるのかなあ。
つーかそろそろミュラ新しい魔法覚えてくれないかなー。
▼100年前砦
トルワドさーん!
トルワドさんいたーーー!!!!
トルワド「あのワイバーンを倒したのか!すごいじゃないか、サトシン!」
うおおおおおおんそんな笑顔で褒めていただいて光栄ですううう。
バダムハタンさんが話してくれたのだね!?
あの人鈍足そうだけど話は早いんだね!
ロルフも近くにいるじゃないか。
魔石はミュラの弟のジーノに作らせてますよ。
ロルフは叔父さんが職人だったようだよ。
・ジーノに叔父を紹介したい
・でも生き甲斐を失ってしまった
・怪物に息子を殺されたんだよ
・復讐心で魔石を作りまくって
・今は燃えカスに

ラロスの森にいるらしいんだけど、一応会ってみた方がいいかな。
仮に今イベント進められなくても、後々絶対何か進展あるだろうし。
ゲレルさんにも会ってみたけど新しいメニューを思いついたりはしてないようだ。
この人、ボールドンさんにも何か教えられそうだよな(笑
あっでも血とかダメなんだっけか。暴力はいけませんねそうですね。
▼現代厨房
夕方になってたんで食事して森に行くのは明日にする!
メアメイ「もーぐもーぐおーやさーい。
もーぐもーぐおいしいの〜♪」

食事中歌うのってマナーに引っかかる気がするんだけど
フェザートライブなら別にいいよな!
かわいいは、正義。
■ラロスの森
▼100年前
スケイルホードが強過ぎて参った。
助けてバダムハタンさん(涙
▼海岸
インゴルフさんと言う人を発見。
何となく髪の毛の雰囲気とか甥っ子と似てるね。
ジーノがフレンドリーに話しかけるも撃沈。
今はまだダメなのかなー?
一応ロルフさんに報告してみようかな。
どうやらインゴルフさんはラロスの森とルシル平原の間を延々と徘徊してるらしい。
はいはい平原ね。
■ルシル平原
▼100年前

あ!白いシンボルが……ってこれはムーイーさんか。
おおっムーイーさんの仲間にも調剤師がいるらしい!
オロスク山に時代樹植えてくれるらしいけど……
何かホイホイ植えてるけど大丈夫かな。
ま、まあいいや植えてもらおう!
さあそしてインゴルフさんは……いたー!!
おおっジーノの言葉説得力あるなあ。
サトシン的にもプレイヤー的にも、
ジーノが死んでしまうシーンを見てしまったからこそより心に響くね。
ジーノの心根、とても好きです。
■オロスク山
ロルフに報告した方がいいのかもだけど、先に苗木回収してくるね。
▼100年前
調剤師が少年だった件について。
なるほど山の人なのか。薬草に詳しいらしい!
ナズ思い出した(笑
お名前はポロック!
ニドさん結構熱心に話聞いててるな。
あーはいはい全部イリアのためねうん一生懸命やってくれるなら動機は何でもいいよ。
薬草が切れてるらしいのでニドとポロック連れて薬草摘みに行くことになりました。
サトシン「イリアのためでいいですよ」
サトシンも同じ考えのようだ。色々諦めてるだけかもしれないけど。
そう言えばニドが「ポロックの技術が何故100年後に伝わっていないんだ」って言ってたけど、確かにそうだね。
技とかは失われてしまってもしょうがないけど、医療技術なら
何かしら記述だけでも残っててもおかしくないのにね。
ポロックはどんな大人になって、どんな人生を歩んだんだろう?
何となく、そんなことが気になったよ!
おおお!山がポロックの家らしい!
なるほど……彼は自然とともに生きて、そんで人生を終えたのかな?
何か色々納得してしまった。
正直……今作戦闘面とかかなりアレだと思うんだけど
キャラ描写はちゃんと幻想水滸伝だな。
■湖の砦
▼厨房

しかし何と言うか歴代みんなそうだけど、
ご飯残すと五月蝿そうだよな。
▼100年前
特に何も無かったよ。
後はインゴルフとひたすら向き合い続けるしかないのかなー。
▼厨房
イリアがメアメイの耳のほわっとしたところに興味を示したようだ。
いつか触らせてもらえるような関係になるといいな(笑
つーか関係が面白いなあ。
ニド→イリア→メアメイ→←ノデリ だろ(笑
■ラロスの森
▼100年前
やったーーー!!!!
インゴルフさんやっと本気になってくれたよ!
ジーノが本気で向き合ったからかなー?
■湖の砦
氷雪の魔石作れるようになってる!
ミュラ新しい魔法使えるようになってるってことなのかな?
▼100年前
インゴルフさんいたー!
怪物を使って人々に危害を加える朱キ斧は許せないよね!
って意気投合しておいた。
▼厨房
ボールドンさんにとってハガルは昔は拳法の師、今は村長の師であるらしい。
へー、優しくて厳しい有意義な修行時代だったそうな。
今思い出しても胸が熱くなるって凄いな。
でもそれはボールドンさんの性格的なこともあると思いますよ(笑
ボールドン「実戦を交えた修行が多かったからな。
人々を困らせる怪物退治をしながら拳の極意を教えてもらえたのだ」

「人々を困らせる」って言う修飾語に噴いた。
うんでも何だろうポジティブないい話を聞いた気分だ。
聞いてる方も元気出てきた!
ボールドンさんは実際一緒にいるとちょっと暑苦しいかもしれないとも思うんだけど
プラスの感情のシャワーを浴びることも出来そうで、こっちも元気になれそうな気がする。

ちょっと寄り道しちゃったけどエパト橋渡りますー。
posted by ヒグラシ at 00:00| 千葉 ☁| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

幻想水滸伝紡がれし百年の時(5)

久々のプレー!

■湖の砦
ダンジョンの成果ってリアルの時間が関係してるのかな?
それともレベル?
炎の迷宮は沢山お金かけてもあんまりいいもの貰えなかったよー。
まあいいや!お金は結構貰えるから常にジーノは働かせておく!
そしてダンジョン作成をお願いした後は一晩泊まらないと外に出られないことに今気付いた!
▼厨房
ミュラって良く人を見てるよね。
でもイリアも全然見てないようで色々見えてそうだな。
彼女の場合人によって関心度が大分違いそうだから、人によるのかもしれないけど。
ニドさんはダメだろうな(笑
デューカスさんはアイオニアを気にしてらっしゃるようだ。
まあなー朱キ斧の情報は入ってるだろうからなー。
どんな対策取ってるんだろ。
■エパト橋
もっと石造りのしっかりした橋を想像してたぜ。
木造の橋だ!
でも石で道が塞がっちゃってるみたいだ。
ボールドンさんは事情を知ってるようだ。
・崩落は3ヶ月前
・北の山腹にいる巨大なワイバーンの仕業だよ
・オロスクのみんなで直そうと思ったんだよ
・でも朱キ斧が来ちゃってそれどころじゃなくってさー

おのれ朱キ斧め(いやまずはワイバーンだろ
とりあえず周りをもう少し調べてみることになりましたー。
川辺に人がいるぞ。
おお……マダムだ。かなり年配の方のようだな。
ユディエラさんと言うそうな。
ボールドン「ユディエラはうちの村の鎧職人だ」
鎧職人!?
見た目は刺繍とか好きそうな感じの方なのにかっけーーー!!!
どうやら朱キ斧が村に来てから行方不明になってたみたいだよ。
ユディエラ「騒がしいのは苦手なんでね」
男前すなあ。
ん?
もしかしてこの世界って船無いの?
え?そんなことってあるの?
どうやら朱キ斧の連中は船使って向こう岸に渡ったらしいんだけども
みんな船って何ぞ状態なんだけど。
細長い風呂桶って(笑
じゃあ、朱キ斧が船を発明したってことになるのかな?
あのマッドな感じのおじいさんの発明じゃろうか。
案の定ユディエラさん仲間になりましたー!
砦に行っててくれるのかな?
とりあえず我々は橋を渡れるように何とかしよう。
一緒に戦ってくれることを期待したんだけどダメでした(笑
結局岩をどかす作業のジャマになりそうってことでワイバーン退治に行くことになったよー。
サソリ堅いね!ボールドンさんの偽りの無い拳攻撃以外ほとんど効かないな。
■ワイバーンの巣
アニメキター!
デューカス「いきなりかよ!」
本当だよ!ビビッたよ!
襲われたミュラをサトシンが間一髪で救出。
ミュラ「ありがとう!助かった!」
サトシン「良かった!」

2人とも凄い笑顔だ(笑
この作品、トルワドさんはじめみんな笑顔が眩しいよな。
・あのワイバーンは100年以上前からいる
・100年前の怪物襲来を生き残った存在なんだよ
・沢山の怪物たちに襲われたらしいけど生き延びたらしい!

すげー!!それ、仲間になってもらった方がよくね?
意外と話せば分かるやつなんじゃね?
仲良くしたら寧ろ岩とかどけてくれるんじゃね?
ミュラ「100年前にさかのぼってアイツを倒せば橋を渡れるようになるんじゃないか?」
あ、そ、そっちですか。
えーやっぱり倒すのー?
何と言うか、怪物相手に生き残ったって話聞いて
ワイバーンの命がとても尊く感じられるようになってきてしまったんだが。
いやうん何だ命ってのは基本皆尊くて、でもRPGゲームでそんなこと言ってたら身も蓋もないわけで……分かってる、分かってるんだけどさ。
じゃあ、誰かに時代樹ここに植えてもらわないとだね。
イリア「ムーイーさんにお願いしてみましょう」
不思議だよな。下心ありまくりの台詞なのにイリアが言うとやらしさの欠片もしないって言うね。
■ルシル平原
薬の花の回収は必須である。
では100年前へ〜。
誰か近くにいるかなー。
あっムーイーたん発見!!!!
今日はひとりか。ビビらないで話聞いてくれるかな。
ムーイー「むりむりむり!わわワイバーンがいる山に行くなんてそそそそんな恐ろしいっ!!」
で、ですよねー。
あ、でもオロスクに植えてくれそうな仲間がいるらしいよ。
ムーイー「それにワイバーン退治も手伝ってくれるかもしれません」
おおっ本当に!?
それは楽しみじゃ〜。
と言うわけでカムバック。
■ラロスの森
メアメイたんが家に戻ってるかもってことなので来てみました。
どうせならノデリさんの近くにいさせてあげたい気がするしなー。
▼メアメイの家
いたー!
メアメイ「あ♪イリアー♪サトシンー♪」
ぐっわああああああ……かかかかわえええ……。
イリア「メアメイさん、私たちと一緒に来ませんか?」
イリア、単刀直入ー。
メアメイ「行くー♪」
あっさり(笑
うんでもノデリさんと一緒にいたいもんないらっしゃい。
ぐっわああああああああああ……一礼が可愛過ぎて色々吹っ飛んだ。
しかも戦闘キャラとかうおおおおおおおおおおおお。
ノデリさんと一緒に砦にいてもらう方がいいのかもしれないけど可愛過ぎるから連れ歩く!
■エパト橋
苗木ゲットして、過去へー。
さて、ムーイーさんの仲間が待っててくれてるとのことだけど……

( ゚д゚ )

な、何か凄いのいるんですけど。
鎧来たゲッコ族みたいな方がいらっしゃって、こっち見てるんですけど。
メアメイ「わー♪ウロコの人だー♪」
いやウロコの人て……いや、うん、ウロコの人、だな。
スケイルホード族?って言うみたいだけど稲田さんだー!
スケイルホードさん「拙者、バダムハタンと申す」
一人称拙者かっけー!!!!!
稲田ボイスで武士っぽいなら一人称は某で行って欲しかったと思う私はSAMURAI7でゴロベエが本命の人です(どうでもいいよ
あ、もう1回苗木植えてもらわないといけないの?
な、何と言うか最初っからムーイーさんにバダムハタンさんに苗木渡してもらって
そっちに苗木植えてもらえばよかったんじゃないかとモゴモゴ。
挨拶のために苗木一個使っちゃったのは勿体無いようなモゴモゴ。
■ワイバーンの巣
クマさんが強過ぎてビビッた。
ダブルビンタでボールドンさんが600くらいダメージ食らったよ。
では過去へ〜。
って、バダムハタンさんの後ろに何か変なのいるよ?
ハデな男「ようこそ諸君!このボクの華麗なる舞台へ!」
うわああああ何か好みのタイプっぽい人キター!!!!
ナルシー枠キターー!!!!
つーかこの人も公式でチェックしてた人だ名前なんだっけ忘れちゃったけど!
メアメイ「わー♪変な人だー♪」
フェザートライブと人間の感覚ってかなり近いのかな。
ハデな男「ボクの名はヨフール!」
そうだヨフールさんだ!
ええええええええええええ鍛冶職人なの!?
あ、服とか作る人かな。
ちょっ武器かよ!武器作るの!?
やべえなでもこれノデリさんに会わせるのちょっと気が引けるぞ(笑
どうやら自分が打ったバダムハタンの槍がワイバーンを打ち倒すところを見物に来たようだよ。
あ、どうしようメンバーいっぱいだ。
どうしよう……これってさーどう考えてもデューカスさん外せって言ってるよね武器かぶってるしね。
メアメイたんの技は多分必要になると思うんだよね……。
と言うわけで断腸の思いでデューカスさんに留守番を……
って、ダメだそうだ同じ槍使いなんだから師弟関係結べるんじゃないのこれ。
ウワアアアアアどうしようどうしよう。
じゃあめ、メアメイたんに留守番お願いしようか。
あっダメだ前列3人だけなのか。
じゃあもうこれボールドンさんしかないじゃないか(涙
と言うわけで修行ー。
バダムハタンさんは100年後に自分の技が伝わるのが嬉しいとか……いい人だな(涙
伝承完了したところでデューカスさん外そうと思ったんだけど
外れ……ない?
まあそれならそれでいいんだけど、でも、どうなんだろ。
ボールドンの偽りの無い拳はボス戦でも役に立ちそうなんだけどな。
▼巣
バダムハタンさんHP凄いなメアメイたんの技使えってことだな♪
○ワイバーン
何と言うか終盤の隠しボスみたいないでたちだな。
とても序盤(だよね?)の敵とは思えん。
早速無限の小夜曲をバダムハタンさんへ。
うーむ、絶対負けない確信はあるんだけど、なかなかに時間のかかる戦闘でした。
ごめんよワイバーン。
長い長い道を歩いてってみたんだけど
時代樹から遠ざかってるのに一向にワープしない。
どうやらループしてて気持ち悪かったんで戻ってみたらあっさり帰れました。

さあこれで橋を渡れるかな!
確認しに行きたい気持ちはやまやまだったんだけどみんな空腹なようなので
ご飯食べに砦に帰るー!
今日は森のサラダ!
デューカスとジーノが不満そうにこっちを見てるけど気にしない!
フェザートライブの主食って何なんだろう?
メアメイたんはノデリさんと感動の再会だな。
ノデリさんの反応を想像するだけで何故か照れる萌えるたまらぬ!

とりあえず今日はここまでー!
posted by ヒグラシ at 01:18| 千葉 ☁| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

幻想水滸伝紡がれし百年の時(4)

「アーロンの20年」でヒストリエの「ばかじゃねーの」思い出した。


森のサラダ食って元気出たんでオロスク山登りー。
■オロスク山
屈強なおっさんがテラスファルマと戦ってるぞ。
助太刀いたす!
男「手出し無用に願おう!」
え?
おっさん、6のダメージ!
テラスファルマ、694のダメ……ろ、

694!?

つえええええええええ!!!!!
サトシンたちいらねーじゃんこれ!!
このおっさんひとりでテラスファルマ何とかできんじゃね?
トルワドさん並だぞこの人。
男「私の名はボールドン。オロスク村の村長だ」
うんなんかそうなんじゃないかなーって気はしたけど。
うっわ白い歯眩しいなあ!
つーか立ち絵綺麗だな。割と立ち絵の出来にムラがあるよね今作。
そして頭領のハガルは何とこのボールドンの拳法の師らしい。
ちょっハガルさんいたら最初っからテラスファルマ何とかなったんじゃねーの?
ま、まずいますますサトシンたちの立場が……。
・独自に朱キ斧のこと調べてた
・村人を拉致したのかも
・村の者に危害を加えていたなら許せない
・この拳で制裁せねばならん!!

ボールドンさんとは話が合いそうだぜ!
よし行くぜ〜。
ボールドンさんが仲間になったよ!
うおおおおおあんなに強かったのにまだレベル10とかどんだけ伸び代あるんだよヤバイだろ。
道中色んな石をゲット。魔石の素材かな?
つーか人型の敵って何でこんなにっつよいんだ。
ほぼミュラ姐さんの独壇場である。
■岩山の洞窟
すげえ……ボールドンさん正面突破だ。
しかも武力じゃなくて村長として悠々と歩いて中に入って行きやがる。
案の定襲われたので助けます。
○朱キ斧
魔術師がやばそうだから先にボコろう。
BGMかっけえええええ!!!!!サントラ入ってるかな?
拳法家にも容赦なくミュラ姐の魔法をくれてやろう!!!
おおー全員レベル上がった!
よしじゃあ中を調べよう。
棺桶みたいなのが沢山あるんだけど何だこれ。物騒な施設だな。
だがおくすり1個を宝箱に入れて大事に保管してるってことは
所詮その程度の組織くさいな。
先曲がりの靴っての手に入れたんだけど魔法使い用とかじゃないのか(笑
蹴れば武器にもなるらしい。
活動資金の1000ポッチもゲットー。
ジーノへの土産代にするわ。
▼深部
村人が牢に囚われてるぞ。
ボールドンさん村人への愛情パワーで格子開けちゃった。
マジもういいよこの人絶対世界救える。
アイオニアとか要らないだろ。
斧も大樹もイラネ。ボールドンとハガルの肉体パワーこそ正義!!!
ミュラ「何かもう驚かなくなってきた」
ミュラって物事に割と律儀に反応するけど、意外と適応能力高いよね(笑
つーか村人のおっさんの立ち絵、手で◇作ってることに気付いて驚愕した。
何だそれはそこから何か秘密の力でも出すのかだから囚われてたのか?
・アイオニアの兵隊の方がマシって言っちゃったり
・アイオニアを良く言ったら、捕まった。
・あいつらアイオニアの兵隊の死体を怪物に食わせた

(゚д゚)


え、いや、もうそれ……。
どうかんがえても朱キ斧が化け物だろ。
アイオニアもまだ信用したわけじゃないけど朱キ斧はちょっともうダメだろ。
人として道徳的に何か色々やっちゃいけないことしてるだろ。
▼更に奥
あ、イリアパパンだー。
ハーヴェイも一緒にいるな。
おお!怪しげな老人もいるぞ。
若本にマッドな感じの老人にイケメンにセクシー美女。
役者揃った感じだな。
ご老体「死体を怪物に食わせたわしらと
生きた人間を何千人と焼き殺したお前らとどっちが外道じゃ!」
外道比べしてるんじゃないんですよ。
おおーハーヴェイ喋った!ハーヴェイ声櫻井さんかー(だからハーヴェイ言うな
ハーヴェイと違って難しい言葉沢山使うな。
ロシェルは相当イリアが嫌いなようだ。
ロシェル「アーロン様があなたを拾ったのは町民の同情を得るための小道具としてですよ」
イリア「あなたには聞いていません。私はお父様と話をしているんです」

プギャー。
いいぞキャットファイトもっとやれ。
ここでサトシンが
・お前らのやってること復讐だろ
・自分だってママ殺されてマジつらかった
・相手憎いし死体を魚の餌にしてやりたいと思った
・でもそれって何か違うだろって思って考えるのやめた
・憎いからって何してもいいって言うのは違う

おおおおおおおおおおおサトシンが主人公だ!
そうかサトシンは苦しんで苦しんで憎しみを乗り越えた人なのだね。
勿論まだきっと心にわだかまりはあるだろうし、それはもしかしたら一生消えないものかもしれない。
サトシン「でも朱キ斧がやってるのはあの時僕がやりたかったことだ」
うおおおおおお!!!
すげええかっけええ!
うん何だこれは実にいいぞ。
言葉の重みがちゃんと伝わる。
サトシンやミュラからシグニィさんへの気持ちとか伝わってきてたから
ちゃんと重みが感じられる。
今回かなりシナリオ期待して良さそうな感じかな!?
ハーヴェイの名前はサヴィドって言うらしい。
ご老体の名前はゾシオム。
敵陣営らしく濁音多いなあ(笑
ゾシオムさんのせいでテラスファルマが動きだしてしまいました。
ええーこのでっかいのと戦うの?
あ、ロシェルさん戻ってきた。
喋りたくてしょうがないんだなこの人は(笑
何かちょっとアレだよねこの人あれ思い出すホラなんだっけ。
女王騎士のアレニアだ(笑
ロシェル「あなたたちのお母様、シグニィ・アルブレクは
私たちの同志でした。
だから、アイオニアに殺されたのですよ」

(゚д゚)


え、あ、うわ、うわー。
さ、流石は幻想水滸伝だ凄い展開だこれ。
でまかせ……出任せ、なの、かなあ?
まあいいや先化け物やるでよ!
○テラスデグラーゴ
つええええ!スターバーストとか言うのでイリアがしびれちゃった。
ミュラさんまじ超主力。ミュラ、ボールドン、デューカスの技が安定だな。
サトシンはとりあえず大防御。
結局スターバースト一回だけで、後は大したことなかったぜ!

どう言うことなんだざわざわってなるかと思ったんだけど
村が心配でそれどころじゃありませんでした。
■オロスク村
朱キ斧出てっちゃったらしい!
いやしかしこれは喜んでいいのか?
どこか新しい場所が危険に晒されてるのではないのか?
イリアはパパン&サトシンの言葉で目が覚めたらしい。
確かになー。
つらいけど、絶妙のタイミングでサトシンがあるべき最良の道を示してくれた感じだよね。
イリア「さっきのサトシン、カッコ良かったですよ?
わたし、年甲斐もなくときめいちゃいました」

年甲斐もなくってそんな年でも無いだろ。
ボールドンさんが朱キ斧が許せなくて燃えてるんだけど
◆でも、村のことは……?
もうなんかこれ徹底的に下選んで行ってみたい気がしてきた(笑
村の人も支持してくれるだろうからいいってさ。
何か、いい村だな。
ノデリさん、この村で凄く伸び伸び仕事できてたんだろうなあ。
▼宿屋
びょーるーんさーん。
え?いなくなっちゃったの?
な、仲間になってくれるかと思ったのにー。
▼武具屋
「やっぱり朱キ斧はろくでもない連中だったかわしも気付いておった」

はぁ?
▼市場
騙されたおばあさん台詞では凹んでるけど笑顔だな。
せっかくオロスク来たし、朱キ斧からせしめた金でオロスク芋買おうっと。
ジーノに見せたらがっかりするんだろうなあ(笑
▼民家・西
村長、人望あるんだなあ!
うんなんだろう暑苦しいけどでも支持したくなるタイプだよね。
村のために身体張ってくれるし!
村人を心から愛してるし!
▼民家・東
朱キ斧に入る前にあいつらの正体が分かって良かったな。
間違って入っちゃったらパシリにされてたぞ多分。

さて、じゃあ村を出てナンチャラ橋行くか……。
って、ん?
あ、ビョルンさーん!
ビョルン「村長助けて朱キ斧追っ払っちまうなんてすげー。
俺もあんたらの仲間に交ぜてくれよ!」

キター!
ジーノにとんでもないお土産を持っていくことができたよ!
肉料理人だぞ〜喜ぶぞ〜。
でも厨房はカオスになりそうだな。
■湖の砦
▼厨房

わはは、ビョルンさん、無事ルルサと再会を果たしたんだな(笑
ビョルン「もう草なんか食うんじゃねえぞ」
あ、いや、でも、その今日はこのオロスク……芋を……食べます。
デューカス「がつがつがつがつがつがつもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ
ぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼり」

食いっぷりのいい人って……素敵だよな!!!!!!!!!
デューカスは早食いだけど量も食べるから他の人と食事の時間が変わらないらしい。
でも、戦う人にとっては食事は時間のあるときにするものだから
しょうがないってさ。
この食いっぷりも職業柄、ってことか。
でも美味しそうに食べる人って……素敵だよn

じゃあ今日は短いけどここまで!
お話かなり気になる感じになってきたし、次回はいっぱい進めるぞー!
posted by ヒグラシ at 00:17| 千葉 🌁| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

幻想水滸伝紡がれし百年の時(3)

トルワドさんの待機率の高さ(笑


■砦
▼時代樹

イリアもデューカスも連れて行けるのかな?
*100年前*
みんなで来られたー!
トルワド「君たち!また来てくれたのか!」
トルワドさんいつも砦にいるッスね(笑
実はすげー待ってたとかだったら光栄過ぎて泣く!!
あ、もしかして砦に引越ししたのかなー。
デューカスの脳みそは早々に限界を迎えてしまったようだ。
トルワドさんは人間が怪物を使ってることに激怒。
今日は仲間を紹介してくれるみたいだよー。
あっこのロン毛の人「ニコッ」ってしてた人じゃん(笑
ロルフ・ラウグさんと言うらしい。初めましてー。
ロルフは後世では英雄トルワドの右腕で名軍師として有名人らしい。
ロルフ「照れるね」
冷静だな。
シュラート出身らしいので彼に平原のことお願いすればいいかな?
あらら、でももう平原は既に荒らされた後らしい。
マジで!?おのれ牙ウサギめ……。
・でも仲間の薬使いが薬草蒔くって言ってたよ
・100年後も荒地のままってことは、育成に失敗しちゃったのかな
・その人を手伝ってちゃんと蒔けばいいんじゃないかな?

ううむ、正に園芸ゲー。
ロルフに頼んでルシル平原に時代樹を植えてもらって
サトシンたちも100年前の平原に行くことになりました。
ま、まどろっこしい方法だな。まどろっこしい方法だがいたし方あるまい。
トルワドさんロルフと幼馴染らしいよ。
「言い合いでは俺が勝ったためしがない」ってそんな嬉しそうに言うなよ。
トルワドさんの笑顔は至宝だな。
そう言えばトルワドさんって昔やんちゃだったらしいね!
やんちゃだったトルワドさんが主人公のゲーム出ませんか!?(ねーよ
▼砦の中
ナビマップに何か人の印がある?と思って行ってみたら
いかにも料理人って風貌の巨漢さんがいたよ!
ゲレルさんと言うらしい。
炎の料理人キター!!!
喋るの苦手そうなのいいな。
ゲレル「仲間に、料理人がいたら、連れてきて、いい」
ルルサさん連れてくればいいの?
うわっ一瞬で連れてきちゃったし。
こ、これはナイスカットなのか?そ、それとも手抜k
ルルサ「うっわ!とんでもない図体の料理人がいたもんだねえ!」
………………。
ルルサさんの先祖なんじゃないのー?
ゲレルさん肉料理ダメらしい。血の色みただけで気持ち悪くなるとかかわいいな!
つーかションボリしてる一枚絵がかわいいぞ!
森のサラダって料理を一瞬で伝承してくれました。

*現代*
■砦

戻ったらジーノの魔石が完成してたよー!
うむご苦労であった。
▼厨房
早速森のサラダ食べようと思ったのにオロスク芋がねーーー!!!
ついつい肉にばっかり目が行っちゃって市でもスルーしてたからなー。
芋を軽んじることなかれと言うことだな……。
まあいいや妖精のスープ飲もうっと。
おっまたイベントだ。
ミュラ(最近戦いの後のサトシンの顔がシグニイさんに似てきた気がする)
ミュラはシグニイさんに物凄く憧れてたみたいだ。
おお、フラグなのか?って思ったら
ミュラ「憧れの人にはまだまだだなって」
と最後にへし折ってくれました。
■ルシル平原
時代樹みーっけ!
ロルフ土仕事苦手そうだけどちゃんとやってくれたんだな。
苗木もゲット。
*100年前*
ロルフさんが待っててくれました。
うん?後ろに何か……
か、かわええええええええええええ!!!!
OPムービーに出てたよねこの子!
ムーイーって言うんだ。フェザートライブって名前まんまだな。

イリア「きゃあーーっ!かわいいーーっ!」

!?


つーかこえーよイリアどうしたんだ豹変し過ぎだろ。
ムーイーじゃなくても怯えるわ。
え?彼?殿方なの……か!
イリアはかわいいものが正義的な感じなんだな把握した。
ニドは着ぐるみとか着てみたら結構いい線行くのではないかと思う。
ロルフとミュラ、ムーイーとイリアにそれぞれ師弟関係結ばせて牙ウサギ狩りへ。
「見とれてちゃダメ」とか「いいとこ見せちゃいました!」とか
イリアはムーイー割と真面目に意識してる感じだな。
最後にムーイーが友好の印に口笛教えてくれたよ!
フェザートライブは警戒心が強いから、基本的には人に会っても逃げちゃうそうな。
でも教えてくれた口笛を吹けばちゃんとお話聞いてくれるらしいよー。
現代でフェザートライブとお友達になれるフラグが立ったな!
*100年後*
あっ今気付いたけど平原に建ってる像ってムーイーだね!?
この地に薬草を育てた功績とかそんな感じですかね。
いや、でも荒地のときから立ってたよな……何で立ってたんだろ(笑
辺り一面薬草だらけになってたんだけど、傷に効く薬草だけ全然足りないらしい。
な、何でだ。
あ、ニドだ。これさ、ニドが先に来て摘んでたんじゃね?
ほらーやっぱりー。
過去を変えたことでデューカスはちょっと戸惑ってるな。
うんそうなんだよね。
時代樹のこともあるし、引っかかってる部分はずっとあるんだよね。
だからどうしても選択肢選ぶのに迷ってしまう。
歩いてたら誰か来たよ。
あ、アイオニア兵だ!
・オロスク村の駐留兵だった
・でも朱キ斧が来た

あいつら別の場所でも暴れてんのか。
本当にどうしようもないな。
■シュラート
里から頭領が来てくれたよ!
頭領ハガルって名前あったのか。
何かさハガルの方がイリアの父親っぽくね?
朱キ斧を放っておけないよねってことでテルベの里別働隊が発足、
サトシンがその隊長になりました。
◆うん、やってみる
ハガルさんデューカスさんに同行頼んでるぞいいぞもっとやれ!
ニドさんも仲間になったけど……サブですらないのかー。
と言うか今回サブいないのかなー?
とりあえずニドお前はフェザートライブの着ぐるみを着るんだまずはそれからだ。
■湖の砦
芋買ってきたから森のサラダ食おうかな!
▼薬工房
あ、素材渡すとお薬作ってくれるんだ。
ところでいつの間にかダンジョンってのができてるんだけど何だろうこれ。
ダンジョンを、作るの!?
お金かけてダンジョン作るらしい!
ダンジョンとは?
・魔物が入り込むダンジョンをジーノが作る
・中のトラップに引っかかって倒れた魔物のアイテムやポッチを入手するモード

とりあえず地の迷宮作ってみようかな。
+1000ポッチフルに追加してやってみるー!
▼厨房
さてジーノが汗水垂らしてダンジョンを作成してる間
みんなで森のサラダ食おうぜ!
なにやらイリアが手紙読んでるぞ。
イリア「ラブレターです」
えっ。
イリア嬉しそうだな。誰からだ。フェザートライブか?
ん?誰か盗み聞きしてた?
いや、うん、まあ、明らかにあいつだよな。あいつしか考えられないよな。
放っておこう(笑
ミュラ「誰から?」
イリア「シュラートがテラスファルマに襲われたときに治療した人のお孫さんから」
ミュラ「ええっ!いくつの子?」
イリア「4歳です」

ニド、最後まで聞いてけ。
ミュラ(さっきのニドだったら面白いな。黙っておくかフフフ)
ミュラ実に楽しそうだ笑
*翌日*
ダンジョンまだなのか。
とりあえず先進むかー。
■ラロスの森
朱キ斧キター!
デューカスさんの鎧に反応。
○朱キ斧拳法家
堅いな!
ミュラの魔法以外あんまり効かないんだね。
今炎の石60個くらいあるけど、常にそれくらい持ってた方がいいかもしれないな。
ロルフさんに教えてもらった魔法が大活躍だったよ!
何か探してたみたいだけどまあいいや。
フェザートライブ見つけたけどサトシンがチンタラしてたから逃げられてしまった。
■オロスク村
完全に朱キ斧が占領してる状態にあるみたいだけど
村人はその状態を歓迎してるみたいだね。
寧ろデューカスがいると騒ぎになって面倒なことになりそうだ。
どうするよ?
◆村の外で隠れてて
さっき裸になるとか言い出したしなー。
待っててなー。
▼宿屋
料理人みたいな人キター。
肉料理が自慢、だと!?
是非!是非本拠地に来てください!!!!
料理人はビョルンって言うらしい。北欧の方ですね。
そう言えばティアクライスにも明らかに北欧ネームなスヴェンってキャラがいたよね。
何故か女の子の名前だったけど。
ルルサとは同じ店で修行した仲でよく喧嘩してたらしい。
光景が容易に目に浮かぶな。
ルルサの知り合いってことで朱キ斧のこと色々聞かせてくれるっぽい!
人脈の力って凄いよな。
・表向きは歓迎してる
・でも実際はちょっと訝ってる
・アイオニアの兵隊を追い出した後居座ってる
・やってることはアイオニアと変わらない
・寧ろ村人をこき使ってて、アイオニアの連中よりウザイ
・武器や鎧を作らせてるんだよ
・おまけに村人が何人もいなくなってる
・村長も消えた
・村長はアイオニアの連中に好き勝手させないように頑張ってた
・そんな村長が村を捨てるわけ無い
・何かあったっぽい

村長の行方を探ってみた方が良さそうだな。
▼道具屋
朱キ斧に協力したくない職人が何人か逃げ出しちゃったらしい。
店主は朱キ斧を歓迎してるみたいだね。
▼市場
熱狂的な朱キ斧信者のおばさんに熱く語りかけられた。
冗談じゃねーよ。テラスファルマ使う一派なんかに入りたいわけないだろ。
▼民家・西
アイオニア兵嫌われてんなー。
▼民家・東
朱キ斧に憧れちゃってるお兄さんでした。
拳法習得すれば入れてもらえるんじゃねーの?個人的にはオススメしないけど。
一通り調べたんで一度デューカスさんと合流しようか。
ラロスの森で探し物をしてたっぽい朱キ斧の皆さんですけど
もしかしたら行方不明の村人探してるんじゃないかって話だよー。
■ラロスの森
あっまたフェザートライブだー!
ほら、さっさと口笛吹いて!
おおっ効いたー!!!
メアメイ「メアメイとお友達だよー!」
かっ……
かっわええええええええええええええええ。
どうやらメアメイのおうちに他にも人間がいるらしい!
村長かなー?
▼メアメイのおうち
かわええのうかわええのう!
おお!?ノデリさんキターー!
公式で気になってたキャラがどんどん出てきてくれて嬉しいなあ♪
どうやらノデリさんとメアメイたんは以前からの知り合いらしい。
ノデリさんの鍛冶の音に惹かれてメアメイたんから寄ってった感じみたいだね。
警戒心の強いフェザートライブが自分から寄ってくって相当なんじゃないのか。
ノデリさんの鍛冶の音にはそれだけ芸術性があるってことなのかな。
・村の北東にオロスク山って山がある
・朱キ斧の連中がそこに荷物を運び込んでる

やべえノデリさんのこの無骨な感じだけどおっとりしたテンション好きだなあ。
フェザートライブが惹かれたのが何か分かる気がする(笑
おっ!鍛冶屋として働くから砦に置いてくれって言われたよ!?
つーか戦闘参加は!?戦闘参加はしてくれないんですか!?
槌とか振り回して欲しいんですけど!!!
あっでもメアメイたんとお別れになっちゃうのか。
メアメイたんも一緒に……来ないよなあ。
「実家に帰ってみんなと遊んでくる!」って言ってノデリに気を遣って去ってくメアメイの健気さに牙ウサギみたいになって床転がった。
ひとつの純愛を見た気分だ。
メアメイたん、ノデリさんが家にいて凄く嬉しかったんだろうなあ。
人間同士のゴタゴタのせいでメアメイたんの幸せまで奪ってしまったようで
ますます朱キ斧に正義の鉄槌を食らわせたくなりました。
とりあえずアーロンの髭は一本残らず抜き去ってやらねばな!!!!
ロシェルさんは服が肌蹴たら許そうか。
そんでイケメンは生涯サトシンたちのためにファイアーウォールを作り続けると。
どうでもいいけどイケメンはちょっとトルワドさんと並んでみて欲しい気がする。
ほら何つーかぱっと見がシグルドとハーヴェイっぽい気が(分からんけど

■湖の砦
現実時間での翌日、砦に帰ってみたらダンジョンの結果報告がありましたー。
硬牙3、黒モモ肉3にまだらバラ肉1、お金は1850ゲットでした。
へー、倒したモンスターと所持品の内訳まで詳しく見られるんだね。
サージェントボア1体だけ仕留め損ねたみたいだ。
面白いけど、効率とコスパとしてはどうなんだろう。
今度は炎の迷宮作ってもらおうっと!
▼鍛冶屋
ノデリさーん!!!
ノデリさんやっぱ格好いいな。
公式で顔グラ見てちょっといいなって思ったんだけど
性格も好みな感じだ。
とりあえず剣と槍の切れ味を最高に鋭くしてもらったよ!
硬牙いっぱいあるからな。
鍛冶にお金かからないのいいね!
▼厨房
森のサラダ食べて寝る!
イリア「私の血が綺麗になっていく気がします♪」
ミュラ「疲れた」
デューカス「今日も飯が美味い!」
サトシン「美味しかった!」


よし明日はオロスク山登りだ!
posted by ヒグラシ at 23:07| 千葉 ☁| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

幻想水滸伝紡がれし百年の時(2)

4やTKの時同様キャラ弄ったりしまくってるんで
今更かもだけどそう言うの苦手な人はお気をつけくだされー。


■東方街道
通過だけ?モンスターもいないの?
■シュラート
イリアは町長の養女なんだよね?
なのに何で頭領と一緒に里にいたのかな?
お医者さんみたいな感じで出張してる、とかだったのかなー?
まあいいや町長に会おう!
と思ったんだけどどうやら留守らしい。
行き先を告げずにいなくなったらしいんだけどそれはレアなことらしくて
何だかちょっと不穏なにおいがするぜ。
▼宿屋
おおっ若いころはさぞかしイケメンだったっぽい雰囲気のおばさんが迎えてくれたよ。
シエスタ真っ最中らしいので一度引き返すことに。
▼民家・西
イリアさんの突然の訪問に何か勘違いしそうになってる若者の家でした。
何でそんな勘違いしたんだ?バレンタイン近いからか?
ぬか喜び乙。
▼武具屋!
トルワドさんと一緒に稼いだお金を物に替えるときがやってきた!!!!
おおこの店のじいさんも解説役だったか。
・アーロンとイリアがマルティリオンから来たのは20年前
・あの時は食い詰めた流れ者みたいだった
・この町は50年前の因縁で反アイオニアが多い
・でも町長は頑張って間を取り持ってくれてる
・自分もすべてをアイオニアに奪われたってのに凄いよね
・イリアは12歳でテルベの里での薬使いの修行に入ったんだよ
・だからパパンと暮らしたのは5年くらいなんだよ
・でもパパンと出会わなかったら死ぬか復讐鬼になってた
・50年前もアイオニアの兵隊がこの町を焼き払ったんだよ
・でもアーロンは憎むんじゃなくて人と幸せになることを考えろって教えてくれたんだよ

長ーーーよ何だこれ(笑
つーかプレイヤーなら武器屋には絶対に足を踏み入れるだろうってことで
ここに解説的会話イベントを設置したんだな。
つーかアーロンさん出来た人過ぎるだろ。
余所者を長に据えるとかこの町どうなってんだと思って話聞いてたけど
納得した!
ついでにイリアが里にいた理由も把握です。薬使いの修行してたんだねー。
お師匠っぽい人は特に見かけなかったけど、実はいたりしたんだろうか。
まさかルルs(あれは草使いだろ
5000円くらい使っていっぱい色んなもの買ったよー!
イリアたんにシルクのドレスまで買ってやったぞ!
凄いな町長の娘に服までプレゼントとか甲斐性あり過ぎるだろサトシン!
惚れてもいいのよイリアたん。
サンダルも買ったよ!
▼雑貨屋
あっ知ってるぞこのお兄さんイリアたんのこと好きなんじゃなかったっけ。
いや実は最初に名前挙げようか迷った程度には気になったキャラでな(笑
こう言う何だろう地味メン好きなんだよー。
ニドさんって言うのか。
ミュラ「分かりやすい人だな……」
うん、分かりやすい人だな(笑
へー!薬屋の若旦那で腕利きの調合師だってもう立場的には完璧にお似合いじゃないか!
ニヤニヤ。
ミュラ&サトシン「はじめまして!」
ニド「ああ、はじめまして(棒)」

うわー。
本当に分かりやすい人だ(笑
▼市場
オラオラ!取引すっぞ!!!
あれ、塩とか胡椒とか置いてないの?
まさかここでペリエ菜の名前を目にすることになるとはな。
▼民家・東
何か良く分かんないけどもてなしてくれた。
突然の訪問客が飲み物飲みつつ景色が堪能できる民家って凄いな。
誰にでも解放してるのかな。
自分ならお金取るけどな。
▼町庁舎
パパン帰ってきてたー!
おおおパパンイメージと全然違うな。
もっと無骨な感じの旅人っぽい人想像してたんだけど
何と言うか骨のような方だ。
でも声はぶるああああなんですね。
怪物の話したら猛烈に凹んでしまった。
秘書さんチチでけーな!この人がロシェルさんか。
・内密にしてくれ
・もう怪物現れないかもしれないし
・来るか来ないのか分かんないのに公表しちゃうと、ホラ
・騒ぎになるし、混乱するし

この煮え切らない態度は何か事情がありそうだねー。
あ、そっか。
怪物が現れたって明らかになったらアイオニアが介入してくるからか。
人々の安全と自由と誇り、どっちをとるかーって話だよねー。
ワイワイやってたら何やら部屋の外が騒がしくなったよ。
ん?こ、この小西ボイスは……!
ぎゃあああああああああああデューカスさんまたきたああああああ!!!!!
け、結構目立つキャラなんだなデューカスさん。
パッケージにいたけどこんなに序盤からばんばか出てくると思わなかった!
どうやらデューカスさんは
「100年目の化け物と会って勝ったヤツ」を捕獲しに来たようだ。
はいはいはいここにいますよー。
ここにいるけど、ど、どうしよう。
ここは黙っておくか?
◆そうです。
今更隠しても仕方ないもんなそうだよないや決してデューカスさんとお近づきになりたいってわけではだな……。
デューカスさんも目的のためなら何してもいいって言われてるらしいし
町に迷惑かけないためにもさっさと本国行こうぜ!
いや決して早く新しい町に行きたいからって訳ではだな……。
目的地は聖都タクシス!
聖皇レネフェリアス13世様が直々に話聞いてくれるらしいぜ。
凄い名前だな。
イリアたんも保護者的な感じで付いてくるらしい。
アイオニアギギギなのに大丈夫なの?
あ、パパンのお陰でもうギギギじゃなくなったんだっけ。
■聖都タクシス
何でデューカスまで都に驚いてるんだよ(笑
デューカス「俺ら田舎の兵隊が聖都に来ることなんかめったにねえんだ」
あ、そうなの?
デューカスさんそこそこ偉い立場の人かと思ってたんだけど
そうでもないのかな。
デューカス「俺だって10年ぶりくらいだぞ」
あなた何歳なんですか……。
親父呼ばわりされてるし、30代半ばくらいかなー?
▼森羅宮
アニメだ。
何だかカマカマしい陛下だな。趣味ですかそれとも仕事上のことですか。
イリアが物凄く礼儀正しく挨拶してるんだけど
その胸中慮るとちょっと複雑だよなー。
亜人の格好いいおっさんと強そうなお姉さんと……
ああああああああんルガト・ルガムさんきたああああああああああ!!!!!!
うおおおおおおおおおおおお何と言う香り立つ壮年の色気!!!
加齢臭?バカ言ってんじゃねーぞコラ。
ルガトさん1枚絵の傾き具合が素敵過ぎる!!!!
・我々は怪物をテラスファルマって呼んでるよ
・テラスファルマが初めて現れたのは300年前
・アイオニアはやつらと戦うために建国された
・すべては100年ごとに訪れる災厄を乗り越えるためにしてる
イリアの故郷を焼き払ったことも?
・蒼閃流もかつてアイオニアの剣士がやつらを討つために創始した

マキアはその直系の子孫らしい。
陛下が戯れにサトシンに「マキアと勝負して!」って言ってきたよ!
ルガトさんもいなくなっちゃったりテンションについていけないから断る気満々でいたのに
何故か選択肢出ないし(笑
こっちにはトルワドパワーが宿っているとは言え
アイオニアの偉い人に適うわけないだろー。
○マキア
トルワドパワーを食らえええ!!!!!
二之型アアアアア!!!
たったの15ダメージか。
でもその後大防御したらダメージ0だったよ!!!
ダメージ15VS0。
どうよこれどう考えてもサトシンの圧 勝 じゃね?
と思ったのに
サトシン「はぁはぁ……」
マキア「経験不足は否めません(キリッ」

えええええええええお前負傷したじゃねーかよこっち無傷なのによおおおお。
うんでも師匠のこといっぱい褒められたからいいや!
師匠は、ママン、だからな!!!!!

さて帰るか。
帰りもデューカスさんが送ってくれるらしい!
ミュラももうちょっと態度改めてやれよどう見てもいい男だぞこの人。
デューカスさん野暮用があるらしいんでその間町を見て回ることにしたよー。
▼宿屋・南
刀剣持ってる人の宿泊ダメらしいよ。
ちょっRPGで無茶言うなよ!絶対泊まれないじゃねーか!
これ、装備外せば泊まれるの?
泊まらないと仲間にならないキャラとかいそうじゃね!?と思って
マッパになって宿泊しようと思ったんだけど
裸にはなれるが武器だけは外せないようだ。
何のためにあるんだこの宿(笑
▼宿屋・東
綺麗なお姉さんが歓迎してくれました。
この待遇の差である。
▼武具屋
解説役キター!!!!
何でアイオニアの正規軍が「枝団」って呼ばれてるかとかの説明でした。
アイオニアは大樹にたとえられるんだって。
時代樹とも何か関係があるのかなー?
なるほどねー。
ルガトさんは岩の根ポジの人なのかな?
つーか立ち絵のルガトさん素敵過ぎてつらい……。
レザーブーツ購入!
ミュラのお下がりサンダルをジーノにプレゼントしてやろう。
イリアのがいいとかゴチャゴチャ言ってきたらサトシンの履き古しを突き付けてやる。
▼雑貨屋・東
陛下って何か光合成してそうだよねーとか
ダムディン将軍今年何個チョコ貰うと思う?とか
ルガトさんの壮年の色気凄いよねとかそんな話で盛り上がった(嘘
▼雑貨屋・西
「本日定休日」

やる気ねーなこの町(笑
▼市場
おじいさんに「気取ってないから余所者じゃろ?」って言われたよ。
はいはいかっぺオーラ丸出しですいませんでしたね。
サトシン「ミュラが何でも噛み付くからだよ」
ミュラ「サトシンがキョロキョロしてるからだろ」

ジーノに肉のお土産買ってってあげてもいいんだけど
トルワドさんと一緒に狩った思い出の100年前の肉を結構沢山持ってるんだよね。
だから、また今度ー。
▼民家・西
ここに住むことが出来て嬉しいおばさんへのインタビューでした!
地価相当高いんだろうしなー。
▼民家・東
都市設計に感動しているおじいさんへのインタビューでした!
▼民家・南西
ここは聖皇のお膝元だから、住む人にもそれなりの品格が必要らしい!
何と言うかそう言うのは住んでると自然に備わってくるものなんじゃないかと。
垢抜けるっつーか何つーか。
小田急とか乗ると何か乗客に洗練された雰囲気あるなーって思うし。
え?田舎者だからそう思うんだろって?
否定は、しねーよ!!!!
▼民家・中央
「聖皇様に呼ばれたって本当かよ見えねー!」

ってまたかっぺ扱いされました。

ひととおり回ったところで兵士が騒ぎ始めたよ。
ダムディン将軍はもうトルギアの砦に行っちゃったらしい。
はえー!
申し訳ないけどあの方鈍足そうなのにな。
あの巨体が高速移動してるところ想像したらときめきが止まらなくなった。
って、え!?
シュラートが怪物の大群に襲われてる!?
そ、それはやばい今すぐ向かわなければ!
■橋
うわーもう随分来てるな。
しかしモンスターデザインもうちょっと何とかならなかったんかなこれ(笑
個人的にはテラスファルマとソルジャーボアの強さにそれほど差が見出せないんだけど
何がそんなに強いんかね。
○テラスファルマ
テラスカカウエ結構しぶとかった。
コイツが空飛ぶテラスナントカを生み出してるんだよな。

あれ?デューカスさん何してるの?
人と戦ってんの?人型!?何で?
は!?この人たちが化け物呼び出してるとか
おいおいどんだけ人類の敵なんだよおい自重しろよ。
○ぶんぶんたち
ミュラとイリアに連携させてるんだけど結構いいね!
えええええええええええええええええええ
パパンなの!?
イリアパパンも加担してるの!?
・マルティリオンが沈んで20年
・テラスファルマが最も活性化するこのときを待っていた
・今こそアイオニアの根本に打ち込む斧をこの手に握る日!

あーなるほど本当はずっとアイオニアに復讐しようと思ってたのか。
しかし「可哀想なお嬢様」とか言ってロシェルは何だか愛人みたいなポジだな。
・我らは朱キ斧!
どんな中二ネームだよ(笑
せめてキを平仮名にしようぜ。
・憎しみで動いてるんじゃないよ
・アイオニアがある限り我々に幸福はないからだよ

詭弁じゃねーのか。
うーんでもまあ一理ある、んだろうからなー。
理由はどうあれアイオニアが村や町を焼いたりしてきたのは事実なんだろうし。
怪物が湧いて大変だってのに
人という怪物まで各地に現れてしまいました的展開と言うことですね。
この後マキアさんがかえんぎりみたいなのでモンスターやっつけて
将軍がトルギアの砦ごと突撃してきてポカーン。
退散するアーロンを追いかけてったらハーヴェイみたいなイケメンが出てきて
ファイアウォールして去ってってしまった。
「我らの同志になるならいつでも歓迎しよう!」とか言ってるんだが
この炎の壁のせいでそっちいけませんよ。
行かないけど。
■そのころのシュラート
ぼろぼろじゃねーか!
何でシュラートまで襲ったんだ?
・一行が去った後アイオニアの本隊がここに来た
・本隊を潰すためにテラスファルマを町で使用した

ううむ、アーロンさんなるほど若本ボイスキャラって感じになってきたな。
でもさそんだけテラスファルマを自在に扱えるなら
最初っから聖都行って一斉に召喚すれば良かったんじゃないkt
ミュラ「時代樹植えたらいいんじゃないかな?」
◆やってみよう!
◆いや……無理だよ

うーん、確かに持ってはいるけど今植えても意味無いんじゃないの?
100年前に行ってまたトルワドさんに「シュラートに植えてきてくれ」って頼むの?
トルワド大園芸ツアーになっちゃうだろそれ。
◆いや……無理だよ
100年前のシュラートに行くのは難しくね?って思って選んでみた。
サトシン「この町は50年前に一度焼き払われてるから無理だよ」
あ、そ、そうだった。
ニドに呼ばれたのでイリアに会いに行きます。
その前に。
▼崩壊した武具屋
イリアたんを気遣ってるジイサンええ人やのう。
▼市場
女性の友人にも朱キ斧に入っちゃった人がいるらしい。
「自分が生まれ育った町をこんなにしちゃっても平気なくらい
アイオニアが憎いんでしょうか」
面倒くさい世界だな……みんなテルベの里を見習えよ。
あそこではみんな慎ましく草食って魔石作って薬師の勉強して暮らしてるんだぞ。
▼町庁舎
イリアたんがつらく当たられてるぞ。
ほんっとどうしようもないパパンだなあいつは。
薬草が足りないので調達しに行かなくてはなりません。
北西のルシル平原に薬草が沢山生えてるらしいよ!
何?もう何年も前から荒地?
それは、過去に行くフラグではないのか!?
ニドさんが一緒に来たがったんだけどみんな丁重にお断りしてやがる。
待て待てそいつは戦闘キャラじゃないのか?
???「だったら変わりに俺を連れてってくれねえか?」
む!誰だ貴様は!?
って……

デューカスさんきたああああ!!!!!

仲間になるの早えええ!!!!!


つーか好感度設定?あるんだ!
ミュラはあんまりデューカスが好きじゃないみたいだね。
お前マジ男見る目無いな。
まあときめかれても困るけど(笑
■ルシル平原
はいダメー。
100年近く前に牙ウサギに荒らされて荒地になっちゃったらしい!
はい100年近く前!100年近く前来たよ!
100年前に行き、薬草をごっそりいただき!
そして誰か知り合いを作ってこの地の保護を求める!
これでOK!
◆うん、やってみよう!
時代樹使いに戻るよー!
あっでもその前に戦闘しよう。
デューカスさんとミュラたん組ませてるんだけど
「親父!もたもたすんな!」とか言われてて噴いた。
薬使いのトドメで倒すとボーナス結構もらえるんだね。
■湖の砦
▼魔石工房

ただいまジーノ!!!
町で買ってきたサンダルだよ!これで女の子にモテモテだよ!
魔石の作成をお願いしておいたよー。
ジーノは戦闘キャラにはならないのかー。
期待してたんだけどなー。
昔拳法やってたって話だしアチョーとか結構似合いそうなのに。
マセキチョップとかさー(ねーよ
▼母屋
この母屋は魔物図鑑と音図鑑とムービー鑑賞するために存在するらしい。
魔物図鑑とムービー鑑賞は幻想水滸伝には珍しいイメージ。
音図鑑があるってことは今回まさか音キャラいないの?
▼ルルサ
何だこのBGM(笑
へー!一緒に食事すると友好度上がるらしいよ!
ミュラはデューカスともっと仲良くしろよイリアたんは普通に仲良くしてるだろ。
あ、別に必要以上に仲良くしなくていいんですけどね(しねーだろ
・妖精のスープ
デューカス「うまいのはいいんだが野菜ばっかりだと物足りないな」
ルルサ「いいよ嫌なら食わなくても。おかわりされまくるのも迷惑だしね」
デューカス「おいおい食わねえとは言ってねえだろう美味いのは間違いねえんだし」
サトシン「アイオニアってどんな料理があるの?」
デューカス「色々あるが俺が一番好きなのはソルジャーボアの丸焼きだな!」

なん、だと……。
ペッカルスの丸焼きみたいなやつかじゅるり。
ルルサ「やだやだ、名前だけで胸焼けしてきそうだよ」
ルルサさんは一体何を食べてそのような身体つきになられたのでしょうかね。
デューカス「うめえんだぞ。とれたソルジャーボアをそのまま焚き火の中に放り込むんだ。
すると毛が焼けるから、焼きあがったらそのまま食えるって寸法さ」
サトシン「それ本当にアイオニア料理?」

鋭過ぎるサトシン。
デューカス「知らん。
まあ俺以外にそんな風にしてソルジャーボアを食うやつは知らねえんだが」

お前料理じゃねーか!!!
とりあえずデューカスはきっとダイアルフさんと仲良くできるんじゃないかなって気はした。

よしじゃあ今日はここまでー!
やっぱキャラが魅力的であれこれツッコみたいから
時間かかってしまうのう〜。
posted by ヒグラシ at 23:03| 千葉 | 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

幻想水滸伝紡がれし百年の時(1)

始めるよー!
石川さんの歌いいねいいね!
と言うかこの人の声って本当に幻想的な作品に合ってるよな〜。
ムービーに出てきたキャラはまだ全然分かんないから
シナリオ進んだらまた見返そう(笑
何となく、今回主人公があんまり主人公っぽくない気がします。
普通に仲間になりそうな雰囲気があるよなこれ。
うんでもすぐ慣れるんだろう(笑

基本プレー前からほとんど情報入れないんですが
(単純に公式行くのが面倒くさいだけ)
今回戯れに公式のキャラざっと見てみたよ!
絶対ひとりは心にヒットするキャラがいるだろうからさ〜。
実際第一印象で何人かいい感じだなって思う人もいたしな!
えっとね……
ノデリ、ルガト・ルガムさん、デューカス、ヨフール、ロドリク辺りがすげー気になる感じです!
(何でそんなに多いんだよ)
でもルガト・ルガムさんとデューカスが抜けてるかな!
うんまあプレーしてみたらどうなるか分からんけどな〜!
また違ったタイプの亜人さんも出てくるみたいだし楽しみじゃよ!
あっそうそう宿星占いもやってみたよ!
天?星だってさー!
リノでラージャでダイアルフ!
リノは微妙だけどラージャとダイアルフは嬉しい!
でも3人の中では一番リノっぽい気がするザ・無責任!


主人公の名前はやっぱ108ゲットだしサトツで……と思ったんだけど
サトツはどうしてもティアクライス主人公のイメージが強くってな。
と言うわけでサトシンにしたよ!
ほら!何かちょっと和の感じだしビジュアルのイメージと合ってね!?(ねーーーーよ
よっしゃーーーじゃあサトシンと一緒に!宿星108ゲットだぜ!!!!


おお、いきなりムービーだ。
亜人さんと愉快な仲間たちがでっかいモンスターと戦ってるぞ。
指揮してるトルネドみたいな名前のイケメン素敵だな。
魔法唱えてたロン毛の人はクールな感じかと思ったら
戦闘終わった途端「やったなニコッ」とか言い出してビックリした。
アチョーってたジイサンも素敵でした。


え!?は!?今の100年前の映像なの!?
ちょっあの人たち仲間になるんじゃないのかよ!
いきなり100年とかまたぐなよ心の準備できてねーよ!
あの人たち普通に公式キャラ一覧にいたよな?
あのロン毛のアチョーのおじさまとか亜人の人とか記憶にあるぞ。
そ、それともこれもタイムトラベル系のゲームだったりするの?
今それ流行ってんの?
過去を変えたけどその結果主人公が死んで世界は混沌に包まれましたーみたいなEDはもうやめてくれよ@FF13-2
主人公のママの格好良さに痺れて、
さてどうやら話は現代になったようです。
サトシンとミュラとジーノがイノシシ相手に仲良く修行中。
ジーノは戦闘参加キャラじゃないのか。リウ思い出した。
○ソルジャーボア×2
もさもさじゃないのかよ。
しかしソルジャーボアって凄い名前だな。
ボアって言ったら司祭だろ?@FEアカネイア
ジーノの修行のために早速魔石使ってみたよ!
戦闘画面の雰囲気はちょっと4を髣髴とさせるな!
今回戦闘メンバーって6人なのかなー。
多い方が嬉しいよね。5のみんなでワイワイしてる感じ好きだった!

そっかサトシンはあのイケメンの子孫なのかー。
トルネドとか言ってすまんかったトルワドらしい。
いずれにせよ顔の割に割と名前ゴツめだな。
もっとイケメンネームな感じかと思った(イケメンネームって何だよ
ノクトとかさ(それ中二だろ
ミュラとジーノの掛け合いは本当の姉弟のやり取りっぽくて面白いな。
ミュラは見た目が4のフレデリカっぽいなーと思ってたから勝手に弓使いかと思ってた(笑

村に戻ったら頭領たちが迎えてくれたよ。
あ、迎えてくれたわけじゃないのか。
どうやらこれからシュラートの町ってとこまでお出かけするところらしい。
いいなー町いいなー。
サトシンたちも連れてってくれよー。
あ、このイリアって子サントラジャケットにいたよね!かわいいよね!
実はチェックしてた子なんだよね!
かわいい女の子もいっぱい出てくるだろうから楽しみだよ!
あっミュラ姐さんも好きッスよ。
ふむふむ、どうやら
・今年は怪物が復活するとされる「100年目」
・だからアイオニアって国が協力・保護目的で強硬になってる
・怪物に備えてアイオニアの傘下に入るよう要請してきて
・どう対応するか近隣の都市と相談しに行くんだよ

ってことらしいよー。
確かに怪物が出てくるならみんな協力した方がいいかもしれないけど
口実に領土を広げようとしてるだけにも見えたりなんだりで
各地は少しざわついてる?みたいだね。
個人的には大きな国には忠義の騎士とかいそうなんで
早いとこアイオニアの人にも会ってみたい気がするんだけども!!!!!!!
とプレイヤーは暢気なものである。
だってさどうせ出てくるやつほとんど仲間になるわけだしさ(身も蓋も無い
■テルベの里
うーんのどかじゃのう〜。
▼道具屋
お喋り好きそうなおばあさんが
アイオニアの恐ろしさについて丁寧に説明してくれた。
解説乙。
とりあえず炎石と薬の花1つずつ買ってみるか〜。
あ、武器屋が先だったなー。
▼武器屋
噂に聞くトルワドさんこそ天魁星っぽいんだがどうなんだ。
イケメンだしな。いや主人公もイケメンだけどさ。
とりあえずサンダル二足な。
ジーノは素足で歯を食いしばれ。
▼民家
ルルサって人が美味しいご飯を作って待っててくれてるらしい!
何であんたがそんなこと知ってるんだってツッコミはしちゃだめなんだよな!
きっとこの辺までいい匂いが漂ってきてるんだな!
▼民家
男の人にも早く家に帰れって言われたよ。
お前ら何でそんな邪魔者扱いするんだよ(笑
魔物退治してきたんだぜもっと労ってくれよ。
▼民家
おお!あなたがルルサさんか!
何と言うか、健康的で美味しそうな色合いの方だ!
南国のフルーツのような……。ママチャって言いたくなる。
だが料理は米と野菜らしい。
いいじゃないか健康的だぞジーノ!
そうだ肉ばっか食ってたらくさくなってモテなくなる……ってそう言う問題じゃ……。
ジーノ「ホントかよ……」
ジーノ少年モテたいお年頃のようだ。
ミュラも食ったら即寝るとか言ってるしこの姉弟は何と言うかマイペースだな(笑
サトシンは真面目みたいだし、優等生ポジって感じなのかなー。
しかしこの里あんまり若い女の子いなそうだな。
ジーノもモテたいなら町とか行った方がいいんじゃね?
*翌朝*
ミュラはいくら寝ても眠い人みたいだな。気持ちは分かるがな!
そんな姉ちゃんに対してジーノは朝から材料の仕入れに行ってるらしいよ。
あいつも意外と真面目なんだな!姉を持つ弟って結構マメだったりするよな(笑
寝起きのミュラを相手にしてたらジーノが拳を握り締めて飛び込んできました。
どうした落ち着けモテないぞ。
ジーノ「アイオニアの兵隊がこっちに向かってる!!」
え!?マジで!?
もう会えちゃうの!?
ってときめいてる場合じゃねーな有事だ。
・東方街道に入った辺り
・人数は10人くらい
・攻めて来たわけでは無さそう

どどどどうしよう頭領いないしどうしよう。
◆頭領に知らせよう!
◆話をつけに行こう!

って選択肢出てんだけどどうしよう!?
ここはでしゃばらずに頭領に知らせるのがいいと思うんだけど
知らせに行くとなるとアイオニアの兵隊を里に入れることになっちゃうよな。
入れ違うよな間に合わないよな。
話をつけに行くとイベント起こったりして何か起きそうな気がしなくもないけど
子どもがいきなり調子こいちゃっていいのかなって気もするんだよな。
うーんでもせっかくだから調子こくか!
こくわ!
◆話をつけに行こう!
ジーノ「話つけに行くって……」

ででで、ですよねー。
選んでおきながらなんだがお前のそれは正常な反応だ。
サトシン「頭領が留守だって伝えて帰ってもらおう」
おお!いいねそれそうしよう。
ミュラにけしかけられてジーノも付いてくることになりました。
へー、一応武道の心得あるんだ!?今後戦闘参加するフラグかな?
ともあれお前も投石くらいできるだろ。いざとなったら頼むぞ。
投石の効果はバカにならんからな。経験値ももらえるし(何のゲームだよ
▼ルルサんち
ルルサおばさん心配してくれてるー。
大丈夫ちゃんと帰ってくるからまた米と野菜いっぱい用意しててください!
▼民家
お兄さんもあっさり送り出してくれました。
みんな落ち着いてるなあ。
▼民家
今気付いたけどこのおばさん結構キラキラしてるよね。
ちょっとロリータ的だよね。かわいらしい感じだよね。
「相変わらずアイオニアは汚いわね……」とか、アイオニア嫌われてんなー。
▼道具屋
おばあさんは30年若かったら同行してくれたらしい。
今もこのマシンガントークで力になってくれそうな気がするけどね。
おくすりちょっとだけ買っておいた!
▼武器屋
おじさんはこんなときも商売のことしか考えていないようだ。
逞しいのう!
ちょっと悩んだけどガラスの指輪買っておいたよー。
サトシンとミュラ!お揃いの指輪してるのに何か全然色気ねーな(笑
うんまあでもそう言うところを勝手に妄想したりしなかったりできるのも
このシリーズの楽しいところだよね!

そんじゃちょっと出かけてくるー。
■湖南の谷
ペリエ菜とか言うの拾って喜んでたら蝙蝠に襲われたよ!
チクショージーノ見張っててくれよ!
ミュラがサンドバッグ状態になってしまったので最後列に配置!
ジーノ肉の壁になってやれよ。
あのさーペリエって千葉駅に隣接してる駅ビルでさー(ローカル過ぎ
■東方街道
フー。
湖の遺跡も見て回ってたからちょっと遅くなっちまったぜ。
あ、兵隊さんもうそこまで来てたのか。

!?

!?


ほぉおおおおおおおあああああああああああちょおおおおお!!!!
デューカスさんもう来ちゃったアアアアアアアアアアアアアア
うわあああああああああああああ早ええええええええええええええ!!!!!!
マジか!
マジか!
マジか!!!!!!!!!!!
やべえ手に変な汗が(落ち着けよ
い、い、いきなり会えるとは思わなかった全然心の準備できてなかったホワアアアアアアア!!!!
女子どもプギャーとか言ってきた無礼な兵士を窘めてくれました。
いいねいいね素敵だねもういいよアイオニア傘下入ろうぜ!?(ねーーーーよ
「アイオニア聖皇国軍第4枝団第1先遣隊長」のデューカスさんだそうだよ。
長ーーーーよででも頑張って覚えr
デューカスさんサトシン見てすぐに蒼閃流だって分かったようです。
へー身のこなしが独特らしいよ。ところで鼻の下かく絵かわいいですねデューカスさん。
ん?他にも蒼閃流の人いるの?トルワド一族の人だけじゃないの?
光葉騎士団のマキアとか言う人も蒼閃流らしい。
え?あ?そうなの?
どうやらサトシンママンはアイオニアの人に殺されたらしい。
でもサトシン冷静だな。そしてジーノは何でそんなに滾ってんだ落ち着け。
やっぱコイツ連れてきたの間違いだったかな話が進まん(笑
◆納得できません
◆わかっています

うーん、親を殺されたんだからそう簡単には許せないけど
サトシンは落ち着いてるので一応ここは
◆わかっています
選んでおこうかな。
とりあえず今の目的はデューカスさんたちにお帰りいただくことだし。
よしよしお帰りいただけか。
話の分かる男だなデューカス隊長!
ジーノ「今度なんかねーよ!!!」
いや無いと困る!仲間になってもらわないと個人的には物凄く困る!
けどミュラも眠いって言ってるし帰るかー。
■湖南の谷
見たことの無いモンスターに襲われたよー!
○テラスエントマ×3
モンスターの口から生まれたモンスターがこちらになります。
空飛んでるからかなー。サトシンミスるなー。
お前は木の葉切りとか練習した方がいいと思うぞサトシン。
ウホッレベル上がったー!
ジーノを里に走らせて第二ラウンドと行こうじゃないか。
と思ったら強制的に戦闘終わっちゃった。
遺跡に逃げることになった……んだけど、あれ?
あいつら遺跡に入れないの?
トルワドパワーかな!?
あのイケメン、カリスマ持ちなだけじゃなくてこんな不思議な力も持ってたのか(勝手に決めんな
■遺跡
おお、木に花が咲いてる。
白い梶くんキター。いや、黒い、のか?
どうやら遺跡にモンスターが入ってこないのはこの花のおかげみたいだよ。
何だトルワドパワーじゃないのか。
この人が今作のゼノアポジなのかなー?
天間星ッスよね。
◆いや、やるよ
変な宝石貰ったので言われるままに花に触れてみました。
ミュラはああ言ってるけどどうしようもないときにはとりあえず得体の知れない人のアドバイスに従うのがRPGの基本なんだぜ。
そうしないと物語終わっちゃうからな。
ムービーだ!
そしてここのLoadingでデューカス隊長出てきたあああああああああああああああああん。
つーかこのLoading、凄く出来よくない?
動きが細かくしっかり作られてて見てて楽しいよ!
全員分あるのかな?もうデューカスさん見られたからお腹いっぱいだけど。
で、どうなったんだ?
・遺跡が綺麗になった
・時間をさかのぼった
・この木は時代樹
・さっき渡した宝石を持った人が触れると100年前に戻れる

ねえもしかしなくてもここ後の本拠地だよね?
つーかBGMいいなー。
またペリエ菜見つけて喜んでたらイケメンきたああああ!!
あれに見えるは間違いなくトルワドさんではないか!
うひょおおおおおサインだサインください手型も出来れば!!!!
トルワドさんすげえ器でけえ流石英雄だな。
こんな不審者の言うことを信じてくれたぞ。
やべえファンになりそうだ。もうファンだ。

トルワド「100年後に連れてってくれ」

えええええ!?
ちょっ物分りよすぎっつーか面倒見よすぎっつーか
おせっかいっつーか……
1ヶ月前まで戦ってたのにまた戦うっていいんですか。
◆いいんですか……?
トルワド「ここは俺たちが守った世界だ。
それが再び怪物に脅かされていると言うならたとえ100年後だろうと行くまで」

か、かっけーーー!!!!!!
トルワド「興味もあるしな!」
楽しそうだ(笑

ええええええ時代樹で過去の人連れてこられないのオオオオオ?
何だよじゃあトルワドさん仲間にするのは無理なのか。
アトリみたいなもんだよねこの人?
もう一度戻って、今度はモンスターへの対処方法を教えてもらおうと思うよ。
蒼閃流の技教えてもらうのか。
最初のモンスターなら1日くらいで何とかなるらしいよすげーな。
ってオオオオオオ!!!!
トルワドさん仲間にできんじゃん!
100年前限定で使えるってことかな!?
レベル50つええええええええええええ!!!!
しかも技で師弟関係とか結べるんだ!?
凄い凄い!
あっおこれで二之型を覚えるのがもしかして目的?
あ、ソルジャーボアがいっぱいわいてるらしい。
ボア様自重してください。
それを一気に退治する技を覚えるそうだよー。
おおっ何か戦闘の幅が一気に広がった!
しかも色々ボーナスいっぱいついたよー!
3回戦っただけで技覚えちゃってうんなんかトルワドさんすいません。
◆そうだね……良かった
◆これでいいのかな……

う、うーん。
何が気になってるのか知りたいから
◆これでいいのかな……
あ、やっぱ大して努力もしないで人の技ゲットしたことを気にしてるのか。
本当だよな私がトルワドさんだったらギギギぐぬぬだわ。
だがトルワドさんはそんな凡人の器では無いので
「俺は構わない!」と相変わらずの目映過ぎる爽やかスマイルで一蹴してくれた。
器でか過ぎる……もう何か地面に頭こすり付けて拝みたいわ。
せっかくだから少し修行して帰ろうかな!
うおおおおお本気トルワドさんつえええええええええええええええ。
お金が20000くらいになるまでお世話になりました!
レベルも10になりました!
トルワドさん!お世話になりました!!!

*現代*
おおっ砦が綺麗なままになってる!
どうやらトルワドさんが砦が荒れないように手を打ってくれた?っぽいね。
こうやって現代と過去を行き来しながら、今を変えていくのかな?
おわールルサさんが迎えに来たぞ。
外にはあの変な口からモンスター出すやつがうろついてるって言うのにこんなところまでどうやって……って、砦の厨房を預かる身になってるらしい。
うわー結構がっつり未来が変わるようになってるんだな。
砦にはジーノの工房まであるらしいよ。
■湖の砦
▼ジーノの工房

あの野郎いつの間にか工房を持つ身になってたとは……。
ちょっミュラさん魔石全部持ってっちゃうのかよ!
ミュラ「あいつの魔石は私のものだからな!」
そ、そうですね……。
▼厨房
ご飯食べさせてもらったよー!
また米と野菜ッスかね。
▼母屋
それどころじゃねーってサトシンに言われたので里に行きます。
道中のモンスターも全部退治した!
■テルベの里
えええええええええええええええええええ!!!!
里やられちゃってる!!!
ぎゃああああジーノ!!!
ええええええええええええ!?
マジで!?!?!?!?!?!?!?
ジーノお亡くなっちゃったよ!?
菜にこれ超展開過ぎる。
もっと早く戻ってきてれば良かったの?
20000とか稼いだからまずかったの?
ええと……これからどうしようね。
やっぱ頭領にこのこと報告した方がいいと思うんだよね。
◆頭領と合流しよう
ミュラ可哀相だよう。
何も考えられないよなーどうしようもないよなー。
あ、ゼフォンが来たよ。
・過去に戻れること忘れた?
・時代樹では100年前にしか戻れないけど
・時代樹の花は怪物を遠ざける
・100年前に戻って里に時代樹植えれば〜?

おおおおおおお!!!なるほど!!!!!!
よしやろう早速やろう!
◆分かった
◆本当に、いいのかな……

って何だサトシンまた何か悩んでんの?
◆本当に、いいのかな……
あれ?何悩んでんのか知りたくて選んだのにミュラに一蹴されて終わっちゃった。
サトシン、過去を変えて未来を変えることに逡巡があったりするのかなー。
■砦
時代樹の苗木貰ったよー。

*100年前*
わートルワドさんまだいたの(笑
もしかして砦を100年保つための下調べとかしてたのかなー。
笑顔が眩しいッス!ときめきが止まらんッス!
そのトルワドさん置いてサトシンダッシュ!
でもエリチェンした途端100年後の砦に戻されちゃった。
どうやら時代樹から離れ過ぎると現代に戻ってしまうらしい。
えーじゃあどうすればいいのさー。
トルワド「俺が植えてくればいい」
おおーーー!!そうだ!それだ!
うんでも何か何から何まで世話になりっぱなしで申し訳ない感じだよね。
◆でも、何から何まで……
トルワド「何を遠慮してるんだ?(笑顔)」

ぐわあ、ぐわああああああああ。
トルワドさんのこの笑顔無邪気過ぎて心臓がつらいどうしよう。
い、いかん私にはデューカスさんと言う人が(黙ってろ
トルワド「テルベの里は俺にとっても故郷だ。
100年後の故郷を守れるなら、100本だって植えてやるさ」

里を守るために苗を植えまくるトルワドさん想像したはああああああああああn(もうね
トルワド「俺たちの時代にもあればなあ。
でもお前たちは使えるぞどんどん植えるんだ!」

おおっそうか!
何と言うことだ今作の幻想水滸伝は園芸ゲームか!!!
園芸水滸伝か!
ゼフォン「それはどうかな〜」
え?
ゼフォン「何で怪物が時代樹に近付かないか知ってる?
良く知らないことに頼って大事なこと決めちゃまずいんじゃないのって話。
大体、絶対近寄れないわけじゃないかもしれないし」

えー。どうすんだよー。どうすればいいんだよー。
あっでもさっきゼフォンは「1本の時代樹から1つの苗しか取れない」って言ってたよね。
使いどころを間違えるなよってこと……なのかな。
何となく108星集められる集められないに関わってきそうな気がするな。
無理ゲーな気がするけどききき気をつけよう。

*現代(聖皇暦300年)*
■テルベの里

ドキドキ……。
おおっ時代樹発見!
おおおおおおおおおお!!!!
ジーノォオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!
うおおおおおおおおおお良かったのう良かったのうミュラ!!
もっとぎゅーっとしちゃえぎゅーっとぎゅーっとニヤニヤニヤ。
あ、ルルサさんは里の様子見ちゃってたのか。
ゼフォンが上手いこと誤魔化してくれたけど、
時代樹のすぐ傍にいた人には影響与えちゃうんだね。
サトシン何か引っかかってるんだな。
◆何か、引っかかる……
何かを選ぶってことは何かを殺すってことだもんな。
パラレルストーリーのお約束だよな。
あんまり調子に乗ってると「殺された未来なんだよ!!!」とか言いながら
眼鏡掛けたナイスミドルが聖龍剣放って来るぞ@クロノクロス
ジーノが今わの際に本当のことを話してくれたこととか
そう言ったことが無かったことになってしまうのはどうなのかなとか思っちゃってるみたいだね。
ゼフォンが百万世界の話をしてくれて罪悪感がちょっと薄れました。
おおー頭領たち帰ってきた!
チッ町行きはナシかー。
頭領「お前たちこのままシュラートへ行ってもらえんか」
と思ったらキター!!!!!
・町長のアーロンに怪物のこと知らせて欲しい
・厳戒態勢をとらなければ

えっイリアたんも一緒に来るの!?
ワーイやったーー!!
砦の前でルルサとジーノとお別れ。
ジーノにとってはジャガイモとかも草なんだろうか。
イリアはサトシンたちの様子がちょっとおかしいのに気付いたようだ。
◆やっぱり……分かる?
分かりやす過ぎるくらいとか言われたし(笑
年齢は
イリア>ミュラ>サトシン なんだな。
こう言うほんわかした薬ポジションの女性好きなんだよー。
ってイリアまさかの戦闘キャラなの!?
て、てっきりサブのヒーラーさんかと……。

じゃあ、行って来る!
posted by ヒグラシ at 00:31| 千葉 ☀| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

幻想水滸伝紡がれし百年の時

20120209[1].jpg
届いたよー!

サントラと設定資料欲しかったから
特典付買いましたー。
音楽は間違いないだろうからサントラは絶対欲しいし
何より設定資料集がさー。
幻想水滸伝5も特典版買ったんだけど
あれに付いて来た資料集がとんでもないクオリティだったんだよね!
とにかくキャラひとりひとりのイラストが大きかったし
ラフ絵なんかも紹介されててすっごく嬉しかったんだよ。
あれは今でも自作カバーつけて本棚のいいとこに収納してるくらい大事にしてるし
(今でも大好きなキャラがいるってのもありますが)
きっと今回の資料のクオリティも期待できるんじゃないかなーと思っててさあ。
実際手にしてみたら納得の分厚さでああもう早く見たいよう!!!
ネタバレしたくないからまだしばらくは未開封にしておくけど
開くときを楽しみにしてるよ!
そうだ。それから台紙付書き下ろしイラストなんだけども
これはどうも品質に問題があるとかで、コナミから
「いずれ交換するから開けないで持ってて」
ってメールが来ました。
何と言うか……確か幻想水滸伝5のときも同じようなことなかったっけ?
あれはソフトのパッケージがどうのこうのって話だっけ。
確か配送業者が交換に来て恥ずかしかった記憶が……。
今回も同じことになるのだろうかどうなんだろうか。


まあいいや!ゲーム始める……前に
ちょっと幻想水滸伝の思い出みたいなものを語ってみる。
ブログでは4とティアクライスしかレビューしなかったんだよな。
シリーズでは4、ラプソ、5、ティアクライスとプレーしました。

一番好きなキャラが多かったのはダントツで4かな。
つーか4は何だかなってキャラがひとりもいないんだよ本当に凄いと思う。
(あっいやリノだけちょっとアレなんだけど笑)
でもどのキャラも、妙に心惹かれちゃうんだよね。
内面がしっかり描写されたキャラは多く無いんだけど
目安箱が絶妙だったんだろうなと思う。
後やっぱりキャラデザは同じ人がしてくれた方がいいかなー。
とても大変なことだと思うから多くは求められないと思うんだけど
それでも、4のキャラは統一感があってとても好きです。
4で特に好きだったのはラズリル組とヘルムート、それからパブロさんでした。
トリスタンとかユウ先生とかフレア王女とかコンラッド先生とかグレン団長も好きだ!
とか言ってると芋づる式に全員出てくるからこの辺にしておこう。
でもみんな大好きです!女の子もみんな好きだ!
シナリオはあってなかったようなものでしたが
スノウと罰の紋章をとりまく設定と物語の大筋の流れ自体は秀逸だったと思います。
テーマが「赦し」ってのがこれまた凄い。
スノウを許さないと主人公が生きられないって設定との絡め方が完璧。
うんその素晴らしい素材の料理自体は最低だったけどな……。
でもさー罰の紋章のテーマ曲とかさー名曲過ぎてこれまたもうな……。
4のいいところは、あんまり特定のキャラばかりがクローズアップされて無いところかな。
5とかティアクライスプレーして、キャラの扱いに大分差があるなーと感じたんですね。
あっいや、勿論ある程度はしょうがない部分だと思うんですけど。
でも4はどのキャラも扱いが割と均等なのと、
「存在感を放つキャラ」にも強い説得力を感じて、それが凄く良かったなーと。
たとえばキカたちの存在感が強いのは、彼女が有能であることだけじゃなくて
罰の紋章にも思うところがあるからですよね。
個人的な思い入れがあるからこそ、彼女は主人公たちに尽力したいと思ってる。
だから存在感がある。
勿論キカ一味はみんな魅力的でスタッフがプッシュしたい気持ちもあったんだろうけど
そう言ったいやらしさは不思議と希薄でした。
これは個人的に物語の作り手にはかなり大事にして欲しいポイントなんで
4のそう言ったところは高く評価してます!
ラプソとセットでとても好きです!
ラプソは……ブランドのイベントで泣いたなー。
でも、どうしても4への思い入れが強くて
そこまで新キャラたちに入れ込めなかったなーと言う気がします。
戦闘システムは面白かった!


でもプレーしたシリーズひっくるめて一番好きなキャラがいるのは5です。
色々とダントツで、今でも大好きなキャラです。
レルカー西の中洲の顔役、オロクさんです。
二次元における好みのタイプってのは我ながらかなり多い自覚がありますが
オロクさんみたいなタイプが多分一番深くのめりこみやすいです。
ビジュアルだけでもど真ん中なのに性格がもう、もうもうもう。
ツンツンしてていけすかないんだけど
実は物凄く大切なものがあってそのためならどんなことでもするぞって言う……
本当は凄く情熱的な部分を持ったキャラって言うのがね!
もうね!!!
シナリオは中盤まで凄く面白くて、そこからやや失速したかなって感が否めないんですが
オロクさんに出会えただけでもプレーした価値がありました。
みきさとさんと言う素敵なイラストレーターさんを知ることも出来ました。
(今はお仕事お休みされているようですが)
あ、後は、そうだ。
女王騎士の猫叉アレンジは人生で出会えて良かった楽曲のひとつです。
特典版に付いて来たCDで聴いて衝撃受けて、今ipodの再生回数も4桁行きました。
今でも2日に一度(トップレートプレイリストに入れてます!)は聴いてます。


ティアクライスはシナリオ、設定面で非常に丁寧に作られた作品だな、と感じました。
システムにいささか問題を抱えた作品だとは思いましたが
物語とキャラの絡め方はとても丁寧で、良くできた作品だったと思います。
シナリオは好みがありそうで、個人的には主人公陣営の正しさをちょっと過剰に強調し過ぎなところがあるかなーとは思いましたが、色んな立場のキャラたちが集まる説得力のひとつにはなってたかなと思います。
オロクさんにはちょっと及びませんがこの作品のルバイスさんも
もーーー本当にとてもとても好きなキャラです。
ルバイスムバルミズラックが不動のマイ一軍!!!!
帽子万歳!!!!!!
複数の人がキャラデザしてた割には、キャラグラ化する際に手が加えられていたからか
妙に統一感感じました。
みきさとさんも参加されててとっても嬉しかったです!
亜人キャラのバリエーションと魅力は数あるゲームの作品の中でも随一では無いかと思ってます。
種族らしさってのを考慮した性格付けがされてた辺りにも唸らされました。

123をプレーしてない私はシリーズのファンを名乗ってはいけない気がしますが
(ソフトは家にあるんでいつかプレーしたいです!)
とりあえず新作楽しんできますー!
posted by ヒグラシ at 23:17| 千葉 ☀| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

幻想水滸伝 ティアクライス 総括

資料集とか注文しちったZE☆
2冊出てるよな。どっちが何だか良く分からんけど
多分1冊買ってももう1冊が気になって仕方なくなることは明白だと思ったんで
まとめて購入してしまいました。
届くの楽しみだ〜♪
サントラもこれで心置きなくアルバムシャッフルとか出来るぜ。
そしてブックレット見てファラモンの音楽が岩田さんと分かってニヤニヤニヤ。
ベイシス臭半端なかったんでもしやとは思ってたんだけど、参加してたんだねえ!

ゲームとしての総括みたいなものです。
◆キャラクター◆
文句ねえし。
108人+α、何でこんなに個性的かつ魅力的なんだかな〜。
凄いよな〜。
幻想水滸伝4をプレーした時も感じたんだけど、各々のキャラが個性を放ってるだけじゃなくて
愛着が沸くような設定やミニイベントがちゃんとあるから凄いと思うんだよね。
今作の場合はクエストがそれに当たるのかな?4では目安箱があったよね。
クエストは報酬がもらえるだけじゃなくてキャラ自身のこと、意外なキャラとの関係なんかが分かったりするのもとても面白かったです。
もっと数多くて良かったと思うんだけど、そこはDSに求めてはいけない領域かな。
大体90人以上を戦闘キャラにしてくれたってだけで、キャラスキー育成スキーには垂涎ものだったんですよ。
ちょっと表現が気持ち悪いかもしれないけど、キャラを育てるという行為は愛でるってことと近しいものがあるじゃないですか。
自分で装備品とかカスタマイズして、パーティとか隊列とか決めて戦わせて育てる、と言うのはやはりRPGの最も重要な醍醐味の一つだと思うんですよね。
それを実に多くのキャラで行うことが出来て、本当に嬉しかったです。
正直時々作業してるなって思ってしまったこともあったけど、概ね苦行だとは感じなかったよ。
惜しむらくは腕試しをする敵の数が少ないって事だけど、これはバトルの方で語りたいと思います。
どのキャラもとても魅力的だったと思うんだけど、個人的に
おっさんキャラの描き方が軒並み秀逸だと感じました。
1作品の中でこんなに沢山のおっさんキャラを個性豊かにバリエーション豊富に魅力的に描いた作品を他に知らないよ。
おっさんスキーにとってはバイブルになりそうな位たまらない作品でした。
褒めてばっかりでも気持ち悪いかな。
ええと、素晴らしかったんであまり気になることは無かったんですが、
1つだけちょっと引っかかったことがありました。
結構この作品は「キャラのことや印象を相手や第三者に語らせて表現する」って手法を結構取ってたと思うんですよ。
それが軒並み「キャラを持ち上げる」と言う目的に集約されてたように思うんで、
そこはもそっとバリエーション欲しかったなーと言う気もしました。
主役をはじめ立派なキャラが多かったのは分かるんだけど、皆が皆褒めたり好意を寄せるんじゃなくて、寧ろその真逆の……人間くさい部分なんかも表現してくれると良かったキャラもいたなーと。
例えばそのキャラのことを訝ったり距離を置くキャラが少しでもいれば、更に奥行きが出て非の打ち所がなくなったんじゃないかなと思いました。
主人公はとても素敵なキャラだけど、最後までビジネスライクなキャラがいてもいいかなとか。
ライテルシルトトリオが割とそうだったかな。

◆ストーリー◆
勧善懲悪として分かりやすかったんで、話の筋を見失うことは無かったです。
でも個人的に幻想水滸伝は善悪ではなく人と人の思想とか利害の対立とかそう言うことで剣を交える作品みたいなイメージがあったんで、このパターンはちょっと意外でした。
ベルフレイドが持ってたのはあくまでも彼の事情で、話の流れからはそこに正当性を見出すのは難しかったからなー。
百万瞬殺とかしちゃったもんねえ。
もっと彼の考えである「最高の1日に酔うってことも究極の幸せ」ってことを強調するなりすれば、思想の対立足りえたかもしれないんだけどね。
でも、道中先の読めないストーリーには常に興味を惹かれたし
特にディルクの振る舞いなんかはフリーダムでどう転ぶか全く分からなかったんで
ドキドキしながらプレーしてました。
どんでん返しも多かったしなー。
クーガがなー。
クーガ……。
最近シナリオの流れだけでドラマティックな展開を演出させる作品って減ってると思うんですが
この作品はそれを充分に味わわせてくれたと思ってます!
クーガの真実とディルクの最期はもう本当に衝撃的で、
是非色んな人に味わって欲しいイベントだなと思ったよ。

◆システム(バトル以外)◆
メニュー画面とかの雰囲気はとても好きです!
レイアウトもデザインもカワイイよね。
このゲーム、システムはちょっと不親切だったね。
パーティの入れ替えが一番残念でした。
人数多いからには頻繁な入れ替えがもそっとサクサク出来るようにしてくれると
嬉しかったかなー。
外すキャラの位置からスタートするってのが少しストレスでした。
まあやってるうちにどのキャラがどの辺ってのは一通り頭に入ってくるから
要は慣れだと思うんだけど。
後は星の印の付け替えは自由に出来ると良かったかなあ。
まあこれは私の不注意だけどさ、レベル上げに出かけてからああ……忘れてたし、みたいなことが結構頻繁にあってだな……。
うん、でもこれは不注意だね(涙
それから……やっぱ買い物だ。
試着出来るのは本当にありがたかったけど、
装備品の強弱が一目で分からないのが残念でした。
どの武具も素手、裸に対してどんだけ上がるかって表示だったんで
今装備してるのと見比べるのが一手間でした。
武具の種類が豊富だったのは凄く楽しかったけどね!
交易品で素材が増えてくにつれて良い武具が増えていくってシステムもリアルに世界を感じられてとても良かったです。

◆システム(バトル)◆
各装備品におけるモーションがどれもこれも良く出来ててなあ!
概ねポリゴンの残念さを補って余りある格好良さだったと思うよ。
お気に入りは槍です。
前後に揺れてんのが格好良くて、ミズラックに槍持たせて良かったと常に思ってたよ(そこかよ
それから、上手く使いこなせなかったんですが3すくみシステムは素晴らしい。
どの武器にも一長一短あるって言うのは、色んなキャラを使うひとつの選択肢になるよね。
ただその情報が事前に分かるともっと計画的なパーティ編成が出来たのになーとは感じました。
せっかく色んなキャラに活躍のチャンスが訪れてるのかもしれないのに
本編中では上手く使ってあげられなかったかなーと、ちょっと心残りがあるんですよ。
星の印は、キャラによって色々、まちまちって言うのはとても面白かったと思います。
ただエフェクトは……もっとシンプルで良かったんじゃないかな。
このゲームはとても素晴らしいと思うんで、それゆえバトルエフェクトのモッサリ感が本当に残念でした。
それから経験値のシステムも一考の余地があるなとは思うんですが
これは幻想水滸伝の伝統だもんな。
ただ、レベル99まで育てるのが事実上不可能と言うのが悔しかったです。
ヌザートの部屋が色んな意味でラインホルト道場並だったら良かったんだけどなー。
味方とも戦ってみたかったなあ!
道場ではウォーロック、ジーン、マキシン、ビッキー辺りが鬼畜仕様だったなあ!
きっと今作でも道場があれば、シトロズ、アストラシア組辺りの定番組は言うまでも無いとして
意外な人とかが強敵に感じたりすることもあったんだろうなーとか思ったよ。
素早いキャラ、魔力の高いキャラは脅威だよな。
ディアドラとかソフィアとか出てきたら涙を飲んで集中攻撃、とかしないとダメそうだ。

◆音楽◆
相当クオリティ高かったと思います!
ティアクライスで最も素晴らしかったのはやはりキャラクターだと思うんですが、
次が曲かな。世界観も良かったなあ。
やーでももう平原と空1曲だけでサントラ買う価値があると言っても過言じゃないだろコレ。
と言うか私自身がそんな感じでした。
シナリオ序盤にしてすっかり平原と空に心を奪われてしまってプレーもままならないんで、しょうがないからサントラ買って平原と空だけヘビロするような事態に陥ったからな。
他にも主に都市の音楽が軒並み素晴らしかったなあと言う印象です。
ナイネニスの弦の甘い響きとか、サルサビルの変拍子とか
美しいだけじゃなくて中毒性の高い良曲が本当に沢山あったよね。
音もDSにしては随分良く感じたなあ!
出撃の烽火の弦の音なんか疾走感あって素晴らしかったよ!
サントラとも長くお付き合いしていきたいです。

いや〜、とても良いゲームだったよ。
薦められてプレーした作品だったんですが、こんな素晴らしいゲームの存在を教えてくれて本当に感謝しています。
おっさんスキーとしては正に宝だよ!
本当にありがとうございました!
posted by ヒグラシ at 02:32| 千葉 ☀| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

幻想水滸伝 ティアクライス(59)

ED後日談の感想になります。

EDもう1回見直してみました。
やっぱり第3段階の火力には参ったぜ。
でもEDの雰囲気いいよ。歌とても好きです。
キャラのその後後半で流れる造語?っぽい歌詞の曲が特に良いねえ。
その後日談でちょっとツッコみたいなと思った人がいたりするんで
抜粋で書いてみたいと思います。
本当は全員ガッツリ語りたいところなんだけど、いい加減レビューが半年近くに渡ってしまってて冗長過ぎる気がするんで自重します。
でも、EDを迎えてしまうのが勿体無いと感じる位
どのキャラも素晴らしい素敵なゲームだったよ!
ティアクライスソート(コチラ)もやってみました。
下の方に上位21人を書いてみたよ!
20人じゃなくて21人にしたのは、21位が主役だったからさ。
★サトツ(主人公)
わ団続けるんだな!
終盤位までは、一なる王を倒したらわ団は解散→サトツたちはシトロ村へ帰る ってEDになると思ってました。
でも決戦前日の話とか聞いて回って、ああもう安易に解散とか出来ない位の影響力を持つ団体になってるんだってことをひしひしと感じたよ。
一なる王を倒すためだけの暫定的な繋がり、みたいなものを超えてしまってたもんな。
幻想水滸伝4ではクールークと言う共通の敵から独立を守るためにみんな利害で集まってる的な雰囲気があったんで(ビジネスライクだと言ってる訳ではないです)、幻想水滸伝の108星って言うのはあくまでも共通の目的を果たすために集った者たちで、それが終わったら散るものなのかなーと勝手に考えてたんですよ。
でも、今回はそう言うわけではないのだね!
勿論自国に帰ってしまう人が多いんだろうけど、
頼めば飛んで来て協力してくれそうな人たちばっかりじゃないか。
サトツは柄じゃないって言うだろうけど、もう一つの国として扱われてる感じだよね。
ミーネはライテルシルトからも何らかの接触があるだろうって言ってたしな。
当分この周辺各国で大きな影響力を持つ一団であり続けるんだろうねえ。
★リウ
ルオ・タウの予想通り里にはあまり帰らなかったのかな。
でも、スクライブの長とわ団参謀と言う立場を両立させたって言うのは凄いねえ!
あんまり体力なさそうなのに意外とバイタリティあるよなリウ。
ディルクの稽古の賜物ですかね。
★ジェイル&マリカ
脇をリウとこの2人が固めてる限りわ団は安泰だねえ。
終盤(ディルク退場後かな)やや空気気味になってしまったのが非常に残念だけど
サトツが無事わ団の団長として大きな仕事を果たすことが出来たのは
サトツの才だけじゃなくて、間違いなく3人の尽力が大きかったとも思ってます。
最初から最後まで素敵な友情パワーを見せてくれてありがとうございました。
シトロのみんな大好きだよ。
★ゼノア
北辰行ったの!?
てっきりもうこの世界とはオサラバしてしまったのかと。
あっでも他の世界の一なる王も消えちゃった訳だよな。
彼女も他の世界に渡れなくなっちゃったとかそう言うことはあるんだろうか。
いや、ゼノアは扉使って移動してた訳じゃないだろうから関係ないよな。
彼女の北辰行きは、続編フラグな気がするね〜。
つーかユラの存在そのものが続編フラグだったのかもな。
その時は、ムールゲントも出てきたりするかな?
★ダイアルフ&サーヴィラ
やはりそうかニヤニヤ。
遺伝子パワーは半端ないだろうし、いずれロアを率いる素質を充分に兼ね揃えた
立派な子どもが生まれそうだねえ!
あ、でも世襲じゃなかったな。
しかも男の子を生んだとは限らないよな。
★メギオン&エウスミール
こっちも結婚したんだね!結婚って表現になるのかどうか分からないけど。
やっぱりあの遺跡で生活してるんだろうか。
子どもって1度に1人なのかな。それとも何人か生むのかな。
サーヴィラとは子どものことでもひたすら競ってそうだな。
間違いなく生涯の友じゃないか。
ダイアルフのところの子どもと性別が異なった場合、非常に高い確率で愛が芽生えそうだね。
んでもって父親はともかく母親を説得するのが至難の技だねってことになりそう(笑
★ディアドラ
いなくなっちゃったのかー。
まあ、色々と過去抱えてるっぽい人だったし何よりもとはベルフレイドの腹心だった訳だからな。
確かに全てを水に流してわ団と関わり続けていくことにもちょっと引け目みたいなもんがあったのかなあ。
幸せになれてるといいなあ。
ホツバといい感じにならないかと期待してたんだけど残念でした(笑
★クロデキルド
女王に即位したんだね!おめでとう!やったね!
でもカリスマ性は言うまでも無いし武勲にも秀でた人だけど
政治の方はどうかな。
まあグントラム、メルヴィスがいれば問題ないか。
アスアドさんが追っかけてったみたいだけど、結局2人はどうなったのかな〜?
★アスアド
追っかけてっただけじゃなくて地位まで貰えちゃって破格の待遇じゃねーか!
ヘタレさん的な印象が強かったけど、最終的には勝ち組になれたんですかね。
まあ王室魔道兵団のトップになれたとは言え、クロデキルドの周りにメルヴィスとグンドたんがいることに何ら変わりはない訳だけど(笑
★ロベルト
サトツ命っぽい側面があったから、EDではアストラシアを離れて
正式なわ団の一員になってるかもしれないと思ったんだけど……
ロベルトって凄くマトモな人だよね。国を、クロデキルドさまを捨てるようなことはしないよね。
性格の割に常識人と言うか自重してるって言うか、節度を守ったしっかりさんだったなーと最後まで感心しました。
どうでもいいけど最終的に、個人的にはこの人が一番イケメンさんだとも思いました。
顔、髪型、髪の色、ハチマキ、衣装もう個人的には全部ドツボです。
勿論一番イケメンだと思う=一番好き、ではないけど
こんなビジュアルの人に出会えて幸せだよ(笑
★オルドヴィーク
祖神フォームに戻ったのかな。
せっかく実体取り戻したんだから現世の生活を謳歌すればいいのに。
★ケフレン
過去にこだわらない前向きさ(笑
ケフレンの素敵なところは、最初っから前だけ見てる訳じゃなくて
一応悩んだり迷ったりして、その挙句に前に進むことを選ぶ力があるところだと思うんですよ。
メインイベントには殆ど絡んでこなかったし城内で影が濃かったかと言うとそうでもないと思うんだけど、個人的には猛烈に印象に残ってるキャラです。
★ニムニ
ネイラに代わって指導者になったのだね。
基本的に素質はあるとは思うんだけど、騙されやすそうだよなー(笑
感動してホロリと落ちてしまいそうだ。
まあ、いざとなったらドロモン海賊団が守ってくれるか。
★レン・リイン
結婚したんすかー?
結局、結婚したんすかー?
どォなんですかー?
★フェレッカ
ヌムヌと一緒に生活出来るようになったのか!良かったな。
もう結婚すればいいんじゃね?とも思うんだけど……ど、どうなんだろう。
★スヴェン&ソロウ
こちらはご結婚なさったそうだね!良かったね!
しかもスヴェン、料理の腕上がったんだ(笑
あんなに可愛くて料理の上手い奥さんなんて、ソロウますますギギギの的じゃねーか。
でも色んな人たちが集まってるのがわ団だったからな。
こう言うスイーツカップルの存在も、ひときわ個性を放ってて良かったと思うよ。
特にスヴェンがソロウとの再会を諦めずに一生懸命頑張ってる姿は
健気でとても良かったと思います。
ソロウを助けたくてわ団に飛び込んだ訳だしな。
★ウラガン
おめでとう!超おめでとう!
無事ペッカルスの肉を「正しい手順の元」食すことが出来たのだね!
こいつはめでたい!
次は北辰か。イクスのストーカー乙です。
でもそれを理由に北辰を堪能出来たら更にウマーだな。
★イクス
でも、北辰入れんの?
イクスなんて国の脅威には全くならないだろうけど
国のお嬢さんたちにとっては迷惑な話だよな(笑
★シスカ
もしかしてEDで相手をぼかしつつ結婚!みたいな展開もあるかなーと思ってたんだけど
残念ながらそう言うことは無かったようだ(笑
まだまだサトツたちのお母さんしますか。
シス姉の年齢は分からないけど、わ団には20代位の素敵なお兄さんも沢山いたと
思うんだけどね。
シス姉は年下からラジム位の年の男性まで、どんな人でも割と行けそうな気がするけど。
まあ本人が興味ないんじゃしょうがないか。
★ミュン・ツァン
イレズミの色元に戻したんだね!
赤もデザイン的には素敵だったけど、実際見たら怖いんだろうな。
素顔、1度見てみたかったなあ。
★ギリアム
グレイリッジの町長になったのか!
グレイリッジは何気にすげえいい感じのおっさんが3人もいる恐ろしい町なんだよな。
みんな、微妙に頼りない辺りがなんとも(笑
★ワスタム
ワスタムのミッションはまだ終わってなかったんだな。
国は代わったとは言え、帰って見限った国の皇族の面倒を自ら見ることになるとは。
って本人もちょっと思ってるんじゃないかね。
★ナキル
ナキルが、外交官!!!!
良かったな。出世したな。
そうそう、実はナキルとハフィンって仲間に出来る時期がかなり限られてるキャラだったんだってね。
無事拾えて良かったよ。
全部ミズラックのお陰です。
★モーリン
イクス追うの止めたの!?それでわ団に残ったの!?
マジで!?108星のその後の中で一番ビックリしたかも知れんよ。
それでわ団に残って何してるんだ。拳振り回して戦ってくれてるのか(笑
最初戦闘に参加させた時拳装備でビックリしたもんさ。
イクスを殴る名残だったんですかね。
★ラティルダ
子ども、5人!!!
流石である。何か、納得出来るのである(笑
男のこも女の子もみんなボッシュみたいなワイルディな性格になりそうだけど
総じて見てくれはレベル高そうだな。
★マナリル
わ団に残って研究続けたんだ!
シャムスとは一緒に暮らさなかったのかー。
ってことは、ソフィアもお城に残ったんだねえ!
大人になったマナリルとソフィア見てみたかったなあ。
間違いなくわ団の華だろ。とんでもない華だろ。
★ムバル
新たな魔道生み出したって、何気にあなた歴史に名を残したんですか?
出世しそうだなとは思ってたけど、ビックリした。
しかも両手に華じゃねーか(笑
★ミズラック
大出世(笑
マジですか。
結果的に憎んでた相手の息子が自国のトップになった訳ですが、
ともあれ全身から溢れ出る愛国心は報われた形になった訳ですね。
★ハウ・シー
EDでデレましたか(笑
スクライブは結局樹海から出てしまったんだな。
まあ交通は不便だろうけど、あそこの雰囲気は神秘的で好きだったんだけどなー。
トビラとか作って便良くしたら観光地としても流行りそうじゃね?
空き家の雰囲気好きだったなー。
★ヤディマ&ムーロ
シトロ平原に大きな畑が出来たって感じなのかな。
シトロ平原は青い空白い雲そして緑色の草の海、と凄く自然が美しい環境っぽいよね。
BGMも略だし。
あんな環境で農業したら結構楽しいのかなあと思ったよ。
実際はともかく。
★レカレカ
旦那さんご健在でらっしゃったんですね。
ランブル族の活動形態って何だか不思議だね。
家族より商売優先なのかな。
それでも家庭が上手くいってそうなところが良いね。
★メイベル
一なる王撃破前と撃破後で生活が殆ど変わってないキャラの1人じゃね?
★モアナ
まさかの生涯独身!
わ団にはいい男が沢山いたのにねー。
仕事の縁結び過ぎなんだよ。
ランブル族って人間とは結婚したりしないのかな?

◆ティアクライスキャラソート◆
順位 名前
1 ルバイス
2 ムバル
3 ミズラック
4 ツァウベルン
5 ザフラー
6 ケフレン
7 ギリアム
8 エヌムクラウ
9 ゴルヌイ
10 ジェイル
11 ロベルト
12 シャバック
13 ラジム
14 マリカ
15 マナリル
16 ヒナ・アウマクマ
17 リウ
18 ディアドラ
19 異世界のマリカ
20 オータ
21 ティアクライス主人公

上3人が抜けてて、後は全てのキャラが割とトントンなんだけどな。
6、8、9位はちょっと意外でした。
でも選んでった結論だし、別に「おかしいよ!」とは思わなかったです(笑
マリカ、マナリル、ヒナは相当好きだと言う自覚があったんですが
一桁に乗らなかったのも意外でした。
好きなヤローキャラが多過ぎなんだってことですね自重しろですね。
091115-154342.jpg
記念写真も撮ってみました。32位まで載ってます。
posted by ヒグラシ at 17:10| 千葉 ☀| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

幻想水滸伝 ティアクライス(58)

クリアしたド!!

■チュンティング城
▼団長の部屋

寝るぞ!
って、おおまだ眠らないのか。イベント始まるのか。
決戦前夜か!
おわー!夜のお城綺麗だねえ!
おおおお〜〜〜〜〜!!!!
屋上でシスカのショータイムが始まったぞ。
テーマ曲に歌がついてるのだね。
シトロズとレン・リインが聴き入ってるよ。
もしかして、ジェイルが昼間言ってた準備が云々ってこのリサイタルのことだったのかな?
一方作戦室で壁画を見つめてたアストラシア組にアスアドさんが突撃してるぞ。
まさかの告白か!?グンドたんもメルヴィスもいて針の筵だと思うんだけど、
告白しちゃうのか!?
って、違うのか。後ろからシャムスとマナリルも来ちゃったよ。
お前らみんな空気読んでやれよ(笑
って、アスアドさんも別にそう言うつもりじゃなかったんですかね。
もう勢いで本人に「私の魔法をあなたに捧げる!」とか言っちゃえばいいのに。
 この決戦前夜、台詞が全く無い中展開されてくから
想像の余地がありまくりで面白いな♪
酒場ではガドベルクとムバルがカウンターで席を並べとる。
グントラムがソファで寛いでるぞ。今まで1人でファラモンの城を守ってたりして色々お疲れかもしれないからなー。今晩位はゆっくり休んで欲しいものだね。
そしてロア&リジッドっつう最強種族コンビが揃ってクロデキルド様たちのところへ現れたぞ。
大所帯だ。
そんな一同と1人で相対するマナリルたんが素敵だ。
ホツバとモアナは団長の部屋覗きに来たようだ。
モアナベッドの下調べてんじゃねーぞコラ(笑
ザフラーとユーニスも来たよ。
みんなサトツとお話ししたかったのかな?
ラジムとニムニ、ネムネもだ。
一気に高まる団長の部屋の人口密度。
あ!もしかしてシス姉探してるのかな?
どこからともなく響いてきたシス姉の声が気になって、どこじゃろ〜って探しに来たとかかなあ。
作戦室を出たマナリルたんは迷うことなくまっすぐ屋上へ。
ノーヴァ、ディアドラ、ソフィア、ルオ・タウが等間隔で枝上に並んでるぞ。
枝人気過ぎるだろ。お前ら怖くないのか。
どうでもいいけどプレイヤーは猛烈な高所恐怖症なのでありえない話です。
まず高い所に設置されてる梯子を上るなんて真似自体が無理だね。
マナリルたんはソフィアに会いに来たのかー。かわええのう。
梯子上っててすげえ。感動した。
2人仲良く枝から降りて、シス姉の歌を鑑賞する模様。
リウが2人に場所を譲ってあげて、いいお兄さんっぷりをみせてるぞ。
和むなあ。
きっとシス姉の声が決戦前夜の城内に優しい雰囲気を提供してたんだろうなあとか。
台詞も一切無かったし、ポリゴンキャラが動いてるだけなのに
とても良く伝わりました。
画面に登場して無いキャラたちも思い思いの時間を過ごしてるんだろうなってのも
容易に妄想じゃなかった想像出来たしね。
だがメモるのは大変だった(笑

**翌朝**
▼作戦室

さーしるべの塔に行きますよ。
行って一なる王に血ィ吐くまでブチ食らわしますよ!
作戦は
・12の隊に分かれて、一冊ずつ書を持って柱に取り付き柱を消す
・光の柱が消えたら、各自しるべの塔を目指す

と言うことだそうな。
まさか12つ隊組むのか!?と身構えたんだが、残念ながらそう言うことは無いようだ。
チッ(笑
・サトツ隊:ジェイル、マリカ、リウ、ユーニス
ジェイルとマリカがデフォルトで加わってることに感動した!
んだが、何故リウは一緒じゃないんだ。
ってそうか、リウの身体自体が一冊の書だもんな。一緒じゃマズイよな。
あれ、でも選べるよ?選んじゃうよ?ってことでリウにしました(笑
 さあいざ出撃ー!
最後にダイアルフとヴァズロフが「我等に勝利を!」って叫んだよ。
そこはサトツが言いたかったところなんだが
まあ声量的には最も適任だったんだろうし、ここはアンプだったとでも思っておこう。

■サイナス
やっぱりリウとは別の隊になってるっぽいことに噴いた(笑
まあ普通に考えたら一緒にミッションこなせる訳ないんだけどさ。
それぞれがそれぞれゆかりある書と共にいるのかな?
各々見てみたかった……って
しるべの塔が消えてるよ!
消えて、代わりに一なる王が立ってるよ!?
像か。一なる王の像みたいだな。自己主張もここまで来ると凄いぜ(笑
って、そう言えば序盤フレセリアの森でこんな塔を見たような。
ともあれあそこに一なる王がいるんだな?
あれがラスダンですか(笑
ラスボス(多分)の形をしたラスダン。
ラスボスの体内に真のラスボスが!みたいな展開は今までもあったと思うんだけど、ラスボス型のダンジョンってのは前代未聞な気がするぜ。
▼路地
街人がフラフラしてるぞ大丈夫か。
どうやらみんなのことが見えてないらしい。
あー、同じ1日だけを見続けてるのか。
その1日にいないはずの一行の姿は見えないんだと。
ってことは一応肉の壁とかになって邪魔してきたりって心配はなさそうだな。
一応話だけは聞けそうなんで、耳だけでも傾けてみようか。
・街の女「ああん、嬉しい……もっと言って、愛してるって言ってえ
おわー初っ端から凄い人に話しかけてしまった。
これは、間違いなく、年齢制限系の夢を見ている。
・街の老女「そうかい、そうかい。ありがとうねえ……お前は優しい子だねえ」
何か妙に心に訴えかけられてくるものがあるな。
日本は少子高齢化社会真っ只中ですね。
・街の男「ははは、お嬢さんたち。ぼくを取り合ってケンカなんてやめてくれよ……」
イクス(笑
って、そう言えばイクスは自分からはベクトル出すけど
相手からどう思われるかってことに関しては割と無頓着だったよな。
フリーダムなだけかもしれないけど。
そう言えばここ、受身な夢見てる人ばっかりだな。
・街の老人「はっはっは……いやいや、わしの功績など大したことでは。
はっはっは、照れますな」

The 過去の栄光。
・街の兵士「この俺がいる限りわが軍に敗北はありえんぞお……
さあ、俺に続けええ……」

少年みたいな夢見てるな。
しかしここにいる人たちって幻の中でリアルな食事とか摂取してるのか?
そうでもなきゃ数日と持たないと思うんだけどどうなんかね。
 で、話は変わるんだけどさ……ここ、BGMが素晴らしいな。
終焉と言うか、黄昏の時を良く表してて
これが絶妙な程の絶望感を演出してくれてるなーと感じました。
幻想水滸伝のBGMは4の時も弦が良い仕事してるなって印象だったけど
今作もナイネニスやサイナスのBGMをはじめ、弦が素晴らしいねえ!
つーかDSなのに音が綺麗だね。

だが何故宿に泊まったり物売買したり出来るんだ(笑
まあ彼らが見てる夢が商売繁盛とかなら、一応貢献してる分
幻の一部に一時的に入れたりするとかってことなのかもしれないけど。
まあいいや、とりあえず行きますよ。
▼正面広場
みんなお待ちかねだったよ。
モアナが最後に隊の面倒見ててくれるようだよ。
最終メンバーは決めてました。大好きな人たち連れて行きます。
・サトツ隊:ルバイス、ムバル、ミズラック、ユーニス
好きなキャラは沢山増えましたが、結局この3人は別格でした。
おっさんだったり学者だったり猪突猛進だったり色々と厳しいパーティかもしれないけど、何とかして無事勝利を手にして戻って来たいと思うよ!
大丈夫、ワスタム食堂で買えるものは全部買った!
竜肉ハンバーグなんか四次元ポケットに99個も入ってるZE☆
他にもサラダとかステーキかスープとか蒲焼とか……鬼焼モロコシとか、
ピクニックに行く準備は万端だぜ!
ピクニックっつーよりハイキングかね。わからねェ団改めワンゲル団(ワ団)です。
物凄い臭いを放ちながら塔に侵入することになりそうだ。
■一なる王の像
お?中は民家風なのか?マンションか?
誰かがうふふあははしてるぞ?
ギャーベルフレイドか!
ザ・シンプソンズならぬザ・ベルフレイドズか。
どうやらベルフレイドの至福の1日に紛れ込んでしまったようだ……。
よりによって一なる王の像の中でこんな夢を見てるとはどこまでおめでたいんだ。
あ、こっちに気付いたぞ。どうする?め、目を合わせない方がいいよな。
うわ話しかけて来たし。
ベルフレイド「君にこの幸福を奪う権利がありますか!?」
え?何?会うなりそれ?
えーと……翻訳すると、俺の妄想ワールドを壊すなってことだよね。
百万の命を奪った人にそんなこと言われてもなー。
ベルフレイド「この1日こそが私の全て!」
そうそう、最初っからそんだけ居直ってくれてりゃなあ。
権利とか言っちゃったら興ざめですよ総長閣下。
もーそんなに妄想ワールドが好きなら1人で勝手に浸ってればいいだろ。周りを巻き込むなよ。
○死神ベルフレイド
死神なのかよ(笑
まあこの妄想ワールドの為にどんだけの命が費やされたかと思うと、確かに死神って表現も相応しくないことも無いのかなー。
ともあれその死神さんも、BGMは普通の司書バトル曲とはちょっと残念な扱いだね〜。
塔入ってすぐのところで遭遇した訳だし、どうやら一なる王にとって貴様は尖兵扱いのようだよ。
上画面のキャラグラにハァハァしてたら終わっちったし。
▼1階
そして直後に閣下とほぼ同じ型の雑魚が出てくるこの哀しさ。
閣下(涙
▼2階
分かれ道多過ぎだろ!
20分位迷い倒しました。
でも相変わらずエンカウント率は自重してくれないんで
この段階で早速歩きながら飲み食いする羽目になったよ。
ミックスハーブをもっしゃもっしゃしながら塔を徘徊するサトツ。
このパーティだともうサトツの「受け継がれし遺志」様様だからな(笑
▼3階
迷いに迷って、何処にいるのか混乱しかけた頃
自分が立っている場所が3階だと言うことに気付いた。
もうこのダンジョン自体がラスボスじゃね?
ゴールしたらEDとか、そう言うオチでいいんじゃね?(流石にそこまでは
ああーいや、某ロー○ギャラクシーよりは大分マシかな。
ティアクライスはエンカウント率高いし、ナビマップ欲しいゲームだよね。
▼石板の間
城の石板の間とレイアウトがそっくりじゃねーか!
どう言うことだ?
この石板にみんなの名前が書いてあったらどうしようかと思ったんだが
どうやらみんな焦げてしまって読めないらしい。
ん?天魁星の名前だけ残ってるの?
あー!そうか!
これはアレだな?どこかの世界で最終的に星を束ねた108星の石板だな?
黒コゲになっちゃってるのは、星を束ねたことで存在が無くなってしまった=お亡くなりになってしまった からだな?
で、名前は確認出来ないけど、ここに唯一名前が残ってる天魁星の人が
多分、いや絶対ラスボスなんだ。
以前いわゆるBAD END見たんで一なる王の正体ってのがどういう存在かってのは分かってたつもりだったんだけど
こうやって改めて眼前に突きつけられると心にずしりと来るねえ。
まあでも進むけど。
▼5階
もうゴールかと思って身構えたらまた長い回廊が待っていた。
サトツのミックスハーブ塗れの時間はまだ続く。
他の3人はいい感じにレベル上がってくれるんで、特に回復の必要が無くて助かってるよ。
それももうそろそろ終わるけど。レベル60が目前だ。
▼6階
歩いてて気付いた!
この階の構造は、ちょっとだけシリワレールに似ている……!
▼玉座への道
フレセリアの森の遺跡と同じだ。
フレセリアの森の遺跡であり、エヌムクラウと出会った場所だ!
森のあった場所はかつて戦いが行われた場所だったんだな?
あれは……あの遺跡のヌシだった一なる王は、108星に敗れたのかな?
▼玉座の間
終点が玉座の間とは上出来だな、を思い出した(笑
よォ、数日振りだな。
・百万世界は可能性と言う名の混沌
・多様性と言う名の無秩序
・定まらぬ未来の故に、道は果てしなく拡散し千々に乱れていくばかり
・世界は1つでいい
・完全なる秩序で満たされた世界が1つあればいい

一なる王も普通に喋るんだね。思いのほか饒舌で驚いた。
あー!今気付いたぞ!ここって、サトツがかつて輝ける略を手に入れた部屋とそっくりだね。
○一なる王・第1段階
お前が潰した世界、お前が奪った未来の力を思い知れー!
やっべ何この熱さ。最早少年漫画のクライマックス展開である。
絶対BGMはテーマ曲か、テーマ曲のラスボスアレンジだろ!
と思ったんだけど幻想水滸伝はそう言うテイストのゲームではないですよね。
しばらく対峙した後サトツがホーリーみたいな光に包まれて、
仕切り直しになりました。
ダメージ、入るかな〜?
○一なる王・第1段階本番
因みにレベルは
サトツ62、ルバイス60、ムバル&ミズラック59です。
ムバルの腐毒の雨が強烈だ。毎ターン追加で750もHP奪えるね。
一なる王の方も火力は凄まじいわミズラックばっか狙うわだったけど、
単体攻撃されてるだけじゃ怖くないね。
○一なる王・第2段階
見た目が女性形っぽくなったな。
あれ!?アトリ!?アトリの声が聞こえたよ?
別の世界のマリカもだー!
どうやらみんなも丁度一なる王とバトル中らしい。
第2段階まで来られたってことは、みんなちゃんと書を12冊集められたんだな。
良かった良かった!
今百万世界のみんなが一なる王と戦ってるらしい。
こりゃー負ける気しねえですな。
ハンバーグとか飯食いながら頑張りますよ。好き嫌い言わずに食えよ!
○一なる王・第3段階
まだやんのか(笑
まあな、でもいくつもの世界を葬ってきたやつだ。
これくらい歯ごたえじゃなかった手ごたえないとな〜。
そしてこのタイミングで怒り状態になるミズラック(笑
うおおおおおプレイヤーも一層燃えて来たぜ!!!!
ところがどっこい、ここでまさかの大 苦 戦 。
縦一列攻撃でサトツ&ムバル卒倒、
翌ターンミズラックまで退却しやがって
大ピンチ状態に陥ったよ。
何とか立て直そうにも、ルバイスがなまじ素早いもんだから先に復活→そのターンの全体攻撃で復活させたキャラが再び卒倒 の繰り返しだったりしてな。
でもそんな中ルバイスは良く耐えてくれたよ。守備285は偉大だった。
そしてサトツやられる→ルバイス覚醒「行きますよ」で悶え狂った。
ラストバトルでこんな凄まじい破壊力の展開をありがとうソフトさん。
しかし負ける気しねえってのは前言撤回だな!
ハラハラだったよ。どんだけヘタクソなんだよ(笑
特にムバルがHP低いもんで、復活させた後攻撃食らう前にハンバーグ口に放り込まないといけなかったりして慌しかったよ。
でも……

でも、勝ったよ!!!

はあ……きつかった。
でもラスボスだからな!これ位の強さ見せてくれなくっちゃな〜。
流石多くの世界と108星を葬ってきただけのことはあるぜと言わしめるだけの威力を見せてくれて満足だぜ。
フー。
さて、最後に一なる王の種明かしが来ましたよ。
・どうも天魁星です
・私は星を束ねてしまった
・世界の進む道を照らす星が数多く存在することも必要
・定まらぬ未来の象徴なんだよ
・そんな訳で、君たちにこの真正なる一書あげよう

終わったんだな?
終わったんだな!!!!!!!!
おおおおおおおおお!!!!!
城に帰って来たぞ〜!
当り前だけど、皆さんご無事のようで何よりです。
幻想水滸伝4ではエレノアが最期退場してしまったからなー。
今回は108星の退場は無いんだね。
どうやら他の世界とトビラが繋がらなくなっちゃったらしい。
ええーー!!じゃあアトリとかともう会えないってこと?
どうやら今までは一なる王が百万世界を1つにしようとしてた副作用で
回廊が繋がってたんだってさ。
ランブル族ピンチだぜ。物価大変動どころの騒ぎじゃないね。
でも、サトツは相変わらず前向きだ。クーガと別れる時もこんな感じだったよね。
もう会えないかもしれない仲間の無事もガッツリ信じてるようだし
会える望みも当り前のように抱いてるんだね。
そしてシャムスたちはもう帰ってしまうらしい。
クロデキルドさまもか。あーそうか、サイナスもアストラシアが面倒見るのか。
わはは、サイナスの腑抜けの性根を叩き直すのはリジッドらしいよ(笑
リジッドにも難しそうだけどなー。
ダイアルフは既に宴のことで頭がいっぱいのようだ。
是非ウラガンに!ウラガンにペッカルスの肉を食べさせてあげてください!!!
そしてチェインにお見合いをさせてやってくれ。
ネイラが「ニヌルネダが祝福するから神殿にもおいでください」とか言ってるんだが
今ここでやってくれよ。
ラジムはサトツたちに帰ってきて欲しくてたまらないようだ。
村はまだあなたが現役だから大丈夫でしょ。畑の手入れはきっとムーロがやってくれる。
そしてモアナである。一言目から依頼の話である。勘弁して欲しいのである。
どうやら当のサトツは行方不明のようだよ?
何処行ったんだ?
って、ゼノアんとこか!
▼石板の間
真正なる一書をゼノアに預けるのか!
誰の手にも届かない場所に持ってって貰うんだと。
プレイヤー視点から見ればゼノアは明らかに神さま系の人だとは思うんだけど
サトツも彼女に対して割とそれに近い認識持ってなきゃ、こんな頼みごとは出来ないよな。
まあ約束の石板とか作っちゃうような人なんだから
その特別さってのはみんなもうよ〜〜〜く分かってるんだろうけどさ。
あの頭とかもさ(関係ないだろ
そうかーゼノアともお別れかー。
あのピカールもう見納めだと思うと胸がきゅんとなるね。
もしかして、ゼノアって石板だったのかな(笑

ホツバが焦ってるぞどうしたんだ。
お?お、おおおおおおおおおおおお!!!!!
アトリーーーー!!!!!!!!!!!!!!
アトリ!?何で?来たの!?
あっでもゼノアが消える直前に「1度位は」って言ってたよね。
もしかして108人揃えたご褒美ってこれなのかな?
ディルクの復活は今更萎えるかな、と思ってたんで丁度いいのかもしれないね。
しかし百万世界が1つにならないって確定してしまったってことは
やはりもう互いの世界同士干渉出来なくなってしまうのかもねえ。
まあ、分からねえけど。

おわーー待って!待ってスタッフロール入るのはええええ!!!!
みんなのその後出んのはええええ!!!!
あー駄目だもうメモは色んな意味で諦めた。
とりあえず今はEDに浸りたい。浸ろう。
歌いいねえ。高杉嬢は声がいいんだ。癒されるハスキーボイスだ。
そして声優の豪華さに驚いた。
ムバルさんって野島さんだったのかよ!なるほどいい声だった訳だ。
そしてルバイスさんが山崎たくみさんだったとは……言われて見れば攻撃時の掛け声とか、凄くそれらしかったかもしれないな。
だがホツバが藤原さんだったのに一番驚いたマジかマジでかマジなのか。
アトリはEDで声聞いてて何とか野田さんだって気付きました。
昔大好きだった野田さん声のキャラと全く同じ声だったよ(笑

あーーーーー面白かった!
胸がいっぱいだ!
感想書きます!
とりあえずみんなのその後は舞い上がってしまって殆どメモれなかったから
もう1度クリアしようかな。
今度はもう少しスマートにクリア……出来るかなあ。
一なる王第3段階の火力は相当のものがあるよな。
でも、歌もとても良かったしもう一度見ようと思います。
その後に突っ込んだり感想書いたりで、
多分後1、2回分位書くことになると思います〜。
posted by ヒグラシ at 21:46| 千葉 ☔| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

幻想水滸伝 ティアクライス(57)

やたらと長くなっちゃったよ!
みんな喋り過ぎだよ!ニヤニヤしっ放しだよもう!
喋ってくれてありがとう!
でもメモりながら聞いて回るのに何日もかかってしまったぜ。
誤字脱字すみません。

決戦前日堪能中。
■チュンティング城
▼1階・エントランス
・ラジム「もう15年前か……村の北の谷で、わしの妻が元気に泣いとる赤ん坊を見つけた。
村に連れ帰ったその子を、わしは村の子として育てようと決めた。それがお前だ。
北の谷は融合でこの森に変わってしまったが、考えてみれば……
お前を見つけた辺りにこの城が現れたことになるんじゃないか?」

おおー、そうだったのか。サトツはやっぱり15歳なんだな!
自分が発見された場所がもう無いって言うのはちょっと残念だけど……でもそこにこの城が現れたと考えると、確かに不思議な縁を感じずにはいられないねえ。
まあ、サトツはあまり自分の出自や過去にこだわってないっぽいんで
どうでもいいかもしれないけど。
・セレン「今だから言うけどね、あたしがジェイルを置いて仕事に出てられたのはあんたやマリカのおかげさ。
あんたたちが一緒ならあの子も寂しく無いし、まっすぐ育つに決まってるから、
おっと、ちょっと前からリウもいたね。忘れた訳じゃないよ?」

まっすぐ……って言うのかあれは。
息子さんにはちょいとばかしサトツ至上主義っぽい一面があるよね。
ジェイルはサトツの素質とか魅力に最初に気付いた人の1人なんだろうね。
・ジェイル「しばらく前からシスカさんと何かやっていると思ったが、これだったのか」
これって何?
この会合のこと?シス姉は屋上にいたけど、何ぞ?
・マリカ「あたしたち、ついこないだまで田舎の村の子どもだったのに凄いよね。
今じゃあっちこっちの王様やら族長さんやらまで仲間にしちゃって、負けたら世界が終わっちゃうなんて戦いをやってる。
で、その大将があんたなんだもん。笑っちゃうよね!
明日はあたし呼びに行かないから自分で起きて来てよ?大将なんだし」

でもサトツはきっと、あの時と今とで根本的な部分は殆ど変わって無いよね。
む、そう考えるとこの作品は主人公が成長するタイプのお話ってのとはちょっと違ったってことかな。
大丈夫、旅立ちの日だって自力で起きられたんだ。きっと明日も問題ない……はず。
・レン・リイン「リウ・シエンは樹海を出てからこんなに素敵な方たちに囲まれて過ごしたんですね」
ホントにシトロっ子たちはこぞってナイスフェローだよなぁ。
シトロ村で育ったら絶対いい子になるよね。間違いないよね。
で、ディルク?いや、その……ディルクも根本的にはいい人だったんだよ。
そうだよ多分。わ、私は好きだよ?
・リウ「スクライブの連中も何とかヤル気になってくれたみてーだし、良かった良かった。
サトツの参謀が自分の一族も動かせねーのはちょっとカッコわりーもんな」

いやいやいや……リウは序盤で散々ヘタレ臭放ってくれてたせいで、話が進めば進むほどにどんどん格好よく見えてきたよ。
シナリオ本編に絡むことが多かったって言うのもあるかもしれないけどさ、
要所要所で彼が放つ言葉は結構心に響くものが多くて、好きでした。
もう後ひとふん張り、最後まで参謀ヨロシクお願いします。

▼1階・工房
・レカレカ「ツフルルにここにあるいろんな物を見せてやってるんだよ。
商人は品物の目利きが出来なきゃダメだからね。
幸いここにはいい職人も品物も揃ってる。だから勉強しておきたいっていい出したのはこの子自身なんだよ。あたしゃ嬉しくてねえ!」

確かに……ガドベルクもゴルヌイも並々ならぬ腕の持ち主だなってのは、彼らの台詞や店のラインナップからひしひしと伝わってきてたしな。
品物自体は各地巡っても見られるかもしれないけど、工房まで覗ける環境って言うのは大きいよね。
ゴルヌイはあれこれうるさそうだし、ガドベルクは企業秘密ですとか言ってあんまり見せてくれないかもしれないけど。
・ツフルル「ぼくは商売に向いて無いと思ってたけど……最近やっと面白さが分かってきた気がするんだ。
ぼくは商人になる!だから世界が終わっちゃったら困るんだ!」

依頼のレベルから察するに、かなりシビアな修行をしてきたようだからな。
あんだけ苦労して手伝ってあげた身としてはしっかり大成してくれないと困るぜ。
マジで辛かった(笑
・ガドベルク「明日に備えて武具の手入れをしております。
性分でしょうな。鉄の手触りから離れますと落ち着きませんので」

でもそんなあなたはサポートキャラクター。
そして頭のせいか、実際戦闘キャラだったとしても鉄じゃなくて拳で勝負させたいタイプのキャラだよなーとふと思ったよ。
・キミヤ「以前から思っていましたが、ガドベルクさんの金属加工技術は実に素晴らしい!バルザムさんの魔道工学も驚異的です!
私の才能に彼らの技術を加えれば!更に!更に画期的な銃身と炸室が!
くくくくくく……燃えて来ましたよ!」

へー、キミヤが銃文化以外を褒めるなんて珍しい。
って、結局自分の研究に応用することしか考えてない訳か(笑
まあ、それでこそ真の職人だな!
▼1階・研究室
・ヤード「旦那サマは誰かに誘われて地下に行ってますド。
明日に備えて整備して欲しいのに酷いですド」

バルザムとヤードのSMな関係は見てて面白かったんですが、
まさか決戦前日までそんなことになってるとはな。
萌えるだろ(笑
・ザイン「次回戦闘においては対異界侵蝕者迎撃用第一種装備の使用を推奨。
ただし第一種装備の所在不明。使用不能。戦術は近接戦闘に限定」

ちょっと切ない台詞だな。
彼は一なる王を撃破したらどうするんだろうね?
そこで彼の本来の存在意義は無くなってしまうわけだけども、
是非とも新たな自分だけの道を探してくれるといいなあと思うよ。
・ジーヴィッカ「我々は祖神オルドヴィークに仕える神官ゆえ、常に祖神のお近くに控える」
あ、この先に祖神さまがいらっしゃるんですね?お疲れさまです。
でももそっと他の台詞も喋ってくれないか(涙
・インドリク「祖神オルドヴィークはこちらにおわします」
分かったよォ。だからもっと明日の決意とかその後の話とかをさァ。

▼地下・石板の間
・オルドヴィーク「おお!明日が待ち遠しい!此度こそ我、死力を尽くし!
かの一なる王めを討ち果たさん!」

おおー、祖神さま燃えてますな!まあ、彼にとってはリベンジになる訳だもんな。
でも以前は敗れてる訳だよな?1度負けた相手に再び挑むって、結構あれこれ考えてしまうと思うんだけど……非常に前向きですね。
此度も負ける、なんてことは微塵も思ってないっぽいね。
そんな前向きで熱い祖神さまが大好きです。
・ゼノア「星を宿すものが何故これほど大勢いるか考えたことはあるか?
星とは世界の行く道を見守る光だと教えただろう。つまり、行く道が1つなら星も1つでいい訳だ。
おっと、ここから先は自分で考えろ」

おおおおお!!!!BAD END見た今なら分かる!分かるよ!
なるほど、だから
星を束ねて特攻→天魁星だけ残って一なる王に→1つの道万歳! 
って流れになったんだな。
あくまでも108つの星が108つの未来のための通過点として
一なる王を撃破する必要があると言うことだね。
▼裏門
・ナズ「これ終わったら、ドガじーさん山小屋に戻っちまうのかなー。
村に来りゃいーのに。あ、ずーっとここにいるってのも悪くねーけど!」
ドガは基本的に人の多いところ好きじゃなさそうだからなー。
目的を果たしたら、やっぱり帰っちゃうんじゃね?山男だし。
・ドガ「ふん……俺も昔、あの雪女を退治しようとしたことがあった……。
あの通り警戒心のねえヤツだったからよ。油断させてから始末するつもりで近付いて、仲良くなった。
が、俺の魂胆に気が付いた時ボロボロ泣きやがってよ。
それから……俺の前には絶対に現れねえようになった。んだが、どうやら俺のこと忘れちまったみてえだな。
俺が年食ったんでわからねえのかもしれねえがな。何しろ30年も前の話だ」

おおお、おおおーーーそうなのか!!!!!
まあ大筋の話は聞いてたけど、ドガは随分と詳細に覚えてるんだね。
彼もまたスフィールの純真を踏みにじったことを後悔してたりとかしてたのかなあ。
忘れられてることを寂しく思う気持ちは無いのかなあ。
スフィールも完全に忘れてしまってるという訳ではなさそうだったけども。

▼1階・酒場
・スフィール「……雪、美味しいって。飲み物に入れると……美味しいって」

スフィールは人のこと大好きだよねえ。
しかし、何だこれはもしやまさかの酒場就職フラグか?
カプチーノに雪を入れるとフラペチーノになるねえ。
・ラバキン「うおおおおおおおおおおおおおおおん!!!
俺を連れ戻してくれてありがとおおおおおおおおおお!!!!!
俺はわ団に入れてしあわせだああああ!!!!うおおお(略)」

明日世界が終わろうって時に、そんな世界に連れ戻したことを感謝されるとはな。
ラバキンのこの単純さには妙に癒されました。
・ソロウ「スヴェンは食堂です。ぼくの弁当を作ると言って。
彼女、裁縫は得意なんですが料理は初めてだと言ってました。嬉しいような不安なような……。
どんなものが出来上がっても全部食べる自信がありますけどね」

おい最後の一文自重しろ。いい年して独り身でいらっしゃる人に刺されるぞ(笑
でもその心意気は立派だな。男の鏡ですね。
2人の馴れ初めってどんな感じなんだろ。アーニャもそこはほじくってくれなかったな。
・セミアス「いやあ、団長さんは相当な大物になるって思ったからここへ来たんだけどね。
世界の行方を左右するほどデカくなるとは思わなかったよ。あっしの勝負師のカンは
団長さんに関しちゃ外れっぱなしだねえ」

いやいや、最初の賭けで大当たりしてるからいいんじゃね?
しかしミニゲームキャラかと思いきや、今回ミニゲーム要員いなかったね。
ミニゲームとかさ、タッチペンでツンツクして遊べそうなのに。
・ラミン「ゲスども!明日は決戦だ!極限まで士気を高める禁断の旋律!このオレ様がくれてやろう!
……と思ったが貴様の目が殺意を放っているのでやめることにする」

いや、サポートキャラとしてパーティに加わった時は
寧ろお前のその禁断の旋律(笑)とやらをもう少し真面目に披露してもらいたいんだが。
1度も怒り状態になったことねーぞ?どう言うことだ?血ィ吐くまでブチ食r
・エリン「王様やお姫様にポーパス族、フューリーロアも御用達のお店なんてここの他に無いでしょうね。
いえ、私の自慢じゃなくてサトツさんが凄いんですよ?
私が自慢するとしたら人を見る目、でしょうか」

そんな店を切り盛りしたエリンはとても凄いと思うんだ。
エリンはどんな人相手にも偏見持ったり変な先入観を抱いて接することはなさそうだよね。
本人もちょっと言ってるけど、人の本質を見抜く目がありそうと言うか。
大分雰囲気違うけど、某国民的RPG9作目の宿王の娘を思い出したよ。
・ローガン「宿の仕事は私よりエリンの方がよほど板についてしまったな。
ことが終わったらグレイリッジの宿はエリンに譲るか……いや、エリンはここで仕事を続けたいと言うかもしれないが。
まあ、君たちがこの城をどうするかによるな」

城内の人々に話聞いてて思ったんだけど、わ団って戦いが終わっても解散しないのかな?
エリンは普通にグレイリッジに帰って宿をやるのかなーと思ったんだけど……
ローガンのこの発言は意味深だな。
まあ、全部終わった後もこの城が賑わうようなら、それはそれで嬉しいことだけどさ。

▼2階・居住区
・アーニャ「あたし、これ終わったら作家になろうかと思うんだけど、どう?
わ団の活躍なんて話そうと思えばいくらでも話せるけど、長い話は嫌われるでしょ?
それに、直接話して聞かせられる人数なんて高が知れてるし。
だから、これはやっぱり本にまとめて出版するしか無いと思うのよね。
あ〜〜、でもダメだわ。字を書く速さって話す速さよりず〜〜〜っと遅いから。
あたしが話す速さでそのまま書き取れる人、いないかしら」

相変わらず話なげーよ(笑
でももしアーニャの話す速度で書き取りが出来るような人が存在して、それが殿方だったらフラグだね。
そして速記の生まれとなるだろうか。
・ヴァズロフ「クーガと言うと、ラザの砦でお前と共にいたロアか。
彼が俺のことを王に伝えていたとは。
オレもダイアルフ王とは話が合うようだ。勇猛にして信義に篤い戦友を得られたこと、クーガ殿に感謝せねばならん。
スヴァトゴル山は雪が降ってもすぐに融けてしまうからな。飲み物に入れるという発想は無かった!確かにこれはいける!」

前半はほろりとするような話だったのに、いきなり飲み物の話に切り替わってびびったぜ。
戦場以外の場所でヴァズロフの心を掴むとは、やるなスフィール。
・ダイアルフ「話せば話すほどにヴァズロフ将軍はクーガが言っていた通りの人物と分かる!
これほどの将軍と肩を並べて戦えるのは戦士として幸運と言うものだ。
それにしても雪で冷やした飲み物は美味いな!平原に雪は降らぬゆえ斬新だ!」

ヴァズロフとダイアルフ。
何かもう……至高のコンビだな。
遠くから眺めて、2人から漂う大物オーラにうっとりしてしまいそうだマジで。
・ノーヴァ「ジャナムの姫が、ソフィアと話したいと言ってくれた。
俺には、見守ることしか出来ん」

いや、見守るだけでいいよ。余計なことはしない方がいいですよ。
ノーヴァは何となく影で見守りながら旗振ってエール送ったりとか
余計な親バカっぷりを発揮しまくりそうな気がする(笑
愛すべき人ですね。
・ソフィア「マナリル姫は、私と友達になりたいと言ってくれる……。
帝国を消してしまった男を父としたい従っていた私と……。
私は、どうしたらいいのか、分からない」

心のままに動けばいいのさー。
ただ、友達になりたいって言うのは相手に対するこれ以上無い位ポジティブな気持ちの表れだからな。
拒絶してしまうのは非常に勿体無いと思うよ。

▼2階・王族ルーム
・マナリル「わたし、ソフィアさんとお友達になりたいんです」

両手を口元に寄せてるマナリルたんのキャラグラの可愛さって異常じゃね?
台詞の健気さも相まって猛烈な破壊力である。
・シャムス「サルサビルに帰ったら、おじい様とおばあ様にも全てをお話しするつもりです。
悲しませてしまうに違いありませんが、やはり帝国や母上のことを忘れたままではいけないと思うのです。
それにしても、マナリルはぼくが思っていたよりずっと強い。
彼女と友達になりたいなんて」

最後の一言は流石にちょっとソフィアに失礼じゃないのか(笑
確かにキャラグラは怖いけど、性格は割と普通のおしとやかな女の子だと思うんだけどな。
真面目な意味でも、何となくだけどソフィアは被害者って見方をしてる人が結構いそうな気がするんだけどなあ。
でも彼女って決して操られてたとかって訳ではないんだよな。
そう考えるとやはりマナリルたんの台詞は凄いんだろうって思うけどさ。
・ハフィン「アスアドさまはクロデキルドさまに会うとおっしゃって出かけられたのであります。
自分としては出来れば応援して差し上げたいのですが、その手のことは自分も苦手であります。
アスアドさまには申し訳ありませんが、前途多難そうなのであります」

まさかハフィンがそこまで状況を正確に把握してるとは思わなかったのであります(笑
アスアド命なハフィンのことだから、「アスアドさまなら出来る」的な考えかなーとも思ったんだけどさ。
流石に相手が第一王女、傍にメルヴィス、実妹はグンドと来たら分かりますかね。
つーかアスアドさんの気持ちってどの位の人にバレてるんだろうね。
クロデキルドさま以外は全員知っててもおかしくないような。
まあフレデグンドはもし知ってたら黙ってないだろうから、彼女も知らないかもしれないけどさ。
・タージ「ぼくも、帝国のことを思い出したときは自分まで消えてしまったかと感じるほど衝撃を受けました。
でも、シャムス殿下やわ団の皆さんのおかげで乗り越えることが出来た。
マスルールさま、ファルタさまもきっと同じでは無いでしょうか」

単純に帝国が消えたという事実だけなら伏せ通してもいいかもしれないけど、
実の娘の真実を知らぬままと言うのは確かに不幸かもしれないよな。

▼スクライブルーム
・ルオ・タウ「リウ・シエンは私の予想以上にスクライブの長として相応しい姿を見せてくれた。
ミュン・ツァンは彼が樹海を出てから学んだことの尊さゆえに長に選ばれたと言ったが……正確にはそれだけではない。
ラオ・クアンさまが彼を後継者にとお考えになったのはずっと以前だ。
彼は世界を知りたいと願い、掟を破ってでも樹海を出た。その時点で資格があったのだ。
ただスクライブの長と言う器は彼には小さいようだ。
戦いが終わっても、彼が樹海に戻ることは恐らく無いだろう」

ルオ・タウが代わりに里の面倒見るんですかね?
何となく、彼も里に戻りたいとは思ってなさそうな気がするんだけど。
・コウ・ロー「私は戦いが終わっても樹海には戻らないと思う。
もう隠れてすむ必要は無いんだ。リウ・シエンを見習って外の世界を見てみたい。
他の種族と交流するのはとても有意義で楽しいことだとこの城で教えられたからね。
ただ、ルファのことは心配だ。あの子はどうするんだろうか」

コウ・ローは作中で成長を感じたキャラの1人でした。
あんなに外に出るのを躊躇ってた人が、女の子を心配してラロヘンガの遺跡にまで入っちゃったんだからな。
いや、だからロリとかそう言う話h
・ハウ・シー「我々スクライブは元々ノスロウの樹海に住んでいたわけではない。
ベルフレイドから逃れ隠れるために樹海に移り住んだのだ。
我々が本来住んでいた地は……現在サイナスと呼ばれている」

へーーー!!!!
そうだったのか!
樹海の集落ってとてもお洒落だけど、あれがスクライブの基本的な住の形と言うわけではないのかな?
それとも、サイナスも元々あんな感じの神秘的な建物が溢れる町だったのかなあ。
▼ロアルーム
・エウスミール「サーヴィラのツラも明日で見納めかと思うと嬉しくて泣けて来るねえ
・サーヴィラ「エウスミールと協力するのも明日までかと思うとせいせいするわ!」

仲良すぎだろお前ら。
絶対EDでも喧嘩してるだろ。
・ティグール「あの2人でござるか。それほどお互いを嫌い合うなら離れておれば良いものを」
ホントにな(笑

▼元開かずの部屋
・ガシュガル「かつての世界にて、幼き我は星を宿すものたちが次々と倒れていくのを見た。
その中に祖神オルドヴィークの姿もあったのだ。
しかし、かの方はこの世界においても我等の前に顕現された。
これこそ、オルドヴィークが祖神たる証であろうと我等は考えておる。
細工師ゴルヌイの怒り、まこと正論。我等は悔いねばならぬ」

オルドヴィークはゼノアと近しい存在みたいだけど、かつての世界で死を迎えたことでそう言う存在になったのかな?
それとも、元々そんな感じの存在だったのかな?
興味が尽きないです。
・レスノウ「ヴァズロフならダイアルフ王と男同士で語り合うとか言って出て行ったぞ。
明日は決戦だというのに、愛する妻を放置するとはしようの無いヤツだ」

サトツ夫婦だって知らなかったのかよ!?
まあパーティ編成の時に台詞で分かるだけで、作中では触れられてなかったけどさ。
・ゴルヌイ「族長にカツを入れてやっとるんじゃああああい!!
このわしがあれほど協会はイカンと言うたのに!族長は聞かなんだ!
その挙句があのザマなんじゃからのおおおおっ!!」

深く反省してるようなのであんまりフルボッコしないであげてください(笑

▼食堂
・ラティルダ「あらあら……夫のお弁当位、私が作ってあげたかったんですけど……」
・スヴェン「ソロウのお弁当作る間位厨房を貸してくれたっていいじゃありませんか!」

どうやらワスタムが厨房に入れてくれないらしい(笑
まあな、シャムス絡みの件でもチハヤにすら厨房を使わせることを躊躇った男だからなワスタムは。
でも、ラティルダさんなら葉っぱとかまな板にしたりして
自然の厨房で料理作れるんじゃね?
スヴェンがそれに倣うと、間違いなくソロウのお腹が心配な感じになるけど。
・メイベル「サトツにお弁当作ってあげようと思ったのに!
料理長、横暴よーーー!!」

まさかメイベルまで張り切ってるとは思わなかった。
スヴェンより色々とマズそうな気がする(笑
でも、いざとなったらジェイルが食べてくれるよきっと。
・ワスタム「厨房に入るんじゃねえよ!ここは俺の城だ!勝手に使われてたまるか!
夜食でも弁当でも欲しけりゃ言いやがれ!俺が作ってやってるっつってんだろうが!」

ワスタムのこの姿勢はキライじゃないんだ。
厨房2つ造るべきだったんじゃあいかと思うね。
・ミズラック「我々わ団はー!暴虐非道の一なる王を粉砕しー!百万世界の平穏をー!この手に取り戻すのであるー!
さあ、ご一緒に!」

食堂で喚き散らしてるのかお前は(笑
明日は出番だ。用意しておけよ。
・リュキア「うまうまうまうま!うまうまうまうま!
あ〜〜、あたし平原に帰りたく無いなあ!ずっとここのメシがいい!」

なんてことをはっきり言っちゃうリュキアの緩さと言うかフリーダムさが好きだよ。
暗に主の器のデカさを物語ってるなとも思います。
・ノムノ「ぐ〜〜♪ぐ〜〜〜〜♪ぐ〜〜〜〜〜〜♪」
頗るゴキゲンのようだな。
よく食って、寝とけよ。

▼交易所
・シャバック「ヒナのヤツ、ロノマクアの代表として頑張らなきゃとか言ってるからさ、背伸びするなって言ったんだけど。
怒られた。猛烈に。背伸び、が気に障ったらしい。
ヒナと同じ年頃のあんたが団長やってるんだから自分持って思うのかもしれないけどな」

サトツはヒナと同じ年頃なのか!
ヒナの方がずっと下だと思ってたよ。
って、見た目は幼いけど学校を主席でどうのって言ってるから15歳前後なのは寧ろ自然か。
まあ、ヒナはきみが守ってあげればいいと思うよ!そりゃもう、全力で。
・ヒナ「伯父や父に連絡しましたが、やはり危機感を持ってくれなかったようです。
やむをえませんのでわたくしが首長代理として決戦に参加させていただきます。
シャバックなども小さな身体で無理をするなと言ってくださるのですけど……全く失礼千万ですわ!」

3行目の台詞にクソ萌えた。
「言ってくださる」って一応丁寧語使ってる辺りがたまりませんな!
・ネイラ?「我はポーパスのみならず!おのれら全てに加護を授けん!
存分に戦うが良ぉぉい!!……との仰せです」
・ナムナ「おおニヌルネダさま!なんと慈悲深きお言葉!」

何やってんだお前ら。デッキの上下でやり取りしてるから、何かのお芝居かと思ったよ。
・ドロモン「今度オレ様たちの船に乗りに来な!
てめえにゃドロモン海賊団の本領をいっぺん見せてやりてえんだ!」

サトツはこの戦いが終わったらどうするのかな。
1年位ドロモンたちと一緒にロノマクア付近の海で暮らすのも楽しそうだよね。
・ニムニ「明日決戦だって言うのに何だかみんな全然緊張して無いですよね。
さすがわ団です!感動しました!」

明日はもっと感動しようぜ!

▼農牧場
・ムーロ「畑仕事って結構いいね!大地から命を分けてもらってる感じがする!
畑仕事は人が生きてる証っていうのも分かる気がするよ!」

「結構」レベルじゃない位感動してないか。
しかし「大地から命を分けてもらってる」って表現は素敵だね。
ヤディマの跡継いであげたらいいんじゃないか?
シトロ平原はBGMも秀逸だぞ(関係ないし
・ヤディマ「ムーロと言うたか。急に手伝いに来てくれたんじゃが。
力持ちじゃしよう働くわい!わしの跡取りにしたいくらいじゃ」

おおっと、まさかの両思いだな!
ヤディマもよもやわ団に参加して跡取り候補が見つかるとは思っても見なかっただろ。
そう言えばこの人独身なんですかね。
野菜が子どもとか言ってそうな感じもするけどさ。
・チェイン「オレさあ、別の世界から来たっての未だにホントのことだって気がしねえんだよ。
いや、頭じゃ分かってんだけど実感がねえって言うかさ。
他の人間のこと、よく思い出せねえしロアの方がよっぽど愛着あるしな。
人間の子どもよりロアの子の方が可愛く見えるし。ヤバイかな?」

ロアと結婚すればいいんじゃね?ニクティス辺りどうよ。
・オータ「ちょっと食べ過ぎの子もいるし、あと少しで子供産みそうなのもいるんだ!この子たちの世話ですつっっごく忙しいよ!
明日どうなるかなんて分かんないけど、今日やることはちゃんとやらなくちゃね!」

オータちん今日も可愛らしいですね。今日ももっふもふですね。
そしてこの愛らしいロアが動物に向ける慈しみの眼差しがたまらんですな。
もさもさたちの未来も勝ち取ってやろうな。

▼広場
・メルヴィス「剣聖ムールゲント……本人ならばとうに百歳を超えているはず。
しかしこの剣気、風格、騙りとも思えん。
しかも北辰皇国との関わりまで疑われるとなれば看過できない。
素性、いずれ暴かねばならん」

何でこんな所にいるのかと思ったら、ムールゲントを見張ってるのか。
彼の素性を暴くこともまたメルヴィスにとっての「未来にすべきこと」なのかな。
で、でもさ……何も決戦前日に味方に対する猜疑の目を露にしなくてもな。本人に気付かれてますよ(笑
・ユラ「わたくしは星を宿すものとなる為にこの地に参ったのでは無いかと感じております。
いかなる意味かとおっしゃられてもお答えしかねますが……こちらに参る以前より星の存在を知っておりましたことは否定いたしません」

へー、知ってたんだ!
ユラたんは色々と知ってる人みたいだけど、殆ど何も教えてくれなかったね。
ツァウベルンですらミーネの素性とか教えてくれたってのに。
・ムールゲント「我がここに至った経緯は語れぬと言い置いたはずだが、やはり納得出来ぬ者もおるか。
そうでなければ第一王女の側近など務まるまいが……我は彼の疑念に答える術を持たぬ。残念だ」

オルドヴィークと似たような感じだったりする?
やはりかつて何処かの世界で一なる王に敗れるとかしてて、でも生きてるよ的な。
既にその頃から特殊人間だったよみたいな。いわゆる祖神状態と言うか。

▼トビラのある場所
・ホツバ「アトリの兄さんにも、あっちのマリカ姐さんにも伝えて来やしたよ!お2人からお礼を言っといてくれって頼まれやした。
それと、もう1つ伝言です。勝とう、って。
他の世界も回ってきましたが、明日にも決戦って世界がやたらと多かったです。偶然でやしょか?」

うわー、アトリもマリカ?も決戦間近なのか。
ちゃんと一なる王対策を伝えられて良かったよ。
良かった……けど、ちゃんと本12冊揃ってるかな。見に行けないの気になるね。
・モアナ「先に言っとくけど、明日で全部終わりとか思わないでね?
受付締め切ってからも頼みごとはいっぱい来てるの。
だからサクッと勝って帰ってきて、またキリキリ働いてもらわなくちゃ!」

どうやら一なる王を倒した後もわ団としての日々は続きそうだな!
モアナがいる限り(笑

▼回廊
・ワヒエ「なんじゃ、もうトビラは繋がんぞ。勝って戻ってくるまではな。
もっとも、どちらにせよトビラは2度と開かんかもしれんがの……。
ああ、いやいやいや何でもないぞ!」

ん〜?
んんん〜?
ワヒエお前もか?お前もなのか?
実は「同じような事情」を抱えてる謎キャラって多いんじゃないか?
・ディアドラ「本当にここまで来たのね……協会にいた頃の私には想像も出来なかったわ。
私は諦めが良過ぎた。あなたは諦めなかった。その違いと言うことかしら。
けれど、それを言うならベルフレイドこそ百年以上も諦めなかった男よ。
あなたも覚えておいて。諦めないと言うことは妄執と紙一重。容易に独善に陥るわ」

正論ですなディアドラさん。
サトツも基本「ああしたい」とか「これは嫌だ」とか、凄く感情で動いてる印象なんだけど
それが絶えず大局を見た上での発言になってると言うか……自分じゃない誰かを起点に考えてることだから、独善に見えないんだよね。
でもそうすることで自分が満足するならそれも独善と言えるかもしれないし……この辺は難しいよね。

▼表門
・ミュン・ツァン「ここにいるのは私の意志です。スクライブの同胞に排斥されたのではありませんからご心配なく。
私自身が線刻の色を元に戻しても良いと感じるまで、同胞とは距離を置くつもりです」

コウ・ロー辺りは優しく接してくれそうだけどね。
ルオ・タウはもうどうでも良さそうだ。
ハウ・シーも何となくだけど割と軟化してそうな気がする。
意外とレン・リインが距離の取り方に戸惑ってるかもしれないなとか。
・ノフレト「今日のうちに手下どもに会っとこうかとも思ったんだがやめにしたよ。
別れの挨拶でもしにいくみたいで縁起が悪いからね」

実は手下大好きなんだなノフレトさん!
ちょっと萌えちゃったじゃねーか!

▼地下室
おわーっ凄い老……加齢臭だ!!
・ソタ「何時の日か人が書の知識を自在に読めるようになれば、わしのような者は不要になろう。
しかし、それでも人は己の中に知識を刻みつけようとするであろう。
己の血肉となった知識からしか知恵は生まれぬが故に」

すげえ、全く持ってその通りだ。
全キャラの台詞の中で最も心に響いたかもしれない。
・ヌザート「わ団にはわしも舌を巻くほどの知識の持ち主がおるでの。
せっかくの機会じゃから話をしてみたいと思うて来てもろうたんじゃ。
もうこれ以上何も学ばんでええと思うたら、それは一なる王の世界に行ってもええと言うことじゃ」

ヌザートが誘ったのか。バアサンもなかなかやるな(笑
でも、チュンティング城での異文化交流って凄く楽しそうだ。
惜しむらくは、今始めたことだな。
いや、半分位の人はもしかしたら城に残るのかもしれないけど。
・バルザム「帝国間道院の長と魔道について議論する機会があろうとは。
これはなかなか刺激的だ。今後の発明にも大いに役立つであろう」

議論もいいけどヤードちんのメンテもしてやってね。
ザインも第一種ナンチャラを探してるから、代わりに何か持たせてやってくれ。
・ムバル「師匠とバルザムさんの魔道談義は非常に興味深いのですが、何も今日でなくても」
ムバルさん浮いてるよ。
しかもツッコミが的確だよ。
どうでもいいけど、ムバルは将来歴史に名を残す人物になりそうな気がする。

よし!全員終わったな!
では……決戦に向けて寝たいと思うよ!
posted by ヒグラシ at 03:36| 千葉 🌁| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

幻想水滸伝 ティアクライス(56)

決戦前日、台詞だけじゃなくてミニイベントまでてんこもりじゃねーか!
とりあえずビュクセの変な顔を見てみたかったぜ。
ツァウベルン殿〜そう言うのはサトツも誘ってくれないと〜。

※ホントは抜粋して軽く感想書けばいいんだろうけど、みんな大好きなんで抜粋とか無理でした。
相当長くなりそうなんで、とりあえず屋上〜2階までで1度切ります。
■チュンティング城
▼作戦室

特攻作戦は却下となりました。
でも代わりに12の世界の本を全部集めたから、これ使って戦うよ。
12番目の書の天魁星の話を鵜呑みにして大丈夫だろうかとか言い出したクロデキルドさまにサトツが返す言葉はもう決まってるな(笑
「やってみなきゃわからねえ」ですね。
さーて、では最後?の作戦に臨みますよ!
その前にワスタム料理店で色々買っておこう。
▼改めて作戦室
出撃は明日の朝だって。
と言うことは、決戦前夜イベントありそうだね!!
城のみんなと話すよ〜。
前夜じゃなくて前日か。
おや、メイベルがジェイルに捕縛されてるぞどうしたんだ。
わはは、また忍び込もうとしてたのか(笑
ま、まさか決戦前夜だから思い切ったことをしようとか考えてたんじゃねーだろうな?
CEROが上がっちまいますからダメですよ。
まあでもジェイルが鬼で鉄面皮であることは否定しない(笑
最高に頼もしい親友だ。
サトツは話だけなら別にしても良かったってさ。
一旦2人きりになっちゃったらもう会話だけですむ訳無かろうに、お前の懐の広さと来たら……。
▼4階・ホール
・ナキル「10年位前、帝国軍に千里眼とか早耳とか言われる位情報に強い隊長がいたんすけどね。
どうもルバイス殿らいしんすよ!
本人に聞いても人違いですって言われるんすけど、俺は間違いないと思うっす!」

いきなりルバイスさんネタかよ!!
まあでも石版に書かれてる異名が千里眼だし今更って感じだけど
やっぱり帝国のそこそこ偉いポジションにいた人だったんだねえ!
王様みたいな格好してるしな。
しかし10年前ナキルくんは何歳だったのかな。
直接その隊長さんとやらの活躍を見知ってるって訳では勿論ないよな?
・アスアド「今作戦室にはクロデキルドさまがおいでですが、どうも入りにくい雰囲気でして……。
あの方と少しお話しようと思って来てみたのですが」

何だ?何で入りにくいんだ?
まあでもアスアドさん顔が笑ってるから、クロデキルドさまが中で誰かといい雰囲気になってるとかって訳ではない?んだろうな。
もし彼女が1人でぼんやりしてるとかなら、寧ろ狙い時だと思うんだが。
あっでも「この戦いが終わったら云々」とかは言うなよ。言っちゃダメだぞ。
それは、フラグだ。
▼4階・作戦室
どれどれ……。
おおおーーー!!!!
そうかグンドたんと一緒にいたのか!
そりゃ入り辛いな。グンドたんに刺されそうだ(笑
そしていい雰囲気になっててもおかしくないなと思ってしまってすいませんでした。
一緒に戦おうねって約束してるのがカワイイねえ。
2人ともそこそこの年齢だとは思うんだけど、姉妹はいつまで経っても姉妹と言うか
この2人は小さい頃から関係が変わってなさそうだね。
微笑ましいねえ。
・クロデキルド「せっかく協会から救い出せたのに、今まで妹とはゆっくり話せずじまいだった。今日くらいは大目に見てくれ」
だってさアスアドさん。
空気読んで良かったな。
とは言えここで踏み込まずしていつ踏み込むんだって感じでもあるけどな。
このままじゃ気持ち伝えられずに終わってしまうぞ。
いや、相手はアストラシア王位継承者だからな。
伝えたら伝えたで色々厄介なことになるかもしれないのか。
・フレデグンド「サトツさまはお姉様にとても信頼されてて羨ましいですわ」
羨ましいですわギギギって意味じゃないよな?だよな?
ドキドキ。
・アスアド(再)「メルヴィスが最大の障害かと思っていたのですが……
フレデグンドさまの方が余程難敵かもしれません

そのことが分かってれば何とかなるんじゃね?
いや、いやそんなことないな。難敵が複数いるってことだもんな。
こりゃサトツに負けない位武勲挙げるしかないんじゃね?
何となくだけどさ……グンドもメルヴィスも、クロデキルドの相手がサトツなら文句言わない気がする。
年齢的な問題はあるかもしれないが(笑
▼屋上
・シスカ「お母さん、今夜は久々に歌っちゃおうかな♪
昔は良く歌ってあげてたのに、サトツちゃんたら最近はちっとも聴いてくれないんだもの。
でも分かるわ。聴き入っちゃうのが照れくさくなっちゃったんでしょ?
夜になったら歌ってあげるから楽しみにしててね」

お?もしかして挿入歌展開とか来るのかな?
声はアレだけど、高杉さん歌はお上手ですからねえ。
シス姉は発言はあれだけど包容力のある素敵な女性ですよね。
ネムネも一緒に歌うのかな。ラミンは自重な。
・ケフレン「一なる王を倒したとして、私はその後どうしたものかな。
あれこれ考えていたのだがそんな心配は勝ってからでいいな!そう開き直ることにした!」
「ベレムエルはどうするつもりなのかな。聞いてみたが答えてくれなかった」

サルサビル辺りなら快適に暮らせるんじゃないですかね。衣装的にも故郷に近そうだし。
ベレムエルはケフレンの言葉にも答えないのか。しょうがない男だなー。
まあでもあれは全てが終わったら姿を消す系の人だと確信している。
・ウラガン「決戦に勝った後も、わ団には存続していて欲しいものだ。
イクスもここに留まるだろうし、その間俺は観光し放題」
「しるべの塔最上階からの眺めも堪能したい」

ウラガンがわ団に協力する理由が好きです。
最初から基本的な考えにブレが殆ど無くて、
今も大好きな観光地と、自らがそこを訪れる未来を守るために戦おうみたいなさ。
108星には色んな考え方、思想を持った人たちがいてしかるべきだと思うんですが
そう言った部分を感じられる際たる人物の1人かなと。
・ツァウベルン「やはり私は高いところが好きだな。
しるべの塔の最上階ならもっと見晴らしが良かっただろうに、余裕が無くて残念だ。
一なる王を倒したら、是非とも眺めを堪能したいものだね!」
「もう1つのしるべの塔もここより高いのだろうが……
あそこは景色を楽しむ雰囲気ではないな」

あー、しるべの塔は高いところスキーにはたまらない建物かもしれないねえ(笑
しかしあの建物は全てが終わった後どうするんだろうな。
▼屋上・枝
・ボッシュ「はーっはっはっは!樹海を思い出すな!
む、ラティルダか?私のために弁当を作ってくれるそうだ!
どうだ!いい妻だろう!羨ましいだろう!はーっはっ(略)」

そしてあんたはいい夫だと心の底から思うよ。
あんな美人でナイスバディで一途な奥さん持ってボッシュも相当の幸せものだと思うけど、ラティルダも全く負けてないと思うんだ。
髭が何だ!胸毛が何だ!どう考えてもいい男だぜ。
・エヌムクラウ「構わないで貰おう。ここが落ち着くのだ」
実は素敵なブラジャー(謎)してることに気付いたよ。
ところで彼が「ここ」が落ち着く理由が知りたいです。
高いところだからか、空や太陽に近いからか、緑が近いからか、単純に枝の上が好きだからか……
あ、もしかして「フレセリアの森」を感じていたい人だったりする?
何かこの森に?それとも本拠地に?縁ある人だったりするのかな。
・ベレムエル「詮索無用」
いやいや、ツァウベルンの特等席を奪っておきながら詮索無用とはこれ如何に。
実はあなたも隠れ高いところスキーだったんですか。
ベレムエルとエヌムクラウ、ツァウベルンで高いところ好き攻撃とかあったらどうしよう。
流石に無い……よな?
エヌムクラウとの関係は健全に気になるよ。
そしてケフレンのこともちょっとは気にかけてやって欲しいと思うんだ。
▼3階・ホール
・トンガチヒ「ここに来て目覚めました!今度は是非しるべの塔に窓を造ってみたいものです!
あんな高い所に窓!さぞかし造り甲斐があるでしょう!
ああ、想像しただけで……あいたたたた(略)!」

安易に想像すら出来ませんがな。頭痛薬はユーニスたんから貰うといいですよ。
しかしあの高い塔に窓かー。そう言えば窓無かったよね。
それにしても、何気に塔(つーか高所?)に魅せられてる人多いねえ。
・ギリアム「今にして思えば、グレイリッジの人々は何故ああも容易く協会の妄言を受け容れてしまったのか。
明確に反省しておかねば後々禍根を残すに違いない」

ギリアムさん真面目だよギリアムさん。
そんなに深く考えなくてもいいと思うけどね。
あんなムチャクチャなことを言う人たちなんてもう2度と出てこないと思うし。
逆に流されやすいのが市民性なら、もうそれはしょうがないと思うし。
グレイリッジは頑固親父が多そうなイメージ何だけどなー。
▼書の部屋
あれ、誰もいな……って、何でルファがいるんだ!?
悪戯とかしてないだろうな(笑
・ルファ「ルファの本だよ♪まだ変だけど♪」え?何が?どれが?後ろの青い本が?
ルファの発言はマジで深過ぎる……絶対意味がある訳だろうからな。
今までは何となく分からないこともなかったけど、こればっかりは……。
日記か?日記とかだったりするのか?(笑
▼3階・居住区
・フェレッカ「やっぱりヌムヌかわいい……凄く幸せ」

何でこんな所にいるのかと思いきや、ヌムヌに会いに来たのか。
何か結婚出来そうだよねこの2人。
いや、知らないけど(笑
・ルバイス「一なる王と言うのは一体何者なんでしょうかねえ。
いくつもの世界を消して世界を1つにしてってると考えると邪神悪神の類なんでしょうけど、どうもそれだけとも……ねえ。
まあ考えても分かりませんし、分かるまで戦わない訳にも行かないんですが」

一なる王は、特攻作戦に敗れた天魁星だったよ。
って、それはBADENDで分かることだから彼らは知る由もない訳だけども。
でも特攻作戦に敗れた天魁星は何故一なる王になってしまうんだろうね。
呪いみたいなものなのかねえ。
最初の一なる王は何時生まれて、その発端は一体なんだったのか
まず明らかにならないとは思うんだけど、興味あるねえ。
▼ライテルシルトの部屋
入るなりビュクセに射撃されますた。
な……んだと?
ツァウベルンがビュクセで遊んでるだと?
・ツァウベルンがビュクセに「きみはいつもつまらなそうな顔をしているな」って言った
・背後に回ってくすぐった
・ビュクセ奇声
・高笑いしながら退散
おおおおーーー!!!!
ビュクセが「屈辱だ!」とか言ってるよ!余程屈辱だったんだな。
これベレムエルにも使えるんじゃね?くすぐってみたら何か喋るかもよ?
・ビュクセ「おのれ……」
全てが終わったら、存分にツァウベルンに仕返ししてください(笑
しかし彼はライテルシルトでも指折りの偉い人なんだよな?
そんな人に躊躇いもなく発砲(人違いだったけど)するほど怒ってたのか。
屈辱だったのか。
か、かわいいじゃねーか。
こんな終盤でこんな隠れた魅力を出さないで欲しいもんだと思うよ。
・ミーネ「あなたが正式に要請すれば、連合王国は援軍を出すと思うわ。
本国の連中はこっちで何が起きてるかまるで理解してないけれど、
あなたはいくつもの国や種族をまとめ協会の脅威に立ち向かう希代の英雄ってことになってるから」

ナンテコッタイ。サトツも随分大きな存在になっちまったもんだぜ。
まーでも人間以外の沢山の種族やいろんな国の人たちをまとめるリーダーともなれば
確かにそう思われてもしょうがないな。
・ゲシュッツ「この戦いが終わったら、連合王国はわ団と仲良くしたいはずだ。
俺たちに出来るのは、君たちが連合王国に悪い印象を持たないよう戦ってみせること位だな」

いやいやいや……あなたたち3人組とツァウベルン、
個性的な4人のキャラたちにすっかり心奪われてますのでご心配なく。
って、それはプレイヤーの個人的な感想か。まあサトツさんのことだから心配すること無いんじゃね?
まあ、変なこと言ってきたら容赦しないだろうけど。
▼ポーパスの部屋
・ネムネ「行け〜♪行け〜♪サトツ〜♪百万世界の〜勇者だ〜♪
翔べ〜♪翔べ〜♪サトツ〜♪百万世界の〜希望だ〜♪」

サトツさんは恥ずかしいのでやめて欲しいそうです(笑
何か昔のアニメのOPっぽいね。
・ヌムヌ「あ〜〜〜、面倒な女に懐かれた……」
満更でも無いんだろ?
何かヌムヌとフェレッカには種族の壁を感じ無いんだよな。
▼3階・ホール
部屋から出たらイクスが城内女性巡りなるものをしてやがった。
もしやと思って書の部屋にもう1度入って出てみたら、
案の定今度はイクスを探し回るモーリンの姿が(笑
この子らの行動パターンはもう完全に読めたよ。
でも多分こうして生活してるのが2人にとっては1番平和かつ退屈しないんじゃないかと思ったよ。
▼2階・ホール
・メギオン「クーガのやつもしばらくこの城にいたんだよな?
実は俺とダイアルフが王の位を取り合ってた時にな、
やつはたった一人で俺と舎弟の根城に乗り込んできやがってよ。
フューリーロアが割れちゃいけねえ、今回は譲ってくれって頭ぁ下げやがったのよ。
俺の舎弟には荒っぽいのが多くてな、下手すりゃ殺されてたかもしれねえのによ。
ま、俺が身ぃ引いたのはそれだけが理由じゃねえがよ。ちっとばかし効いたのは確かだぜ」

クーガ……。クーガうおーん。
カワイイモフモフ兄ちゃんだと思ってたけど、実はロアの中でも偉大な男だったんだなクーガ。
また会いたいよ。
ディルク退場シーンでの見返りクーガの格好良さは異常だった。
涙腺が大変なことになった。
・ニクティス「メギオンさまもクーガのこと気に入ってたのだ。だから寂しいのだ……」
当然クーガはニクティスとも顔見知りだったってことだよな。
メギオンの言う舎弟たちは皆ダイアルフが王になった際に彼の元を離れたのかな?
で、彼とエウスミールだけがメギオンの元に残ったって話だっけ。
▼2階・詰所
・アマラリク「ロベルト様は歴代最年少で正式の剣士になられた凄い方です。
こうしてお話をうかがえるのは嬉しいのですが……さっきからずっとサトツさんのことばかりお話されてるような」

「ロベルトさまは余程サトツさんに対抗心をお持ちなんでしょうか?」
対抗心っつーか……。気に入ってんじゃないですかね(笑
ツンがデレるとどうなるかって言うののいい見本のようなものだと思われ。
・グントラム「文官の私にとってもロベルト殿のお話はためになります。
つい聞き入ってしまいますよ」

マジで?
結構心に響くことは言いそうなタイプだと思うけど、言葉がうまいかって言うと
そう言う訳ではなさそうだけどな〜。
しかしこのメンバーの中でグントラムだけちょっと浮いてるような。
・キラルド「俺も早く剣士になりたい!クロデキルドさまや……フレデグンドさまにお仕えしたいんだ!」
キラルドはグンドたんの良い護衛になりそうだな。
ロマンスが生まれる余地は……うーん、微妙かなあ(笑
・ヨベル「姉ちゃんまたイクス追い回してるんだろ?どっちもしょうがないよな」
お前もロベルト道場に通う一員なのか。
あのー……変な意図は無いけど、ヨベルとロベルトはちょっとライバル的なイメージがあったよ。
まあ武術レベルでは結構差があると思うし、ヨベルにとってロベルトは
見習うべき人の1人って感じかもしれないけど。
・ロベルト「新参者にちょっといくさの話をしてやっているんだ。
俺もまだまだ若造なのは分かってるけど、それなりに場数は踏んでるからな」
「本当はメルヴィス殿辺りが話してくれればいいんだけど、あの人は必要なことしか言わないから慣れないと分かりにくいんだよな」
よォお前モテモテじゃねえか。
ロベルトは血気盛んで熱い男だけど、一方で自分の立場って言うのはよく弁えてるよね。
自分が恥ずかしい真似したら上司の名前に傷が付くってことを良く分かってるんだなーと思うよ。
しかしメルヴィスって必要なことしか言わないから分かりにくいのか(笑
プチ情報だな。
▼2階・ホール
またイクスがいたし。残念ながら詰所には今野郎どもしかいませんよ。
ついでに言うと、イケメンばっかりだよ。
▼医務室
・ユーニス「困った先生ですみません。。あれでもきっと皆さんを励ましてるつもりなんです。
って言えればキレイにまとまるんですが、あの人のアレは全部ホンキだから
始末が悪いですよね。
まあ、先生があんなだから私も落ち込まないでお仕事出来たのは確かなんですけど」

そんな先生のお守りお疲れさまです。
と言いつつ彼女はほぼ常に連れ回してる状態だったけどな(笑
いつも激務こなしてくれてありがとうです。今日はゆっくり休んでください。
・ザフラー「いつもなら好きなだけ怪我をしろと言うところだが、明日だけは気をつけてくれたまえ!
何しろ負けると終わりだからな!色々な意味で!
私はわ団の専属意思と言う立場が頗る気に入っている!
ポーパスやロア、リジッドに至るまで診察し放題!こんな恵まれた環境を失ってたまるものか!」

ああ先生最高です。
動機はなんだっていいんだ。明日を掴もうって言う積極的な意思さえ持てればさ。
ユーニスを常にパーティに入れてるような状態だったもんでザフラーは城でやりたい放題だったんじゃないかとも思ったけども、逆にやり過ぎるとここ追い出されるからな。
専属医師の地位を守るためにも実際そこまで派手な真似は出来なかったんじゃないかね(笑
いや、いやこの人のことだから分からんか。分からんな!
▼2階・ホール
モーリン登場。
見つけたら首に縄つけて城内引き回しの刑だって。
言ってることは過激だけど、きっと実際会ったらイクスの甘い台詞にコロッと騙されてデレる訳ですね分かります。
詰所にはいっぱいイケメンがいる訳だけども、彼女は他の男には目もくれないんだよな。
一途なのは良いことだと思うよ。思うけど(笑

大分キャラの居場所が変わってるね。
一階にはキャラが大量発生してそうだな〜。
会いに行くのが楽しみです!
posted by ヒグラシ at 23:13| 千葉 ☔| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

幻想水滸伝 ティアクライス(55)

108人に108通りの未来を掴ませます。

■チュンティング城
えー、前回はやらかしてしまった訳ですが
今回は特攻作戦を断固拒否して別の方法探すよ。
別の方法っつっても、もう思い当たる節は無いんだけどなー。
後はゼノアとかオルドヴィークとかあの辺の「実は色々知ってるよ」系の人たちが助言をくれるかどうかにかかってる気がするんだけどな。
もうサトツたちの努力の程は今まで見てきてよく分かってると思うから
いい加減少し位助けてくれてもいいようなきがするんだけど。
あー、でもそう言う問題でもないのかな。
実際オルドヴィークは一なる王と戦って敗れてる身なんだもんな。
しかし相手に対してここまで絶望的な気持ちになるRPGもなかなか珍しいような。
世界が滅びることとかに対して絶望する系のゲームは結構あると思うんだけど
この作品のシナリオから感じるラスボス?っぽい相手の強さへの絶望感ってのは半端ないものがあるね。 
 ともあれ、やらないと決めました。
みんなもそのこと自体は分かってくれたようです。
でも代案出さないといけないからな。考えるタイムになってしまいましたよ。
えーと、そろそろゼノアが種明かししてくれるかな?
石版の部屋行ってみようかね。
▼4階ホール
ホールに出たら、モアナに会ったよ。
何?ムバルが呼んでる?
何だ?また書でも光ってるのか?
?マークだらけだな。
▼3階・書の部屋
そう言えば、ムバルは以前「何か忘れちゃってるんだけお思い出せない」とか言ってたな。
流石の学者さんもよる年波に勝てなくなったのかと思ったが
ちゃんと思い出せたようだな(そこまで年食ってないだろ
真面目に考えて、30代前半位ですかね。
今度はマナリルたんも一緒にいるのだね。マナリルたん今日もカワイイのう。
・また書が光ったよ
・今度は12番目の世界が現れた直後だよ
・つまりサトツたちが一なる王と戦ってる時のことだね
・前回書が光った後も一なる王に攻撃が殆ど効かなかったのは
書が足りなかったからなんじゃないかと思うんだよね。仮説だけど
・だから書を12冊全て揃えて一なる王を殴れば、攻撃が効くんじゃないかな

おおお〜〜〜〜!!!
何か説得力のある意見だな!そりゃ充分ありえそうだ。
そして一なる王に潰された十二の世界と共に戦う感じで
とても素敵な展開だな!
第11の書はディアドラが持ってきてくれたんで
残りはサイナスの傍に現れた世界のものと思われる最後の一冊だけだね。
久しぶりに人間レーダーがアップを始めたようなので
彼を伴って最後の書の回収に向かいます。
パーティ:サトツ、ルオ・タウ、ルバイス、ギリアム、ユーニス
ユーニスの出撃率の高さは間違いなくサトツに次ぐな。
今更だけど、彼女が出払ってる間ザフラーを止める人がいないと言うのは
なかなかに危険なことなんじゃないかと思ったよ(笑
まあ、ザフラーはああ見えて意外と分別利く人なんじゃないかなってのが
正直な印象なんだけど。
■サイナスに似た町
確かにサイナスに似てるな。
しるべの塔っぽいものがあるしな。
崩壊したサイナスそのものって訳ではない……よな。サイナスの隣りにある訳だしな。
それにしても建物の造り(素材とか)が似てるだけじゃなくてしるべの塔モドキまで存在してるとは、よほど近い世界観を持つ世界だったんだな。
レーダー曰く、書はしるべの塔モドキの中にあるらしい。
間違いなくえれべーたは動いてないだろうし、地道に登ってくしかないかな。
一本道だといいなー。
▼しるべの塔モドキだったもの
わはは、えれべーたどころじゃねーし。
崩れちゃって中に入るのもままならない状況のようなので
何と外壁を登って行くことになりました。
おっさんたちには辛いミッションになるなあ。
ロベルトとかナズとか、粋のいいの連れてくれば良かったぜ。
ルオ・タウは見た目の割りにタフネスガイだね。
▼書の場所
ベルフレイドはもういない訳だから、誰にも邪魔されずに書を回収できるな。
と思ったら何故か書が襲ってきたし!!
○クイーン
何が、どうなってんだ。
コイツは一体何処に君臨してるクイーンなんだ。
うーむ、妙にやられ方がこってるモンスターであった。
 どうやら書がサトツたちを試したんじゃないかってことみたいだよ。
へ〜。書にはそんな力もあるのか。
ベルフレイドみたいな悪いおじさんが奪ったりしないようにってことだな。
まあもうアイツいないけど。
おおーー!!!
書の幻は天魁星さんからのメッセージだったよ。
「まだ見ぬ同志たちよ……」的な感じですかね(違うだろ
全てのネタバレをしてくれたよ。
要約すると
・マナリル&ムバルの仮説は正しい!
ってことだな。うむうむ。
12の書を持ってれば、一なる王は全能でも無敵でもなくなるってさ。
12の世界を供物にすることによって一なる王が結界付きで復活する訳だけど
彼のアキレス(12冊の書)もまた生まれるってことなんだな。
面白いね。
でも、どうやらこの書の世界にいた天魁星さんたちは間に合わなかったのか。
まあ、間に合わなかったからここに崩壊した世界が現れてる訳だろうけど。
でもお前さんの思いは確かに受け取ったぜ。
前にも書いたけど、書=世界とそこにいた人々の生き様 って感じでゆかしくなってくるね。
さあ、一なる王の結界=サイナスを囲む光の柱のことみたいなんで、
早速12冊の本を使ってアレを消しに行きます。

■チュンティング城
さーて、本当の決戦が近いようだね!
今度は決戦前夜、あるかな?
む、でもサトツはその前にホツバに頼みごとがあるらしい。
あ、もしかして一なる王攻略法を広めてもらうのかな?
サトツ、ホツバはかなり酷使してるよな。
割と自発的に動いてくれてる人でもあるけど。
だが一向に身体が搾れてる様子はない。
いや、個人的には今のホツバの体型は結構好みなんですが。
▼トビラのある場所
やっぱりそうだ!
一なる王攻略法を各世界に広めてきてください。
アトリにはお世話になりっ放しだったからな。これで少しは恩返しできたかな?
つーか、アトリが特攻作戦選んじゃってないといいんだけどな……。
マリカ?もな!

さて、では決戦前夜かな?
みんなにお話聞いたりして今後の展開に臨もうと思うよ〜。
長くなるかもしれないんで一旦切ります。
posted by ヒグラシ at 00:19| 千葉 ☀| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

幻想水滸伝 ティアクライス(54)

好奇心に駆られ、

や っ て し ま っ た ぜ 。

だが後悔はしていない(笑
一応ゲームオーバーだったしな。
そして、非常に興味深い真実を提示してもくれたね。


一つの世界から帰ってきたところからです。
世界を見回ってみました。
どこも変化は無いみたいだね。サイナス以外はって感じか。
シトロ村のディルクラブなお姉さんの発言に泣いたよ。きっと幸せになれるさ。
えーと、でもどうやらまだ自由に行き来出来るみたいだし
先の突入が決戦って訳じゃなかったんだな(笑
城内にいるみんなの台詞がかなりそれっぽかったから必死になって修行させまくった訳だけど
そんなに焦ることもなかったんかね(笑
 さて、サイナスに行くとイベントが進む?と思われるので、向かってみましたよ。
メンバー:サトツ、ディアドラ、ハウ・シー、ロベルト、ユーニス
特に人選に意味は無いです(笑
まあ、ハウ・シーはとことん働かせると言う信念には基づいた行動ではあるがな!
■サイナス
な、何か柱がいっぱい立ってるぞ?
全部で12本なの?書の数と同じだね。
あー、これが儀式が完成した結果の姿なのか。
儀式が完成→一なる王の居城みたいなものが完成しましたよ的な。
どうしようもなさそうなんで、一旦帰ります。
■チュンティング城
▼作戦室

・今、この世界がサイナス以外一なる王の支配下におかれていないのは
サトツたちが存在してるから
・サトツたちが負けたら世界は一つの世界とやらになっちゃうよ
・だからって、みんなが戦うのを止めると
今度はみんなが星に見放されることになる
・星に見放されるってことは、星を宿すものがいなくなるってことだから負けと同じ
・戦って勝つしかない!

ただ、戦って勝つっつってもダメージ1だしなあ。
そこでまたもや出てきた特攻作戦。
あー、さっきの突入作戦で大分漲ったせいか
もう忘れかけてたよ(笑

でもだな。
ちょっと、興味沸かね?
どうせオートセーブとかされないだろうし、
1度見てみても良くね?
多分幻想水滸伝4で言う「頑なに罰の紋章を使わないルート」と同じような扱いになるんじゃないかなとか思ってるんだけど……ちょっくら試してみてもいいよね?
ホラ、みんなも覚悟出来てるっぽいし。
本拠地にこう言う悲壮感は似合わないことこの上ないけど
たまにはこう言うのもいいよな?な?
と言う訳で
「分かった……あれで行こう。」
「謝るなよ」っつうリウにぐっと来た。
リウはどんどん格好良くなって行くな。

って、おいおい!
もう塔の上かよ!
何だこれは……え!?
■一なる王の塔?
みんなお亡くなりになってしまった……のか?
サトツがすまねえとか言って泣いてるよ。
おお、でも一なる王の姿も無いな。
一応、倒せたってことでいいのかな?
どう考えてもハッピーエンドじゃないけど。
ってあれ?何やらサトツのボディに変調が……

!  ? 

え?あ?お?
おわああああああ!!!!!!!
サトツが!サトツが一なる王になっちゃったよ!?
うっわ、うーーーーっわ!
そうか、そうかそうかそうかそう言うことなのか。
ベルフレイドが目覚めさせた一なる王も、妙に中の人が生身の人間っぽかったもんな。
でも、そうか。そうなのか。
特攻作戦を選んでしまうと、その世界の天魁星が一なる王になってしまうんだな。
あっ!!!そっか、だって星を束ねる→みんなの思いを1つにってことだもんな。
星を束ねてみんなを1つにしてしまうってことは、広く考えれば世界を1つに!ってこととも繋がるものがあるよな。
つまりは、図らずも星を宿すものたちが一なる王の考えに同調して
屈してしまうことと同じことになるって訳だな?
これは……凄いバッドエンドを見たぞ。
凄くちゃんとしたバッドエンドだな。納得出来過ぎる。
じゃあさ、じゃあさ、仮に全ての世界の108星が2度と特攻作戦とかしないで
何らかの方法を用いて確実に一なる王を退けることが出来るようになったら
必然的に一なる王の数はどんどん減ってって、最後には多分いなくなるよな?
まあそんな確実な方法があるのか分からないけどさ。
今はまだこのままじゃ倒せないだろうから、何か方法を探さないとかなー。

そう言えばムバルが「大事なこと忘れた」とか言って健忘症っぷりを発揮しまくってるんだけど、あれが何だか怪しいよねえ。
作戦室で「使わねえ!」って選択肢を選べば、何とかして思い出してくれたんだろうか。
よし、今度は真面目に108人が108の未来を模索出来るような道を探すよ〜。
posted by ヒグラシ at 00:15| 千葉 | 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

幻想水滸伝 ティアクライス(53)

意外と……続くぞ?
もしかして北辰にも行けたりとかするのか?
って、流石にそれはない……よな。

■チュンティング城
リウー、いつになったら支度が済むのー。
その辺プラプラしてろって言われてから数年が経過してるはずだ。
どっかでフラグ立てそびれてるのかな。
こう言う時はとりあえず、城内の全ての部屋を回ってみる!
▼3階・書の部屋
おっムバルさんが興奮してるぞどうしたんだ。
フラグポイントはここか?
・少し前にここにある本が一斉に光った
・時間的には、丁度サトツがラロヘンガでベルフレイドと対峙してた時っぽい
・書が光ることでベルフレイドに一発ぶち込むことが出来た?みたいだった
・つまり、書が光った時に発生する作用?ってのは
真正なる一書に対抗する有効的な手段となりうるかもしれない!

ってことらしい。
おお〜、そうなのか。
つまり書をコントロールして、自由に光らせることが出来るようになったりすればいいってことだな?
それとも書の力を解放する、とかそんな感じのことが出来ればいいとかかな。
もうその辺はムバルさんとかルオ・タウに任せるしかないけど。
サトツやわ団のみんなの心に呼応するように光ってくれるならいいんだけどね。
でも何か、1つの世界って言うものに12の世界の歴史が対抗する、みたいな図式は
燃えますな。
一なる王に敗れた世界の書が集って、新たな対抗手段になるってことだもんな!
▼4階・作戦室
リウー。まだー?
おっもういい感じか!そうかそうか!
やっぱり書の部屋がポイントだったんだな。
よしよし、やるぜ〜。

■サイナス・しるべの塔
もう話相手がいなくなっちゃったねベルフレイドさん。
代表取締役会議もオシマイですな。
仕方なく玉座?を話し相手にしているようだ。
すっかり可哀想なおじいさんになってしまったな。
一なる王の世界に行けるよってことでビクンビクンモード入ってるし。
早く何とかしてやらんと。
■チュンティング城
▼団長の部屋

あれ!?もう朝なの?
いわゆる決戦前夜みたいなものは無いの?
幻想水滸伝4の決戦前夜の雰囲気は最高だった。
マリカが起こしに来てくれたよ〜。
この部屋でマリカに起こされるのも最後かもしれないねみたいな話になったんだが
どうも今までこの部屋でマリカに起こされた覚えがなくてな(笑
結構サトツは各地を飛び回ってたりしただろうし、
帰ってきたら帰って来たで割とみんな気を遣って放置してくれてたんじゃないかなーとか。
まあ何処で起きるにしても、またマリカに起こしてもらえるといいなー。
▼各場所
どうしよう……誰もいない。
マジで全員作戦室にいるんだろうか。ひしめき合ってるんだろうか……。
ちょっと、行くの怖くね?(笑
▼作戦室
流石にそれは無かったようだ(笑
でも何処にも誰もいなかったってことは、設定上は集合してるってことなのかな。
想像すると何か凄そうだな。
さて、恐らくかなりの熱気が漂う中
ディアドラさんからしるべの塔の説明を受けます。
・上層階へ行くには3本の昇降機械を乗り継がなくてはならない
・でも一行が侵入したら敵は昇降機械を止めてしまうはず
・だから機動装置ごと確保しないといけない

なるほど。非常に分かりやすい作戦だね。
各々の昇降機械をアスアド、クロデキルド、ダイアルフの部隊に抑えてもらうことになったよ。
で、ネイラとヴァズロフには後ろを守ってもらいます。
沢山の部隊が出撃することになりそうだね!
こりゃ編成のし甲斐があるってなもんよ!育てておいて良かったぜ。
よっし!行くぜ!
・サトツ隊:リウ、マリカ、ジェイル、ユーニス
リウがサトツとセットで強制出撃ってことで、もう迷うことなく自警団でまとめました。
ディルクの弔い合戦も兼ねてって感じだな。
ラジムがアップを始めてたんだが見て見ぬ振りをしておいた。
シス姉が羨ましそうにこちらを見ている。
・アスアド隊:ロベルト、ヨベル、シャバック
イケメン部隊にしようと必死になりました。
でもあれもこれも前・後列のバランスが悪くて……とかなり悩んだよ(笑
最初はロベルト、ツァウベルン、シャバックにしようと思ったんだけど
ロベルトだけ前線でフルボッコ展開になってしまうので却下。
次に大人で統一しようと思ってルオ・タウ、ツァウベルン、グントラムにしてみたんだけど
今度はグントラムがフルボッコでロベルトより不安なので却下。
この後やっぱり青年ではなく少年系で行こうってことにしてソロウは入れた方がいいよなとか、いやタージは外せないだろとか色々悩んだ挙句上の形になりました。
戦力は防御だけ意識しましたが、星の印とかは殆ど考えてないです。
ヨベルが癒しの波動使えるから何とかなるかなとか。
・クロデキルド隊:フレデグンド、メルヴィス、ソフィア、ゴルヌイ
回復役としてティグールかザフラーを入れたかったんだけど
どっちも前列用の装備させちゃっててなあ。
仕方が無いのでソフィア入れて火力最強パーティになりました。
チクショーゴルヌイの顔格好良過ぎるこっち見んな。
ダイアルフ隊:オータちん、ネムネ、インドリク、ラミン
バランス重視です。
性格的なバランスは最悪かと(笑
ダイアルフと一緒で張り切るオータ、歌うネムネ、淡々インドリク、暴言三昧のラミン。
ラミンにとっては人外も下衆なんですかね。ネムネとは割と仲良かったりしないかね。
そして意外とダイアルフにビビってたりとかしないだろうか。
まあ、ラミン自身は殆どお飾りだけどな。「稀に」っつう確率には一切期待はしてない。

■サイナス
さあ来たぜ来たぜ〜。
サイナスの音楽荘厳で素敵だよね。町の音楽は軒並みいいよなあ。
町中には特に兵隊の姿はないようだな。迎撃部隊も皆無のようだ。
そっか、最後の世界が来たら向こうの勝ちだもんな。
向こうが時間稼ぎに篭城を決め込んでる中、時間内にサトツ隊がジジイから本を奪えるか。
っつう戦いだね。
タイムアタックみたいで燃えるぜ〜。
実際タイムアタックだったら涙目だったけどな。詰みだ詰み(笑
▼路地
おっ一般人がフラフラしてるぞ。
どうする?保護する?
うわっ!洗脳済か。
異端者だ〜とか言ってスリラーしてきて通れません。
完全に出来上がっちゃってるな。
しかも……えええええ!?ラロヘンガの敵が出てきたよ!?
お前らこんな所で何してるんですか。
うっわ町民がバケモノを「御使いさま」とか呼んでるし。
ちょっとちょっと待とうよみんな。
サトツとそこのアケパロイを見比べてみてくれ。
どっちが安心感のある顔立ちをしてると思う?ってダメだ、町民は既に出来上がってしまってるんだった。
スヴェンとソロウは危なかったな。一歩間違ってたらアケパロイを崇め奉ってたかもしれないのか(笑
そのアケパロイも一応分別があるのか、ベルフレイドに操作されてんのかしらないけど
信者とそうじゃない人の区別が付いてるみたいだな。
そして信者の言うことは聞くんだな。
崇められて悪い気はしてないらしい(笑
ラロヘンガのバケモノにある程度マトモな知能が存在してることに驚いた。
○アケパロイ×2
アケパロイ!アケパロイ!アケパロイ!
自警団攻撃ヒャッホーイ。
起点は1ターン目から順にジェイル、マリカ、リウ、リウで
4ターンで掃討完了。
最後はサトツで格好よく〆たかったぜ。
 結局サイナスの人たちにはモンスター扱いされて逃げられてしまいました。
いや、いやいやいやどう考えても今サトツたちが撃破したヤツらの方がバケモノだろ。
視力にまで異常を来している様で本当に可哀想だ。
もーしょうがないなー。
おや?何か来たよ?
おー、マクートさんじゃないですか!
随分と久しいな。えーと、いつ振りだろう……テハの村が印象深かったんだけど
その後も多分1、2度会ってたよな?
うわ……イカれてやがる。ベルフレイドの仕業だな?
○マクート
おわー、何か使徒の出来損ないみたいになっちゃってるな。
どれどれ……名前は……

肉天使マクート

脱帽だ。
これはもう自警団攻撃しかない。
マリカが寝かされたりしたけど、モズ落としてフラフラにして勝ったよ。
ラロヘンガの書の印を植えつけられちゃったのか。
そりゃおかしくもなってしまうだろうなー。
しかしラロヘンガの印を埋め込むなんて、完全に捨て駒扱いだな。
ソフィアの時みたいに真正なる一書の印でも埋め込んでやれば駒は駒でももっと有能な存在になったんじゃね?
肉天使はひでえよお。
せめてオクトパスマクートとかにしてやれよォ(それもどうかと
▼広場
ダイアルフを発見したぞ!
わはは、人間はダイアルフの顔見て逃げてったってさ。
かっけえなあもう!!!
得意げな笑顔に惚れそうです。
クロデキルド&アスアド隊は既に突入したらしいよ。
じゃあサトツたちは後からゆっくり行きますかね。
▼宿屋
眠れるってどう言うこと(笑
▼武器防具屋
買えるってどう言うこと(笑
▼道具屋・交易屋
せっかくなので全ての所持アイテムを99個にしておいた。
何もここに金を落とさなくてもいいと思うんだけどな。
死神の頭骨と闇の石が高く売れたわい。
■しるべの塔
さて……来たぜ。
懐かしい図書館を拝んで、さあ奥へ。
**自警団部隊**
▼1階

ラロヘンガのバケモノ連れた協会の士官が襲ってきたよ。
かの地のバケモノたちなんて、とても人の手に負えるとは思えないんだけどな。
ベルフレイドって一応凄いんだなと思うね。
○イッカクバウル+協会兵×2
イッカクバウルに自警団攻撃をぶち込み、
協会兵はオートで撃破。
さて、昇降機が近そうだな。
**イケメン部隊**
なるほど、こうしてパーティが自動で切り替わって行くんだな。
どうやらイケメン部隊が最初の昇降機の機動装置を確保する任を負ってるらしい。
頑張れアスアドさん!
クロデキルドさまにいいところを見せようぜ。
って、いきなりボス戦かよ!
大丈夫かな〜。微妙に心配なパーティだ(笑
○デュラハン×2
このスカートみたいなヤツは何だと思ったら、よりによってデュラハンかよ!
1人で2000っつうダメージを叩き出したロベルトが
変な攻撃で宇宙に連れて行かれたよ。
未知との遭遇ですね。
帰って来たけど。デュラハンの癖に落下攻撃するのか。
デュラハンは色んなゲーム作品で難敵・強敵として登場してますが
個人的に最も印象深いのはサガ・フロンティアのデュラハンです。
サイレン?暴走?はァ?時間蝕。
プレイヤーの心配を他所にまさかの1ターン撃破でした。
流石イケメンズだぜ。顔だけじゃないってところを見せてくれました。
全員レベル1上がってるし。
アスアドさん、昇降機の機動装置確保〜。
サトツが先に進めば、多分その先にいる?であろうクロデキルドさまに
アスアドさんの活躍が間接的にだけど伝わるって感じですね。
**再び自警団部隊**
▼しるべの塔・2階

アスアドさんが装置を確保してくれたおかげでえれべーたが動いたよ。
○一なる尖兵
オブジェみたいなデザインの敵だな。
回るな回るな。
 さて、また昇降機の傍まで来たようだ。
**クロデキルド隊**
○ルーク×2

何か、割れる尻みたいなモンスターだな。名前シリワレールとかのが良くね?
右上のゴルヌイの顔に萌えるんですけど。
ディバインエッジとその他で1ターン撃破。
クロデキルドさまも機動装置確保で、またえれべーたが動くよ〜。
**三たび自警団部隊**
 おわっビアズレイだ!
この人は仲間になったりしないかなーと思ってたんだけどなー。
こんな所で出会ってしまったからには、もうダメそうだ。
でもマクートと違って表情はマトモだな。台詞もちゃんとしてるね。
か、覚悟の上で印を埋め込んだのか!?
うっわあ……今までただのヘタレだと思ってたけど、格好いいところを見せてくれるじゃねーか!
○権天使ビアズレイ
ぎゃああああ肉天使と大差ねええええ。
しかも権ってひでえな権って。
自警団攻撃×3で終了。
そうかぁ、ビアズレイは心底協会とベルフレイドの為を思って、
忠義の気持ちから一行の前に立ちはだかったんだね。
猛烈にヘタレで、もしも最後まで敵なら非業の死を遂げるのかなーと思ってたけど
何だか最期は猛烈に格好良かったぞ。
いや、モンスターとしてのデザインはアレだけど。
ええい、細身の天使はいないのか!?

**人外隊**
○飽食の堕天使

最後の機動装置を守ってるのがコイツかよ。
飽食て(笑
確かにオータちんとネムネは割と美味しそうだけど……
インドリクは凄く苦そうですよ。
ダイアルフは食すと色々ステータス上がりそうd
3ターンでした。

**自警団部隊**
ここから先はもうパーティの変更は無いのかな?
メインパーティで上を目指します。
▼しるべの塔4階
えーと、ベルフレイドは何処にいるのかな?
今まで彼らがディアドラとかと散々会議してた部屋にはいないようだね。
あの玉座の間みたいな所にいるのかな?
▼玉座?の間
終点が玉座の間とは上出来じゃないか。
議論の余地が無いねえ。もうダメだこりゃ。
お互い目指すものが絶望的なまでに相反してて、双方共に譲る気が全く無かったら
やっぱりどっちかが滅びるしかないのかなー。
○デュラハン×2
自分で時間稼ぐって言ったくせに出て来たのは何故かデュラハン2体。
これいかに。
こんなの2ターンで撃破ですよ。
さあ、テメエが来い。
○ベルフレイド&ギガースアーム
キター!
ギガースアームがアッヒャッヒャとか言って笑ってやがる。
ベルフレイドの顔はアバター。
ギガースアームではなく自らが前に出てきたことだけは賞賛に値しますかね。
杖使いなのに。
さてと、掃討終了。
 ここでディアドラさんが扉開いて来たよ。
どうやらベルフレイドは真正なる一書を使わずにサトツたちと対峙したようだよ。
ええと、真正なる一書は?
って……あああああああああああ手遅れだったんか。
おわー、サイナスに12番目の世界が出てきて?しまったようだよ。
そして玉座だと思ってた柩の中から出現した仮面とローブの人物。
一なる王か!
つーか柩立ててんなよ!まさかここに入ってるなんて思わねーだろ!
チクショーベルフレイドより先に破壊するべきだったか。
おお……これが一なる王か。
そうと意識してこれほどしっかり見るのは初めてかもしれないな。
何か、中の人が普通にいる感じだな。しかも生身の人っぽくね?
真正なる一書持ってるのか……なるほど、捧げただの何だのってのは
このことだったんだな。
○一なる王
とりあえず自警団攻撃な。

0て(笑

まあそうだろうなー。
どんな攻撃も効かないとは聞いてたし。
だがここで輝ける遺志の書が光るのだ!
しかもこのタイミングでジェイルが怒ってリウが覚醒したし。
漲ってまいりました。
○一なる王
それでも1かよ!
でもアンバランスにはなるんだな(笑
アンバランスな一なる王。
ラロヘンガみたいな一つの世界が出来そうですね。
バッドエンドだけど、ベルフレイドを一泡吹かせることは出来そうな結末だな。
 まあでも与えられてるダメージが1だからな。
効いてるとは言いがたいよね。
結局虫刺され程度にも感じてなさそうな一なる王の持つ真正なる一書が光って……。
サトツたちは何かに巻き込まれてしまいました。

■シトロ村?
▼たまり場

あれ?マリカに起こされてる……。
もしかして、一つの世界?
これって、冒頭のシーンとそっくりじゃない?
東の丘に見回りに行くとか言ってるし。
いや、でもあの時は確かサトツが自分で起きて……。
ふーん、サトツは明日が15の誕生日なのか。
▼広場
みんないる……。ディルクもいる。
リウのボディから線刻消えてるね。
マリカに「こんな日がずっと続けばいいのにね」って言われたよ。
これは……一つの世界っぽいな。

って、延々とこの一日を繰り返すのか!!!
怖いよ!!!
結局同じことを3日繰り返して、サトツがやっと気付いてくれました。
■チュンティング城
そしてやってきたチュンティング城。
誰もいないのかな?
おお!!!自警団の3人組が来てくれたぞ。
サトツがいなくなったねって話をしてたら、ここが浮かんだんだって。
やっぱりお前ら心の友だぜ!
でも、他のキャラはいないのかな?
地下にゼノアがいそうだよな。
色々見回って、行ってみますかね。
▼地下
いないよ!ゼノアいないよ!
まさかゼノアも一なる王の世界でウフフアハハしてるのか?
ロン毛になった日々を過ごしてたらもう帰ってこないかもな。
トビラのある場所もダメ、書の部屋もダメ……
作戦室か?
▼作戦室
誰もいないのか……。
ここは信じて待とうよ。待ってみようさ。
おわー!!!モアナとホツバきたー!!
ローガンとエリンもきたー!
エリンのバトル時以外での声聞くのとても久しぶりな気がしますよ。
わ団パワーで結局みんな戻ってきたようです。
点呼すっぞ。ちゃんと108いるな?
ゼノアとオルドヴィークはつむじ風のようにして現れて、ちょっと不思議な感じ。
もしかして彼女たちはこの現象の影響を受けず、
このままみんなが戻ってこないようならそのまま他の世界とか彼女たちの世界?に退散しちゃうつもりだったとかなのかな。

とりあえず世界の様子を見に行きます。
勿論最初に見に行くのはシトロ村だろ!
ディルクがいないことを確認しに行くって言うのも切ない感じだけど
望む望まざる関係無しに、サトツたちはそう言う未来を選び迎えてしまった訳だから仕方がないよな。
最初に故郷を見たい!って言ったらディアドラさんに呆れられたよ。
確かにこの決断はわ団団長としては失格かもしれないけどさ。
でも、団長である前にシトロ村のサトツくんですからね。
行くって行ったら行くんだい。
posted by ヒグラシ at 01:08| 千葉 | 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

幻想水滸伝 ティアクライス(52)

■チュンティング城
もしやと思ってモアナに声掛けてみたら、新キャラに関連する依頼が増えてたよ〜。
◆北辰皇国の料理◆
ワスタムさんからの依頼とは珍しいな。
おっさんてばシャムスの舌を治すことをまだ考えてるのか。
責任感の強い漢だねえ。
つーかまだ治ってなかったのか。まあ、そう簡単に治るもんでもないんだろうけどさ。
シャムスの舌を治すのに北辰皇国の料理を食べさせてみるのはどうかな、と言う考えに至ったそうな。
へー、北辰皇国の料理は出来るだけ調味料を使わないってのが主流なんだって。
なるほど、素材の味ねえ。
よし、アイツら呼んで来ればいいんだな?
おういいぜ任せろ!
ここはユラたん……ではなくて、ヨミとチハヤの出番だな。
チハヤがお料理上手なようだよ。
ユラたんは意外と料理がヘタクソだったりしたら萌えますね。
まあ剣バカっぽいし、強ちありえない話でもないかもな(笑
独特の包丁捌きを見せてくれそうだ。
おおっと、だがここでワスタムが他人を厨房に入れることを躊躇いだしたぞ!
おい何ワガママ言ってんだ。そもそも食わせたいって言ったのはお前だろ。
チハヤが困惑してますよ。
カワイイおっさんだな全く。
程なくして、渋々開放された厨房で存分に腕を振るったチハヤ料理が
食卓に出現いたしました。
サトツもワスタムも食べるのか。
感動するサトツ。唸るワスタム。
相当美味しいようだねえ。和食っぽいのかな。つーか和食かな。
あらら、でも肝心のシャムス曰く、全く味がしないそうな。
チハヤ「これからは責任を持って、毎日私が料理を担当させていただきます」
ワスタム「厨房は俺のだーー!!!!」

何だこのやり取り(笑
味がしないなんて言われて実は悔しかったチハヤに萌えた。
北辰皇国の人って、表情は穏やかだけど結構負けず嫌いな人が多いよね。
国に行ってみたかった……けど、鎖国してるって話だし物語はもう絶対終盤だし
今作では無理だよなあ。
残念じゃのう。

◆北辰皇国の女性◆
アーニャ「ユラちゃんと言いチハヤさんと言い、凄くおしとやかで礼儀正しいじゃない?」
アーニャ(笑)。
色々聞いてみたいそうな。
おういいさ頑張って聞いて来い。で、学んで来い。
アーニャ隊:リウ、ディアドラ、ツァウベルン、ゼノア
**結果**

北辰皇国にも色んな女性がいるってさ。まあそりゃそうだろうな。
特に皇国七天将のアヤノ姫って人は豪快で荒っぽいらしい!
チェインみたいな感じですか?
会ってみたいねえ!
そう言えばこの作品ってチェイン以外豪快な若いおなごがいなくね?
熟女の方々は皆さんパワフルでらっしゃいますけども。


さて。
ではサイナスに攻め込みますかねえ。
大丈夫かな?もう行っても平気かな?
まあ何とかなるよな!
行って来ます〜。
posted by ヒグラシ at 16:34| 千葉 ☁| 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

幻想水滸伝 ティアクライス(51)

どうしよう……ミュン・ツァンの宿星確認しに行った時に気付いてしまった。

108星、揃ってる……!!!

やべええええええええええええええええええええ
嬉し過ぎるうううううううううううううううう!!!!
これも……これも、何か起こるたびに全ての町、ダンジョンの全てのエリアをくまなく探索した徒労の為せる業。
否最早誰にも徒労なんて呼ばせない。
プレイヤーの労苦は今、実を結んだ(何だそれ
そしてちょっとミズラックに感謝したいね。
彼をどうにかして仲間にしたくて、どうしたら出来るのか分からなくて
とりあえず必死に歩き回ったりして費やした行動が色々なことに結びついてたような気がする。
気がするだけかもしれないけど。

■チュンティング城
前のレビューにくっつけるつもりが、コピペしそびれてメモの下に残ってました↓
▼石版のある場所
宿星確認しに地下に降りたら、ゼノアとオルドヴィーク、ディアドラにダイアルフが会議をしてたよ。
何だよオマエラ仲間はずれにしやがって〜。団長も呼んでくれよ!
ゼノアが宿星特攻心中作戦の話してるよ。
・特攻作戦はダイアルフ、ディアドラ、オルドヴィークの世界でも知られてた
アトリも言ってたけど、この作戦は割と一般的だったってことなのか?
・でも今集まってる面々の世界の宿星は、皆それを使わずに敗れた
もしかして、特攻作戦したら書は残らないのかな。
ってことは、特攻した場合には一なる王を倒せてるとも考えられるね。
実例無いから分からないけど。
他の作戦で一なる王を倒した例も今のところないから、
手段としてはこの特攻作戦が唯一と言ってもいいそうだよ。
いや、でもやらないですよ。それはダメですよ。
だってそれは心中だろ〜?
それじゃあEDどうなんだよ。108星のその後の羅列どころじゃねーじゃん。
綺麗な情景のイラストにモノクロの顔が飛び交うだけみたいなEDは嫌だからな!
まずはジジイだ。全てはあの脳みそが残念なことになってるジジイを止めて、真正なる一書を奪ってからだよね。
その先のことは、それからですよ。

ピーヒャラコンビめ、世話焼かせやがって。
■ルギエニク
▼大通り

あの芸人コンビ、まだルギエニクにいやがる。
余程居心地がいいのか、他じゃ涙目興行だったのか。
ともあれ「数日中にも他の地に行くよ」とか言いつついつまでもここにいるのは
何らかのスイッチを踏み忘れているものと思われる(メタ的な意味で
多分キャラがスイッチになってるんだと思うんだよねー。
マユラ姫がダメならもう誰で行けばいいのか分からないが、そこで思いついたのが
他の地域の人で接触すること。
誰かが「ウチの町にも来てよ!」って誘う→移動フラグ になるかもしれないじゃないか。
と言う訳でまずサトツ、ダイアルフ、ネムネ、クロデキルドっつう各国の人を連れてってみたんだ。
ダメでした(笑
えーと、じゃあ次はリウ、シャムス、マナリルでどうよ!
……ダメだし。
ムカついてくるな(笑
うーん、それじゃあツァウベルン、ヒナ、ローガンでどうだ!
ライテルシルトとロノマクア行かれても終わるけど。
お……?
おおおおわあああああああああああああああ!!!!!!!!!
ツァウベルンきたーーー!!!!!!!!!!!!!
マジか!マジでか!!!!
舞が終了したこと残念がるツァウベルンの台詞が出現したよ!
ちょっとちょっともう何なのこのツァウベルンとか言う人。
どうしよう惚れる。もう4〜5番目位に好きかも知れない(どうでもいいし
そっかそっか、でもそうだな。ユラに興味持ってたし、北辰に随分と関心があるっぽかったもんね。
わはは、「北辰皇国の舞を見られる機会はあんまりない」だの「北辰の舞は重心移動に大きな特徴があると聞く」とか、持ち前の情報パワーで早速2人を口撃し始めたぞ。
秘伝が知られまくりで冷や汗タラタラのピーヒャラズ。
へー、一流の舞手はみんな恐るべき闘士なんだって。
相変わらずしらばっくれ続ける北辰の2人。
色々とバレバレなのにしらばっくれ続ける。真っ黒黒でも認めなければグレーゾーン。
これが北辰皇国の国民性なのかね(笑
その頑なパワーでサイナスに行くとか言い出したんでもう放置することにした。
後で涙目でヒィヒィ言ってるところを超絶格好よく助けに行ってやるから待っとけよ。
心配してるサトツ優しいねえ。
ツァウベルン格好いいねえ(もう分かったから

しっかし、サイナス入っちゃうってんならしょうがねえなあ。
追跡は出来ねえなあ。突入時を待つしかないのかね。
フォートアークあたりでオロオロしてないかな。
■フォートアーク東側
つーか、入れたのかよ(笑
しかもやたらと広いし。何か宝箱あるし。
これエンカウントあったら凶悪ダンジョンだったな。
よし、全方位から入ってみよう。いや、北からは無理かもだけど。
■フォートアーク南門
広いな〜。
▼西側
あ、あ……?あああああ!!!!!
ソロウじゃん!ソロウいたーーーー!!!!
あれ、でも逃げちゃった。
えーと、何でこんなところにいるんだ?サイナスで捕まってたんじゃないの?
ソフィア暴走の折とかに部隊を脱出してそのまま樽の中に隠れてましたとか
そう言う展開?
ともあれ逃げ足が速くてな。追っかけてってみたんだけどどこへ消えたのやら。
うーむ、スヴェンを連れて来れば出てきてくれるかな?
■グレイリッジ
▼協会支部前

で、何でピーヒャラズがこんなところでキョロキョロしてる訳よ。
しかも2人で同じタイミングで左右に首振ってて面白いよ。これは凄い見せ物だ。
やっぱりサイナスには入れなかったんだろ?ほら言わんこっちゃな……
って、行って来たの!?マジで!?すげえ!
やっぱコイツら半端ねーな。
いけすかないヤロードモだが実力は確かなんだな。
でも興行は失敗だったってさ。
そりゃなあ。1つの道信じちゃってるような人たちにはもう心なんて無いだろー。
100つ位の心が各々鮮やかに息づいてるわ団で興行してはどうですか?
ここだけの話、セレブも多いんだぜ。ベルンマンをはじめとしてファラモンの姉妹姫、現サルサビル王国の王子王女、それにロノマクアの首長の親族とかいますよ。
ファラモンの姉妹姫はあんまり金払い良くないっつーか、お金持ってなさそうだけど(笑
おっいいねいいね乗り気だね。
と言うかこう言う娯楽を楽しむ心が失われるのはやっぱり許せないよな!
意気投合したので勧誘したら、随分と下手に出た感じの台詞でアッサリ仲間になってくれました。
ふーん、名前はヨミとチハヤって言うのか。
で、ヨミの方がチハヤより身分が上なのかな?
あ?もしかして将軍と戦巫女だったりする〜?するする〜?
う、いやまあサトツが聞かないって言うんだからその辺の真実を知る術はないんだろうけどな。
ちっ。気になるのになあ。北辰、気になるよねえ。
まあいいや、よろしく〜。
☆地威星 ヨミ
こう言う表現していいのか分かんないけど、メルヴィス系の顔だね。
まあキャラデザの人が同じってだけかもしれんけどさ。
北辰はかなり和な感じの国とお見受けするけど、アストラシアとは全く別物の国なのかな?
それとも元は同じ国だったものが、分裂したとかそんな感じだったりするのかな?
いや、割と人種が近そうだなーと思ってさ。
明らかにジャナム辺りの露出ムンムン帽子ヘイヘイ時々着膨れ万歳とは一線を画してるじゃないか。
あれ?その辺の説明って前にされてたっけ。
 この2人は一体どういう立場の人なんだろうねえ。
チハヤの彼への態度から見るにそこそこの立場の人なのかなって感じはするけど
ただの芸人兼斥候の親分と部下、みたいな関係とも取れなくはないしなあ。
そして実際舞はどんな感じなんだろうね。
アニメで見せろとまでは言わないけど、BGMとかでもそっと伝わってくるものがあると良かったなあ。
重心移動に特徴があるってことしか分かんないね(笑
ヨミはやっぱり扇でヒラヒラ舞う人なんだろうか。
どっちかって言うとこの人がピーヒャラしてチハヤが踊るのかなってイメージだったんだけど、装備品見ると寧ろ逆っぽいね。
いや2人揃ってピーヒャラしつつ舞ってるのかも知れないけど。
チハヤはクナイお手玉とかしてさ。
お手玉してたらピーヒャラ出来ないか。
☆地英星 チハヤ
初めて見た時は割と若く見えたんだけど、そうでもないかな?
2人とも二十代半ば位かな?
ユラたんの年がいくつかにもよるけど、実年齢より見た目が大人びてる可能性があるキャラデザだよね。
落ち着いた美人さんだけど、グレイリッジでのヨミへの台詞のはきはき感とか
出来る女性って感じだねえ。
まあそんなんじゃなきゃこのご時世各地を巡業しようなんて思わないと思うけど。
サイナスに行こうなんて考えもしないと思うけど。
サイナスには、やはり協会の様子を見に行ってたのかな?
結局彼らは何か得られたのかな?
それすらプレイヤーは分からないままなんだよな……EDとかで、少しは彼らのことが分かるといいんだけどな〜。
そしてクナイ使い待ってました〜♪
もしかしたら他にもいたかもしれないけどメインで使わせてるキャラは1人もいないんで、彼女にはイリス石のクナイをプレゼントしよう。
▼宿屋
さーて、スヴェンを加入させてソロウを捕獲しに行きますよ。
■フォートアーク南門
▼西側

何故かまた元いた場所に戻ってるソロウ(笑
そんなにそこからの眺めが好きなのか?
ともあれバカップルの再会です。
プレイヤーはずっと狙ってたことだし、何よりスヴェンをパーティに入れた時の台詞から彼もいつか仲間になるんだろうなってのは分かってたけどさ……
この世界の人物からしてみれば、奇跡の再会だよな!
大体連れ戻されたソロウが肉体的には勿論、精神的に無事でいられる保証なんて
全く無かった訳だしねえ。
良かったなあ!
へー、ソロウは連れ戻された後も特に酷い目には遭わなかったそうな。
協会はわ団との戦争で忙しくて、内部の人間の再教育とかにまで手が回らなかったんだと。
良かったな。
だがくれぐれもチュンティング城では空気を読んでイチャついて欲しい。
アスアドさん辺りには刺激が強そうだし、メイベルが何故か対抗意識燃やして便乗しようとしそうだ(笑
☆地刑星 ソロウ
「明日とかなんも分からない世界でスヴェンと生きて行きたい!」
何で仲間に加入する場面で直球プロポーズしてるんだこいつは。
盛り上がり過ぎですよ(笑
いいねえ。青春だねえ。ニヤニヤしちゃうねえ。
しかし2人ともただの童顔なのか?いや、実際若いよな?
何だかこう、耳をすませばを見た時みたいなむず痒さがあったよ(笑
アレを初めて見た時は、丁度私も雫たんと年変わんない位だったと記憶してるけど。
それでも、あれは、痒かった。
えーと、イケメンって言う表現が合うのかは微妙だけど、ソロウも格好いいですよね。
かっこかわいい感じですよね。
若者の顔としては、好きな顔です〜。
スヴェンもとてもカワイイし、カワイイ同士のカップルだねえ。
イクスとかはさぞ残念がってるに違いない。
そう言えば今回も美青年とか美少年とかで協力攻撃あるのかな?
幻想水滸伝4の時はたまたま個人的に御三家レベルの格好良さだと思ってた
シグルド、ハーヴェイ、ヘルムート連れて旅に出て……
(゚д゚) って感じだったんだよな。腹が捩れる位笑ったぜ。
あんなん、今回もあるのかな?
今回美青年も美少年も多い気がするんだけどな。
でも年齢が分からないもんで、線引きが難しそうだのう。
ロベルトは少年だよな?アスアドさんは青年かな?
個人的に思う美青年とか美女とか、考えてみたいです。
加齢臭攻撃とか、無いかな(ねーーーーよ
▼北門
そして北門に行ったらミュン・ツァンがいてびっくりした。
何なんだフォートアーク(笑
もう一度リウに会いたいとか言ってるぞ。
グレイリッジと行ったり来たりだなこりゃ。
■グレイリッジ
よし、リウの他にピーヒャラを連れて行くか。
ヨミが扇使いって言うのは驚いたな〜。
チュンティング城に扇が売ってるのは知ってたけど、まさかデフォで装備したまま仲間になるのが男性キャラとは(笑
そして仲間に入れると強くしたくなってしまうもんでな。
先にラロヘンガ行くか。
■ラロヘンガ&謎の遺跡
ピーヒャラピーヒャラどんつくどんつく〜♪
■フォートアーク
▼北門

ミュン・ツァンがここにいたのは、リウがここで書を使ったからなのか。
しかも使用した理由はフォートアークを突破するためと言うよりは、
ソフィアを助けるためだったと。
彼女は自分には無いものをリウが沢山持ってるってことに気付いたようだよ。
ミュン・ツァンもそんな思いを抱きたいなんて可愛いこと言って来たので
全力で誘ってみたよ。
何か、乙女だなミュン・ツァン。
笑顔かわええええええええ!!!!!!
目しか見えないけど、いい目だった。
☆地賊星 ミュン・ツァン
追放されて十年とか言ってたから、結構年言ってるんだよな?
若くても三十路近いよな?
それなのにサトツやリウに説教されて色々考えて学習したって点が
何だか可愛らしいです。
サトツやリウに諭されてるキャラなんて珍しくないし、寧ろ仲間になってるキャラの大半がそうなんじゃないかって話だけどな(笑
でも彼女は割と頑なに反発してきた人だったんで、最後のこの心の融解具合が
より何だかいじらしく見えます。
このハウ・シーとの違いは何なんだ(笑
いや個人的には彼大好きなんですけどね。
そうだ!ハウ・シーとかとは面識あるんだよな?
あの人も結構年行ってるみたいだしな。コウ・ローもおっさん呼ばわりされてたから
そうかもな。
ある意味リジッド以上に頑固な一族だからなかなか打ち解けるまでは時間かかるかもしれないけど……そういったしがらみから開放されて、スクライブ同士も豊かな心で接し合えるようになるといいねえ。
リウとミュン・ツァンは紋様攻撃なんてのが出来るんだね。
あまりにも雑魚ックス過ぎてびっくりしたけどな(笑
これは、ちょっと、使えね〜。

さて、そんな感じでミュン・ツァンとソロウのレベルも無事51となりまして
108星全てを仲間にし、一通り育て終わったことになったようです。
さーて、残りやることは1つかね。
城内のみんなの反応がかなりラストな感じなんで覚悟決めてここまで育てましたが
この先もまだしばらくイベントが続いたらちょっと恥ずかしいね。
まあでもレベルは低いより高いほうがいいからな!
何より、片っ端から育ててったから更に各キャラへの思い入れが強くなったよ!
戦争が楽しみだ〜♪
posted by ヒグラシ at 21:30| 千葉 | 幻想水滸伝シリーズのこと | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。